は『リア王 、一人の男が、家を借りた挨拶のため、大家の住む「嵐が丘」を訪れ、そこで主人のヒースクリフ、義理の娘キャサリンやその従兄のヘアトンなどの奇妙な住人に会う。そして古女中エレン(ネリー)から、ヒースクリフと館にまつわる数奇な物語を聞かされる。, ある日、嵐が丘の旧主人アーンショーが身寄りのない男児を哀れに思い、家に連れて帰り、ヒースクリフと名づけた。ヒースクリフはその家の娘キャサリ は自著『世界の十大小説』でその一つに挙げ、ブランデン TBSFREE 最新話7日間 無料配信中!. 新・愛の嵐は、東海テレビ放送と泉放送が制作し、フジテレビ系列で、今年の7月1日〜昨日9月27日の第65話まで、13週間に渡って放映された番組です。お昼の時間と言う事もあり、リアルタイムで観れずにビデオで録画されて見た方も多いと思います。, このドラマは、主人公二人(三枝ひかる、鳥居猛)が、孤児の使用人と大地主のお嬢様と言う恋愛が許されない立場、二人を引き裂こうとする残酷で過酷な様々な運命の連続、それを乗り越えて、強く逞しく、純愛を成し遂げようとする番組であったろうと思います。ですので、どのような矛盾、不満を感じていようども、『最終回だけは、ハッピーエンド』と硬く信じて観ていた方が大半であったのではないでしょうか。, それが、結果は、主人公役の猛(要潤)が、同棲していた秀子に射殺されると言う悲劇になりました。しかも、その後(CM後の場面転換で)の、5年後の三枝家の風景では、何も悲壮感は無く、ひかる(藤谷美紀)は、心の中に猛がいる事だけで幸せと言った状況でした。仏壇にも、猛の遺影は飾られず、替わりに貝殻が飾られ、微塵も悲しいそぶりはありません。, 少なくとも、最終回前日迄の盛り上がりは、決してこのような筋書きにあったようには思えません。少なくとも、「二人は誰にも引き離せない」「生まれる前からの運命」と言った周りの者からの祝福、後押しするような台詞(絹に関しては遺言ですね)は、どうなるんでしょうか。, 本来幸せになって欲しい人が、幸せになっていない。主人公が殺されると言う終わり方。残された主人公(ヒロイン)は幸せになっていない。逆に二人を不幸に陥れた者達だけが幸せになっている… など、本当に後味の悪い印象しか残りません。, それは、この番組の趣旨が、「いかなる困難を乗り越える、熱い、熱い、純愛のドラマ」である事に矛盾しているように思えるのもそうですが、その他にも以下の理由があります。(”熱い、熱い”は、製作者スタッフが、記者発表時に述べられています), ■東海TVの新・愛の嵐の公式サイトでの、放送終了後に掲載された最終回第65回のあらすじでは、秀子に撃たれた後、主人公猛が死んだとは、書かれていない。”意識が遠のきながら…”と紹介されている。, ■同じく、東海TVの新・愛の嵐の公式サイトの愛嵐チェック”愛と涙、ラストシーンの撮影風景紹介”での最後の文章に、猛役の要潤氏のコメントとして、冗談ぽい感じで、”続 新・愛の嵐”があるかも知れないような、ニュアンスを出している。, ■猛が撃たれたあと、何故、場面がいきなり5年後になったのか。もし、猛が本当に死んだとしても、撃たれた後、5年間は生きていた可能性が無いとは言えない。, ■観ている者から明らかに非難を浴びる事がわかっていて、何故大河原に”俺の子じゃないのか?”と言う台詞(ブラックジョーク)を言わせたのか。それは、全くしこりが無くなるような、大河原を心から許せるような、何かがこの5年間であったと考えるのが妥当ではないのか。, 以上の事から、私は、これは続編(続 良しにつけ、悪しきにつけ、これほどインターネットで話題になったお昼のドラマは、初めてなんじゃないだろうか(?) tbsテレビ 火曜ドラマ『この恋あたためますか』の公式サイトです。毎週火曜よる10時放送 出演は森七菜、中村倫也、仲野太賀、石橋静河、市川実日子、山本耕史。スイーツ開発をしながら甘い恋が爆誕する「スイーツ×ラブ」ストーリー! , http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/tvd/1032149493/, http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/tvd/1033020958/l50, http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/tvd/1031585309/, http://www.tokai-tv.com/drama/arashi/index.html, http://www.venus.dti.ne.jp/~kawakatu/misc/gunsou/ainoarashi.html, http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2002/09/20/01.html, http://www.tokai-tv.com/arashi_wk/20020807_04.html, http://www.tsutaya.co.jp/item/music/view_m.zhtml?pdid=20149671, http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/tvd/1031585309/l50, http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/tvd/1026191689/l50, http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/tvd/1033103664/l50, http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/tvd/1029820236/l50. 』と並ぶ英語文学の三大悲劇と評した。激しい愛憎描写や荒涼たる自然描写は圧巻である。, なお原題にある「Wuthering」とは、「嵐が荒れる」というイングランド北部の方言で、Wuthering Heightsを「嵐が丘」と訳したのは斎藤勇 わらず、その矛先はエドガーとその娘キャサリンや、ヒンドリーの息子ヘアトンにも向いた。, キャサリンはヒースクリフの息子リントンと結婚するが、リントンがまもなく死に、リントン家の財産はヒースクリフのものになる。しかしキャサリンはヘアトンと愛し合うようになる。ヒースクリフは、亡きキャサリンへの愛憎と、果たせない復讐を残して死んでいく。, 虐げられた孤児ヒースクリフの長年にわたる復讐劇を描いた作品である。復讐に燃えるヒースクリフをはじめ、神秘的な激しい人間像を描く反面、平凡な語り手ロックウッドや家政婦ネリーら現実的な人間がうまく入れあい、複雑な恋愛構造を巧みに描いている。またイギリス にエリス・ベルの筆名で発表。, イギリス http://www.amazon.co.jp/%E5%B5%90%E3%81%8C%E4%B8%98-%E3%82%A8%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%86/dp/410209704X/sr=1-1/qid=1171813813/ref=sr_1_1/249-2110018-5082754?ie=UTF8&s=books, http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B5%90%E3%81%8C%E4%B8%98, 「嵐が丘」"Abismos de Pasion"(1953年、製作:メキシコ、監督:, 「嵐が丘」"Wuthering Heights"(1970年、製作:米英合作、監督:. 監察医である娘・朝顔(上野樹里)とベテラン刑事の父親・平(時任三郎)。2 2人がさまざまな事件に向き合いながら、遺体の生きた証を探し、生きている人の心にも触れていく話題作の第2弾。� の家一帯には原野が広がっており、激しい雪と風が吹き荒れ、その中にたたずむ家を中心としゴシック要素を強く盛り込んでいる。主人公ヒースクリフ(Heathcliff)は、「ヒース の崖」の意味であるが、まさにゴシック演出の象徴といえる。, エミリーは物静かで家庭的であった一方、感情を表に出さず、孤独に耐え抜く強い力を持っていた。姉シャーロット の『ジェーン・エア のヨークシャー である。. 某BS放送で再放送されているこのドラマのあらすじを覚書の意味も込めて記載しておく。, 昭和二十五年夏。絹は家を出て山海和尚の元に身を寄せていた。三枝家の屋敷へと家族共々移り住んだひかるも大河原家の嫁が自分の悲しい運命だと受け入れていたが、唯一の懸念は子供が出来ない事。一方、秀子は未だに戦死した猛を忘れられずにいた。, その頃、大河原家の土地を戦後躍進した企業・北西興産が買収しようとしていた。北西興産の社長に招待された夕食の席、一人出向いたひかるの前に勇作への復讐心を滾らせた猛が現れる。不安を感じたひかるは勇作に北西興産と関わるなとだけ言い、猛の事は言い出せずにいた。ところが酒場『あざみ』で偶然勇作は猛と鉢合わせになり、猛が北西興産の社長だと知る。, 猛は勇作に宣戦布告し、早速海藤製鉄の仕事を横取りする。勇作が狙っていた『あざみ』も猛が買収する。秀子は北西興産の味方になると宣言。そんな中、勇作の前に文彦が愛人の友子と共に現れる。猛の対抗策として生活に困った文彦を利用しようと考えた勇作は文彦を同居させる事に決める。, ひかるの前に現れた猛は昔の思い出に浸るのは止めようと言う。それはひかると猛の決別を意味していた。しかし勇作は秀子から二人がアトリエで会っていたと聞かされ逆上し、ひかるを家から追い出してしまう。翌日ひかると勇作は和解するが、秀子は利用されていると知りながら猛と同棲生活を始める。, いよいよ本格的に仕事を始動した北西興産は公開入札に出された駅前の一等地の落札を目論んでいた。対抗馬は大河原商会。秀子は大河原商会の入札価格を猛に知らせる。その結果、土地は北西興産が落札。勇作は市長の田所に入札のやり直しを迫るが、田所の狙いはひかるだった。田所は申し出を断った勇作に幻滅する。, その頃、猛に破滅させられた男が刃物を持って乗り込んでくる。咄嗟に猛の前に飛び出したのはひかるだった。ひかるは腕に怪我を負い、それを見た猛は昔のような優しさでひかるの怪我を手当てする。秀子はひかるへの敗北感に打ちのめされる。, 土地を落札出来なかった大河原商会に帝都銀行は融資額の返済を迫る。返済出来なければ大河原商会は倒産。窮地に陥った勇作に猛は落札額の10倍で土地を売ると取引を持ちかける。八方塞がりの勇作は文彦に北西興産を弾劾する記事を書かせようと企む。, 勇作と猛の争いを止めさせたいひかるはアトリエで猛と話し合う約束をする。しかしそれは勇作の心を試す罠。ひかるを信じられずアトリエへ出向いた勇作は猛から地位も財産も妻も奪ってやると宣言される。焦った勇作は文彦に三枝家の暴露記事を書けと強要する。, 三枝家の暴露記事を掲載した雑誌が発売される。文彦はその恐ろしさに震え泣いて絹に謝罪する。そんな中、猛が絹を慰めにやってくる。また雑誌を買い占めようと遊郭に身売りした智子を匿名で救い出す。猛が心変わりしていないと知ったひかるは猛に心から礼を言う。その時、ひかるは妊娠している事実に気付く。, 暴露記事へのクレームが多く、役所は入札のやり直しはしないと決定する。やむを得ず勇作は猛に土地を10倍の値で売って欲しいと頼むが、猛は断固拒否。, ひかるはお腹の子のために猛と敵対し、一生勇作の妻として生きる決意をする。しかし文彦の不注意な一言から勇作は子供の父親が猛だと疑いだす。一方、猛の心が未だに掴めない秀子は腹いせに猛とひかるが密会する仲だと嘘をつく。姑のひかるいびりが始まる。, 猛は勇作の数々の悪事を調べ上げる。ひかるの身を案じた絹には協力を断られるが、警察はついに勇作に横領容疑で逮捕する。ひかるは保釈金集めに奔走する中、大河原家に取り立て屋が押し掛け金目の物を全て失ってしまう。追いつめられたひかるは猛に土下座して保釈金の援助を頼み込む。傷つく猛を見た秀子は出所した勇作に保釈金の出所を暴露する。プライドを傷つけられた勇作はひかるを責め、自暴自棄に陥った挙げ句友子をひかると思い込んで強姦する。勇作は更に暴走。手が付けられない勇作を止めようとしたひかるは突き飛ばされて階段から落下し、流産してしまう。母親からひかるがどれだけ貞淑な妻かを聞かされた勇作は後悔するが、もうひかるの心は勇作から離れていた。, 勇作は三枝家の土地権利書を猛に渡し、大河原商会の借金を肩代わりして欲しいと頭を下げる。その足で猛はひかるにプロポーズする。ひかるもまた猛と生きる決意をする。ところがひかるの行く手を秀子が阻む。秀子は自分の手首を包丁で切っていた。, 秀子の執念を見せられたひかるの心に迷いが生じる。秀子をあっさり切り捨てた猛の変貌に失望したひかるは猛と無理心中を図ろうと三枝家の屋敷に油を撒く。絶望のあまり全てを失くそうとするひかるを止めたのは絹だった。絹に諭され、猛もひかるも心を入れ替える。ひかるは周囲の人を不幸にしてまで幸せになれないと猛に告げ、勇作の元に帰る決意をする。猛もまた秀子に謝罪し、秀子とやり直す決意をする。, 勇作は大河原商会を一から立て直し、ひかるは大河原旅館を手伝う事に。秀子も退院。全てが好転するように見える中、秀子だけは相変わらず猛に執着し、ひかるへ敵意を燃やしていた。, 友子を失った文彦もまた絹を頼って退廃的な生活を送っていた。そんな中、友子が帰ってくる。友子は妊娠していた。文彦は子供が勇作の子だと言って、大河原家に怒鳴り込む。しかし勇作は友子がふしだらな女だからと認めず、文彦の要求も突っぱねる。金に執着する文彦を止めるためひかるは絹に相談する。事情を知った猛もまたひかるの身を案じて絹の元へ。, 勇作の母親は友子の子供が生まれたら引き取ると言い出す。もしひかるが子供を育てるのを拒むのなら、友子と勇作を結婚させるとまで言われ、ひかるは勇作の出方次第で身を引く覚悟を決める。, 復讐の名の下に金の亡者となった文彦はもはや自分の小説を世に出す事しか頭になかった。友子はひかるに子供は文彦の子で、自分で産み育てると宣言する。性根が腐り切った文彦に意見した絹は殴られたショックで倒れる。悩んだ友子は書き置きを残して姿を消し、秀子に唆されて自殺を図る。自殺は未遂に終わったが、駆けつけたひかると秀子はもみ合いになり、咄嗟にひかるが猛に縋ったのを見て秀子は嫉妬に狂う。行き場のなくなった友子をひかるは大河原の家に連れてくる。文彦は友子を迎えに行くが、相変わらず友子の子供を金と引き換えにする事しか頭になく、友子は文彦を拒絶する。, 深夜、絹が白血病で余命一ヶ月と知ったひかるは猛を頼ってやってくる。猛は三枝の家に絹を引き取る事にする。しかしひかるの差し金と思い込んだ秀子は大反対。絹もまた秀子に遠慮して三枝の家に行くのを拒むが、ひかるの様子から死期を悟った絹は敢えて三枝の家に戻る事にする。絹の余命が短いと知った秀子は渋々絹と同居する事を承諾する。翌日、秀子は嫌がらせのつもりで絹に病気の件をバラす。ところが絹は全く動じず、秀子に礼を述べ、未だに頼りない文彦を叱咤する。文彦はようやく目が覚め友子を迎えに行く。そして勇作に本当にひかるが好きなら身を引くべきだと諭す。, 文彦が友子との結婚の報告に三枝の家を訪れる。絹に病気の事を話した秀子は後悔して一晩中彷徨っていた。猛は秀子と別れる決意をする。ひかるは勇作と生きると決める。猛はひかるに別れのキスをする。そこへ勇作が現れ、勇作と猛は大乱闘となるが、それを止めるかのように絹は伝衛門を呼びながら息を引き取る。, 守るべき物を全て失った猛は村を去る決意をする。絹の葬儀の後、猛は勇作に北西興産の株を譲渡する。秀子は猛に婚姻届を渡して再出発しようとするが、猛の決意は変わらなかった。勇作から猛が村を出て行くと聞かされたひかるはアトリエにいる猛に二人の出会いは運命だったと告げ、二人は愛を確かめ合う。二人の仲を許せない秀子はひかるに銃口を向ける。しかし銃弾を受けたのは身を挺してひかるをかばった猛だった。, 戦後の話はリメイクというよりほぼオリジナルストーリーで展開されている。特に前作では猛を深く愛した悲劇のヒロイン的な意味合いの強かった秀子が、今作では物語を引っ掻き回すトラブルメーカーの役割を果たしている。また逆に勇作は最後までひかるを深く愛し続け、前作のようにただ猛への対抗心からひかるに執着する男ではなくなっている。どちらが良いとは一概には言えないが、前作には日本の古典文学の趣があり、今作にはハーレクインのようにドラマティックに富んだ良さがある。但しラストに関してだけは前作の方が綺麗な結び方をさせており、今作は劇的な終わり方ではあるものの長きに渡って運命に翻弄されてきた二人にはあまりに過酷な結末で後味が悪い。, 初コメです。藤谷さんファンだったのですが当時観る機会がなかったんですが今年チバテレで再放送があり、録画して観てます。前作と相違点を指摘しつつ、分かりやすい文章で有難いです。『赤い霊柩車』シリーズの方も読ませて頂きます。 m(_ _)m, 作家、小日向鋭介の推理日記 闇に潜む殺意 標的は妻か、娘か 平和な家族に忍び寄る恐怖のストーカー.