慣らし運転はエンジンやトランスミッションなど動く部分に過度の負担をかけずに馴染ませるために行います。, では過度の負担をかけなければ良いのかというと、そう単純でもないのが慣らし運転なんです。, クルマのパーツはかかった負担によってそれぞれのパーツにかかる負担のバランスが変わってきます。, 特にエンジンなどいろいろなパーツが動く場合にはエンジン回転数によっても負担がかかる部分が変わってきます。, つまり、全く同じ状態で走っているとうまく馴染まないパーツというのも出てくるんです。, 完璧に一定速度で走っていなかったとしても、アクセルは一定状態に近いのが高速道路だと思います。, 高速道路を使うと距離を稼げますが、慣らしのために高速道路に乗るのであればデメリットを理解して工夫することが大切です。, 高速道路のように速度が高い環境は排気量の大きいエンジンであればそれほど問題にはなりませんが、小さなエンジンのクルマの場合には負担が大きくなります。, 慣らし運転の目的は負担をかけすぎずに乗ることなので、クルマによっては負担が高くなりすぎることも。, それに比べると高速道路で慣らしを行えば距離も稼ぎやすく、慣らしを早めに終わらせることが可能です。, 街中ではどうしてもエンジンが回り気味になってしまったり、負荷をかけすぎてしまう場面も。, そんな街中に比べると高速道路というのは速度増減が少ない分、運転条件をコントロールしやすいでしょう。, エンジンオイルが回っていない状態からのスタートになるために、金属同士が当たっている状態が発生するからです。, エンジンはオイルがあるからこそ正常に作動しているので、エンジンをかける回数が増えるとそれだけ慣らしには不利です。, 高速道路では距離を稼げるので慣らし期間にエンジンをかける回数というのも減らすことができるんですね。, 高速道路での慣らしが良くないとはいっても、一般道では慣らしができるほど乗れないという方も多いのではないでしょうか?, 基本的に慣らしで良くないのは一定の負荷・速度で走らせることと、過度に負担をかけることです。, ですから、高速道路で慣らしを行うのであれば速度に変化を付けながら走ることと、エンジンに負担をかけないように走行しましょう。, エンジンに負担をかけない走行というのはアクセルの踏み込み量が大きくなりすぎないように運転しつつ、エンジン回転を抑える運転です。, 目安としてはアクセルの踏み込みは半分以下、エンジン回転数は4000回転以下を目安にするのが良いと思います。, 慣らしに関しては取扱説明書に記載があるのであれば、その距離を守るようにしましょう。, ドイツメーカーなどの場合2000kmが目安になっていて、国産車の場合には1000kmが慣らしの目安になることが多いようです。, 今のクルマは設計技術や表面加工技術が進歩していますから、慣らしを意識しなくてもすぐに壊れることはありません。, とはいえ機械にはなじむための期間も必要ですから、最初の1000kmくらいは急加速などは控えたほうがよいでしょう。, また、もしクルマを長く乗りたい、ベストな状態を長く保ちたいと思うのであれば最低1000kmは特に注意して慣らしを意識した運転をしたほうが良いです。, 慣らし期間が終わった後はいきなりアクセル全開にするのではなく使用するエンジン回転数を徐々に上げていくようにするとさらに良いと思います。. しかし、高速道路なら一定の速度で走り続けることができますね。新車は負担を避けた方が良いという考えから、慣らし運転をするなら後者の方が正しいようにも思えますが、慣らし運転中であってもある程度のメリハリは必要です。 ここまで来ると新しい車の扱いにもだいぶ慣れてくるぐらいの走行距離ですね。, 高速の合流など加速が必要な場面や周りの安全に気を付けて、回転数を上げて加速を行ってみてください。, この回転数までの慣らし運転でエンジンにアタリがつき、本来の走行性能を発揮して、燃費も購入当時よりは向上するようです。, 「アタリがつく」とは製造時点での金属のごくごく微妙なズレや加工された金属のバリが馴染んだり除去され、慣らし運転が終了した事を意味します。, その場合は急加速・急制動は避けて優しく運転しながら少しづつ走行距離に合わせて速度を上げていけば良いと思います。, なお、普段そこまで走行しないのでなかなか走行距離が伸びないという人は、ディーラーが行ってくれる1ヶ月点検や3ヶ月点検の時にエンジン等の調子を聞いてみて下さい。, 下のテキストボックスの内容がコピーされました。今すぐSNSなどに「貼り付け」してみてください。スマホは「ロングタップ(長押し)」すると貼り付けられます。, お使いの端末ではこの機能に対応していません。下のテキストボックスからコピーしてください。, 次回のコメントで使用するため、ブラウザに自分の名前やメールアドレス、サイトなどを保存する。, 慣らし運転の距離や時間~そもそも燃費向上に慣らし運転は必要なの? | 自動車保険ガイド, 自賠責保険料の早見表!2020年(令和2年)、2019(令和元年)、2018年(平成30年). 夏タイヤは80km/h以下で100km以上 ・ 新車の慣らし運転中 (1,000Kmまで)… 4,000rmp以下 ・慣らし運転後…タコメーター(エンジン回転計)のレッドゾーン未満 【参考】2018フォレスター(SK-E)取り扱い説明書より. 新車を買ったときの楽しみといえば「慣らし運転」があるだろう。3000kmまでは3000rpm以下で走って、その後はオイル交換をして、なんていう「儀式」がまた楽しかったもの。 しかし自動車工場に見学にいくとエンジンは3000rpmどころかかな… 新しいタイヤに交換した際は、タイヤ本来が持つ性能を十分に発揮させるために、慣らし走行を励行しましょう。具体的な走行方法は、乗用車・軽トラックが走行速度80km/h以下/走行距離100km以上、小型トラックが走行速度60km/h以下/走行距離200km以上で実践するのが目安。 高速道路で慣らし運転をするのはデメリットがあるんです。 慣らし運転の基本は変化させること 慣らし運転はエンジンやトランスミッションなど動く部分に過度の負担をかけずに馴染ませるために行います。 では過度の負担をかけなければ良いのかというと、そ また、慣らし走行中は“急”のつく行動や路肩へのラフな侵入などは避けるように心がけてください。(注4), 新品タイヤは使用初期、寸度成長し発熱もしやすいので過酷な使用は避ける 昔は新車を購入した時に「慣らし運転をして下さいね」と良く言われたものですが、現在は技術の進歩のおかげで慣らし運転をする必要は殆ど無くなりました。, ただ、車に限らず新しい物を購入した時は大切に扱うのが普通だと思いますので、結果的に慣らし運転をしているという人は結構いると思います。, 自動車を含む機械類は作動開始直後は故障しやすく、作動回数が増えていく毎にベストな状態に近づいていきます。, 人間もウォーミングアップをせずにいきなり運動したら筋が「ビキッ」ってなったりしますよね。, それと同じでベストな状態・故障しない状態に持っていくためには自動車にもウォーミングアップ(慣らし運転)が必要なわけです。, 基本的には走行距離に合わせて回転数を上げていき、自動車のエンジン等の金属・部品を馴染ませていく事になります。, ■購入時点~500km 慣らし運転の必要はありません。ごく一般的な安全運転に心がけていただければ、各部品のなじみは自然と出てきます。, 現在の車は、エンジンやその他の部品精度が向上しているため、慣らし運転を行う必要はありません。ただし、機械の性能保持と寿命を延ばす為には以下の期間はエンジンや駆動系の保護の為に、急激なアクセル操作や急発進を出来るだけ避けて下さい。(注2), エンジン本体、駆動系などこの車両の持っている性能を十分に引き出すためには、ならし運転が必要です。, ヴェゼルのフルモデルチェンジは2021年5月頃か 1.0Lターボやe:HEVハイブリッド搭載, ミニバンタイプの外車ランキングトップ11 日本でも乗りやすいサイズの人気車種を厳選. 新車を買ったときの楽しみといえば「慣らし運転」があるだろう。3000kmまでは3000rpm以下で走って、その後はオイル交換をして、なんていう「儀式」がまた楽しかったもの。 しかし自動車工場に見学にいくとエンジンは3000rpmどころかかな… 高速道路での慣らし運転はもっての他です。 500km~1,000km 走行距離500kmを超えたあたりで、回転数を2,500から3,500まで上げていきます。 ・急加速、急発進をしない, というやり方で取扱い説明書に慣らし運転が指示されていた。同じスポーツカーといえどもさまざまな慣らし運転が必要のようだ。, 輸入車はどうなのかというと、一例としてベンツCクラスとポルシェの各車は取扱説明書に慣らし運転が記載されている。一部抜粋してみた。, 最初の 1500 km は、さまざまな車両速度およびエンジン回転数で走行してください。フルスロットルで走行するなど、この期間は車両への大きな負担は避けてください。, 手動でギアをシフトするときは、タコメーターの針がタコメーターのレッドゾーンに到達する前に適時シフトアップしてください。, オートマチックトランスミッション装備車両は踏み応えがあるところを越えるまでアクセルペダルを踏むこと(キックダウン)は避けるようにしてください。, 1500 km 後は、最大負荷およびエンジン回転数まで、車両を徐々に加速することができます。, ベーシックなCクラスでも慣らし運転が必要なベンツ。工作精度だけ考えればドイツ車もかなり高いのだが、そこには哲学の違いもありそうだ, 3000kmまでの慣らし運転中はなるべく長距離を運転することを推奨いたします。できるだけ冷間始動と近距離運転の繰り返しは避けてください。, 自動車レース、スポーツ・ドライビング・スクールなどに参加しないでください。エンジン回転数が4,000rpmを超えないようにしてください。エンジン冷間時は低回転域で運転してください。, ドイツ車2台を見ても上記のように指示されており、ベンツもポルシェも精密なクルマだけに慣らし運転も必要ということなのだろう。, 慣らし運転が指示されているクルマがあるのを見ると、慣らし運転の指示がなくても慣らし運転はしておくべきだろう。, やり方としては諸説あるが、取扱説明書に指示がなければ、よく言われる「500kmまでレッドゾーンの半分のエンジン回転、その後100kmごとに500回転づつ回転を挙げ、レッドゾーンの回転数に達したところで慣らし終了」という方法でいいだろう。, 前述したとおり工作精度が向上していることもあり、そこまで厳密に神経質になる必要はない。, なお、新車は慣らし運転が終わった頃の1カ月点検か1000km点検の際に「鉄粉をエンジンから流すためにエンジンオイルを交換すべき」と言われるが、これも現在はメーカーによって見解が異なる。, 新車を頻繁に買うことはないが、タイヤやブレーキなどは車検などで交換するケースも多いだろう。タイヤとブレーキについての慣らしにも触れておこう。, 【タイヤ(ブリヂストンWebより)】 ・取扱説明書に慣らし運転期間の記載がある場合→その期間 マツダ MAZDA2の14のグレードを徹底比較!おすすめのPROACTIVEグレードはこれだ!!