。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, 早紀が人間の中でもどれだけ異常かという問題についてはもうすでに上巻、下巻で語られているが下巻になると更に色が濃くなる。, 下等動物とされているバケネズミがどちらかというと人間に近い思考をしていると思います。根本的に制御しきれない力を持ってしまったこの世界の人間は結局は衰退して消えてしまうのかなぁといった感じもありますが、何より人間を出し抜くほどの知能を持ったバケネズミとの和解の徴候が一切なかったあたり、最後にあの世界の覇権を握る生物はバケネズミだと思います。, あら探しするようで恐縮ですが、不浄猫の戦闘力が全人学級に入学してから二年ほどの子供一人でも倒せる程度なのはいかがなものでしょう。, 空想の話は何でもありでつまらない。最後のオチを書きたかったのだろうが、そこまでが長すぎ。, 何度読んでも、面白い。近未来で科学技術が衰退した理想郷である事が、ストーリーに重みを持たせている気がしました。, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. 漫画は2014年7月号まで連載され、単行本は全7巻。こちらは一部登場人物の外見や時系列の入れ替えなど、多くの変更点が見られる。, 1000年後の人類は「呪力」と呼ばれる超能力を身に着けており、日本の集落「神栖66町」ではバケネズミと呼ぶ生物を使役していた。平和に暮らす12歳の少女・渡辺早季と友人達は、町の外にある先史文明の遺跡である図書館で自走型端末「ミノシロモドキ」と出会うが、1000年前の文明崩壊のわけと今に到る封じられた歴史を知ってしまい、身の回りの平和が仮初めであることに気づき始め、これまでの平和が徐々に歪んでいく。, 全6章でサブタイトルは以下の通りになる。上述のあらすじは1章に該当する。 新世界より (小説) ... この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていない ... 本作のタイトルはアントニン・ドヴォルザークの交響曲第9番『新世界より』に由来する。この曲の第2楽章を原曲とした歌曲「家路」の歌詞が作中に何度か登場する。 青沼瞬(CV:藤堂真衣・村瀬歩)

奇狼丸(CV:平田広明), テレビ朝日の深夜アニメは、この作品を最後に長期休止状態(バラエティー番組メインにシフト)となる。 いつわりの共同体が隠しているものとは――。何も知らず育った子供たちに、悪夢が襲いかかる!

『新世界より』(しんせかいより)は、貴志祐介による日本の小説作品。2008年1月に講談社より出版された。2011年に講談社文庫で文庫化された。, 人々が念動力を手にした1000年後の世界を舞台とするサイエンス・ファンタジー作品。2008年、第29回日本SF大賞受賞作品。著者の3年半ぶりの長編小説であり、上・下の2冊構成の書き下ろし。ページ数は上下巻合わせて1000ページを越える。文庫版は上・中・下の3冊。, 本作のタイトルはアントニン・ドヴォルザークの交響曲第9番『新世界より』に由来する。この曲の第2楽章を原曲とした歌曲「家路」の歌詞が作中に何度か登場する。, 2012年に漫画化され(『別冊少年マガジン』2012年6月号から2014年7月号まで連載)、同年10月から2013年3月までテレビアニメが放送された。また、『小説現代』2011年8月号から前日譚『新世界ゼロ年』(しんせかいゼロねん)が連載中。, 注連縄に囲まれた自然豊かな集落「神栖66町」では、人々はバケネズミと呼ばれる生物を使役し、平和な生活を送っていた。その町に生まれた12歳の少女・渡辺早季は、同級生たちと町の外へ出かけ、先史文明が遺した図書館の自走型端末「ミノシロモドキ」と出会う。そこから彼女たちは、1000年前の文明が崩壊した理由と、現在に至るまでの歴史を知ってしまう。, 全6章構成。物語は早季の書いた手記という形で進行していく。内容的には、主人公たちが12歳・14歳・26歳の時期の3部に分けられる。, 物語の舞台は、現代(21世紀初頭)から1000年後の日本。その中でも「神栖66町」が主な舞台となる。作中の人類は「呪力」と呼ばれる超能力を身に着けている。, 呪力、すなわちサイコキネシス(PK)の存在は、西暦2011年にアゼルバイジャンで行われた実験によって初めて科学的に立証された。それ以降、世界各地でPKを持つ能力者が確認されるようになり、最終的には世界人口の0.3%に達した。その当時のPKはさほど強力なものではなかったが、PKを用いた犯罪が頻発したことからPK能力者に対する弾圧が開始され、それに対抗するかの如く、より強力なPKを操る能力者が出現するようになる。, 能力者と非能力者間の際限のない抗争は、結果として旧来の社会体制の崩壊、現代文明の終焉をもたらした。それにより、世界人口は最盛期の2%以下に激減したと推定される。その後、「暗黒時代」と呼ばれた、約500年間に渡る争乱期が到来した。, 「暗黒時代」において、東北アジアの人間社会は4つの集団に分化した。それらはPKの君主を戴く奴隷王朝、非能力者の狩猟民、PKを持ち家族単位で移動する略奪者、先史文明の生き残りの科学者の4つである。略奪者は仲間割れによって早期に自滅し、奴隷王朝は600年以上存続したが世代間の抗争によって血筋が途絶え、暗黒時代は終焉する。その後狩猟民と奴隷王朝の民との間で戦争が起き、膨大な死者を出した。これを収拾するためにそれまで歴史の傍観者に徹してきた科学者たちが乗り出し、戦乱期を終わらせ、現在の社会体制が生み出される。, 呪力を持つ人間同士が、社会生活を営むに当たって最も問題となったのは、呪力による対人攻撃の抑止である。PK能力には理論上、力の上限がないとされ、たった1人の能力者が無限の力を振るう事によって、社会や統治の枠組みが簡単に崩壊してしまう事を意味していた。, 事実、先史文明や暗黒時代における略奪者の集団などは、野放図な呪力の使用によって破滅を迎えているため、「いかに人間の持つ攻撃性や攻撃的な呪力の使用を抑止するか」という点に重点を置いて社会は構築されている。これは、幼年期からのマインドコントロールに等しい思想教育や強力な情報統制、さらには記憶操作や不適格者の早期排除、後述の「攻撃抑制」や「愧死機構」といった仕組みの人間への組み込みといった、多重の手段となって現れている。, 一見、のどかで牧歌的に見える世界も、その実態は、安全のためには手段を選ばぬ様々な抑制によって、辛うじて平和が保たれている状態にある。ただし、そういった事実の公知化自体が、人々には多大なストレスとなり社会の不安定化をもたらすため、一般には秘匿情報とされ厳重に管理されている。真実を知るのは倫理委員会議長など、街の中でも一握りの重要人物のみである。, 作中の日本列島の人口は5 - 6万人であり、神栖66町を含む9つの町が存在する。残り8つの町の名は「夕張新生町」(北海道)、「白石71町」(東北)、「胎内84町」(北陸)、「小海95町」(中部)、「精華59町」(近畿)、「石見銀山町」(中国)、「四万十町」(四国)、「西海77町」(九州)。科学文明が衰退しているため、町同士の交流はほとんどない。また、海外との交渉も数百年行われていない。, 『別冊少年マガジン』(講談社)2012年6月号から2014年7月号まで連載。作画は及川徹。「ストーリーの時系列と登場人物の設定が相違している」「一部登場人物が登場しない」など、原作から大きく改変されている。, 単行本において、本編から退場したキャラクターたちのギャグ漫画「おだぶつゆう麗子ちゃん」が執筆されており、幽霊となった麗子が傍観者として物語の成り行きを見守る(四巻では瞬が、六巻では真理亜と守が合流する)ストーリーとなっている。, テレビ朝日、テレ朝チャンネル、朝日放送にて2012年10月から2013年3月まで放送された。キャッチコピーは「偽りの神に抗え。」。ナレーションは遠藤綾が担当。, 内容は原作をほぼ忠実に再現している。また、本作の世界観を解説することを目的とした番組『新世界よりクロニクル』(しんせかいよりクロニクル)が、CSで放送された。, 『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』Rhyme Anima, On the Way to a Smile EPISODE DENZEL FINAL FANTASY VII, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=新世界より_(小説)&oldid=78860167, テレビ朝日とテレ朝チャンネルでは事前番組『この秋一番の注目アニメ!「新世界より」の魅力をみっちり教えまスペシャル! ページ数は合計1000ページ以上にもおよび、文庫版は上・中・下の3冊に分かれるほどの長編小説になっています。, 出版当時は「映像化は不可能」とまで言われた大作でしたが、2012年10月よりアニメ放送がスタートしました。, 物語の舞台となるのは今から1000年後の日本。そこでの人々は「呪力」と呼ばれる超能力を手にしていました。, 脳内イメージによってそれを具現化できる力はまさに万能そのもので、ものを浮かせたり、火を付けたりと様々な事に応用する事が可能です。, 主人公「渡辺早季」をはじめとする5人の少年少女たちもその呪力を備えており、結界に囲まれた人口3000人ほどの小さな集落「神栖66町」で力を駆使しながら平穏に暮らしていました。, しかし、学校行事の一環である夏季キャンプの際に偶然「ミノシロモドキ」と呼ばれる自走型端末(喋るロボット的なもの)を発見し、そこに残されていたデータからこの世界における衝撃の真実を知る事になります。, 身の回りの平和が仮初めに過ぎず、実は大人による徹底的な管理と多くの犠牲の上に成り立つものであるという事実を知った時に子供たちは何を思うのか。, その日を境として、まるでパンドラの箱でも空けてしまったかのように彼らの穏やかな日常は崩れ始めていきます。, 長編小説を原作としている事もあり、アニメとは思えないほど非常に細かい部分まで作りこまれた重厚な世界観が本作における魅力の一つでしょう。, 呪力という特殊な力をはじめ「バケネズミ」と呼ばれる謎の生物や「悪鬼」「業魔」といった伝説上の怪物が存在するなど、ついつい惹き込まれてしまう要素がふんだんに盛り込まれていました。, 「愧死機構」「ラーマン・クロギウス症候群」「橋本・アッペルバウム症候群」など、何が何だかわからない言葉のオンパレード。, 特に前半部分は伏線を多く張るための役割が大きいのでやや退屈に感じるかもしれませんが、後半にかけての盛り上がりが尋常ではないので我慢して見て欲しいです。, なぜ現代文明は滅び、代わりに人類は呪力を手にしたのか。そもそもバケネズミの正体は何なのか。, 『新世界より』という作品は大まかに3つのパートから構成されており、主人公たちの12歳・14歳・26歳という目線でそれぞれ話が進んでいきます。, 時期ごとにキャラクターの見た目・性格が大きく変化していき、その変わり具合がまた面白いです。, 子供の頃だからこそ抱ける理想と、大人になった事で受け入れなければならない現実。そのギャップが如実に表れている描写もあり、社会というものの厳しさがリアルに伝わってきました。, 主人公である早季の幼馴染。呪力の扱いに長けており、全編通して活躍し続けるキャラです。, 頭の回転も非常に早く、ミノシロモドキとの出会いをキッカケにいち早く世界の真実に気付く事になります。, 物語の終盤でバケネズミたちとの抗争になった際にはその優れた精神力で早季たちを導くなど、とにかくカッコいい男でした。, 14歳、26歳時の声を担当されているのは梶裕貴さんなのですが、絶妙な演じ分けが素晴らしかったです。, 人間と同じ言葉が喋れるほどの高い知性を持ちますが、その裏では何やら企んでいる様子もあり何かと怪しいバケネズミです。, 種の繁栄のためであれば命を捨てる事も厭わない勇敢なバケネズミでもあり、物語のラストでは人間対バケネズミの戦争を終わらせるためのカギを握ります。, 非常に独特な世界観を持つため「万人受けしないアニメ」の筆頭として挙げられる事も多く、いまいち話題に上がらないというのが正直なところ。, しかし、そのメッセージ性自体は非常に面白く、「自分たちが生き残るためだったらどんなに酷い事でも平然とやってのける」といった人間のエゴや汚い部分が多く描かれているため、何かと考えさせられる事も多かったです。, つまるところ、人間の敵は人間なんだなという後味の悪さがこの作品の全てを物語っています。, 「原作の方が面白い」といったド直球な意見もあるようですが、僕としては特に違和感も無く視聴できましたね。, アニメとしては異質に見えるかもしれませんが、視聴後は必ず心にズシっと重くのしかかるような作品でした。, 正直、ネタバレせずにその魅力を語るのは無茶な話でもあるのですが、少しでも興味を持っていただければ幸いです。, この記事では『新世界より』というアニメは面白いか、つまらないか、個人的な感想について重大なネタバレを伏せながら語っていきたいと思います。, 1000年後の日本。人類は「呪力」と呼ばれる超能力を身に着けていた。 注連縄に囲まれた自然豊かな集落「神栖66町」では、人々はバケネズミと呼ばれる生物を使役し、平和な生活を送っていた。その町に生まれた12歳の少女・渡辺早季は、同級生たちと町の外へ出かけ、先史文明が遺した図書館の自走型端末「ミノシロモドキ」と出会う。そこから彼女たちは、1000年前の文明が崩壊した理由と、現在に至るまでの歴史を知ってしまう。 禁断の知識を得て、早季たちを取り巻く仮初めの平和は少しずつ歪んでいく。 (引用:Wikipedia), 最終的に「管理される側」から「管理する側」へ回った彼女たちがどのように考えて生きていくのかが見どころになります。, 人間だけでなくバケネズミにも味のあるキャラクターがたくさん登場するというのがこの作品の面白いところですね。, 正直、1回見ただけではこの作品の全てを知る事は不可能だと思います。ただ、だからこそスルメ的な面白さのあるアニメだと個人的には感じましたね。, 【辛口評価】「DEVILMAN crybaby」は面白い?つまらない?個人的な感想.