のチラシが入ってくることもありますので、ぜひやってみてください。, その中でも定番なのが、「かわり鬼」と言って、

小学生の新体力テストで行われるソフトボール投げとは、ソフトボールを決められた方向に投げ、その距離を計測する新体力テストで行われる種目です。 中学生以上は大きめのハンドボールになるのですが、小学生は手の大きさを考慮されてソフトボール投げになっていますね。 小学生のボール遊びに工夫を~子供の投げる力の向上に通ずる3つの遊び方とコロナ影響下での自宅での練習法 .

★ソフトボール指導案①〜基本ルールと基本練習〜, お子さんの栄養素足りてますか?

基礎トレの代表格ともいえるトレーニングですが、このやり方をアレンジしてみましょう。, 通常の方法は腕を大きく広げて大胸筋を強化するタイプと腕を狭めて上腕を鍛えるタイプの2つに分かれるかと思います。とはいえ、どちらのやり方でも肘を深く曲げることには変わりはないのですが。, 私が考えるのは、腕立ての姿勢から肘を全く曲げずに肩甲骨を中心に上半身を回転させるやり方です。, 肩甲骨の内側を意識すると上手くいきますよ。もちろん肩周りが固いと最初は上手くできません。そういう場合はいきなり腕立て伏せのポジションは厳しいので、両ひざを地面に着いて行うと良いかもしれません。, です。上半身が波打つように連動して動いてくると遠投が出来るようになりますよ。けっこう熱心に行ってると、知らずの内に肩が耳の位置まで挙がってしまうくらい力が入っていた…なんてことにならないように注意してください。ゆったり大きく回すように、肩を下げるようにローリングさせると良い感じに出来るでしょう。, 腕の直線的な曲げ伸ばしではなく、上半身の連動したローリング運動は鉄棒でも有効なトレーニングになりますよ。, 私は小・中学校の体育の授業や体力テストで行う鉄棒がけっこう得意だったのですが、その中でも懸垂にはこだわりというかセオリーみたいなものが自分の中でありました。, 懸垂の回数を多くするにはとにかく前半で腕の力を消耗しないように、上手くペース配分させてできるだけ腹筋や背筋で挙げるという感覚で行っていた記憶があります。, いま思うと純粋な懸垂ではなく、肩甲骨と体幹を巧みに使ったローリング運動になっていたのかもしれませんね。こういう動きは関節に負担のかかる筋力トレーニングとは異なりますので小学生の内から行っておきたいです。, ほとんどの学校グランドには鉄棒があると思いますが、それを使って毎日10回だけでもいいから斜め懸垂でローリングのトレーニングを行っておきたかったです。続けていればボールを投げる筋力がつくという意味ではなく、強い肩のベースが出来上がるということ。. 楽しんでもらうこともできます。, 小さい子向けにはダーツやブーメランのようなものがよいですし、 紙鉄砲を作るのに適したサイズ(A4より一回り大きいサイズがベスト) ?――難しさと反省点」, その中で筆者の埼玉県体育協会クラブアドバイザー伊倉晶子氏は、

(要するに投げ方のフォームはタオル投げでも身につけることができます), 上投げフォームをさらに突き詰めたいという時にペットボトルを使うのがおススメです。 こむすぽでは以前、全国ビリをあらそっている埼玉県の子ども達の「投げる力」を上げるため、 「一般社団法人彩の国SCネットワーク」と埼玉西武ライオンズがコラボして行ったキャッチボール教室にも参画、小学校放課後児童クラブ(学童保育)や放課後子供教室でもスポーツレクリエーションを定期的(平日夕方)に実施し、投げる遊びを取り入れている。. 近年では、子どもの『投げる力』が弱くなってきている事が問題となっています。ボールを使って遊べる公園や広場などが減ってきているといった環境の問題や、ボールでの遊び方が分からないといった問題などが原因であると考えられています。 小学生中学年くらいからは、リングビーやヴォーテックスフットボールも

「子どもたちがボールを投げる場所や機会は相当減っていて子供たちがボールをまっすぐ投げられない」 ボールは目線の方向へ跳びます。慣れていないうちから目線を外しながら投げるのは難易度が高いので気を付けましょう。, 【上半身だけの力になっていないか?】 ※投力向上がねらいなので、“蹴るのではなく、投げる”というルールを作りましょう。 しかし、子どもが“どうしたら当たるのだろう?”と考える姿が見られ始めると、自由に投げる遊びから上手く投げる為の指導に切り替えていきましょう。, 【ボールはしっかり握れているか?】 つくり、どの活動にも、投力・走力の強化をねらいとした場の設定を行う。 ・守備側のバトン・ボールリレーでは、バトン・ボールリレーのタイム=攻撃側の試合時間とし、攻撃側の 時間を短くして早く自分たちも攻撃したいという気持ちと、自分たちの記録に挑戦して自己ベストを 出したい

また、タオルだとリリースのタイミングがつかめないと思いますので、

admin 2020年4月14日 / 2020年5月25日.

私が小学生の頃もサーキットトレーニングを中心に基礎トレを行っていた記憶があります。 いま思うと色々とやり方をアレンジしてもっと効率の良いトレーニングはいくらでもできたと思いますが、その中でも肩の動きを鍛えるのに適した2つのトレーニングを紹介します。 このころに運動の基礎を作っておくことは特にスポーツをする上で将来的なメリットにつながります。, この記事で解説するのは、基礎運動能力作りの中でも体幹トレーニングにスポットを当て、小学生の体幹トレーニングのメリットや注意点です。, 更に、実際のトレーニング方法を知りたい人のためにポイントやおすすめの道具を紹介していくので参考にしてください。, 体幹トレーニングをすると股関節と骨盤、そして背骨をつなぐ深層のインナーマッスルを鍛えられるので、下半身と上半身の動きが連動するようになります。, 成長期が終わるまでは関節に負荷をかけてしまう筋力トレーニングをしないのが鉄則なので小学生の体幹トレーニングに疑問を持つ人もいるでしょう。, しかし、体幹トレーニングに関しては関節に影響を与えずに効果的に体の基礎を作れるので小学生にも可能ですし、子供をアスリートにしたい人には是非取り入れてほしいトレーニングの一つです。, 小学生が体幹トレーニングを行うメリットは筋力の向上というよりは、将来に繋がる体の基礎を作るうえで大切になってくる要素が得られることにあります。, 前述の通り、体幹トレーニングをすると股関節と骨盤、背骨が連動して動くようになるので体全体を使って動けるようになります。 体幹が強いことはほぼ全てのスポーツで強みになってきますから、子供をアスリートにしたい人は体幹とレーニングを練習に取り入れましょう。, また、運動が苦手という小学生でも体幹トレーニングをすることによって運動能力の向上が期待できます。, 小学生の時期に癖づく姿勢の良し悪しは大きくなってもそのままで、治そうとしてもなかなか治らないことが多いです。, 正しい姿勢を保持するためには体幹の筋肉はしっかりとつけておくのが大切になります。

体幹トレーニングをすることは骨盤周りの筋肉を鍛えることなので、自然と骨盤がしっかりと起きてくれます。そして、体幹の筋肉がついて骨盤が起きると背骨が正しいS字カーブになり姿勢が良くなります。, 習字やバレエなど習い事によっては美しい姿勢が大事なので体幹トレーニングをしなくても正しい姿勢が身につき、自然と体幹もしっかりしてくるでしょうが、習い事をわざわざしなくても正しい姿勢を身に着けたい人にはなおのこと体幹トレーニングがおすすめです。, 体幹の深層筋が弱いと上半身と下半身が連動して動くことができません。

空気をたくさん入れる方がバランスはとりにくく難しくなります。, 小学生の場合はいきなり難しいことはせず、「上に立つだけ」「椅子の上に置いて座るだけ」から始めましょう。

埼玉西武ライオンズと一般社団法人彩の国SCネットワークがコラボして行ったキャッチボール教室の様子を取り上げました。, 第1回 「危機感――ライオンズとコラボした理由」 肩や腕に力をいれてしまいがちですが、ボールは全身を使って投げます。力任せに投げるのは、肩や腕の負傷に繋がるのでやめましょう。また、持久力が保たれずに体力の低下が早まります。, 【関連記事】 アクティブストレッチはスポーツ前に行われるのが一般的です。, 体幹と下半身の動きを連動させることを目的としているものは体幹トレーニングにもなります。

音を鳴らせるには腕の振り方の問題だけではありませんが、「音が鳴る」成功体験ができれば、繰り返し腕を振りたくもなり、それがボールの投げ方の基礎にもつながってくるのではと考えます。, 1982年、埼玉県生まれ。中学高校では野球部に所属。埼玉県立浦和高校から筑波大学に進み、大学では社会工学類都市計画を専攻。2006年に卒業し、営業アウトソーシング会社で主に法人営業に従事、イベント企画運営会社で主に広報やイベント運営に従事の上、2011年に独立。, マラソンなどの個人型スポーツが地域で流行っている一方で、地域のつながりが希薄になっている現状に矛盾を感じ、チームスポーツの普及で解消できないかという思いから2011年2月に埼玉県川口市を拠点に総合型地域スポーツクラブきゅぽらスポーツコミュニティを設立。, チームスポーツを通じて、年代や業種など異質で普段つながることのない人々がカジュアルに交流し、仲良くなれる場をつくっている。, 中学で軟式野球部、高校で硬式野球部に所属。 使用時の注意点にも触れるので参考にしてください。, バランスボールは空気が入った塩化ビニル樹脂製の大きなボールで、ボールが転がらないようバランスをとりながら座っているだけで体幹トレーニングになります。, テレビを見るときやご飯を食べるときに椅子の代わりに座らせるだけでも効果があるでしょう。

右手を出すなら左足を真っすぐ伸ばし、何秒キープ出来るか挑戦してみましょう。左手と右足も同様です。, 慣れたらその姿勢で階段を上り下りしてみましょう。 そこで、節分イベントと投げる遊びの相性はバッチリだと思います。, そこでボールにこだわらず、投げて遊ぶ道具を用意して、 相手に向かって投げるという点ではドッジボールも同じですが、ドッジボールの場合はボールが1個・2個と限定されがちで、投げる機会が限られてしまうのが残念な点です。, ここまで紹介してきた遊びは「人間に向かって投げる」ことが多かったですが、

メール相談で学生選手から意外と多くいただくのが『肩を強くするにはどうすればいいでしょうか?』という質問です。投手からというより野手も含めてなんで、このテーマで悩んでいる人が多いみたいですね。今回は、本格的な筋力トレーニングが出来ないけれど肩を強くしたいという選手へ、お勧めしたいちょっとしたコツやトレーニング法をご紹介していきます。, 前回のキャッチボールの重要性についての記事でも触れましたが、私は身体が小さい割にはスピードボールを投げたり、遠くへ投げたりすることができました。その当時から感じていたのが『遠投をしてれば肩は良くなるだろ』という独特の感覚。今考えると恐ろしいですが…w 最近は遠投を行わせない学童野球チームが増えましたが、投げる機会が減ったという点でも肩力が著しく低下した要因の1つでしょう。, よくプロ野球選手が『投げる筋肉を鍛える』という言葉を使うように、やはりボールをどんどん投げないと肩は強くなりません。もちろん、それと同時に正しい投げ方を行う必要性もありますけどね。, 技術的な基本の投げ方は、ちゃんと練習している学童のチームに所属していれば身に付くでしょう。それとは別に『基本は出来ているんだが、何か投げ方がぎこちないんだよな』って選手がいると思うんですよ。, それは…肩関節を中心に手や腕を回転させていくように投げるという動きです。「投げるイコール肩を回す」っていう式は、学童野球を指導しているお父さんなら常識でもあると思うんです。, じつは肩関節が中心になっている投げ方では、複雑かつ高度な動きが出来ないためぎこちなく見えたりするんです。センスのある少年の投げ方って見ていてスムーズですよね?彼らは肩を回しているようにみえて肩関節中心で投げているわけではないんですよ。, じゃどこを使って投げているのかというと…肩甲骨ですね。勉強熱心なお父さんコーチなら肩甲骨の動きが良い投球フォームへ繋がるというイメージはあると思いますが。, この部分は、最近の野球指導書を読んでても思うのですが、単純に可動域を広げるようなストレッチを行う感じ?の内容に私は疑問を感じます。, というのも、可動域を広げたから肩が強くなるかといったら必ずしもそうではないからです。学童野球の指導をしていると気づくと思いますが、関節の柔らかい選手って結構多いんですよ。極端な話では大人と比べたらみんな柔らかいですからね。, 単に関節が柔らかいだけではなく、複雑な動きをスムーズに行える柔らかさというのが大切になってくるということ。, 肩関節を中心に腕を回転させるのではなく、体幹と肩甲骨を別々に回転させるようにスライドする動きがより高度な投球を可能になるんです。, 『おっ、あいつ良いボール投げるな』って選手を見かけたら、肩関節そのものよりも肩甲骨とか胸を含めた肩・背・胸部全体を観察してみてください。ぎこちなさなんて微塵も感じない理由がわかると思います。, 私が公開しているセンストレでもこの動きを鍛えるトレーニングメソッドがありますので紹介します。, 冬季に学童野球のグランドを訪れてみると、どのチームもボールを使った練習よりも基礎体力を強化するトレーニングが中心になっていますよね。, 私が小学生の頃もサーキットトレーニングを中心に基礎トレを行っていた記憶があります。, いま思うと色々とやり方をアレンジしてもっと効率の良いトレーニングはいくらでもできたと思いますが、その中でも肩の動きを鍛えるのに適した2つのトレーニングを紹介します。肩甲骨と体幹のスムーズなローリングが出来るように意識しながら行ってください。, まず1つめは腕立て! 石井邦知(こむすぽ編集長) 子どもの投げる力が伸びない理由.

ペットボトルを握ることで、ボールのリリースタイミングをつかむのにも役立ちます。, どうやったら音が鳴るかを繰り返すことで、

手首スナップ(家でできる練習方法・トレーニング) コツの項目でも書いたように手首のスナップは、投げるという動作において重要です。このトレーニングは、スナップが上手になるようなトレーニングです。 やり方 とてもシンプルな遊びですが【目的を狙う】という事で投げる力だけではなく、コントロール力も養われます。しばらく遊んでいると、投げているうちに自分でコツを掴む子も出てくるかと思います。 手足をつかずにマットの上を転がるトレーニングなどは小学生でも挑戦しやすいでしょう。, 小学生の体幹トレーニングは道具を使うことで飽きずに楽しみながら効果的に行えるでしょう。, ここで紹介するアイテムは乗るだけで体幹が鍛えられるので小学生はもちろん、大人でも始めやすいのが特徴です。 正しいボールの投げ方ができる子どもを増やしませんか? ~子供向け(園児・小中学生)・(先生など)子どもへの教え方の指導対応可・出張ok(費用は応相談です)~ という点を指摘されていました。, 私自身も総合型地域スポーツクラブの運営を通じて、子どもたちの投げる動作を数多く見てきましたが、改善には至らず、上記の指摘は正に本質をついていると実感しました。, 学校現場などでも、全国で改善に向けた取り組みが行われていることと思います。 「巧緻性」の意味を知っていますか? 幼児教育の分野で耳にすることの多いこの能力を徹底解説。親子でできるトレーニング方法や、遊びながら自然に訓練できるおもちゃを紹介します。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Copyright (C) 2020 学童野球強化プロジェクト All Rights Reserved. ボールを浅く握ってしまうと、投げる前にボールを落としてしまったり、力が弱くしっかりと投げれなくなったりしてしまいます。, 【投げる際、両足が揃っていないか?】 そして、小学生の時期は運動能力が著しく発達する「ゴールデンエイジ」です。, つまり、小学生の時期に体幹トレーニングをして体全体で動けるようになっていれば運動能力も自然と上がっていきます。逆に言うと、運動能力を上げるために体幹トレーニングをするなら小学生の時期が最も効果が高いのです。 どのトレーニングでも「何秒出来るか」「誰が一番早いか」などゲーム性を持たせ、無理なく楽しく行いましょう。, 体を動かしながら筋肉を温め関節の可動域を広げるアクティブストレッチや、体を思う様に動かす練習であるコーディネーショントレーニングも体幹トレーニングとしておすすめです。, これらは動きの中でバランスをとりながら行うので自然と体幹が鍛えられます。 ★球技 小学生低学年が投げる力を付けるには?(フォーム編) 軟遠投である程度の遠投が出来るようになれば、次は強遠投(きょうえんとう)で投げさせます。 強遠投とは低い速� 特にスポーツをしている場合は同じ動きを反復することが多いので体の一部分に負担がかかりやすいでしょう。せっかく小学生で上達してもケガで将来を台無しにすることは避けたいものです。, 体幹トレーニングをすると股関節から骨盤、背骨と連動して動くようになり、捻挫や骨折といったとっさの外傷のほか、疲労蓄積による慢性的なスポーツ傷害の予防にもなるでしょう。

その中で「ボールを投げる」ことは共通した取り組みになっているのではないかと思いますが、特に女の子は「ボールが嫌い」「球技が嫌い」という子も多いでしょうし、ハードルにもなっているのではないかと察します。, そこで今回、投げる力が身について「面白い」「楽しい」と感じられることに焦点をあてた遊びを紹介したいと思いますが、外出が難しくなっている今、自宅でボールを使わず、身の回りのものを使ってできる練習方法から紹介したいと思います!, タオルを使いながら、上半身の使い方や下半身の使い方、 筋力が強くなる中学生は、無理な投げ方をすると関節への負担も小学生以上に大きくなるので、早いうちに基本的な投げ方を覚えさせるようにしないといけませんね。 強遠投. り、取り組み方によって、関係する体力の要素は変わる場合がります。 対象(対象となる目安) 全学年…小学生及び中学生 低学年…小学校1・2年生 中学年…小学校3・4年生 高学年…小学校5・6年生 中学生…中学校1~3年生 人数(運動する 人数の目安) こむすぽでは以前、全国ビリをあらそっている埼玉県の子ども達の「投げる力」 …

メートル以下の記録は切り捨てされます。例えば、実測5m80cmだった場合の記録は、5mとなります。. いきなり投げ方の指導になると嫌気を指してしまう子どもが出てくる可能性があるので、まずは自由に投げて楽しむ所から始めましょう。 【ねらい】 遊びの中で投げる力を養う 【内容】 ボール遊びを楽しみながら、上手く投げたいという向上心を高めると共に、投げる力を身につけていく. .

また、投げる手と前へ踏み込む足の方向が同じになっていないかも確認しましょう。足を踏み込まなければ、軸がぶれてしまい思うように投げられません。手と反対側の足を前方に踏み出し重心移動をさせる事で足のエネルギーを発揮し肘や肩などにかかる力の負荷を和らげます。, 【目的を定められているか?】 鬼にタッチされたら鬼がかわるという鬼ごっこでしょう。, このかわり鬼をボールを使ってやるのを「ボールあて鬼ごっこ」と 小学生の成長期前の時期は骨や関節が柔軟で体の可塑性があります。, 全身を連動させてケガをしにくい体を作りやすいこの時期に体幹をしっかり鍛えることが重要です。, 小学生が体幹トレーニングに取り組むときは自重以上の負荷をかけないよう注意しましょう。成長期前の小学生は関節や骨が不安定で、負荷が大きいと成長に影響しかねません。, まずおすすめしたいのが場所もとらずどこでもできるプランクです。肘とつま先で体を支え、背中からかかとまでを一直線にして60秒キープします。大人でも1分間のプランクは結構キツいので、30秒など短い時間から始め、徐々に長くしましょう。 という現実に触れつつ、, ・継続的にやらないと投げられるようにはならない(投げる力は向上しない) 学習塾ロジムは、小学生から高校生を対象に、本格的なロジカルシンキングを土台とした指導をしている学習塾です。 その授業メソッドを家庭学習用に再構成して、スモールステップの問題配列にしたのがこの「ロジカルキッズワーク」です。 © 2020 体力テスト・スポーツテスト対策室 All rights reserved. バランス感覚を鍛えられる「バランストレーニング」。本記事では、バランストレーニングの効果を高めるおすすめ器具から、器具ありと器具なしトレーニングメニューを8種類紹介します。日常生活やサッカーや野球などのスポーツに活かしていきましょう! トレーニング方法は色々ありますが、お腹を乗せて手足を離しバランスを取ってキープしたり、手を地面について両足でバランスボールを転がして屈伸するといった動きが比較的取り組みやすいです。, 「何秒キープできるか」などゲーム性もありますので小学生でも楽しんでできるでしょう。, 適切な体幹トレーニングのためにはバランスボールの大きさを身長別に選ぶことが大切で、小学生なら直径55㎝~65㎝が最適です。, バランスボールよりも場所を取らずトレーニングできておすすめなのがバランスディスクです。, 空気の入れ具合でバランスの取りやすさが変わるのでアイテムがどんどん増えるという心配もありません。 上半身と下半身の連動を身につけることができます。 Copyright © 2016 小学生ソフトボールコーチング理論思考ブログ All Rights Reserved. お友達と比べて背が低い子どもならば、今から対策しないと後悔します。 小学生で体幹トレーニングを行うことのメリットを3つ紹介します。 また、どのような体幹トレーニングが小学生に適しているのか注意点も含めて解説し、効果的な体幹トレーニング方法をいくつか紹介するので参考にしてください。 そこで今回は、体育の時間や休み時間を利用して出来る投力向上に繋がる動作を紹介します。, いきなり投げ方の指導になると嫌気を指してしまう子どもが出てくる可能性があるので、まずは自由に投げて楽しむ所から始めましょう。, 【内容】 2014年3月に一般社団法人日本コムスポーツ協会の設立を経て(代表理事)、スポーツを支える方向けのwebメディア「こむすぽ」を運営している。 名付けていますが、実際にやってみるとたいへん盛り上がります。, 投げる入り口として真下に投げてみることがお薦めとも言われますが、真下であれば初心者のキャッチボールで起こりやすい、「後ろにボールを逸らす」ということもありませんので、それを避けようと腕の振りが段々と縮こまっていく心配もありません。, その真下に投げることをゲーム化して楽しむにはメンコ遊びが適しています。メンコ遊び本来の「相手のメンコをひっくり返す」には、また異なる力が求められるかもしれませんが、「相手のメンコに当たれば得点になる」など敷居を下げ、メンコ遊びを楽しいと感じられるようにすれば子どもも自然に投げる動作を身につけられるでしょう。, 水風船を使っての遊びは夏限定になりますが、ボールとは異なり体に当たるだけでなく(風船が割れて)濡れるスリルもありますので、子どもの反応も様々で楽しみの幅も広がるでしょう。, 数多く用意して、一人あたりが投げられる機会をより多く作れると理想的です。 鍛えて発達した筋肉をダッシュや幅跳びなどで運動性筋肉へと発達させます。 これらを繰り返して行うことが球速アップや遠投力アップに必要な考え方と鍛え方です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー シェイクックは今なら特別に半額!. ・「できた」という達成感や「面白い」と感じられるものでないとそもそも継続的にやろうとは思わない

ハンドボール投げとは、ハンドボールを決められた方向に投げ、その距離を計測する種目です。, ソフトボール投げとは、ソフトボールを決められた方向に投げ、その距離を計測する種目です。, 直径2mの円の中に立ち、ステップを踏み決められた方向にハンドボール・ソフトボールを投げます。円周の内部であれば、自由に動くことができるので、ステップを踏んだり、助走をつけながらハンドボール・ソフトボールを投げることが可能です。, 1年: 8m 2年: 12m 3年: 16m 4年: 20m 5年: 23m 6年: 27m, 1年: 5m 2年: 7m 3年: 9m 4年: 12m 5年: 14m 6年: 16m, ハンドボール・ソフトボール投げは、ボールを投げるという動作から、腕や肩だけを準備しておけば良いと思われやすいですが、ボールを遠くまで飛ばすためには、全身の力を使う必要があるので、しっかりと準備運動をしましょう。, まずは投球の際に使う肩や手首などを回しておきましょう。その後は、屈伸運動を行ったり、股関節を伸ばすストレッチを行い体をほぐしましょう。, 体が温まってきたら、実際にハンドボール・ソフトボールを軽く投げておきましょう。本番でいきなり力を入れて投げると肩を痛める原因になります。, 投げる際は、斜め45度上を目標にして投げると良いです。こうすることで、より効率的に距離を稼ぐことができます。45度より高すぎると距離が伸びません。低すぎると距離が伸びやすくはなりますが、位置が低いので当然すぐに地面についてしまいます。, 右利きの人の場合、投げる際にまずは左足を上げるので右足に全体重がかかります、そして腕や肩を回転させます。実際に投げる段階では、左足をつき、投げた直後には、左足に全体重がかかっている状態が理想です。, つまり体重は、右足→左足に移動します。このことを意識しましょう。ボールを投げる際は、この体重が後ろから前に移動する力を利用して投げます。, 腕を大きく振ると投球距離が伸びます。腕を自分でも少し大げさに思うくらい大きく振ってみましょう。, もうすでに腕を振れているよ!と思う人も、騙されたと思ってやってみてください。自分が意外に腕が振れていないことに気づくことになりますよ。, ボールを手から離すときは、手首のスナップを使いましょう。これができるかどうかで記録に影響があります。後述するトレーニングで手首のスナップをしっかりと使えるようになっておきましょう。, 肩甲骨を大きく使いましょう。イメージとしては、ボールを持って投球準備をしているときは肩甲骨を引いておき、投げる瞬間には、肩甲骨を前に出すというイメージです。肩甲骨を前に出すことで、腕をより大きく前に出すことができます。, ハンドボールはソフトボールより大きく手に収まりきらないので持ちづらいと感じる人が多いと思います。ボールを持つ際は、親指と小指でハンドボールを挟み込むようにして持ちましょう。, コツの項目でも書いたように手首のスナップは、投げるという動作において重要です。このトレーニングは、スナップが上手になるようなトレーニングです。, パーの状態に手をしておきます。この手をグーになるように握ります。手首のスナップを使わずにこれを行うと何も音が出ないと思います。この手を握る際に、手首のスナップを使い音が出るようにしましょう。, 音が上手に出せるようになったらそのときの手首の感覚をしっかりと覚えておき、投球の際に、スナップが使えるように意識しましょう。, 投げるという動作は、下半身から生まれる力が大変重要な役割を果たしています。このトレーニングでは、下半身の筋肉をつけることを目的に行います。そのため、しゃがむときは、ゆっくりとしゃがみ筋肉に負荷をかけましょう。, このトレーニングも下半身を鍛える種目です。股関節をしっかりとほぐしてからおこないましょう。, 左足を前に右足を後ろにして立つ。この姿勢で体を沈めて、右足の膝が地面につくようにする。膝が地面に着いたらジャンプして、足の位置を入れ替える(右足が前、左足が後ろ)。脚を入れ替えたら、同様に体を沈めジャンプして足を入れ替えるということを繰り返す。, このトレーニングは、スクワットと違い足を横に揃えないのでよりスポーツの実践向きの種目といえます。スクワットで筋力向上をはかりながら、この種目では、筋力向上と神経系の向上を図ることになります。, 投げるという動作では、以外にも下半身の力が重要なので、トレーニングには、下半身を鍛える種目を2個入れておきました。きつい種目ですが効果は高い種目なのでがんばりましょう。.