本年度も何卒よろしくお願い致します。」, 應援指導部はホームページを更新し、活動の再開を報告した。

現役部員は、来る8月13日(水)から21日(木)の8泊9日の期間で、富山県砺波市にあるホテル「寺尾温泉」にて夏季合宿を行います。, 春季リーグ戦を乗り越えた各部門の1年志望部員が、この夏季合宿を乗り越えれば正部員となります。秋季リーグ戦に向けて、各学年、各部門とも一回り大きくなって神宮球場でたくましい姿を見せてくれることと思います。OB、OG各位のご支援をよろしくお願いいたします。, 今年は開催時期を例年の7月末から8月上旬真夏を避け、6月8日に実施しましたが梅雨入りの時期にぶつかり雨の洗礼を受けてしまいました。朝のうちの大雨もスタート時点ではやみ、晴れ男がいるかと思いましたが昼ころからは本格的な雨となりグリーンに水が溜まり出し大変なコンペとなってしまいました。余程日頃行いの良くない輩がいたと思考します。来年も同じ時期に開催しようと思いますが是非自称晴れ男と思われる方にお出ましいただき梅雨空を吹き飛ばしていただければ幸甚です。 結果的に、リーダー部の解散や部内意思決定への下級生参加などの、大きな変化が應援指導部で起こったと思います。應援指導部には、全塾協議会所属団体として、今後とも状況を注視しながら、活動に協力していきたいと思います。」, 今回の活動再開の決定を受けて、應援指導部は塾生新聞会の取材に対し以下のコメントを出した。, 「應援指導部は活動停止後に始まりました再建プロジェクトを今後も継続して行い、全ての活動に誠心誠意励んで参ります。

26年間遠慮がちに応援してきたもやもやした気分を一気に吹き飛ばして、思い切り応援歌を歌いました。 │ 暮らしにまつわるエトセトラ. その時にも私どもの代は下級生でしたが、慶早戦の後の応援席はちょっと寂しいものでした。ご都合のつく方は是非神宮にお運びいただければと思います。日程は以下をご参照ください。よろしくお願いいたします。

「当時、“部の内情に関する取材は受けるな”という指示が部長の教授から部員に伝えられていました。今回も同じ連絡が下達されています」 これから、微力ではありますが応援部の為に何か力になれることがあれば、幸いでございます。 慶応義塾大学の応援指導部で不祥事が取りざたされ、大きな波紋を呼んでいます。 またしても慶応大学の不祥事報道ですが、今回は応援指導部内のリーダー部で起きた覗き騒動。 これにより慶応大学応援指導部の動画や不祥事の詳細、渦中の …

私達應援指導部は応援を通じて、「慶應義塾の精神を継承し、慶應義塾の精神が浸透するきっかけをつくる」ことを追求し続けています。観客の皆様と一体になって作り上げる、『社中一体の応援席』にこそ、選手に勇気を届けられる真の力が宿っていると考えています。 ちっちゃなグループの中で、支配的に立ち振る舞いどや顔

endobj (應援指導部へ行われた処分については、こちらをご覧ください。), 塾生代表の後藤圭祐氏(経3)は塾生新聞会の取材に対し、「オンライン上で行われた全塾協議会3月期定例会にて、應援指導部から再建案についての説明を受け、その内容が適切であると判断し、また部員たちの再始動に向けた強い意気込みが伝わってきたため、4月1日からの活動再開を承認しました。これから、新たなスタートを切り、再び慶應義塾の福利厚生の道を歩んでゆくこととなります。大切なのは、再建案の内容がきちんと実行され、部が良き方向に実際に変わっていくかどうかです。塾生代表、全塾協議会、そして塾生みんなで温かく見守っていきたいと思います。塾生代表として、應援指導部の明るい未来を全力で応援しています、ガンバレ!」とコメントを寄せた。, 應援指導部への調査を行ったのは全塾協議会事務局で事務局長を務める岩舘則明氏(経3)。塾生新聞会の取材に対し、以下のコメントを出した。, 「全塾協議会の特別監査人としては、12月の問題発覚から全塾協議会の処分決定まで、事態の情報収集を行ってきました。その中でも、一番難しかったのは、情報の公開です。大学外のメディアまで関わってくるような案件でしたので、被害者の保護の問題を考えた時に、情報の公開は慎重に行わなければなりませんでした。一方で、何も情報を出さなければ、全塾協議会として何かしらの処分を下すことへの支持が塾生から広く得られないので、どこまでの情報を出すべきなのか常に頭を悩ませていました。 慶應義塾大学應援指導部第70回定期演奏会チケットについて 2020.9.25 東京六大学野球秋季リーグ戦の応援について 2020.4.1 應援指導部の活動再開について 2020.1.8 今後の應援指導部の体制について その対象に選ばれる女性たちが本当に気の毒, dek***** endobj

<>

慶應義塾全塾協議会は8日、應援指導部のうちリーダー部が解散するとTwitter上で発表した。 「先の週刊誌報道の問題の正確な事実が判明」したことを理由に挙げ、31日以降に全塾協議会による應援指導部への詳細な処分を発表するとしている。

endobj

�-�>c�P��#��,s��� ����X��%�����(a�BYs̪��3��]�NX�����I�g��u�2�R����>;�%���$F�{�d���B�ϕbաEM�@- 03��G�� Ĝ}X���ߚ�Y�(�y�AY���܊�AV��I�?M� ��D��&�1�bVĄrATH��D�l���D� MV�çн���h�\��Ԗ�I����5���e��"LaS�TjS�Nѷоe� <世話人 伊藤康郎(S47年卒>, この度、大橋先輩と共に応援部三田会に入会させていたいだくこととなりました、大和田(高田)晴代と申します。ご挨拶が遅れ、申し訳ございませんでした。 x��\[o�~7���G'��0��h��A���v�M�.���RԌ�&��|�6@��V����s���o�_>�x�nn����������������~��������������ׇ����룿4~������m��]���V3���*V)�j�++�v������/�W�������Z����兿�UP)&kS^����ox��M������s�f�./~���~���xy1���� ���\"������`��&+%k�I�UÏ]U]�����������]����su���ݟ��m�yB�m��p����g�bDh?p�6("Eqd2 �X�nSPNX�{��Um3Оj�3�!EF�)b-�e��^Y��H�8R�9W����(:�EU�!C�P4\ �E�iXk���a �� ��������Z��irt4��5�I�;V��>�S�6�j{�pЮ��|����Uډ���)o�Yu����x��Q�u�j)2�S�'``�u:���{S8� �R���m�+J�7�%s�d���е�3��