山口県警察の公式ホームページです。採用、くらしの安全、交通安全、相談、申請、手続、事件、事故などの情報を提供しています。(管理・運営:山口県警察本部)

熊谷男女4人殺傷事件 ... しかし、親と喧嘩をして再び家出した少女はaの部屋に出入りするようになる。 ... 同8時50分ころ、bが放置された場所の敷地内で、そこを借りて車を置いていた男性に発見される。 2003年の8月に埼玉県熊谷市で男性1人が刺殺され、それを目撃した女性3人のうち1人が殺害、2人が重傷を負うという事件が起こった。, 2002年10月に盛岡刑務所を仮出所した尾形英紀(当時26歳)は、2003年7月に熊谷市でゲーム喫茶をオープンさせた。, 当時、少女Aは家出同然の状態で地元栃木と熊谷市の友人宅を転々とする生活をしていた。, 少女Aは、後に殺害される風俗店店長の鈴木秀明さんの部屋にも出入りしており、妻子のいた尾形とも愛人関係になっていた。, 少女Aと鈴木さんは、次第に口論が増えるようになり、いつしか少女Aは鈴木さんとのことを尾形に相談するようになる。尾形が鈴木さんを脅すこともあった。, 2003年8月18日、朝までゲーム喫茶で仕事をした尾形が自宅に戻って酒を飲んでいると、少女Aから呼び出される。, 尾形がファミリーレストランに行ってみると、少女Aの他に少女Aの知人の少年Bもいた。, 酒に酔った尾形に、少女Aは鈴木さんの愚痴を言い出し、「やられそうになった」とレイプの話を尾形に訴える。, 少女Aの話を聞いた尾形は激怒し、包丁を持って、少女A及び少年Bとともに鈴木さんが住むアパートに向かった。, 当時、同じアパートに住む同僚の部屋にいた鈴木さんは、少女Aに自分の部屋に来るよう呼び出される。, 鈴木さんが部屋に入った瞬間、尾形の持っていた刃渡り18センチの包丁が鈴木さんの胸に深々と突き刺さった。, 騒ぎを聞いて駆けつけた知人女性C子さんと同じアパートの住人女性D子さん、E子さんの3人に現場を目撃されてしまったからである。, 「犯行を見られた以上、殺すしかない」、尾形は少女Aと少年Bとともに、アパート近くに停めてあった車に女性3人を脅して乗せた。, 尾形は、助手席に少女A、後部座席には少年Bと女性二人を乗せ、残った一人は車のトランクに無理やり押し込んだ。, まず、後部座席の女性二人のうちの一人C子さん(当時19歳)を引っ張り出し、駐車場近くのトイレに連れ込み持っていたタオルで首を締めあげた。, ぐったりしたC子さんの体を何度も踏みつけた尾形はC子さんが動かないのを確認し、C子さんをその場において車に戻った。, 尾形は車を走らせると、途中で車のトランクに押し込めていたD子さんを引きずり下ろし、タオルで首を締めあげた後、命乞いをするD子さんを踏みつけたうえ、包丁で突き刺した。, その後、熊谷市に戻った尾形は、最後の一人E子さんを資材置き場に連れ込んで首を絞め、ぐったりしたE子さんを何度も包丁で突き刺して逃げ去った。, 午後8時過ぎ、瀕死の重傷を負ったE子さんは熊谷市内に住む男性に発見され、一命を取り留めた。, その後、美の山公園のトイレに放置されたC子さんも通りがかった住人に発見されて助かった。, 中学校に進学した尾形は、軟式テニス部のキャプテンとして活躍し、県大会で入賞したこともあった。, その後、高校進学をした尾形は、2年生のときに退学し、その後は地元の暴力団事務所に出入りするようになる。, 暴力団事務所に出入りするようになった尾形は、傷害事件を起こして少年院に入所したり、恐喝事件を引き起こすようになる。, 2001年1月に酒に酔って暴れて逮捕され、執行猶予中だった尾形は、盛岡刑務所に服役することになる。, 尾形は弁護人の勧めでいったん控訴の手続きを取るが、7月18日に控訴を取り下げて死刑判決を確定させる。, 仮に無期懲役になったとしても仮釈放に30年、40年かかるし、それなら死刑の方がいいというのが控訴を取り下げた理由だった。, 「死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム」による死刑囚へのアンケートの返信では、死刑制度は廃止するべきと答え、「死を受け入れる代わりに反省の心を捨て、被害者・遺族や自分の家族のことを考えるのをやめました。」と回答している。.

言語訓練で使える教材集です。100枚以上のプリント教材、iPadアプリの教材が全て無料で使えます。リハビリやレクレーションでご活用ください。 amzn_assoc_ad_type ="responsive_search_widget"; amzn_assoc_tracking_id ="lifeplan4649-22"; amzn_assoc_marketplace ="amazon"; amzn_assoc_region ="JP"; amzn_assoc_placement =""; amzn_assoc_search_type = "search_widget";amzn_assoc_width ="auto"; amzn_assoc_height ="auto"; amzn_assoc_default_search_category =""; amzn_assoc_default_search_key ="";amzn_assoc_theme ="light"; amzn_assoc_bg_color ="1843F0"; Copyright (C) 2020 気になった事件 All Rights Reserved.

午後1時20分ころ、Aの勤務先のマネージャーが、「遅刻しないように」と伝えるためAの携帯電話に連絡をしたが通じなかったため、同じアパートに住むAの同僚の女性Cが様子を見に行くよう依頼され、携帯電話を繋いだままAの部屋を訪れる。Oは恐怖に震えるBに対応させ「(Aは)携帯電話に出られない」と答えさせた。そのあとOはCを室内に連れ込み、「見ろ」と命じてAの遺体を見せつけた。, BとCをAの部屋に監禁したまま、少女は部屋に残した荷物を集めAの財布に入っていた現金を窃盗した。Oは少年に「見張りに行け」と命じ、Cと同居していた居酒屋店員の女性Dの様子を見に行かせた。Oは尿意を訴えたCにトイレに行くことを許可せず室内で放尿させた。そして、Dも連れ込みAの遺体を見せつけ、「見ちゃったもんはしょうがねぇよな。やっちゃうしかないよな」と言って、午後1時40分ころ、車で3人を拉致した。, 少年を助手席に乗せ、少女に加え拉致したBとDを後部座席に乗せてCをトランクに閉じ込めたOは、車を秩父市方面へと走らせた。秩父市黒谷の美の山公園駐車場で、まずDを降ろし女子トイレに連れ込んで乳房と陰部を触りタオルで首を絞めたあと、殴る蹴るの暴行を加えた。そして、包丁で刺そうとするが失敗し、意識を失ったDを美の山公園に放置した。駐車場へ戻ると少女が「携帯電話の着信音が聞こえた」と言ったため、Oがトランクを開けた。猛暑日のトランクに閉じ込められた暑さで汗を流しつつ「全部私のせいにしていいから許して。チーフ(A)をやったのも私のせいにしていいから」と必死に訴えるCに対しOは「うるせえ」などと言い放ち、歯が折れるほど強く殴った。, 運転席に乗車したOは、「後ろの奴うるさいから、後ろの奴から始末するか」といい、美の山公園の観光道路脇でCをトランクから車外に降ろし、首を絞めたうえ右背部を3回刺して殺害。遺体を道路脇の崖に投げ落とした。, そのあと、熊谷市内へ戻ったOは、残るBを同市大麻生の国道140号線沿いの建築解体会社の資材置場で降ろし、包丁で胸などを刺し唇と鼻にアロンアルフアを塗った上で両手足をビニール紐で縛って放置した。, 午後4時45分、美の山公園に倒れていたDを通行人が発見し、110番通報した。Dは秩父郡皆野町の病院に搬送された。病院を訪ねてきた秩父警察署員にDは「熊谷のGハイツに死体がある。調べて」と告げた。, 同6時25分ころ、熊谷警察署員がアパートに急行しAの部屋で布団をかけられたAの遺体を発見。, 同8時50分ころ、Bが放置された場所の敷地内で、そこを借りて車を置いていた男性に発見される。助け出されると間もなく意識不明の重体に陥った。胸部からの出血が多く、搬送先では輸血の処置が取られた。その結果、意識を回復した。, Bは意識回復後も会話が満足に出来ない状態だったため、捜査員が病室に文字盤を持ち込んだ。Bは文字を1つ1つ指差し経緯を説明した。, 8月21日、Oが捜査本部によって逮捕された。任意同行の際、報道各社のカメラマンも随行し、Oが刺股を持つなどした捜査員に対して煙草を燻らせながら「逃げるつもりはねえよ」などと話しているシーンがテレビによって全国に放映された。, 同22日、少年を逮捕。翌23日、少女も逮捕された。いずれも逮捕容疑は逮捕監禁であった。, 取り調べに対してOは、「付き合っていた女(少女)を寝取られて面子が立たなかったのでAを殺害した」と供述し、さらに、3人の女性については、「死んだものと思っていたが、2人が生きていることをニュースで知り、口封じのためBとDを搬送先の病院で殺害することを計画していた」と明かした。, なお、この2003年には、隣の群馬県太田市と伊勢崎市でパチンコ店員が、強盗目的で元店員ら男2人組に殺害され、遺体が近隣行田市の福川に遺棄されるという事件(群馬パチンコ店員連続殺人事件)も発生しており、本事件の1ヶ月ほど前に犯人が埼玉県警に逮捕されたばかりだった。, また、前年2002年11月には、熊谷市内で中学生3人が集団でホームレス男性を暴行して死なせる事件も発生している[1]。, Oは、一審の審理の中で、「最初から殺意を持っていたわけでない」などと主張し、弁護側は、「シンナーによる幻覚が、事件当時の行動に影響を与えた可能性がある」として、Oの精神鑑定を求めた。その結果「A殺害時には、弁別能力が著しく低下していた」との鑑定結果が証拠採用された。しかし、検察側は、この鑑定結果を不服として再鑑定を求め、「飲酒や、過去に吸っていたシンナーが犯行に影響を与えたとは考えられない」と相反する鑑定書が証拠採用された。, 2007年3月9日の最終弁論で弁護側は「A殺害時は心神耗弱状態だった。若年で更生可能性を否定することはできない」などとして、改めて死刑回避を求めた。, しかし、同4月26日、さいたま地裁(飯田喜信裁判長)は、「1日のうちに4人を殺害の対象とし、2人を殺害したまれに見る重大な凶悪事件。犯行は非人間的と言わざるをえない。殺してでもメンツを守ろうとする暴力団関係者特有の思考で、あまりに短絡的な犯行。動機と経緯に酌量の余地はない」と指弾した。さらに刑事責任能力についても「指紋をふき取るように指示するなど合理的な行動をとっている。殺害経緯、殺害状況について具体的な記憶を保持していた」として完全責任能力を認め、弁護側の「善悪の判断能力と行動制御能力が著しく低下し、心神耗弱状態だった」という主張も退け、検察側の求刑どおりOに死刑判決を言い渡した。, 弁護側は控訴したが、Oは同7月18日付で控訴を取り下げ、一審の死刑判決が確定した。弁護人によると、Oは「死刑に納得している。判決の事実認定に間違いはあるが二審で正せないし、正す意味もない。特に拉致殺傷した女性3人には申し訳ない。あんなことをしなければよかった」と反省していたという。, 少女は、殺人幇助・殺人未遂幇助でさいたま家裁に送致されたが、「事件の発端を作り、関与の度合いも大きい。被害者の処罰感情も非常に強い」などとしてさいたま地裁へ逆送致され起訴された。初公判で少女は、事件前のファミリーレストランやAの部屋で言ったとされる「やっちゃって」「やっちゃえ[2]」は言っていないと主張し、起訴事実の大半を否認した。, しかし、2004年11月18日、さいたま地裁の福崎伸一郎裁判長は求刑通り懲役5~10年の不定期刑を言い渡し、確定した。, 少年は、同容疑でさいたま家裁熊谷支部に送致され、中等少年院送致長期の保護処分を受けた。, 2010年7月28日、東京拘置所でOの死刑が執行された。刑の確定から3年での比較的早い執行だった。2009年9月の民主党政権発足以後、初めての死刑執行[3]であった。, 執行には千葉景子法務大臣(当時)が立ち会った。死刑執行に法務大臣が立ち会うのは憲政史上初めてのことだった。, Oは、死刑廃止フォーラムが2008年に全死刑囚に対して実施したアンケートの中の手記で、「死刑執行時に求刑・判決を出した検事・裁判官それに法務大臣らが自ら刑を執行するべきです。それが奴らの責任だと思います。」と意見を記しており、その一部が自らの執行時において実現されたことになる。, Oは小学生のころはスポーツ万能の子供だった。中学生の時には男子テニス部の主将を務めていた。その一方で、中学2年のころからシンナー吸引を始める。また、バタフライナイフで同学年の男子生徒の左胸部と背部を刺し、怪我を負わせたことがあった。その後、友人と共に金属バットを用いた強盗致傷事件を起こして中等少年院送致となり、退院後間もなく、友人と共に傷害、恐喝事件を起こし再び中等少年院送致となった。, 高校に進学するも中退し暴力団関係者と交遊を持ち、2回目の少年院送致となった後、一度暴力団に所属し幹部組員となった。, 1998年(平成10年)2月23日、傷害・暴行・恐喝未遂・道路交通法違反で懲役1年6ヶ月(執行猶予5年・保護観察付き)の有罪判決を受ける。, 2001年(平成13年)4月18日、傷害罪で懲役6ヶ月の実刑判決を受け執行猶予取り消し。, 上記のとおり妻子が存在し、少女とは不倫関係だった。また、少女が自分に好意を寄せていることを利用し、場合によっては性風俗で働かせようと考えていた。, 午後8時頃埼玉熊谷の路上で中学生2年生3人が井上勝見(45才)さんに殴る蹴るの暴行を加え死亡させた。3人は「ホームレスをからかいに行こう」と相談、反撃されたため殴ったという。ブロック塀に後頭部を打ちつけ倒れた後も踏みつけたりして急性硬膜下血腫で死亡させた。(11月30日毎日新聞), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=熊谷男女4人殺傷事件&oldid=75585631, この項目では、2003年に埼玉県熊谷市で発生した殺人事件について説明しています。2015年に同市で発生した殺人事件については「. 尾上部屋(おのえべや)は、日本相撲協会所属で出羽海一門の相撲部屋。 歴史 2006年(平成18年)8月1日に三保ヶ関部屋の部屋付き親方である年寄・17代尾上(元小結・濱ノ嶋)が、幕内・把瑠都ら内弟子6人を連れて三保ヶ関部屋から分家独立する形で尾上部屋を創設した。 2002年10月に盛岡刑務所を仮出所した尾形英紀(当時26歳)は、2003年7月に熊谷市でゲーム喫茶をオープンさせた。 この頃、知り合ったのが後に事件のきっかけを作る16歳の少女Aだった。 当時、少女Aは家出同然の状態で地元栃木と熊谷市の友人宅を転々とする生活をしていた。 少女Aは、後に殺害される風俗店店長の鈴木秀明さんの部屋にも出入りしており、妻子のいた尾形とも愛人関係になっていた。 少女Aと鈴木さんは、次第に口論が増えるようになり、いつしか少女Aは鈴木さんとのことを尾形に … 以下は、2007年5月23日(水)さいたま地裁には、侑人くんのお父さんとお母さんが陳述した内容です。 熊谷男女4人殺傷事件(くまがやだんじょよにんさっしょうじけん)とは、2003年(平成15年)8月18日に埼玉県熊谷市で発生した男性殺害、女性拉致殺傷事件。, 大里郡寄居町に住む無職の少女(当時16歳)は、事件の1ヶ月ほど前から本庄市の飲食店店員Aと交際を始め、熊谷市箱田7丁目のAの自宅アパートに身を寄せるようになった。しかし、薬物に手を出すことを心配したAが自室に少女を住まわせようとしたことから、関係が悪化しAと少女は口論が絶えなくなる。, Aは少女と「別れるのを覚悟で話し合いをする」と勤務先の飲食店従業員に告げた。Aと少女が会った直後に、熊谷市広瀬、元稲川会系暴力団員のOが「俺が仲裁役になる」と言って姿を現す。少女はA・Oと二股交際をしていた。, Aは少女と別れることに同意しなかった。少女はAを鬱陶しく感じるようになり、友人に対し「(Aが)ウザい、キモい。ムカつくから、ヤクザを使って脅そうかな」と述べた。OはAに少女と別れるよう執拗に迫りAは少女との交際を断念した。, Oは、8月18日午前、乗用車で熊谷市内の無職少年の自宅アパートに身を寄せていた少女を迎えに行き、2人を連れ出した。同市筑波1丁目のファミリーレストランに入りビールや焼酎を飲んだ。その席で少女が「Aに姦淫されそうになった」という話を持ち出したことがきっかけで、Aを襲うことを決めた。, Oは、ボーガンを入手しようと考え少女、少年を連れて同市内のホビーショップに向かうが店が閉まっていたため、「拳銃を自宅に所持しているが音がうるさいから」と、自分が経営するゲーム喫茶から包丁を持ち出し、少女と少年に対し「帰ってもいいぞ」と言ったが2人も同行して、午後1時ころ、Aのアパートへ向かった。Aは同じアパートに住む同僚の女性Bの部屋にいたため、少女が言葉巧みに誘い出しAの部屋に連れ込んだ。, そこでAが少女に手を出そうとしたことを認めようとしなかったため、OはAに激しい暴行を加えた。OはBをもAの部屋に無理やり連れ込み、Bの見る前で「俺の女に手を出しやがって」と言いながらAに暴行を加え続け、「早く死ね、くたばれ」と言いながら背中に包丁を刺したあと腰、大腿部など数カ所も刺して殺害した。 園児・榎本侑人(えのもと・ゆうと)くん(4歳5ヶ月)熱中症死亡事件 陳 述 書. 広島県警察本部 〒730-8507 広島市中区基町9-42 [] Tel:082-228-0110(代表) ご意見・ご要望はこちら、苦情の申出はこちら

尾崎 清光(おざき せいこう [2] 、1935年 6月2日 - 1984年 1月30日)は、20世紀に活動した日本の政治活動家、ヤクザ、実業家。 日本同和清光会最高顧問。通称「歩く三億円」。 えせ同和行為の黒幕であり、大物の同和 事件屋として名を売った。 ),是日本 大相撲的相撲部屋,屬二所之關一門。地址是東京都 江東區 清澄2-15-5。 歷史 在1985年(昭和60年)11月場所,原屬佐渡嶽部屋的大關 琴風豪規引退,1987年3月23日與五位師弟分家成立尾車部屋。 広島県警察本部. 2005年(平成17年)4月には閉鎖された 押尾川部屋 から17代 押尾川 (元大関・ 大麒麟 )・11代 不知火 (元 関脇 ・ 青葉城 )および所属力士6人と床山1人を受け入れた。 2009年1月30日には所属力士である 十両 ・ 若麒麟 が 大麻 所持の容疑で逮捕された。2

尾崎 清光(おざき せいこう[2]、1935年6月2日 - 1984年1月30日)は、20世紀に活動した日本の政治活動家、ヤクザ、実業家。日本同和清光会最高顧問。通称「歩く三億円」。, えせ同和行為の黒幕であり、大物の同和事件屋として名を売った。1982年には日本の黒幕として『週刊大衆』等のゴシップ雑誌で3度取材を受け、政界においては当時最大派閥の長であった田中角栄ですら力添えを乞うた権力者であった。1982年6月2日、ホテルオークラで誕生祝賀会を行なった際には、中川一郎、稲村佐近四郎、武藤嘉文ら[3]自民党代議士はもとより政財界人等1000人以上が訪れた。そのうち150名までが中央官庁の事務次官・長官・局長クラスの上級官僚であった。同じ日に当時のヒルトンホテル(永田町)で田中角栄のパーティが開催されたが、役人が参加したのは僅かに8人であった。, 父は日雇い人夫で、酒と博打に狂い、妻に暴力を振るい、川で転落死した[6][7]。幼い時に父を失った清光は佐川中学[8]2年の頃から非行に走り、17歳の時、地元の商業高校に在学中、寸借詐欺で少年院に送られる[9][10]。, 1953年4月から2年間、大阪の釜ヶ崎のドヤ街に住み、最初は住み込みで皿洗いをしていたが、やがて暴力団の手配師として頭角を現し、西成を縄張りとする東組の組員となる[11][12]。, 少年時代から恐喝や傷害、銃刀法違反、婦女暴行未遂など[9]で17件の前科があり、それらの事件では実刑を免れていたという説もあれば[13]、17回逮捕され15回服役したという説もある[14]。, 1969年春、大阪市北区兎我野町で「尾崎興業」を設立[15]。金融・手形割引や不動産会社を営むうち、1970年ごろ[9]に元法務大臣西郷吉之助(参議院議員)の秘書グループに取り入って西郷の私設秘書[16]となり、西郷による5億円近い乱発手形の回収を任されたが、業者への脅迫により、1971年に兵庫県警に逮捕された[17]。, この事件を機として1972年1月15日に[18]故郷の佐川町に帰り、建設会社を設立。高知県内の政財界や行政に食い込んで、農地転用許可や国有地払い下げに暗躍。自らも建築・土木・砂利採取などの事業を営み、公共事業や大手企業の下請けを一手に引き受け、「土佐の黒幕」と呼ばれて恐れられた。, 自民党員として1972年10月28日の佐川町長選挙では自民党推薦の渡辺勉を応援し、渡辺の当選後は勝共連合を使ってビラや街宣車で反共キャンペーンを張り、1974年から1975年にかけて部落解放同盟正常化全国連絡会議書記長の尾崎勇喜とその一族を威嚇した[11]。, 同じ佐川町出身の勇喜について清光はパンフレットをばらまいたが、その内容は勇喜個人を写真入りで「エタの大将」「赤犬」などと誹謗するとともに、戸籍謄本を使って勇喜の家系を「エタ一家」「赤犬一家」と罵る内容であった[19]。勇喜の実兄は高知市で酒屋を営んでいたが、1973年11月に清光から「この店はエタだ」「エタの酒を買うな」「赤犬の大将の家だ」「赤犬一族だ」などと1時間にわたる街宣攻撃を受けた[19]。, このほか、高知県外で平和に暮らす勇喜ら正常化連(のち全解連)幹部の兄弟や親戚が清光に呼びつけられ、「勇喜が運動をやめなければ、県外へ行って全員の身分をことごとく暴く」と脅されたこともある[20][19]。また、全解連活動家数十人が職場に「アカを首にせよ。しないと会社を潰す」と清光から圧力をかけられ、仕事を奪われ、生活を破壊されたこともある[19]。, 1977年2月5日[21]、高知県民文化ホールの工事を受注した大成建設から3900万円以上を恐喝した事件で逮捕。恐喝・強要・業務妨害・弁護士法違反など29件の事件のうち12件が起訴された[22]。事件の内容は、以下のようなものであった[23]。, 尾崎の手口は、大蔵省や建設省の高級官僚を名前を使ったり、関係官庁幹部室を利用して威勢を示したりする点に特徴があったと指摘されている[24]。, 上記の一連の事件について、1982年3月、高知地裁で懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を受ける。求刑は5年であり、執行猶予がついたことに検察は驚きつつも控訴はせず、不可解なことと周囲から批判を受けた[25]。, この間、1978年に上京。全日本同和会に所属し、最高顧問の地位にあったが、内紛で脱退した[26]。, 自ら日本同和清光会と日本政経調査会を結成(1978年)。同和団体幹部としての地位や政財界へのパイプや暴力団幹部との繋がりを道具に使って行政を恫喝し、市街化調整区域など通常は開発の許可が下りない土地の許可を強引に取得して開発業者に斡旋[27]。地上げの帝王といわれた最上恒産会長の早坂太吉は尾崎の兄弟分であり、尾崎のスポンサーでもあった[28]。億単位の仲介料を荒稼ぎし、暴利をむさぼった。1億2000万円のダイヤモンド入り腕時計や8000万円のブレスレットや最高級のスーツや靴で全身を飾り、3000万円のリムジンを2台乗り回して「歩く三億円」と呼ばれたのはこの時期のことである。銀座の某クラブ経営者は尾崎の格好を評して「アフリカの部族が精一杯気張っておしゃれしたみたい」「白いスーツの上下に白い靴、べっこう縁の眼鏡に、ダイヤの指輪にダイヤのネクタイピン。タバコ入れにもダイヤモンドが付いている。一個一億円もする腕時計を両手にはめて、それでいて実際に時間を見るのは懐中時計。差し出す名刺は普通のやつの三倍もある大きさで、二つ折りでおまけに自分の顔のカラー写真が刷り込んである。まあ、派手好きは大勢いるけれど、あそこまでやるのは、日本中探したって、どこにもいないんじゃないですかね」と発言している[3]。, 専用車として超高級外車2台を乗り回し、そのうちの1台である白いキャデラックのリムジンには自動車電話4台が設置され、床には毛皮が敷かれ、ソファーのようなシートには家紋の剣カタバミが金糸で縫い取られ、車内にはテレビやビデオデッキ、カラオケセット、冷蔵庫、電子レンジにシャンデリアまで備わっていた[3]。, 競輪、競艇、オートレースといった公営賭博に熱中し、1日に5000万円から1億円を使っていた時期もあるという[29]。また、複数の有名女優を愛人とし、佐渡ヶ嶽部屋のタニマチとして振る舞い、北島三郎のスポンサーとなり、自らも芸能プロダクションを設立し会長を務めた[9]。自民党では、中川一郎や武藤嘉文、玉置和郎、平沼赳夫らに取り入った[9]。, 尾崎の人となりについて、高知県警本部の部外秘資料には「厚顔にして強引であり、猿知恵が回り、粗暴で偽善的な行動をとる反面単純なところもある。つねに六法全書、国会便覧を片手に録音機を利用して会話を収録し、相手のささいな失言を楯に責任を追及するという地癖を有している。, 又数年前からボディガード兼運転手の秘書を同伴して菊花の紋章入り小旗をなびかせて外車を乗り回わし(原文ママ)、服装、装飾品は舶来の高価なモノを身につけ、いわゆる重役タイプを模倣して政治家、実業家の如く装い、好漢の如く振舞って上級官庁へひんぱんに出入りしていた」と記されている[30]。また、祇園の料亭などの遊び場で尾崎と何度かすれ違ったことのある宮崎学は「それはもう強烈な男だった。タフそうな固太りの身体からケモノの精気のようなものを発散させていた」、「尾崎の凄味は徹底して高級官僚や上級役人を恫喝したことにあった。対象としたのは官公庁の局長クラスや知事・大臣らで、課長などには見向きもしなかった。いきなり霞が関の局長の個室に乗り込み、机や椅子を乱暴にひっくり返しながら「××の件はどうなっとるんじゃ、こらっ!わしをなめとんのかっ!」と怒鳴りまくるのが尾崎のいつもの手口であった」「尾崎は根っからの恐喝屋であって、実際「恐喝の天才」だった。恐喝こそ我が無上の道楽といった感さえあった。例えば、あるゴルフ場を恐喝した話を聞いたときは思わず唸ってしまった。ゴルフ場の建設や維持にはさまざまな規制があるが、場内の特定区域では三メートル以上の樹木を植えてはならないという規制がある。この規制を知った尾崎はあるゴルフ場のその区域に勝手に二メートルほどの木を植え、それが三メートルをこえるまで何年も辛抱強く待った。そして、規制違反を確認した時点でゴルフ場に乗り込み、社長を脅しに脅した。巨額の金を脅し取ったのはもちろんであるが、こんなことを考案したり辛抱強く待ったりするのはもはや道楽というしかない」などと記述している[31]。, 『週刊新潮』1980年7月10日号のコラム「CLUB」では「『これぞ銀座のワーストワン』と、銀座の誰もが太鼓判を押す名物男」「五人のホステスを六本木に誘って、5万円のチップをバラまいたのだけど、お目当ての女の子が口説けなかったら、翌日、みんなからチップを回収した」などと書かれ、同誌の記者を自分の事務所に呼びつけたこともある。このとき週刊新潮は謝罪を拒んだため、尾崎の子分が10人以上で新潮社に乗り込み、大声を上げた[32]。下戸の尾崎は銀座でもトマトジュースばかり飲んでいたが、1年足らずのうちに店1軒で5000万円の散財をおこなった[3]。一晩に1軒250万円を使ったこともある[3]。18〜19歳の若い娘を好んだ尾崎は、ホテルオークラに1泊35万円のスイートルームを常時借り切り、気に入った娘を代わる代わる連れ込んでいた[3]。, 参議院選挙への出馬を画策し、PR本『憂国への出発』を刊行[33]。この本の中で尾崎は次のように記している。, 『憂国への出発』に「推薦の言葉」を寄せた園田直(衆議院議員、自民党)は尾崎清光を「昭和の坂本龍馬」と賛美した[36]。, 同じく溝渕増巳(高知県知事)は「私は氏の将来に大いなる期待をもっている」と表明した[37]。, 同じく戸川猪佐武は「尾崎清光氏は、きれいごと、おべんちゃらなど一切使わない、素顔の行動で志を貫く人物」と賛美した[38]。, この本の著者紹介で尾崎は以下の肩書を名乗っている。日本同和清光会については記載がない(1983年8月10日発行の第2刷による)。, 1984年1月30日21時50分頃、糖尿病で1月12日から入院していた東京女子医科大学附属病院中央棟5階の特別室501号のベッドで500万円の札束を数えていたところ、見舞い客を装った3人組の侵入を受け、傍らの日本同和清光会副会長徳広静之輔ともども壁に向かって立たされた後、サプレッサーつきの短銃で「お命頂戴」の一言と共に至近距離から顔と背中を撃たれた上[9]、背中からナイフで心臓を刺され、同日22時50分頃に出血多量で死亡[39]。, 当時、クラブ経営に失敗し、暴力団金融への負債を140億円ほど[3]抱えていたことから、彼の死には暴力団の関与が噂されたが、犯人は逮捕されなかった[40]。, 尾崎の後ろ盾として住吉連合会最高幹部浜本政吉が存在していたことから、浜本グループと対立する住吉連合会主流派グループの犯行と報じられたこともある[30]。警視庁四谷警察署は、早坂太吉が犯行の黒幕ではないかと疑ったこともある[41]。また、尾崎が総理府や建設省や法務省などの官庁から恨みを買っていたため、「暴力団による犯行ではなく、公権力を背後に持つ特殊部隊の犯行」と報じる向きもあった[9]。警視庁は殺人事件担当の捜査一課のみならず暴力団担当の捜査四課や公安まで動員して捜査をおこなったが、容疑者を特定できぬまま1999年1月30日に時効を迎え、事件は迷宮入りとなった。, 尾崎の死後、日本同和清光会は組織分裂を経て新日本同和清光会の名で存続しており、会長は山本新男(やまもとわかお)が務めている。, ある有名私立中学校では、信じられないことがしばしば起こっております。他人のものを盗んで平然としている子供、人を傷つけても何んとも思っていない子供、順番無視、落し入れ、抜け駈けなどは日常茶飯で、自分の始末もろくにできない子供がふえています。(略)このような子弟が将来、いわゆるエリートコースに乗って、社会に入っても殿様コースに登っていく。そのような人間が将来、一企業の、一役所の高級職に就いたときどうなるでしょうか。大いに疑問を感じます。これは、ある教師の慨嘆を待つまでもなく、戦慄を覚えさせることであります。, 最近、大人が子供を叱らなくなってきました。その子供たちが自分たちの手におえない形に成長し、「とかく、いまの若者は」という大人の嘆きとなってあらわれています。子供のねだりに負け、したい放題のことをさせておけば、そのツケは必ずや回ってくるはずです。その中で育った子供たちが教育の場に立つことがあれば、同じ因果がめぐり、日本の社会は一層、自己抑制のきかない野放図な社会と化すでしょう。教育の原点は自らを律することにあります。, 『週刊新潮』1984年2月16日号「射殺された『東京女子医大』入院患者の「黒い金脈」」, 『噂の眞相』1984年4月号 竹田文昭「プロの殺し屋に射殺された"利権屋同和"尾崎清光の成金人生」, 初川三郎によると、尾崎清光は成績優秀だったが貧困のため高校進学を断念したという。「実録小説・尾崎清光」下、p.272(『政界往来』1984年8月号), 初川三郎「実録小説・尾崎清光」下、p.272-273(『政界往来』1984年8月号), 『佐川町人権史』p188には「西郷吉之助秘書というのはウソで、事務所に出入りしているにすぎない」とある。, その手口は、例えば神奈川県に2万坪の市街化調整区域を発見するとその土地のうち300坪だけを自分の名義にする。そして「ここに人権のためのセミナーハウスをつくるんだ。だからここに家を建てられるようにしろ。やらなければ差別だ!」と役所を恫喝してその土地を市街化区域に変更する。それによってまんまと2万坪の市街化区域を手に入れる、といったものであった(, 暗殺当時、尾崎は東京郊外の大規模な霊園開発事業に介入を図り、そのため大手暴力団関係者や、事件屋としても知られる不動産業者と揉めていたとされる。このころ尾崎は高知県で起きた恐喝事件に関与して有罪判決を受け、執行猶予中だった(, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=尾崎清光&oldid=68455553.