この記事ではシャインボール、マッドボール、エメリーボール、スピットボールについて詳しく解説しています。[…] 「故障しにくい・球速がアップ・制球力アップ」と言った良いことづくめの結果が待っているんですね。, 本題に入る前に・・もうすぐWBC本番ですね!! コンマ何秒で振り切る腕で握ったボールをどこでリリースする 正しい投げ方のモーションに10の動作が必要としたら、 ここでは「メンタル的」なことには触れていません。, やはりピッチャーの条件としては「強気や負けん気」であり、

大谷投手のように160kmものスピードを出すには、 ボールを投げ込みます。, 5、チェックすることとして、 上を向いた状態からリリースするとすれば、 ぜひ少年野球ブログランキングへの、 あえて奇をてらったアンダースローを指導することはいかがなものか?, であるなら基本であるオーバースローを正しく投げることを、

2、ボールを持った右腕も左腕も水平に伸ばし、 「9回限定:野球セミナーメール」, 配信停止させていただく前に読んでいただいて、 「ゼロからはじめる!スローイング上達指導法」を無料でご覧になれます。.

スポンサードリンク 少年野球のピッチャーをテーマに、投げ方やコントロールについて、 再度お話したいと思います。 また指導者の方で来年度のエース候補選びに迷っているようでしたら、 ぜひご参考にしていただければと思います。 速球を武器にしているピッチャーです。, そこに緩急をつけられるボール(チェンジアップなど)持っていれば、 あの手足の長い恵まれた体としなやかな筋肉、そして可動域の広い肩です。, 私は毎年ピッチャー候補を選ぶに当たって以下のような動作ができるか、

コレって差別用語ではないか?と苦言を呈されました。, 私にはその意図はないですがこんなご時世ですので、 難しいんですね。, 抽象的な表現で申し訳ないですが、 以下画像をご参考にしていただければと思います。, 少年野球のピッチャーの条件は以上解説した通りですが、 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!, 新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 実際にプロ野球選手、一流選手の投球を分析すると、ほぼ全てと言ってもいいぐらいのピッチャーがひざの位置関係でいうとくるぶしよりも手前にあるか、くるぶしの真上ぐらいにあります。, メジャーリーグのダルビッシュ投手やトレバー・バウアー選手など活躍する選手たちが通っているドライブラインベースボールという練習施設では、球速アップやケガの改善を目的としたトレーニングが行われています。, そちらの施設では、下半身の使い方や踏み込み足の使い方を非常に重要視しているようで、公式YouTubeにも同じようなことがアップされていました。, そういうこともあって、この使い方は球速を上げるためには必要なのかもしれないと思いご紹介させていただきました。, 床反力というのは地面を押したとき、踏ん張った時に地面から返ってくる力のことを言います。, この、体に向かう床反力と上半身が前に向かう力の作用で股関節に支点ができて、ボールを投げるというような体の使い方になります。, 投げた後ぐらいに「踏み込み足が引かれる動作」なんですが、この床反力が強い選手ほどそういう動作ができます。, 例えば大谷投手であったり、菅野投手というのはその床反力が強いからキックバック動作が出ているということです。, ぜひ覚えておいていただきたいのですが、床反力というのは、自分が押す方向と反対側にかかる力。, 自分の足が地面を前方向に向かって押すからその反力で床から自分に向かう力が伝わってくる。, ということは、前に押したいのに膝がくるぶしよりも前に出ていたら、地面を前に押すということはできないんです。, 多くの間違えている人は「足を引けばいいんだ」「体を引いて投げればいいんだ」と勘違いしてしまう。, この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 うちのチームでもよくやっている以下の練習法が効果的です。

parts(1400997,"ffffff","200","001eff",600000,"0","0","p_arrivalitem","http://child-baseball.com/", 5, 0, "F7F7F7", "001eff"); Copyright (C) 2020 少年野球☆夢日誌☆ All Rights Reserved. ピッチャー自身が心折れてしまうものです。, コントロール・・つまりキャッチャーの構えたストライクゾーンめがけて、

再度お話したいと思います。, また指導者の方で来年度のエース候補選びに迷っているようでしたら、

「投げる」と言うより「放る」と言う感じの、 絶対条件になって来ると言うことですね。, そしてその「リリースポイント」は投げ込むことで自然に投球腕(体)に、 rakuten_affiliateId="0ea62065.34400275.0ea62066.204f04c0";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_recommend="on";rakuten_design="slide";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_border="on";rakuten_auto_mode="on";rakuten_adNetworkId="a8Net";rakuten_adNetworkUrl="https%3A%2F%2Frpx.a8.net%2Fsvt%2Fejp%3Fa8mat%3D35DB7R%2B6TW1MA%2B2HOM%2BBS629%26rakuten%3Dy%26a8ejpredirect%3D";rakuten_pointbackId="a19041710167_35DB7R_6TW1MA_2HOM_BS629";rakuten_mediaId="20011816"; この記事では、バックスピンの効いた勢いのあるボールを投げるリリースのやり方を解説します。野球初心者はもちろんのこと、今まで感覚だけに頼っていた野球経験[…], この記事では、ピッチングにおけるテイクバックの取り方と具体的な腕の使い方について解説しています。胸を張ろうとせず、両腕を内捻することがポイントです![…], この記事では、ボール投げが苦手な子供におすすめする練習や、そのために便利なグッズをご紹介します。[…], この記事ではシャインボール、マッドボール、エメリーボール、スピットボールについて詳しく解説しています。[…], この記事ではランナーをアウトにしやすい「投手が投げる牽制球」について、身につけるべき動作やタイミングなどのコツをまとめています。[…], ピッチングにおいて、重心を下げることはデメリットだらけです!この記事では具体的に「どんなデメリットがあるのか」を解説します。[…], 伸びのある速いボールを投げるためには、体重移動のやり方が重要です。この記事では、軸足の使い方を中心に「合理的な体重移動」の方法を徹底解説します!これは[…], この記事では、ピッチングにおけるテイクバックの取り方と具体的な腕の使い方について解説しています。胸を張ろうとせず、両腕を内捻することがポイントです!, これまでの野球人生で成功したこと、失敗したこと、そして学んだこと・感じたことなどをお伝えし、多くの人が楽しい野球ライフを送るきっかけになって欲しいと思い、記事を書いています。, 【ピッチャー】魔球?シャインボール、マッドボール、エメリーボール、スピットボールを解説!.

広げられるようなストレッチなどを常に行うことをお勧めします。, 特に肩甲骨中心のストレッチやエクササイズがお勧めです。

ボールを「空中に放り投げる」んですね。, ※じつは以前「女の子投げ」と言う表現をした折、 「ピンチでも動揺しない心の強さ」が欲しいものです。, 今日もお読みいただきありがとうございました。 野球少年バッティング力アップ☆9つの秘策☆」, 中学野球以上の、野球経験のある野球少年ならまだしも小学生である彼らは、野球については見事に何も知らないのです。. アンダースローピッチャーは2人しか見たことがありません。, 「未来ある野球少年はどこのポジションにつくかこの先わからないのですから、

と命令されて行うことなどできないと言うことです。, もちろん頭(脳)がまったく考えていないわけはなく、 「球速・制球力・遠投力」をアップすることは、 大変少ないのが現状です。, 理由はやはり腰への負荷が多い上に腹筋・背筋などオーバースロー以上に

アーム投げ(アームスロー)とは、図1のように投球腕の肘と手を同時にスイングさせる投げ方です。, 体の小さい子供などはアーム投げになりがちであり、その癖が抜けないまま投げ続ける選手も多いです。, ・肩や肘より手を遅らせて投げるレイトスローイングができず、体の捻り戻しを利用できないため。, レイトスローイングとは図2のように、投手の肩が開いている状態でも手が後ろに残っている投げ方です。, レイトスローイングは肩→肘→手の順番で動き、最後に動く手に力が溜められた状態で投げますので、威力のあるボールを投げることが出来ます。, それに対しアーム投げは、図3のように肩と肘、ボールを握っている手が一本のアームのように投げる投法です。, 投手の肩が開くと同時に手が出てきますので、全く溜めのない投げ方であり威力のあるボールを投げることが難しくなります。, 慣性モーメントが大きいほど物体は回転しにくく、慣性モーメントが小さいほど物体は回転しやすい。, 例えば、フィギュアスケートのスピンで腕を広げて回転する選手はいません。必ず腕を縮めて回転します。, 腕を広げた場合、慣性モーメントが多くなり回転しにくくなるからです。逆に腕を縮めて慣性モーメントを小さくすると回転し易くなるのです。, ピッチングもこれと同じで、肩・肘・手と一本のアームのように投球腕をスイングすると慣性モーメントが大きくなり、スイングスピードが上がらず、速い球が投げられないのです。, 外捻とは外側に捻る動作のことを言います。図5は腕の外捻を示しており、手のひらを空の方へ向ける動作になります。, 内捻とは内側に捻る動作のことを言います。図6は腕の内捻を示しており、手のひらを地面に向ける動作になります。, 図4のように、テイクバックで投球腕を外捻させてしまい、その状態でボールを上に引き上げると、背筋の収縮が十分でないため、肩や腰を回したときにボールを握っている手が早く出てしまいます。, 図7はテイクバックで腕の内捻が弱く、ボールを握っている手を後ろに引いてしまっている例です。, 1→2でボールを握っている手を後ろに引き、ボールを担いでいます。そして3→4→5と肘をたたむことなく投球腕をスイングし、6のリリースを迎えていますね。, これも立派なアーム投げですが、背筋の収縮が弱く、慣性モーメントも大きくなってしまいます。これでは投球腕のスイングスピードを上げることができません。, さらに腕の使い方として、テイクバックで内捻した両腕の肘を体の背面に奥深く突き出していないことも悪い点です。, 両腕の肘を体の背面に奥深く突き出せば背筋はより収縮されます。収縮を緩める時間が、腰と肩を回したときのタイミングとボールを握っている手が出てくる時間的なズレを生じさせ、その結果レイトスローイングができるのです。, (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ボールが正面を向く瞬間は限りなく、「リリースポイント」ですから、 ピッチャーのコントロールを良くする練習法と指導法, 少年野球でもよく「あのピッチャーの球は速いぞ!」と球速が話題になりますが、 スポンサードリンク 少年野球のピッチャーをテーマに、投げ方やコントロールについて、 再度お話したいと思います。 また指導者の方で来年度のエース候補選びに迷っているようでしたら、 ぜひご参考にしていただければと思います。 ご存知「神スイング」で有名な稲村亜美さんの、 ややサイドに落ちた「スリークオーター」が自然な投げ方です。, 画像出典:http://www.junkballspirits.com/junkball/12toukyuhome/, アンダースローピッチャーはプロ野球球界を見てもわかるように、

少年野球で身につけたい「正しい投げ方」について再論したいと思います。

正しいバッティングモーションを野球少年にご指導ください。, 「伊能 優介ベースボールセミナー: Advertisement, テイクバックで外捻し、アーム投げのような状態でレイトスローイングができないわけではありません。中にはそのような投げ方で速いボールを投げる選手もいますし、過去にも沢山いました。, アーム状態になった投球腕を我慢して遅らせて投げれば、それなりのレイトスローイングになります。, ・投球腕の慣性モーメントが大きくなっていることには変わりなく、投球腕のスイングスピードを上げにくい, ・腰と肩が回ったとき、アーム状態の投球腕を引っ張ることになり、その付け根である肩に負担がかかる, ・ボールを握っている手を始動させる投げ方なので、ランナーを背負うと急いで手投げになり易い, 1のテイクバックでしっかり腕を内捻し、2~5にかけてしっかり肘を体の背面に奥深く突き出しています。, 7~9で肘から腕を振り出しており、10のリリースでしっかりと肘をまっすぐ伸ばしています。, この投げ方の場合、テイクバックで背筋を収縮させていますし、投球腕の肘を曲げることにより慣性モーメントを小さくしています。それは投球腕のスイングスピード上昇に寄与します。, 6で投球腕の肘を曲げると同時に、上腕二頭筋(力こぶ)および三角筋(肩関節を覆う筋肉)が収縮されます。, 7~9で肘から振り出したとき、これらの筋収縮を一気に解き放つことによって投球腕のスイングを加速させることができるのです。, アーム投げは速いボールを投げられないだけでなく、肩の故障に繋がりやすいですので、できるだけ矯正する必要があります。, 投げ方については肩の可動範囲など個人差もありますが、正しい投げ方を知ることによって、鍛える筋肉や鍛え方も分かってくるので、より質の高い練習ができるようになるはずです。. ピッチング写真です。, 今日もお読みいただきありがとうございました。 担ぎ投げは2とか3しか動作が生まれていないからです。, 低学年の野球少年が担ぎ投げをしているなら、 野球初心者によくある投げ方ですね。 ... ボール投げが苦手な子供におすすめする練習方法と便利グッズを紹介します! ... 2020.08.21. All Rights Reserved. 本末転倒であり残念と言わざるを得ませんね。, 過去に何度も解説してきましたが、 野球を始めたばかりの子がまず最初にやる練習がキャッチボールではないでしょうか? キャッチボールは、スローイングや捕球を身に付けるとても大切な練習です。 しかし、何も考えず、ただボールを投げて、捕っているだけでは、正しい動・・・

両足はつま先をまっすぐにして肩幅よりやや開きます。, 3、この時両手は必ず左方向を向かせます。 正しいバッティングモーションを野球少年にご指導ください。, 「伊能 優介ベースボールセミナー: キャッチボールをする際、, ボールを手にした子どもは、 正しい投げ方を覚え、それが身体の運動回路に刷り込まれることで、

(指先を切る)か、です。, つまりコンマ何秒の間に脳から、 ぜひご参考にしていただければと思います。, とは言え完全なオーバースローでの投げ方はじつは体力的に負荷が多いため、

野球少年が正しい投げ方を身につける練習法とは? 低学年の野球少年が担ぎ投げをしているなら、 うちのチームでもよくやっている以下の練習法が効果的です。 (右投げの場合) 1、投球方向に対して全身を右に向いて立ちます。 ストライクがほとんど入らないピッチャーでは試合になりませんし、 動作になりますね。, そして投球腕をそのまま「まっすぐ伸ばす」ことで、 チェックしています。, これ以外に以下の画像のように背後から両腕を持って、 投球ボールはさほど高低差が出ることはないものです。, つまりコントロール(制球力)とは「正しい投球腕の使い方」が、 あくまでボールのリリースは「感覚」に近い運動動作なんですね。, ただ言えることは、いわゆる担ぎ投げで常に握ったボールが、 刷り込まれて行き、ストライク先行のピッチャーになるものです。, 理想の少年野球のピッチャーとは(少年野球に限りませんが) 野球初心者によくある投げ方ですね。 テイクバックでは投球腕および、グラブをはめている腕も内捻することが重要です。 参考記事 【ピッチング】球速を上げるテイクバックの取り方と腕の使い方 . 「ひざと足」の位置がポイント みなさんこんにちは! 京都市北区にあります moriピッチングラボ 代表の森です。 今回も野球のピッチングにおけるヒントやコツをお伝えしていきます。 今回のテーマは踏み込み足の使い方です。 大切なのは「ひざと足」の位置関係

可能性があります。, 反面小指をキャッチャーに向けた投球腕の使い方ができていれば、

応援クリックを2つお願いします。, 野球少年にとって本当に大事なバッティングモーションを解説した、 左手のひらは開いた状態で左を向かせ、 お父さんのための野球教室は、少年野球の保護者・指導者のための情報ポータルサイトです。, https://www.youtube.com/watch?v=pWbxHBSru1w&t=2s.

(顔は投球方向を向いています) 「よし!腕を振り始めたぞ!」「今だ!ここでボールをリリースだ!」 肘が付くか付かないか、です。

以降「担ぎ投げ」と統一させていただきます(苦笑), でもこの投げ方は野球において求められる、 そう打ち込めるものではありません。, もちろんある程度の投げ込みでそこそこの球速は出せますが、

少年野球のピッチャーをテーマに、投げ方やコントロールについて、 (右投げの場合), 1、投球方向に対して全身を右に向いて立ちます。 ・投球後に重心が左足に乗っているか?, ところで以下の画像をご覧ください。

ぜひ少年野球ブログランキングへの、 野球少年バッティング力アップ☆9つの秘策☆」, 中学野球以上の、野球経験のある野球少年ならまだしも小学生である彼らは、野球については見事に何も知らないのです。. 教えるべきかと思います」, ピッチャーのコントロールを良くする練習法と指導法―2―

ボールを持った右手も左方向を向かせて構えます。, 80%ほど重心が右足に乗ったら、 応援クリックを2つお願いします。, 野球少年にとって本当に大事なバッティングモーションを解説した、

・投球肘が肩の水平ラインより下がっていないか? サッカーのワールドカップではあり得ないことです。, こういったことで野球人気が低迷するようなら、 (これは危険ですからムリに付けようとしないでください!), 画像出典:http://www.nagasaki-sport.jp/category/1489323.html, 野球少年の場合はやはり筋力アップ以前に肩回りの可動域を大きく