一つのテーマに沿って綴られるもの。ストーリーのあるもの。 豪華、エレガント、パワフル…。宝塚歌劇団で上演した数え切れないショーやレビューの中から、ユーザーの皆様がチョイスしたお好きな作品をご紹介いたします。 2人のプレお披露目 …, 2018年宙組 真風涼帆 星風まどか 芹香斗亜 (「シトラスの風-Sunrise-」). 同じ作品を同じキャストではリピートしないと決め、ずっと観劇していたのですが、ついにそれを破ってしまった作品がExciter!です。, 大介先生は宝塚ファンの心のツボを押えている(?)というか。観客が見たいものを作ってくれるので満足できます。, 幕開きから大階段がどーんとあり、はくはくワクワクして、そのワクワクが途切れることなく最後まで突っ走って終わった作品でした。, こんなショーが花組で観たかったと思いました。藤井先生は生徒さんの魅力を引き出すのが上手いですね。ゆうちゃん(真飛)のMr.YUの可愛らしさ、彩音ちゃん(桜乃)のアダルトさと新たな発見がありました。, 小学生の時にTVを録画したビデオを繰り返し繰り返し見たショーのダントツNO.1です。, 『♪アップ・タウン・ガール』が好きでした。その後のアニマルワールド(笑)もお気に入りです!, ナント言っても、『初恋』です!! 大好きな作品です!! FESTA! スピード感のあるショー。エレガントなレビュー。 (2017年/雪組)…全員が銀橋を駆け抜けるプロローグは迫力がありワクワクします。, Music Revolution! 宝塚スターのサヨナラショーにまつわる話をまとめます。時間・内容はもちろんのこと、トップ以外でサヨナラショーを行う人とそうでない人の差は?サヨナラショーの費用は生徒本人が負担という噂の事実は? 宝塚を夢見ていた少女が、今度は自分がたくさんの人に夢を魅せるトップになったんだなぁ・・と心が熱くなります。 また、ポンポンを持って観客も一緒に踊る場面はとっても盛り上がります♡見所満載のショー … !』〜ガート・ボニート、美しい猫のような男〜 は望海さん主演公演で初の 黒塗り のショーです!!!, 猫をモチーフにした 場面 や楽曲、お衣装はすごく新鮮で、美しい猫 の言葉通りみなさんの美貌に目が喜んでいました♡黒塗りの雪組さん美しすぎます。, 私は、組子のみんなが ずら~ と列になり、歌って踊って上手の花道 から 銀橋 を渡って、下手の花道 にはけていく 場面 が 大好き です♡列の中に女性のお衣装を着た男役さんがいたり、望海さんや真彩さんも紛れ込んでいたり、とにかく目が離せない場面です!!そして何より、みんな楽しそうで、観ているこちらもノリノリに・・♡, また、望海さん・真彩さんの歌声もバッチリ堪能できるショーになっていて、満足度の高すぎるショーになっています!!見ないと損です♡, 個人的な意見ばかりですが、少しでも参考になればと思います。望海さん率いる雪組作品は本当にレベルが高いです!どの公演作品も観てほしいです♡タカラジェンヌさんにとっても、ファンの方にとっても今は辛い毎日だと思います。大好きな宝塚作品を見て、心の健康にも気をつけて!前向きな気持ちで毎日頑張りましょう!!, 関西在住の宝塚ファンです。多くの方々に宝塚の素晴らしさを知ってもらうために、情報発信していきます♡. (2009・2010年/花組)…一度見たらクセになる。再演を繰り返す名作。, 舞台経験が一切無く、大学で化学を専攻中に劇団の演出助手に応募して入団という異色の齋藤先生。, まるでRPGのようなファンタジー要素の強い作品が多く、その世界観にあまり馴染みの無い方には, BLUE・MOON・BLUE -月明かりの赤い花-(2000年/月組)…衝撃のデビュー作。神秘的でドラマチックなショーは当時の話題に。, 満天星大夜總会-THE STAR DUST PARTY-(2003年/宙組)…パンダが出てきたりアイドルが出てきたり、驚きの連発。, 生徒さんを自分の作品の型にはめるのではなく、生徒さんの魅力に合わせて型を変化させてくれるので、, パッショネイト宝塚!(2014年/星組)…ラテン系のショーの伝統を残しつつ、現代風に仕上げた名作。, クラシカル ビジュー(2017年/宙組)…宝塚の王道レビュー!上品且つテンポの良い、心地良い作品。, ご自身がジャニーズファンとのことで、中堅以下の男役さんが数名で歌い踊るアイドルグループのような場面があるのが特徴。, 大劇場では北翔海莉、望海風斗、明日海りおと実力派トップスターのレビューを次々と手がけており、ファンからの評価も高く、この先が楽しみな演出家。, THE ENTERTAINER!(2016年/星組)…。歌、ダンス、演技、ピアノと最強のトップスター北翔海莉の魅力をふんだんに盛り込んだショー。, SUPER VOYAGER!-希望の海へ-(2017年/雪組)…望海風斗、真彩希帆のトップコンビ大劇場お披露目のショー。航海をテーマに晴れやかな素敵な作品。, 演出家の先生の作風がわかると、ご贔屓の生徒さんがどの作品に当たるかドキドキしたり、, -ミュージカル, 宙組, 宝塚ブログ, 宝塚歌劇団, 星組, 月組, 花組, 雪組, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, ディズニー ディズニーミュージカル ディズニー実写映画 ホリプロ ミュージカル ミュージカル映画 メリーポピンズ 東宝. メディアを通して宝塚に触れる機会が増えてきて、『最近少し気になっているけれどまだ劇場に足を運んだことはない…』という方も少なくないのではないでしょうか?今回は初心者も楽しめる宝塚の名作公演をご紹介していきます♪|もっと知りたいエンタメ情報ならトレタメ! 私の好きだったショー・レビュー. 私の好きだったショー・レビュー. 宝塚の観劇のときにオペラグラス(双眼鏡)持ってきている人が多く気になっており相当見たり聞いたりして一つ買いましたので報告したいと思います。, オススメは8倍の倍率のものです、10倍の方がいいとアドバイスくれた方がいましたが10倍になると手振れがおきやすい事とS席1階席後方あたりですとアップが大きすぎてもう少し視界が欲しいので8倍がバランスいいです。, コンサートなど暗めの会場にスポットライト部分だけ得意なレンズなどいろいろあります。, 不思議ですが同じ8倍でも各商品ごとに見え方が違いますので大手電気店で双眼鏡コーナーがあるのでとにかくいろいろ見てみることです。, 当時、新宿のユニクロと一緒のビルにある電気店は品揃えがよかったです、お店によっては提携のあるメーカーしかないので1件回ってこれでいいやとなるのは勿体無いです。自分は時間のあるときに数店舗探して20個ぐらいは見たと思います。, 決まったらスマホで検索して同じ商品の値段をチェックして同じ値段にならない?と交渉してみましょう、ある程度は値引きして切れます、それでもネット最安値と同じになることは少ないと思いますがその場で持って帰れるメリットもあるので差が少なければそこで買えばいいと思います。色々説明してくれて買わないのも申し訳ないですしね。, サイズは持ち運びにかさばるので小さければ小さいほどいいです、大きいなと思うのは高性能で良く見えたりしますがちょっと劇場で目立つのも恥ずかしいので・・・。, 金額はネット価格で5千円から8千円あたりで充分と思います。1万何千円するものは更に良く見えますがそこは予算の都合次第です、とりあえず5千円より安いのは逆にイマイチ良く見えないというレンズレベルになってしまうのでそこはオススメはしないです。, 下の画像で買った双眼鏡を見つけましたのでご参考に。黒、紺、ピンクとありますが観劇中はピンクは目立って派手すぎるのでネイビーにしました。買ったあとで友人たちの持っているものと比べましたが明るさやクリアに見える感じなど自分のが一番きれいに見えています。目をつけるところが伸びるのでまつ毛がレンズに当たらないようになっています、左右の視力が違っても上手く調整もできます。不満は入れ物がぴったり過ぎるのか上手く入らない、紐が細いので痛いので太目のにかえると理想(別売で良いのもある)自作で上手く作ったほうがいいかも。どちらにしても観劇してる分には最高です、ネットなので店舗より安いです。, 【送料無料】PENTAX ペンタックスリコー 8倍双眼鏡 タンクロー UP 8×21 ネイビー ケース・ストラップ付【楽ギフ_包装】【***特別価格***】, 買った感想は買ってよかったです、2階席や1階でも後ろのほうで演じしている人が少ないときにアップで見るといいです。大人数で踊ったりしてるときは使うと折角の臨場感が感じられないので必要なときにチラッと使う程度でいいと思います。, 1度買ってしまえば壊れるものではないのでどうせ買うなら早く買ったほうがいいと思います。, 宝塚歌劇団の公演やチケットの買い方の超まとめ・タカラジェンヌのことも・清く正しく美しく~花組・月組・星組・雪組・宙組~, 版権もあるのでブルーレイやDVDにはならなさそうです、ファンクラブでの先行販売でいい席ほしいところです。正直そこまでチケット難にはならないと思います。, あちくんこと輝生かなでさん退団・本公演ではなくオンザタウンでの退団のようです。2019年1月20日(月組 東京国際フォーラム公演千秋楽)付で退団, 退団の噂もありますので写真集の売り切れになる可能性もあるので早めに購入がオススメです。恋するアリーナも1度は見ておきたいので良席1枚確保の努力と地方組みなども遠征してくる価値があるとおもいます, 美園さくらさん退団フラグ? ミュージック・サロン開催です。宝塚ホテル開業記念イベント2020年9月7日(月)・8日(火)2021年2月14日ピガール狂騒曲千秋楽で退団決定しました。, 朝月希和さん花組からまさかの雪トップ娘役へ、彩風咲奈さんの雪トップは順当で予想していましたが潤花さんがこちらもまさかの組変えで誰が雪娘トップと思っていましたが朝月希和さんとは・・・。, 宝塚歌劇オリジナル年賀はがき発売です、観劇仲間などぐらいしか喜ばないかもしれませんので選ぶ必要あるかも。キャトルレーヴで販売されるので欲しい人はお早めにどうぞ。, 宝塚歌劇団星組・Thunderbolt Fantasy(サンダーボルトファンタジー)東離劍遊紀(とうりけんゆうき)再演するかわからないのでブルーレイかDVDで見たいところです。. 宝塚観劇用のオペラグラス(双眼鏡)のおすすめになります。意外と観劇用、スポーツ用など用途別で選ぶのが難しいです。どうせ買うなら早く買うことをすすめます 豪華、エレガント、パワフル…。宝塚歌劇団で上演した数え切れないショーやレビューの中から、ユーザーの皆様がチョイスしたお好きな作品をご紹介いたします。 Copyright© アートコンサルタント/ディズニーとミュージカルのニュースサイト , 2020 All Rights Reserved. メディアを通して宝塚に触れる機会が増えてきて、『最近少し気になっているけれどまだ劇場に足を運んだことはない…』という方も少なくないのではないでしょうか?今回は初心者も楽しめる宝塚の名作公演をご紹介していきます♪|もっと知りたいエンタメ情報ならトレタメ! !」はここ10年、トップ娘役のお披露目公演など、ここぞという場面で再演を繰り返しています。, その理由の1つはこのショーが花組らしさ、言い換えれば宝塚らしさをこれでもかというほど体現しているショーであることでしょう。, 「EXCITER! 宝塚といえばショー!演出家別にみる特徴と厳選おすすめ作品! 宝塚を語るうえで欠かせないのがショー作品。 生徒さんの個性が最大限に生かされる宝塚の醍醐味の一つです。 そんな素敵な作品を数多 }, ディズニー ミュージカル 妃海風 宙組 宝塚ブログ 宝塚歌劇団 星組 月組 花組 雪組, コロナショックで採用が閉じている中、エンタメ求人の数について各エージェントを調べたのですが、大手プレイガイドから明治座のような劇団・劇場まで、この業界の求人を最も扱っているのがマイナビでした。エンタメ業界に行きたい人は登録して、求人をチェックしてみてください!, マスコミ・WEB業界に特化した転職サイトがマスメディアン。ミュージカル・演劇界で活躍するアーティストのファンクラブ運営、アーティスト関連グッズの制作に携わる募集があります。, ■マスコミ関連の出版社である宣伝会議が運営しているので、マスコミ業界に圧倒的に強い, 20代の方ならマイナビジョブ20's。よりキャリアについて深く相談したい方、30代以降の方はマイナビエージェントがオススメです。, マスコミ全般に転職先を考えたいならマスメディアン。マスコミだけに今は絞らず、多くの求人を知りたいならマイナビと使い分けるのがおすすめです。, マイナビエージェント 転職なら求人情報豊富な人材紹介サービスのご利用を!専任のキャリアコンサルタントと話をすることで初めて気付く自分の価値がここにあります!. 者同伴が望ましい)されたもの, 劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの, 2009å¹´4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの, R-15指定に相当する場面があると思われるもの, 劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの, R15+指定に相当する場面があると思われるもの, 1998å¹´4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの. なつめさん、ひとみちゃん、キャプリンが踊るピアノの調べがとっても美しくて切なかったなぁ・・・・(*TーT)初見では、バックで座ってる方々がいつ踊りだすんだろう?って思って観てたように思います(笑), 初恋の場面・ナツメさんの傑作と聞いていましたが、観たときには本当に鳥肌が立ったのを覚えています。本当に名作です。, 何度もリピートされている「花占い」の場面ですが、やはり初演のコレが1番。ひとみさんが可愛かった~, うっとりするようなきれいな主題歌がペイさんにお似合いでした。お芝居の「琥珀色の雨にぬれて」と共に大好きな公演で何度も通いました。, スピード感があって、トップさん、準トップさん、三番手さんのバランスが素晴らしいこと。あの頃の花組は舞台にも結束力みたいなものが表れていたように思います。この作品は、ビデオが擦り切れるほど見ました!, ペイさんのジャズの場面、なつめさんのピーターガン…。各スターさんの魅力があふれる楽しいショーでした。, ビデオでしか見ていないのに一番好きなショーです。ナツメさんのさよならショーでもやった名倉先生の黒燕尾のシーン、たまりません。パレードのヤン・ミキが歌う「コンチネンタル」はついくちずさんでしまいます。, プロローグ。黄色の衣装でプワフルで、すごく元気が出て楽しい気分になれます。良くまねして踊っていました。, プロローグから中詰めの群舞と、マサエちゃんの『♪青い鳥』とペイさんが歌う『シカゴ』とそれに続く3組のデュエットダンスです。, タキシード姿のペイさん、なつめさん、ルコさんの3名の並びの豪華でカッコイイこと!中詰めだけでお腹いっぱいになれました。, 宝塚の舞台に、「フレッド・アステア」や「ジーン・ケリー」が登場するシーンが一杯!殆ど全ての場面が好きだったけど、その中でもなつめさんがキャルさんと踊った『パッシィの館』が秀逸でした。なつめさんが最後に人差し指を立てて去るところなんて、悶絶してました~(笑), 大浦さんひびきさんの「パッシィの館」の場面を見て宝塚ファンに。あんなに優雅で上品で軽やかに踊るコンビを見たことありません。又、お二人のロマンチィックな雰囲気にぐいぐい引き込まれます。キャルさんのさりげなく宝石を渡す表情となつめさんのドキッとする表情も最高です。, 3階席から観て、なんておしゃれなレヴューなんだろうと、それから何度も劇場に通いました。小原弘稔先生の作品ですよね。, どの場面も好きですが『♪ブン!』が一番! カンカン帽をクルクル回す楽しそうなペイさんの笑顔が最高です。東京公演のみの『そして今は』は、思いっきり感動でした。, 山田卓先生のパッシィの館、ジム・クラーク先生のカフェが好きでした。生徒さんももちろんですが、この頃の振付の先生らの力が、素晴らしいショーを作っていたような気がします。, とにかくダンスの名シーンが多いですよね!!大浦みずきさんの存在あればこその作品のような気もしますが、他にもバイオリンのシーンとか、オペラ座のシーンとかもう一度みたいシーンがたくさんあります。, ヴァンドームのあとのカーテン前で、ダンスを見せに見せるシーン で・・・ヤンさんが女役で踊ってたり、ピノさんがものすごい跳躍をみせてくださったあの名作!!モンマルトルのカフェ。ナツメさんのダンスを初めてライブで観た作品。中学生の私にはナツメさんは素敵な男性にしか見えなかった・・・!です。, デュエットダンスも素晴らしく、なつめさんの振り付けのダンスも素敵で、これからのなつめさんの活躍を期待しながらも寂しくて寂しくて、涙でまともに見ることが出来ませんでした。, 昨年急逝されたなつめさんのショーダンサー振りを遺憾なく発揮した作品だったと思います。今はビデオを見るのが辛いですが、いつまでも心の中で輝いているなつめさん、ご冥福を心からお祈り致します。, なつめさん、きゃるさんのサヨナラ公演。なつめさんのダンスの素晴らしさが余すところなく見られて、堪能できるショーでした。なつめさんが、振付をしたシーン、エバーグリーンの踊り、歌。すべてが素晴らしかった・・・。, 岡田先生のロマンチック・レビュー、藤井先生の革新的ですが宝塚らしさを随所に感じるショーが好きだなと感じます。こらからも時代のニーズに乗りつつも、宝塚らしさを失わないショー・レビューを作って頂きたいと思います。, 私は亡くなった小原先生のショーが大好きだったので、最近はああいう、エレガントで楽しいショーがないのが残念。, レヴューといえども、今は中途半端に作者のこだわりが入っており、観客を純粋に楽しませるというより、作者自身の満足度のみで終わっている気がする。その点この時代のレヴューは、純粋にレヴューの斬新さや観客に躍動感を与える場面満載だった。(1964年『レビュー・オブ・レビューズ』を推薦された際のコメント), 名作『ノバ・ボサ・ノバ』が大好きです。再演は大歓迎ですが、適材適所の出演者がいる場合にお願いしたい。またその際は、フィナーレはなくシナーマンで緞帳を下ろして欲しいです。, 昨今の生徒さんは皆さんダンスが上手いですね。(スタイルもいい!)だからからか、高度なテクニックの振付が多い気がします。喜多先生のようなハートで踊るダンスをもっと観たいです。, これは私の好みでしょうが、トップコンビさんが銀橋で踊った後におじぎをして拍手をされるあの間が嫌いです。気持ちが途切れてしまうので。, 荻田さんの世界が好きでした。外部の謝先生も演出なさるのですから、荻田先生も時々…。無理でしょうか?, 男役を従えて歌う等の、娘役主役の場面が最近はほとんどない。男役の添え物にしてしまったのか、一場面与えられる娘役がいないのか……。もっと娘役に活躍の場を。, 最近はめったに観る事が出来なくなり、残念でならないのは日本物のショーです。白塗りのチョンパで始まる舞台はとても華やかだと思います。, 草野先生の黒塗りの作品が好きです(ボロを脱げば!・・・の設定さえも!)。これからも熱いショーを期待しています。, 宝塚のオーケストラ編成では演奏できないせいか、録音での曲がよくありますが、やはり生オケが宝塚の取り柄だと思います。でも…オケも人数が減って淋しくなりましたね。, DVDを購入するとき何度も怒りました。「著作権の都合で」と、割愛されている場面が多々あるからです。スタッフの先生方は、よりよい舞台のことだけを考え、DVDの著作権のことまで考えて選曲されてはいないのでしょう。しかし私たちは、舞台に感動したからこそ、舞台と同じDVDが欲しいのです。後にDVDになるということまで考えて作るべきではないでしょうか?, 亡き小原先生の作品、大好きです。品があってオシャレでとってもステキ。定番となっていた大階段での3組のダンスも忘れられません。, 妖しい隠微な雰囲気の場面が多い気がします。照明もやたら暗く感じます。昭和の時代にやっていたような、もっと明るくて楽しくて、お年寄りや子供も楽しめるようなレビューが観たいものです。, 宝塚のレビューやショーは日本のエンターテインメントの誇りだと思います。何かとお芝居のほうが話題性も多く中心になっていますが、もっとレビューやショーの比重を多くしてもいいのでは?, 旧大劇場の頃、3階席が数百円だったおかげで、応援している生徒の組のショーは何十回と観ていました。友達といっしょに振りまで覚えたり。気楽にショーを楽しめた昔が懐かしいです。, 各先生の名場面ばかり集めたDVDがあれば速攻買います!「故・小原先生編」なんて最高!(以前星子さんもおっしゃっていましたよね?「イイトコドリのショー」なんて), 演者が変わっても観たい芝居はいくつもあるが、ショーでは鴨川先生作、真帆しぶき主演で観た「ノバボサノバ」だけ。その後の再演をすべて観て、演者の力量の違いは感じつつも、やはり作品の質の高さがそれをカバーし、それぞれの魅力を発揮できたと思う。そのような後世に残るショーの誕生を強く願う。. 宝塚歌劇の数ある作品の中から特に人気の高い作品をジャンル別にご紹介!「人気ランキングベスト3はどの作品?」宝塚初心者もベテランファンも楽しめる作品紹介! ヅカ男子(宝塚男子=男性ファン)のゆーさと です! 柚希礼音&夢咲ねねのちえねね星組を生観劇して以来、宝塚沼にハマりました。東京宝塚劇場を拠点に全組観劇派です。 男性目線でのコラムも書いています。 ぜひよろしくお願いいたします。

洋物。日本物。 今回の『ショーガール』のテーマは告白。第1部は三谷が書き下ろしたミュージカル仕立ての芝居「MidnightStranger」をお届けし、第2部は華やかなショータイムを披露。圧倒的な歌唱力を持つ2人がポピュラーナンバーを歌い上げる。 !」はカッコいい男役の活躍、豪華な衣装、華やかなダンスや歌など宝塚ファンが見たいと思う要素を凝縮したショーなのです。, でも、この作品で赤と黒のゴージャスでちょっと妖しささえ感じる衣装を着たタカラジェンヌたちが居並んで踊るのは圧巻。, ウインクなど、ファンにとってはたまらないしぐさが「振り」として入っているのも見どころです。, しかも、歌詞もメロディーもカッコよくて覚えやすい主題歌にのせたパレードなので、ショーの序盤からボルテージは最高潮に上がります。, もちろんそれ以外の場面にも見どころが満載。1つのショー作品に1回だけ入ることが多い男役さんの群舞が2度入りますし、スーツでキメた男役さんを軸にした場面も見られます。, 宝塚らしい、花組らしい「カッコよさ」を満喫したいなら、ぜひ1度はチェックしてください。, 再演ごとに大きく場面構成が変わるショーもあります。でも、このショーは基本的な構成はほとんど変わりません。, 再演ごとに明らかに変わっているのは第3章くらい。重厚感やカッコよさ、妖しさを前面に押し出したショーの中で息抜き的な役割を担う、コミカルさ満載のシーンです。, 初演とほとんどの再演時で、ダメダメ男の主演スターさんが、あるきっかけでカッコよく変身!という流れになっています。, どの主演スターさんもこのシーンでは「Mr.」が頭につく役名をつけられているのが特徴。初演と1度目の再演の真飛さんは、真飛さんの愛称が「ゆう」であることから、「Mr.YU」でした。, 真飛さん、明日海さん、柚光さんとあなたのお好みにぴったりハマる「Mr.」はどの方になるでしょうか?, ビシッと決めた時とは一味違う、母性本能すらくすぐりかねない「Mr.」たち。ぜひ見比べてください。, パワフルで歌がうまい。それが宙組というイメージを持つ方も多いでしょう。そんな魅力が随所に溢れるショーです。, 激しさと爽やかさを持ち合わせたメロディーが特徴の主題歌も、迫力満点なコーラスで披露されます。, 再演を重ねるごと変更になっているシーンも多いのですが、プロローグ後「夢・アモール」をトップスターさんを中心とした男役さん数人で歌うシーンは健在。, ここで、その時々の宙組主要男役さんをチェックできる楽しみもありますし、個々の男役さんの個性を十分に味わえるのも楽しみです。, 特に圧巻なのは、初演時から引き継がれている「明日へのエナジー」。ベルリン公演や宝塚スペシャルなどでも再演されているので、ご存知の方も多いでしょう。, ごく静かな出だしから、ダンサーも歌手も一体となって踊りまくるシーンのフィナーレまでの流れは、感動の一言に尽きます。, ちょっと元気がない、何とか前に進む気力がほしいということは誰にでもあるもの。そんな時に見たら、自分にもできるかも?!という元気が湧いてくるでしょう。, 先ほども少しお話ししましたが「シトラスの風」は「EXCITER!