(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); LINEモバイルの「LINEフリープラン」は月々600円から利用できるデータSIMです。, 子どもに持たせつスマホに必須のフィルタリングアプリが無料で使えるのも大きな魅力です。, 格安SIMに乗り換えたいけど、わからないことが多くて心配。という方には特におすすめ。丁寧な設定ガイド、様々なサポートがあるので安心して使えます。, NTTコミュニケーションズの格安SIM。容量シェアプランを使えば1つの契約で5枚までSIMカードが使えます。. もう、これはiOSの今後のアップデートで時間設定の変更も保護者の端末からコントロールできるようにしてもらうしか対策がないよね・・, 子どもの居場所がすぐわかる!Android&iPhone 子ども持たせるなら知っておきたい機能, スクリーンタイム機能をファミリー共有を使って設定するには、保護者もiPhoneやiPadなどのユーザーである必要があります。, 古いiPhoneやiPadを利用する場合には、スクリーンタイム機能を持ったiOS対象機種でなければiOSをアップデートすることができませんので確認が必要です。. アカウントの引き継ぎは容易ですが、トーク履歴が失われてしまいます。大切な履歴をバックアップしていないならば、思いつく限りのパスコードをためした上で、最後の最後の手段として、再インストールをおこないましょう。. 子どものスマホ代に困ってませんか?3人の子育て中の主婦が格安SIMを使ったスマホ代を安くする方法を解説します!, 「スクリーンタイム機能」をiCloudファミリーを使えば、今までiPhoneではできなかった遠隔操作による子どものスマホの利用制限ができるのです!, 2018年9月に行われたiOSのアップデートにより端末の使い過ぎを防ぐ「スクリーンタイム機能」という機能が追加されました。, iPhoneの使い過ぎを防ぐための設定のほか、iPhoneをどのくらい使ったか、持ち上げたかなども確認ができるようになっています。, iPhoneなどに入るiOSのスクリーンタイム機能でできるとを確認しておきましょう。, 画面を見ないようにする休憩時間。休止時間を指定した場合は電話や許可したApp以外は使えなくなります。, 仕事中は仕事効率化のみ使えるように、勉強中は読書と調べものが使えるように、またそれを何時間使うのかというような設定ができます。, 電話、メッセージ、FaceTime、マップはデフォルトで常に許可に設定されています。, 不適切なコンテンツを阻止したり、購入しやダウンロードを禁止したりすることがきます。, ファミリー共有はiPhoneを利用するために必要なAppleIDを家族として関連付けておくことで、居場所がわかったり購入した音楽などを共有することができるようになります。, AppleIDは13歳以上しか作ることができませんが、ファミリー共有を利用すれば13歳未満の子どものAppleIDを作ることができます。, 13歳以上ならファミリー共有を設定しなくてAppleIDが作れますが、ファミリー共有を設定してしておきましょう!. 子どもにスマホを持たせるメリットとして「連絡が取りやすい」というはかなり大きいですよね! が、しかし・・・ 実際に持たせてみると、電話をしても出ない。LINEでメッセージを送っても既読にならない・・。 ... 子どもにスマートフォンを持たせる前には、ある程度制限をかけておくことをお勧めします。 子どもの方がよく分かるし、子どものスマホだし・・・。と思い、そのまま渡してしまうと、有害な情報に会ってしまう可能性 ... 2018年9月のiOSアップロードで追加された「スクリーンタイム」機能はファミリー共有をしていれば、ファミリー共有の管理者であれば他の端末の遠隔操作ができます。, 画面下にファミリーとして登録されているユーザーが表示されるので、設定したいユーザーをタップ。, パスコードを忘れると設定解除や変更などができなくなってしまいます。初期化などが必要になってくるので忘れないように注意しましょう。, 子どもに持たせるiPhoneにはスクリーンタイム機能とファミリー共有の設定をしておくべきことはここまででみなさんお分かりいただけたと思います。, スクリーンタイム機能はスマホの使い過ぎを防ぐとても有効な機能ですが、設定したからと言って安心していてはいけません。, 22時~7時は使用できないようにしていても、子どもが自分の端末の時間設定を変更してしまえば利用できるのです。, iPhoneでもスクリーンタイム機能とファミリー共有を使えば、スマホの使用制限をすることができますが回避方法はネットを検索すればすぐに出てきてしまいます。, 設定したから安心。ではなく、設定をしたあとも使い方を観察しておく、スマホの使い方などにつていの会話を日常的に行うということが必要です。, 自分自身で切り替えて使えるのが一番良いのですが、それが難しい場合は保護者が制限をかけなければいけないケースは多くあります。, 子どもにiPhoneを持たせるなら、持たせる前にスクリーンタイム機能とファミリー共有で保護者が子どものスマホの使用状況をチェックできる環境を必ず作っておきましょう。, ネットの被害、スマホによる学力低下などなど子どもを取り巻くスマホの悪影響から守るための手段の1つとして考えてくださいね。. 10MB 0 チップを贈る . lineは便利な反面、子供がトラブルにに巻き込まれそうで不安ですよね。子供向けにlineを設定して、機能を制限しておけば、トラブルや困りごとが回避できます。ここでは、親も子供も安心してlineが使えるような制限方法とルールを紹介していきます。

LINEは便利ですが、子供に使わせるとなると、知らない人とトラブルになりそうだし、友達とのいざこざが出てきそうだし、いろいろ不安になりますよね。, また、友達といつでもやりとりができるので、ずっとLINEばっかり見てしまうのも困りごと。, 子供がLINE依存やトラブルに巻き込まれるのを防いで、親も子供も安心してLINEを使うためには、LINEを使う時の家族ルールを決めることや、子供向けにLINEを制限設定しておくことが大切です。, あらかじめLINEのいろいろを制限しておけば、トラブルや家族のコミュニケーション不足を回避することができます。, ここでは、親も子供も安心してLINEが使えるような制限方法とルールを紹介していきます。, LINEIDの検索をONにしていると、知らない人からメッセージがくることがあるので、簡単なLINEIDで設定していると、適当にIDを入力して検索した人が見つける可能性があります。, 友達への追加をオンにしておくと、電話番号で検索できるようになってしまうので、ID検索と同じように誰かわからない人から友達追加をされてしまうことがあります。, 適当に電話番号を入力して友達追加されてしまうこともあるので、オフにしておきましょう。, だいたい勧誘や出会い系の内容だと思いますが、友達以外からのメッセージを拒否する設定にしていれば、メッセージが届かなくなります。, 友達以外とLINEすることはほとんどないと思うので、拒否設定にしておくのがおすすめです。, ただし、友達追加していない友達からのメッセージも受信できなくなるので、注意してください。, 課金をするためにはプリペイドカードの購入もしくはクレジットカードの登録、携帯料金からの引き落としが必要なので、おそらく子供が勝手に登録することは難しいと思いますが、万が一課金できる状態になっていると、「知らない間に大量に課金していた!」なんてことになってしまいます。, LINEのアプリで時間を制限する機能はありませんが、iPhoneの場合アクセスガイドという機能、もしくはタイマー機能を使って使える時間を制限できます。, アクセスガイドは設定している間一つのアプリしか使えないという設定なので、使える場面が限られていて、少し不便かもしれません。, タイマー機能は、どんなアプリでも使えて、設定した時間になると自動的にロック画面に戻る機能です。, 子供だけで設定してしまうと、思わぬところで個人情報が他人に伝わってしまうことがあります。, すでにLINEアカウントを作っている方も、いくつか設定しておくべきところが抜けているかもしれないので、確認してみてください。, LINE使用者の約7割は本名で登録しているようですが、SNSは誰から見られるかわからないので、本名をアップするのは危険です。, LINEプロフィール画面のステータスメッセージというところで、ひとことを設定することができます。, ひとこともニックネームと同じように誰に見られるかわからない部分なので、個人情報を載せると危険です。, アイコンに自分の顔をアップするのはもちろん、家の写真や学校の写真などをアップするのもやめておきましょう。, ルールを決め過ぎるのは良くないですが、最低限守ってほしいところは、必ずルールを決めておきましょう。, ちなみに、小学生がスマホを使うときの注意点をまとめた記事に書いてありますが、ルールを破ったときは何かしらの罰も決めておきましょう。, 罰というと聞こえが悪いですが、例えば次の日はスマホを没収する、Youtubeの利用時間を減らすなどして、ルールは守るということを意識してもらうために大切です。, あまり使うべきではありませんが、実はパソコンを使うと子供のLINEをこっそり監視することができます。, 監視する方法は、パソコンでLINEを開いて、子供のユーザー名とパスワードでログインするだけ。, スマホ2台で同時にログインすることはできませんが、スマホとパソコンなら同時にログインすることができるので、子供がLINEを使っていても、親が中身を見ることができます。, ただ、たとえ親子でもプライバシーは守らないといけないので、この方法を使う場合は、あらかじめ子供と相談して許可を取ること、ログインする場合のルールを決めておくようにしましょう。, また、パソコンから「設定」の「通知」でPC版利用時にはスマホに通知が行かないようにする」のチェックを外すと、パソコンからログインしたことがわからなくなります。, アカウントの設定や制限の設定、ルールの設定は面倒な部分もありますが、子供も親も安心して楽しくLINEを使うためには、必ず設定して置くべきです。.