大成高校での3年間は、「部活と勉強」が生活のほとんどすべてだったという神田さん。中学校ではサッカー部でしたが、大成では180センチの長身を見込まれて勧誘を受けたバレーボール部に入部しました。 部活での経験が、法律や政治経済への興味を引き出したのです。さらに大成でいろいろなタイプの先生と出会ったことから、「公民や政治経済を教える先生になりたい」という気持ちがわき上がってきました。  三年後の進路選択は、一人ひとりの生き方が問われます。著名大学に進むことだけで進路を選択するわけにはいきません。高校生活三年間を通じて、自己の興味関心とともに、生き方の選択を迫られるでしょう。大成高等学校の学びを通じて自己実現を図ることで、まさに創立者杉浦鋼太郎先生の残された「大器晩成」の言葉が脳裏を走るでしょう。それは、生き方の選択そのものです。

「1次の書類選考は担任の先生に指導してもらいました。2次の実技は、その場で課題が出され、10秒間で空間把握をして10人ぐらいの試験官の前で1分間踊る試験です。今年はベンチが課題でしたが、夢中だったので、自分がどう踊ったかまったく覚えていません(笑)」

愛知黎明 2-0 碧南工業

  >>  大成高等学校, http://www.aichi-shinwa-taisei.ed.jp/high/, 小規模:400人未満 将来は「テニスを通して本気でやっている人を応援したい。具体的には教員になってテニス部の顧問になりたいですね。大学でもテニス部に入って、とにかく結果を残したいです」と、新たな目標に目を輝かせていました。, 大きかった仲間の存在 実は岡さん、インターネットを利用して勉強法を検索するなど自分なりに研究していました。「情報には流されやすいけど、決めたことはやりとげたいタイプ」という岡さんがたどり着いた音読法。まさに「見つけた!」と思ったあとは、志望校の赤本を繰り返し解きながら、英文は1日2回音読。受験勉強のラストスパートのときには「もうほとんど音読だけで勉強していました」というほどだったそう。, 厳しさは、社会で困らないための学び 「クラシックバレエだけでなく、様々なダンスが学べて、それを深めていける。ダンスの幅を広げて、舞台の上で表現し続けたいと思っている自分にとって最高の環境だと思いました」 勉強を意識し始めた岡さんが毎日部活後に向かったのは、地元のコミュニティセンター。そこの自習室で次第に勉強量を増やしていきました。, 熱血タイプの先生が力になってくれた そして、「チームとして勝っていきたい」という気持ちでがんばって準決勝まで勝ち進めます。「大会結果は第3位でしたが、応援の力を知った試合です」と朗らかに語ります。

吹奏楽部の活動で、森野さんにとって最も大きな経験となったのは高3の8月に行われたコンクールです。まさに受験勉強が忙しくなる時期で、部員の中には「練習どころではない」と考える人も少なくない一方で、「今まで頑張ってきたからには賞をとりたい」という人もいて、部員同士が互いにギクシャクした状態になってしまいました。  学びの目的を明確にしたシステム、コースを有機的に配置してあります。これによって、自己の進路希望に沿う、目的・目標を明確にした学びを提供することができます。このことで、確実な基礎学力の定着と進学重視のカリキュラムを実現します。, 今日も、大成高等学校の生徒は、元気です。落ち着いた学校生活の中で、高校生活を満喫しています。「ここの生徒は、高校生らしい顔してるんだよなあ!」私が、最初に生徒の皆さんにあった時の感想です。, TAISEIを巣立ち、夢を持って頑張っている先輩たちからのメッセージです。 そして玉山さんは、誰よりも大成の先生方に感謝しているといいます。 「特進コースは教室に『センター試験まであと○○日』と張り出されていて、みんなで大学受験に向かっていく感じでした。自分も一般入試をするのだと実感し気が引き締まりましたね」 将来、中高の社会科の教師になることを目標に、林くんは今、確かな一歩を踏み出しました。, 部活を通じて、「継続すること」の大切さを学んだ 科技高豊田 1-1(PK4-1)菊華 「私が勉強しようと思えたのは、先生方がみんな個性的でおもしろい授業をしてくれたから。先生方が好きだったからやる気になったんです。先生方はわからないところを聞きに行くと、けっして邪険にすることなく、私のレベルを考えて、丁寧に説明してくれました。知らないことは恥ずかしいことではなく、知ろうとすることが大切だと教えてもらいました」 とはいえ、小平さんには他の同級生とは少し違う事情がありました。5才のころからクラシックバレエを習っていて、好きなダンスをずっと続けていきたいという希望を持っていたのです。レッスンは、ふだん週1日ですが、発表会の前などは週5日になることもありました。また、ほかのスポーツをすると筋肉の付き方が変わってしまうので、運動部には入れません。通っていた中学には文化系のクラブがあまりなかったので、部活はやっていませんでした。

刈谷 6-1 科技高豊田 熱田 2-2(PK5-3) 愛知朝鮮 大成の3年間で成長したと思うのは、人見知りの内気な性格が変わってきたところだという郡さん。「小学校のころは人前に立つのが苦手でした。学校で劇をするときも、台詞は一言だけとか立ってユラユラしているワカメの役とか。 東邦 4-0 愛知黎明 もともとは英語が苦手だった森谷さんですが、今では「高校の英語教師になりたい」と考えています。そのきっかけとなったのは大成の「英語表現」の授業でした。「初めて英語の構造から教えてもらい、英語の勉強がどんどん楽しくなってきた」のだとか。 「最初のうちは、中学時代の友だちが都立高校に行っているのがうらやましくて、どうしてもっと勉強しなかったんだろうと後悔ばかりしていました」

中京大中京 6-0 桜丘 大成は高2からコース変更ができます。中村さんは看護師を目指していたので、文理進学コースの理系クラスに進むつもりでした。ただ、理系クラスには看護学部進学に必要のない科目もあり、指定校推薦も考えると、情報進学コースでしっかり成績をとる方がいいはずだと考えます。先生にも相談したところ、「情報進学コースで余裕を持って勉強した方がいいんじゃないかな」とアドバイスしてくれました。

千種 1-0 大成 「大成の授業はおもしろいです。好きな授業は日本史です。先生は個性的で授業のやり方も独特。最後まで集中することができました。自習方法は考えて工夫しました。例えば、英単語帳で単語を覚えるとき一つでも間違えたら始めからやり直します。受験期は毎朝5時半に起きて、単語と文法問題に取り組みました。それから、クラスのなかで教科ごとにライバルをつくって負けないよう自分に言い聞かせていました」 11月7日(土)に行われた第99回全国高校サッカー選手権愛知県大会 準決勝結果をお知らせします。 ※観戦についてはこちら 11月7日(土)13:30 kickoff @パロマ瑞穂スタジアム 東海学園 2-0 刈谷 得点 … ところが、その後の林くんの部活生活には大きな挫折が待っていました。高2の秋、新チームとしての初めての大きな大会で、まさかの2回戦敗退。とても悔しい思いをして、「次こそがんばろう」と気合いを入れていたのに、春休み中の練習試合で腕を負傷して練習ができなくなり、4月に始まる大会もその後の引退試合もほとんど出場できなかったのです。チーム自体は東京都ベスト8まで進んだのに、自分は何も貢献できず、とても情けない思いをしました。 「特別進学コースより上の特進選抜コースにいるのに1軍のチームで活躍している先輩でした。その先輩が頑張っているのに、自分だけ逃げるわけにはいかない。ここで逃げたらかっこ悪い。つらくても自分で選んだ道だから言い訳できないと思いました」。 森野さんは3年間の吹奏楽部の活動を通して、「いろいろな考え方の人がいることがわかって、人の立場に立って考えることができるようになった」と言います。仲間とともに真剣に活動に取り組んできたからこそ、人としても大きく成長することができたのです。, 一人ひとりに寄り添える教師を目指す しかし、実際に入部すると、部活は予想以上に練習時間が長く、忙しい毎日が待っていました。放課後の練習は週6日。それ以外に毎日のように朝練もありました。 南校舎には、蔵書5万冊以上ある図書室や最新のpcが設置されたコンピューター室 175席の広さがあるメーニュー豊富なダイニングホールなど充実した教育環境を備えています。 大成高校の施設は、 勉強からスポーツまで充実した教育環境。 そんな森野さんが「法学部に行きたい」と考えるようになったのは高2の夏ごろでした。「高2から政治経済の授業が始まって、すごくおもしろいと思ったんです。ちょうど部活で副部長になり、みんなが楽しく活動するためにはルールが必要だと思うようになったころで、それが、社会の中の法律の必要性と重なりました」 大成のテニス部の強みは団体でもシングルでも各メンバーがそれぞれ対応して戦えること。個人競技ではあってもチームとしてのまとまりには自信があります。 All rights reserved.

 一方で、大成高等学校は、生徒の部活動参加者が、90%を超える高校です。「楽しく、厳しく、一生懸命に」をモットーとして練習に励みます。その結果として多くの実績を重ねている本校ですが、「部活動を通じて、人としての成長を図ることができる」ということも大切なことです。部活動は、高校生活を豊かにします。自分の興味・関心に沿って、活躍してください。, <単なるコース設定ではなく、3年間の学びをシステム化>

11月7日(土)に行われた第99回全国高校サッカー選手権愛知県大会 準決勝結果をお知らせします。 ※観戦についてはこちら 11月7日(土)13:30 kickoff @パロマ瑞穂スタジアム 東海学園 2-0 刈谷 得点 … 「高校受験のときの悔しい気持ちが残っていたのだと思います。とにかく自分に負けたくなかったんです。"絶対に受かる!"と信じながら勉強を続けました」 愛知県一宮市千秋町小山字大福田1878-2学校法人 愛知真和学園 大成高等学校 〒491-0814 愛知県一宮市千秋町小山字大福田1878-2 tel 0586-77-9900 fax 0586-77-9989詳しくはこちら 松蔭 1-0 知多翔洋 豊野 0-3 同朋 最終的に行きたい大学を絞ったのは3年の冬ですが、夏に一度挫折を経験したという岡さん。緊張して模試で実力を出せず、志望校のレベルを落とした方がいいかと悩み、あせりの日々が続きました。 部活や勉強を通して、自分の長所も短所も見つけることができたという郡さんにとって、大成の3年間を一言で表すと『変化』。「もし大成に通っていなければ、今の自分はありません。部活をやめようと思ったこともあります。でも、それを乗り越えることで自分は変われました。どんなにつらいときも続けることが大切で、それができるのは高校生の時期だけだったと、卒業して気づいたんです」と笑顔を見せてくれました。, 勉強とサッカーの両立が課題   >>  愛知県の高校 演奏しながら客席を見ると、審査員の先生方が泣いているのが目に入ります。 高校サッカーの集大成とも言える、全国高校サッカー選手権大会。 2020年度、愛知県大会は10月17日(土)に開幕し、決勝戦は11月14日(土)におこなわれました。 11:00 名経大高蔵 2-1 中部大春日丘 Copyright © 2020 Taisei high school All Rights Reserved.

10月21日(土)に行われました第96回全国高校サッカー選手権大会愛知県大会において 中京大学附属中京高校に0対5で敗れました。 3年生はここで引退となり、2年生、1年生にバトンがつながれました。 保護者の方々をはじめ、今まで応援してくださ

サッカー部の練習でも、ランニングはできるだけ前の方で走るようにするなど努力を重ね、「完璧とは言えないけれど、部活も最後まで頑張れたことは、自分にとって大きな自信になりました」と晴れ晴れとした表情で語ってくれました。, 苦手がった英語がどんどん楽しくなった 中京大中京 2-2(PK7-6)東邦 部活と勉強が、高校生活のすべてだった 大成高校での3年間は、「部活と勉強」が生活のほとんどすべてだったという神田さん。中学校ではサッカー部でしたが、大成では180センチの長身を見込まれて勧誘を受けたバレーボール部に入部しました。

そんなときも含めて受験中、一番力になったのは3年間指導してくれた担任の先生の存在でした。「大成はみんな熱心な先生ばかりですが、そのなかでも熱血タイプだったのがうちの先生。それまで書いて覚えていた英語の成績がいまひとつだったのですが、先生から『英文は実際に口に出して音読するといい』とアドバイスを受け、やってみたら驚くほどスルスル頭に入りました。あとで知ったのですが、受験に受かった生徒はみんなこの音読法を実践していたんです」。 中京大中京 4-1 清林館

実際に入部すると、茶道から学ぶものはとても大きかったといいます。 サッカー部は現在180名を超える部員数で活動しています。 各自与えられた練習時間・場所が限られる中、短時間でも質の高いトレーニングになるよう1人1人が意識を持ち、また志を高く取り組んでいます。 2018年度は、選手権都予選で決勝戦進出。 吹奏楽部の活動、それが森野さんの次の夢のステージに向かう原動力になりました。, 一般受験を志し文理コースから特進コースへ転向 テニス部では部長としてリーダーシップを発揮しました。「テニス部の仲間は個性が強く、まとまりがないかもしれません。でも、ひとつにならなければならないときは気持ちがひとつになります。」。木下さんは一方的に指示を出すことよりも、積極的に行動してみんなを引っ張っていくように心がけました。ボールを拾ったり片付けたりするときも、まずは自分が動く。そうすると周りがついてきて、自然と仲間同士で注意し合えるようになりました。

中部大春日丘 2-1 西尾 「大学は別々になりましたが、受験のときはお守りをプレゼントしてくれて。励みになりました」とニッコリ。