世界は、火山や超新星といったたくさんの高熱の物質で溢れていますが、宇宙のスケールで見ると、それをはるかに上回るほど高温の物質があります。歴史上記録されたなかで一番高温のものは、2012年に行われた、LHCとも呼ばれる、「大型ハドロン衝突型加速器」の記録です。その温度はなんと摂氏5.5兆度にまで達しました。しかし、宇宙史を振り返ると、さらに高温の状態があったのです。今回は、YouTubeの人気科学系チャンネル「SciShow」より、歴史上もっとも高温の物質について紹介します。, マイケル・アランダ氏:世界は、火山や超新星といったたくさんの高熱の物質で溢れています。, あるものはさらに高熱です。そしてそのなかには、「世界で一番熱い」という記録を持ったものがいるはずです。, しかしそのような記録を測るのは難しいのです。なぜなら「一番」がどの「一番」なのかによるからです。例えば2012年時点で行われた実験のなかでの「一番」なのかもしれませんし、銀河内の物質での「一番」かもしれませんし、あるいは全宇宙が始まった時の時点での「一番」でも結果は異なります。, では、まずは歴史上記録されたなかで一番高温のものから見ていきましょう。2012年に行われた、LHCとも呼ばれる、「大型ハドロン衝突型加速器」の記録です。, 粒子がなにでできているか、そしてそれが相互にどのように影響し合うかを学ぶために、LHCはイオンや陽子の速度を互いに衝突する直前まで、光の速度の近くまで上げることができるのです。このような衝突は通常爆発を引き起こすのですが、とくにこの場合は通常よりかなり大きな爆発になりました。, 2012年8月、科学者たちはとても詳細で説明的な名前の試験、ALICEとも呼ばれる、「大型イオン衝突実験装置」の実験に臨みました。, この実験の目指すものは、「クォークグルーオンプラズマ」と呼ばれる時間の始まりの物質について学ぶことです。, クォークとグルーオンは粒子の基本で、陽子や中性子のような大きな粒子を形成しています。, 私たちはクォークやグルーオンを単体で見たことがありません。しかし、宇宙の初期は非常に高熱な「クォークグルーオンプラズマ」と呼ばれる液状の物体で溢れていて、その中ではクォークとグルーオンがほとんど単体の状態で疾走していたのです。, 粒子の温度が下がると、これらは違いにずっとくっついて、大きな粒子となります。しかしそれが実際どのように起こったのかはわかっていません。それゆえ粒子そのものを作り出し、それが冷めるのを観察することにより、科学者たちはその過程を見つけようとしたのです。, しかし、「クォークグルーオンプラズマ」を作り出すには、巨大な爆発が必要になります。爆発を引き起こすには、物体を衝突させるのが一番いい方法です。ALICEの実験では、LHCが重い重イオンのスピードを光の速度近くまで上げ、互いに衝突したときに、大きな圧と熱を生み出すことのできるような、充分なエネルギーを与えました。, 結果的に、瞬時にイオンを溶解させ「クォークグルーオンプラズマ」にしてしまうほど熱い、火の塊になったのです。この火の塊は摂氏5.5兆度もあったのです。粒子加速器はこれ以前にも高熱の爆発がを作り出したことがありましたが、この回のものはとくに高温でした。なぜならこのとき用いられたのは、比較的軽い粒子ではなく、重い重イオンだったからです。, クォークとグルーオンに関しての正式な結果はまた発表されていませんが、LHCは初期宇宙の状況を再現する上で私たちに今できる、最善かつ最強の手段なのです。それにより高温を作り出すこともできるのです。, そのようなわけでALICEは宇宙一の高温を導きましたが、それはほんの一瞬にすぎませんでした。通常宇宙で一番熱いものを見つけるためには、地球から遠く離れたところまで旅をしなければならないのです。宇宙全体の中で銀河はときに近隣の星と塊合い、「銀河団」と呼ばれる銀河の集団となります。, 銀河と銀河の間には他の種類の非常に高温の粒子があり、それは「銀河団ガス」と呼ばれ、その温度は摂氏3億度まで上がるのです。私たちはまだそれがどこからやってきたのかわかっていませんが、なぜそれほど高温なのかはわかってきています。銀河団が形成される前、それはただの巨大な渦巻き状のボールのような物体でした。, 時間が経つにつれ、その物体は凝縮され、星や銀河や惑星を形成し、そのプロセスで多大なエネルギーを発したため、それが結果的に熱量となったのです。, 銀河が膨大になるほど、さらなるエネルギーが放出され、それが銀河団ガスを高温にします。しかし銀河団は何十億年も前に形成されましたから、銀河団ガスは現在冷えていると考えることでしょう。しかし実際そんなことはありません。なぜならそれはブラックホールにより高温の状況を守られているからです。, ブラックホールの引力が物体を吸い込むと、エネルギーを放出し、それが熱と変わります。たくさんの銀河は中心にブラックホールがあるため、銀河が形成された時の高温のガスを保持する機能が付いているのです。, 歴史上全宇宙で本当にもっとも高温な出来事が1つありました。それはビッグバン直後のことです。, 宇宙が始まった時、それは限りなく小さく、限りなく密集した点が、我々が知り得るすべてのものと広がったのです。私たちの物理の法則は、その宇宙が生まれた瞬間何が起きたのかに付いての答えを出すには至っていません。, しかし、ビッグバン直後、非常に短い間に起きたであろうことの仮定を立てることはできます。その非常に微量な瞬間に私たちの宇宙は1に32個0が着くほどの非常な高温になったかもしれないのです。, 全宇宙のすべての物質とエネルギーが1つの場所に集結したため、つまりすべての物が非常に大きな圧の元に置かれたため、そのような高温になりました。その圧すべてが非常な高温を引き起こしたのです。実際、それは物体が「絶対高温」と言われる、史上最高の高温に達した時かもしれません。, それは絶対零度の反対で、絶対零度とは物体が冷えることのできる限界の温度で、摂氏−273.15度、または0ケルビンと言われます。ある物理学者たちは、絶対高温は摂氏10の32乗度であるとしていますが、もうすこし低いかもしれません。10の30乗か10の17乗かもしれません。, いずれにせよ、これらの温度は私たちが考えられる温度をはるかに超えるものです。宇宙が広がる時、温度が下がることにより、クォークとグルーオンが一緒になり、アトムが形成され、あなたが知り愛するもの全てが存在するようになったのです。ですから宇宙が絶対高温になるのは奇妙ですごいことかもしれませんが、結局クールダウンしてもらうのがベストかもしれませんね。, Hank Green(ハンク・グリーン)たちがサイエンスに関する話題をわかりやすく解説するYouTubeチャンネル。, 「趣味の読書」は役に立たない? 山口周氏が明かす、娯楽とビジネスをつなぐ思考メソッド, 孫正義氏「AIによる情報革命は人々を幸せにするために」 世界で始まっているAI革命の潮流, 「最初の3年の体験が人生を大きく変える」 ユニリーバ・島田氏が語る、慣れのプロセスと数字の「3」が持つ意味, 「未来に生きるか、過去を始末するか」 ジャパンハート吉岡秀人氏が説く、人を救う“盾と矛”, イケメンは得するけど、美人は損をする?  中野信子氏が研究からひもとく、容姿と性差の関係性, やる気のない部下に必要なのは「仕事の意味」 コーチングに学ぶ、人と組織を変える問いの力, カルチャーを定義すればするほど、組織は同族化する 創造性を生むために必要な「新しいタイプの人材確保」, 「働く」を、もっと「おかね」につなげたい 人材企業ネオキャリアがFinTech事業に挑む理由.

Photos and graphics © WWF or used with permission. このように、夏が暑く、冬が寒いといった、季節の変化は、地球がかたむいて太陽のまわりを回っていることが原因(げんいん)なのです。 おうちの方へ 地球の自転軸は、公転軸に対し、23度27分(約23.5度)傾いています。 その星達の多くは、地球から探査機が飛ばせないほどはるか遠くにありますが、確実に存在する星々です。, 2004年に発見された「かに座55e」は、地球から40光年離れた場所に位置している惑星です。, そして、2004年に発見されたばかりのこの惑星の表面には黒鉛の海が存在し、その内部には惑星の半径の約3分の1にも及ぶ非常に密度の濃いダイヤモンドの地層が存在すると言われています。, そのダイヤモンドの全量は、地球全体の質量の3倍もの量だそうで、カラットに直すと10,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000カラット(100溝※=1034)もあるそうです。 ※ゼロが32個で溝(こう)という単位だそうです。, ちなみに地球最大のダイヤモンドである”カリナンⅠ”は530カラットで約4億ドルです。 もし、「かに座55e」から地球にダイヤモンドを持ち帰ることが出来れば超超超大金持ちですね^^, しかし残念ながら、この星は恒星から極めて近い位置を公転しているため、その表面温度は1700℃~2100℃にもなるそうです。, 仮に「かに座55e」までたどり着くことができたとしても、採取することは出来そうにありませんね(T_T), ”お酒を撒き散らす星”と言われているラヴジョイ彗星は、オーストラリアに住む「テリー・ラヴジョイ」さんが発見した5つの彗星の名称です。, その中の1つの彗星は、噴出されるガスの中にアルコールや糖類が含まれている事が判明しました!しかも、そのアルコールは私達がよく飲むお酒と同じ成分だというから驚きです。, その量はなんと毎秒ワインボトル500本分にもなるそうです。 これはどれだけの量かと言うと…, ワインボトル1本は750mlで、1バレル(樽)に入る量はワインボトル約300本ですので、 ・1秒間にワイン樽が約1.7樽(約500本・約375L) ・1分間なら約100樽(約3万本・約22.5m3) ・1時間で約6,000樽(約180万本・約1,350m3) ・1日で約144,000樽(約4,320万本・約32,400m3) ・1ヶ月で約432万樽(約13億本・約97,200m3), 更に、ある統計によると日本の年間アルコール消費量は約80万m3ということですので、なんとラヴジョイ彗星は、毎月日本人が1年間で消費する量以上のアルコールを宇宙にまき散らしているという事になりますねw, ちなみにラヴジョイ彗星は、2012年1月7日に地球に再接近し、地球から約7470万kmのところを通過しました。次回の地球接近は2700年頃だそうです。, 2016年に発見された「HD 131399ab」という惑星には、なんと3つの太陽が存在します。, 「HD 131399ab」は地球からは約340光年離れた所に位置しており、当時アリゾナ大学の学生だったケビン・ワグナーらによって発見されました。, それは、昼間が100年以上も続き、自分の影が同時に3つもできて、空から鉄の雨が降ってきて、更には日の出と日の入りがぐちゃぐちゃに繰り返されるような世界だそうです。, 小さい恒星BとCは、お互いのまわりを公転する連星で、それが恒星Aのまわりを公転しています。, この入り組んだ軌道のおかげで、ある時は太陽が1つだけ空にのぼり、またある時は太陽が2つになったり、3つになったりするのです。, 今回のこの惑星「HD 131399ab」が特別なのは、天文学者が超大型望遠鏡の観測装置を使って直接観測できること、そして、この惑星はそう長くは生きられないと考えられているからです。, 惑星「HD 131399ab」のように多重星系の中で生まれた惑星の多くは起動が不安定で、お互いのまわりを公転する連星に引き込まれて消滅したり、何かの拍子に外に弾き出されていまい、果てしなく続く宇宙空間をさまよい続ける事になってしまう可能性があります。, また、上記のようにはならなくてもこの惑星は核融合反応が速く終わってしまうため、わずか数億年で消滅してしまうことになります。, この星は驚くべき事に、太陽のように光り輝く恒星の間近を公転しているにもかかわらず、なんとその光を全く反射していない超真っ黒な星なんです!, この星は、世界一黒い物質と言われるベンタブラック(吸収率99.965%)の塊みたいなイメージでしょうかw?, 「TrES-2」がここまで真っ黒な理由は、大気が非常に高温であるために反射率の高い雲が存在しておらず、更に大気に含まれるガス状のナトリウムやカリウム、酸化チタンなどが光を吸収するためだと考えられていますが、それだけでは反射率1%未満の説明としては不十分であり、現時点でこの謎の解明には至っていません。, 地球から約16万光年離れた大マゼラン雲にある「VFTS 102」は、これまで発見された中で最も速く自転する星として知られています。, そのスピードはなんと秒速600㎞(時速約200万km)という想像を絶する速度です!, 600km/sってどれくらいかと言うと、東京から広島(約600km)を1秒で移動できてしまうという。孫悟空(ドラゴンボール)の瞬間移動なみのスピードですw, そして、なんとこの星は、自転速度が余りにも速すぎる為に形が潰れてしまい。楕円形になっています。さらにその中心付近では、超高速のためにプラズマが発生しており、まるでUFO?のような形に見えます。, ①双子のように近くを周回する2つの星(連星)があった。 ②そのうち1つが、超新星爆発を起こした。 ③もう1つがその爆風の影響で超高速で回転している, 2013年、地球から63光年離れた所にコバルトブルーに輝く、とても美しい「HD 189733 b」という惑星が発見されました。, この惑星は恒星から非常に近い距離を公転しているため、1,000度以上という灼熱の大気に加え、時速7,000km(秒速2,000m)という暴風で横殴りのガラスの雨が降っています。, 時速7,000km(秒速2,000m)というとんでもない風ですが、凄すぎてイメージできないと思いますので、、、, 例えば、超大型台風で車が飛ばされたり、木造住宅が倒れてしまうほどの暴風でも秒速50m程度です。, 第二次世界大戦時に使われた原爆の爆風(鉄筋コンクリート造の建物が崩壊する程の爆風)でも秒速440mです。, 秒速2,000mだったら鉄筋コンクリートの建物が、日本からアメリカくらいまで飛ばされてしまうかもしれませんねw, ましてや秒速2,000mの暴風が常時吹き荒れていたとしたら、地面には凹凸が全くないツルッツルの地面になってしまいそうです。, この惑星が青く見える理由は、地球と同じ海からの光の反射ではなく、大気の主成分であるケイ酸塩というガラスの粒子が光を散乱させることで青く見えると考えられています。, トリトンは海王星最大の衛星です。太陽系にある直径2000km以上の衛星では唯一の逆行回転の公転軌道を持つ衛星でもあります。, この逆向き軌道のために海王星との潮汐力の作用で、トリトンの公転にブレーキがかかり、1.5億年から 3.5億年後には海王星に墜落すると考えられています。, また、トリトンはマイナス235度の極寒の世界で、大気の主成分である窒素(97%)とメタン(3%)の氷に覆われ、特に南極冠付近はピンク色の霜で覆われています。, また、クレーターはほとんどなく、山脈と峡谷が複雑な模様を描いており、窒素とメタンの雨が降り、川や湖も存在します。, 更に火山も存在するのですが、噴火すると0度を遥かに下回る液体窒素と液体メタンの溶岩を噴出することから、「氷火山」と呼ばれています。, 「氷火山」は実際にボイジャー2号によって上空8kmまで噴煙が昇ったのが撮影されていますが、そのメカニズムは未だ解明されておらず謎に包まれています。, 何故なら今まで何千、何万という星々を観測しているにもかかわらず、水が液体で大量に存在する星、そして生命の存在が確認された星は地球以外には存在しません。, 地球の誕生は奇跡とも言えるものですし、それは未だ多くの謎に包まれています。いつの日か地球誕生の謎が解明される日はやってくるのでしょうか?, ダイヤモンドの星があるなら、エメラルドやルビー、ゴールドなどで出来ている星があっても不思議じゃないですし、お酒の星があるのなら、ジュースのように甘い雨が降る星があってもいいですよね。, そして、地球のように美しく、生物が存在する惑星が宇宙のどこかに存在していて欲しいものです^^.

赤道上の 重力加速度 は万有引力によって与えられる。この法則により公式は. もっとずっとあるように思うのです。1キロがすぐなので、そのたった4万倍で地球を巡れるというのがピンとこないのです, 24時間は地球が1回転、 S. Fornasier, E. Lellouch, T. Müller, P. Santos-Sanz, P. Panuzzo, C. Kiss, T. Lim, M. Mommert, D. Bockelée-Morvan, E. Vilenius, J. Stansberry, G.P. 世界にはまだまだ発見されていない不思議がたくさん眠っています。 大きさ順の太陽系天体の一覧(おおきさじゅんのたいようけいてんたいのいちらん)では、平均半径が判明している、または推定されている太陽系内の主な天体を大きな順に並べている。 この一覧は天体の質量や体積、表面重力の順に並び替えることもできる。 宇宙の外は? VIII.

Martin Harvey / WWF, © 地球の誕生は奇跡とも言えるものですし、それは未だ多くの謎に包まれています。いつの日か地球誕生の謎が解明される日はやってくるのでしょうか? まとめ. Institute of Environmental & Biological Sciences, Lancaster University, Lancaster, Based on an assumed density of 2.6 g/cm3 as given at the NASA NEO impact risk page, Small Body Density and Porosity: New Data, New Insights, http://www.sciencemag.org/cgi/content/abstract/316/5831/1585, Pushing the Limits of K2:Observing Trans-Neptunian Objects S3K2: Solar System Studies with K2, Physical Properties of Kuiper Belt and Centaur Objects: Constraints from Spitzer Space Telescope, http://www.johnstonsarchive.net/astro/astmoons/am-50000.html, “TNOs are Cool”: A survey of the trans-Neptunian region, TNOs are Cool: A survey of the trans-Neptunian region. 16 jan 2009, 21:16 UTC. 地球温暖化は、気温を上昇させるだけでなく地球全体の気候を大きく変える「気候変動」を引き起こします。既に世界各地では、自然環境や人の暮らしに、そのさまざまな影響や被害が現れ始めており、その深刻さから近年は「気候危機」という言葉も使われるようになりました。 いまだに、亜光速で飛んでも とか、宇宙の始まる前は? ニュートンの絶対時空を信じて

一般にはアンドロメダまで240万年以上かかる、と思ってる人や、

南米のチリで海の大切さを伝え、地域の人たちにもその保全に参加してもらう普及活動を1回実施できます。, ロシアでケガをしたトラを野生復帰させるためのリハビリ活動を6日間、支えることができます。, スマトラの熱帯林で、違法伐採や野生動物の密猟を防ぐパトロールを14日間、支えることができます。, 地球温暖化とその影響地球温暖化とは、大気中にある二酸化炭素(CO2)やメタン、フロンなどの温室効果ガスが増え過ぎ、宇宙に逃げようとしていた熱が地表にたまりすぎることで、気温が上昇したり、地球全体の気候が変化することです。二酸化炭素の排出が急激に増え始めたのは、18世紀の産業革命以降のこと。石炭や石油などの化石燃料を燃やし、たくさんのエネルギーを得るようになった結果、大気中の二酸化炭素が急速に増加。これが、地球温暖化を引き起こす、主な原因と考えられています。, 地球の平均気温が変化することにより、さまざまな変化や影響が生じることが懸念されています。特に、このままの経済活動を続けた場合には、21世紀末に4度前後の気温上昇が予測されており、その結果として、取り返しのつかない影響がもたらされると予測されます。, こうした影響を防ぐため、これまで世界各国による国際交渉が進められ、2015年に「パリ協定」が採択されました。これは、産業革命からの平均気温の上昇を2度未満に保ちつつ、1.5度に抑える努力を追求することを、世界の目標として定めたものです。, 現在までに、世界の平均気温は産業革命前よりもすでに1度上昇しています。毎年のように異常気象による河川の氾濫や土砂災害などが多発しており、この先1.5度、2度と気温が上昇していくと影響がさらに深刻化していくことが懸念されます。実際、地球温暖化に関する世界の化学的な知見を集めたIPCC(気候変動に関する政府間パネル)が2018年10月に発表した「1.5度特別報告書」では、2度と1.5度のわずか0.5度の違いでさえ、海面上昇や酸性化、また、干ばつや洪水を引き起こす極端な気象変化を増加させると警鐘を鳴らしており、もはや2度に抑えられたとしても、ある程度の影響は避けられません。したがって、温暖化の進行を食い止めるためには、1.5度を目指して温室効果ガス(CO2など)の排出量を減少させていくと同時に、すでに生じている悪影響への備え(適応)を進めていくことが必要となります。, IPCCの第5次評価報告書は、このまま気温が上昇を続けた場合のリスクを、大きく次のように示しています。, そして、これらのリスクは、温度の上昇の度合いによって、さらなるさまざまな影響を引き起こす可能性があると指摘されています。, ※ 1986~2005年の世界の平均気温を基準とする。影響は、気温変化の速度や今後の対策の内容により異なる。(IPCC AR5 WG2 SPMを基に作成), そのほか、21世紀中の地球温暖化は、極端な異常気象や海面上昇などの長期的な影響の両方によって、大規模な人々の移住をよぎなくさせると予測されています。これは、特に温暖化の影響に弱い途上国において、強く懸念されている問題です。すでに貧困や飢餓に苦しむ地域に、さらに温暖化の被害が加われば、内戦や武装勢力などの間で生じる暴力的な紛争のリスクを増加させる可能性もあります。また、温暖化が多くの国の重要なインフラや領土に及ぼす影響は、国家安全保障問題に発展するおそれがあります。このままの気温上昇が続くならば、温暖化は国の安全保障にまで関わる問題であるとIPCCは報告しているのです。, 過去約100万年の間に、地球上には複数回の氷河期が存在し、寒冷な期間と、その間の温暖な期間(間氷期と呼ばれる)が繰り返されてきました。IPCCの最新の知見でも、最後の氷河期から産業革命前にかけて、約3~8度の平均気温の変化があったとされています。しかし、この間に生じた気温変化は、「急激な気候変動」と呼ばれる時期の例外を除けば、約10万年という自然のサイクルの中で起きてきた自然現象です。それに比べ、人類による現在の地球温暖化による気温上昇は、とても短期間で起きているため、多くの野生生物が環境の変化についていけず、減少・絶滅するおそれが非常に高いとみられています。温室効果ガスの排出量がこのまま増え続ければ、地球の自然環境は大きく損なわれることになりかねません。それは、地球が長い時間をかけて育んできた環境を、人類がわずかな期間で壊してしまうということであり、何としても防がなくてはならないことです。多くの野生生物や未来の人々への影響をできる限り抑えるためには、「今すぐ」温室効果ガスを減らす取り組みを始めることが必要なのです。, では実際に地球温暖化が進むと、どのような面で、どのような影響があるのでしょうか。3つに分けて解説します。①水の問題②自然への影響③暮らしへの被害, 地球温暖化によって海水が膨張し、過去約100年で世界の平均海水面は16センチ上昇しており、近年の方が、上昇率が高くなっています。南太平洋の島国では浸水が進み、海岸線が内陸へ入り込んでいます。国によっては、国土全体が海に沈んでしまう危険も増大しています。, たくさんの人々が、生活するための水を得にくくなります。特に、乾燥した地域に住む人々や、氷河や雪に生活用水を頼っている人々は、その被害を受けやすくなります。氷河や雪解け水から生活するための水を得ている人は、世界の人口の6分の1を占めます。, 山岳地域では、氷河が溶けることによって氷河湖ができ、それが決壊することで、大規模な洪水が起こりやすくなります。また、これらの山岳地帯は、世界の大河川の源流にあたるため、氷がなくなると、その河川の流域全体で水不足が起きるおそれがあります。, 嵐や大雨などの異常気象が増えるため、沿岸地域では洪水や浸水の水害がひどくなります。特に人口が集中する都市域では、極端な降水や内水洪水、沿岸洪水、地滑り、大気汚染、干ばつ及び水不足が、人々や、資産、経済、および生態的なリスクをもたらすでしょう。, IUCN(国際自然保護連合:International Union for Conservation of Nature and National Resources)の「レッドリスト(絶滅のおそれのある種のリスト)」(2017年)によると、地球温暖化が原因の一つとなって絶滅の危機に瀕している 野生生物は、ホッキョクグマなどをはじめ、1,750種以上にのぼります。これまでにないスピードで変化していく気候、多発する異常気象が引き起こす環境の変化は、ホッキョクグマをはじめ、さまざまな野生生物を、絶滅の淵へ追い込んでいきます。, 野生の生きものたちの危機は、地球上のあらゆる生き物を支える自然の崩壊へつながります。生育に適した気温や降水量のある地域に育つ植物は、気温や降水量が変化すると、生育地域を変えざるを得なくなります。中には、気候の変化に適応でき ず、絶滅する植物も出てくるかもしれません。また、それに伴い、植物に依存して生きる動物も、生息域を変えなくてはならなくなり、変化に対応できない種が 減少・絶滅する可能性があります。, 気温と同様に生じる海水温の上昇は、海のさまざまな生物にも影響を及ぼします。特にサンゴは水温の変化に弱く、地域的に死滅する可能性が指摘されています。また、二酸化炭素が海洋に吸収されることで、海水の酸性化が進み、植物プランクトン、動物プランクトン、サンゴ、貝類や甲殻類など、海洋生態系の基盤を担う多くの生物がその打撃を受けると予想されています。これらは、さらに多くの海洋生物の成長や繁殖に影響を及ぼし、海洋全体の生態系に大きな変化が起きる怖れがあります。, 乾燥化が進む地域では森林火災が増え、野生生物の生息地が広く失われるおそれがあります。また、発生件数が増えるだけでなく、火災そのものが長期化し、森林が回復不能な水準まで失われてしまう地域が増加するおそれがあります。さらに、多くの炭素を蓄えた樹木が集中する森林の焼失は、大気中への大量の二酸化炭素の放出を伴うため、これが世界の地球温暖化を、さらに加速させてしまうことにもつながります。, 主に海面の水位が上昇することにより、沿岸部を中心とした地域に広がる湿原や干潟で、塩分濃度の上昇や水没といった被害が出ると考えられています。この結果、世界各地の湿地環境が、大幅に減少するとみられています。また、内陸部の乾燥地帯など、もともと淡水の河川や湖沼、湿地などが少ない地域では、温暖化に伴う干ばつなどの影響を大きく受けることになります。湿地環境は、健全な淡水資源の母体でもあるため、こうした自然の劣化や消失は、人が農業や工業などで使える水の減少にもつながってきます。, 気温や雨の降り方が変わると、農作物の種類やその生産方法を変える必要がでてきます。特に経済力の無い小さな規模の農家はこれらの変化に対応するのが難しいため、生産性が下がる可能性があります。乾燥地域においては、土壌水分が減少することで、干ばつに見舞われる農地が増加する可能性が高いとされています。, 食料の生産性が下がると、病気にかかる人や、飢餓状態に陥る地域が増える可能性があります。特に食料の生産性が下がるアフリカ地域で影響がひどくなると予想されます。また、熱帯などの伝染病を媒介する生物の分布域が変わることで、免疫をもたない人々に病気が広がり、被害が拡大するおそれがあります。, 異常気象による熱波・洪水・旱魃・森林火災などの自然災害が頻繁に起こり、被害を受ける人が増えると考えられています。自然災害の規模も大きくなり、被害が拡大すると予測されています。, これらの温暖化による悪影響は、産業革命前に比べて気温上昇を2度未満に抑えることができたとしても、ある程度の影響はすでに避けられません。IPCCの第5次評価報告書は、温暖化により引き起こされる現象に、対応する手段も明記しました。これを「適応」と言います。異常気象や食糧の生産が落ちるといった温暖化の影響は、適応の手段をとっていくことによってかなり軽減されることがわかっています。温暖化は、原因である温室効果ガスの排出量を削減する努力だけではなく、影響に適応する準備も同時に行っていかなければならないところまで来ています。, 世界各国にネットワークを持つ「WWF気候・エネルギー・プラクティス」では、地球温暖化を引き起こす温室効果ガスの排出量を大幅に削減する具体的なアクションを、各国政府と産業界、金融セクター、そして一般市民から引き出すことができるよう、世界各地で活動を展開しています。, WWFは、世界と日本の人々が、持続可能で、安全・安心で、真に豊かな未来を享受するためには「自然エネルギー100%」の未来を目指すことこそが必要だと考え、『脱炭素社会に向けた長期シナリオ提案』を提示しています。, 私たちの愛着ある地元の風景を、日常を、未来につないでいくために。心をひとつに、「今」行動することが大切です。, 地球温暖化、海洋汚染、森林破壊、絶滅の脅威…地球に起こっている事実を、あなたはいくつ知っていますか?美しい地球が、悲しい地球になる前に、WWFといっしょに、地球をHELPしてください。, 普段の暮らしがどう自然とつながっているのか。