近年は、若い世代や相撲女子・スー女と呼ばれる女性ファンも増えて注目されていますね。競技としての迫力はもちろんのこと、古式ゆかしい非日常空間に魅了されて通うファンも多いのだとか。, 相撲になくてはならない土俵。特別なものというイメージがありますが、開催場所ごとに、その都度、新しいものがつくられているんです。, 今日は土俵ができるまで、それから本場所初日の前日に行われる神事「土俵祭り」をのぞいてきました。, 土俵祭りの様子。大相撲協会理事長をはじめ、審判部長以下の審判委員と行司、三役以上の力士らが参列します, 年に6回開催される本場所、さらにはたった1日の巡業であっても土俵は会場ごとに土を運んでつくられます。この土俵づくりのことを「土俵築 (どひょうつき) 」といいます。, 神さまを降ろす神聖な場として、また安全に競技が行えるように都度新しくされるのです。, 地方では40トンもの土を用いてゼロからつくりあげますが、現在の両国国技館においては、前々場所で使った土俵の表面を20センチメートルほど削り、新しい土を盛ります。この場合でも8トンほどの土が必要となる大仕事。, 場所開催前に45名ほどの呼出 (よびだし=取り組み前に力士の名前を呼び上げたり、土俵の上を掃き清めたりする相撲興行の専門職) さんが総出で、およそ3日間かけてつくり上げます。, 木製の大タタキ (右手前) は、土を叩いて固める道具。乾燥してできたひび割れなども叩いて補修する。ビール瓶 (左奥)は、土を滑らかに整える仕上げ作業や、俵の形を整える際に重宝する。割れにくい日本のビール瓶は使い勝手が良いため、海外公演の際にも数本持参するのだそう, 土俵をつくる際には機械は一切使用せず、すべて人力で行います。トラックで運び込まれた土を一輪車 (台車) で運び、盛り上げて専用の道具で叩いて固めます。そこへ、五寸釘や縄をコンパスのように使って円を描き、土を削り、俵を埋め込み、再度土を叩いて滑らかに整えて完成させます。, 俵の中身は土、砂、玉砂利。これも一つひとつ手作業で詰め、荒縄で縛って仕上げて土俵に埋め込む, 土俵の土は「荒木田」という壁土用の土が最適なのだそう。東京都荒川区荒木田原 (現・町屋) の荒川沿岸にあり、きめが細かく粘土質が強いと言われていました。, 東京近郊の開発が進んだ現在は、土質が近い関東近郊のものが使用されています。地方での興行の際は、その土地近郊の土俵に適した土が選ばれます。つまり、地域によって土の色も変わるので、場所ごとの土俵の色合いの差に注目してみるのも楽しそうです。, 土台中央の白い仕切り線は、エナメルを塗って書きあげられる。取り組み終了後、毎日手入れされ、美しく保たれるのだそう, テレビ放送で見る取組では、お相撲さんの迫力のためか大きさを感じなかった土俵ですが、そばで見る土俵はとても大きく存在感のあるものでした。この土俵を人の手で毎回つくっているなんて!と、とても驚きました。一見の価値あり!です。, さて、この土俵を間近に見て、国技館の雰囲気を味わえる機会があります。それは、「土俵祭」。本場所の初日前日の午前10時から行われ、予約せずに誰でも無料で見学できます。, 土俵祭とは、場所中の安全と興行の成功、さらには国家の安泰、五穀豊穣を祈願し、神さまを呼ぶ儀式です。立行司 (たてぎょうじ=最高位の行司) が祭主を務め、脇行司を従えて祝詞を奏上し、供物を捧げます。, 祝詞 (のりと) は、「相撲が始まります。お越しください。土俵の内外で何事もなく場所が終わるようお守りください」と神さまにお願いする内容なのだそう。, 軍配を持って行う方屋開口 (かたやかいこう)、故実言上 (こじつごんじょう) の儀式, 「方屋」とは土俵のこと、「開口」とは開くこと。土俵を開く、という意味です。「故実」は昔の儀式や習慣のことで、それを申し上げるという意味。土俵の成り立ちについて、どんなふうにできたか、五穀成就のための儀式であったことなどを口伝で受け継いだ通りの言葉で唱えます。土俵開きを奏じるクライマックスです。, これまでの写真でお気付きの方も多いかと思いますが、土俵の中央には四角い穴が開けられています。ここに、神さまへの供物を納めます。これを「鎮め物 (しずめもの) 」といいます。, 「鎮め物」をして、献酒する祭主。塩、昆布、するめ、勝栗、洗米、かやの実などの縁起物を鎮め、上から土で埋める, 「鎮め物」が埋められている土俵の上で行う相撲。かつて相撲が神事であったことを思い出させる儀式ですね。, こうして儀式を終えると最後は、本場所開始を告げる賑々しい触太鼓 (ふれだいこ) が会場に響き渡ります。, 呼子さんたちによる触れ太鼓。音を響かせながら土俵周りを三周し、本場所の始まりを告げに町に繰り出していく, <参考文献> @(@の前にドット)」、「..(ドット2つ)」を含むメールアドレスはご利用いただけません, 退会すると栞した読み物や産地の情報が完全に消去され復元することはできません。本当に退会しますか?. こちらは、2018年1月12日の記事を再編集して公開いたしました, さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。 土俵の作り方 1.たわらには少し多めに砂を詰めて口紐でしばりますが、紐の外にできた余分の布端は「たわら」の内側に押し込みながらしめ紐を完全にしばり、しめ口を下にしてトント ン落として形を整え …

夜中にまた土砂降りとなって、境内は落ち葉が散乱して悲惨なことになっていますが、今日は、「社会体育大会」という地域の運動会が小学校グラウンドで開催され、私は交通推進隊として仲間の隊員達と交通整理を一日中しなければならないので、お掃除する時間がありません。, さて昨日、トントントンと木槌の音が近所から聞こえてきたので見に行くと、オトキッツァ(屋号)のとうちゃんが土俵の俵作りをしていました。, 田植えが終わり、農閑期の今の時期になると、とうちゃんは学校などに依頼されて相撲土俵の俵作りに励むのです。人気力士の遠藤や輝などを輩出している当県は相撲が盛んです。, 専業農家のとうちゃんは今年85歳になるのですけど、とても元気で息子と共にたくさんの田んぼを請負耕作しています。その息子とと私は同級生(幼馴染)で生まれた日も一日違いです。, 小俵の中に土を詰めて形成して、こうして勝負俵や德俵などを心を込めて作っているのです。, 毎年6月5日に、当県能美市の和田山相撲場で開催される、戦没者慰霊祭奉賛の「能美中学校相撲大会」のものだという。, 当社も、毎年6月5日に忠魂殿例祭(地区戦没者慰霊祭)を斎行していますが、その奉賛行事で中学生の伝統相撲を開催するとは大したものです。, とうちゃんは、この俵作りのために、秋の稲刈りで一部の稲穂を厳選して稲架干し(はさぼし)しているのです。, とうちゃんの亡くなった先代(父親)も土俵の俵作りをおこなっていた方で、それを引き継いでいるのであります。, 先週、卯辰山(うたつやま)で開催された高等学校金沢大会にも土俵作りに来てくれんかと誘われたそうなんですけど、とうちゃん曰く「ワシも年なんで力が入らんで断ったけど、昔は親父とよく行ったもんや」とのことですが、まだまだ健在です!。, 画像は、3年前の地元TV局の番組で、「まちの匠・土俵の俵職人」として紹介された時のものです。, これは40年前のもので、先代のじいちゃんと共に土俵づくりをしているとうちゃんの写真がアップされました。まさに親子二代にわたっての土俵俵職人です。. Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 「.

‚ªA•R‚ÌŠO‚É‚Å‚«‚½—]•ª‚Ì•z’[‚́u‚½‚í‚çv‚Ì“à‘¤‚ɉŸ‚µž‚Ý‚È‚ª‚炵‚ß•R‚ðŠ®‘S‚É‚µ‚΂èA‚µ‚ߌû‚ð‰º‚É‚µ‚ăgƒ“ƒg ƒ“—Ž‚Æ‚µ‚ÄŒ`‚𐮂¦‚Ä‚­‚¾‚³‚¢B, 2.‚Ü‚¸ƒ[ƒv‚Ì’†‰›•”‚ð“ñd‚É‚µ‚΂èAŽŸ‚¢‚ÅŽc‚è‚ð¶‰E‚RƒJŠAŒv7ƒJŠ‚ð‹­‚­‚µ‚΂Á‚Ä‚­‚¾‚³‚¢B, 3.‚ ‚ç‚©‚¶‚ß’¼Œa15ŽÚA[‚³7cmA•–ñ10cm‚̍a‚ðŒ@‚Á‚Ä‚­‚¾‚³‚¢B, 4.‚½‚í‚ç‚̈ʒu‚ðŒˆ‚ß‚Ä‚©‚çA}‚̂悤‚É1^3‚ª’nã‚ɏo‚é‚悤‚É•½‚ç@‚É–„‚ß‚ÄŽü‚è‚ðŒÅ‚ß‚Ä‚­‚¾‚³‚¢B.

今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!, 「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。, 会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?, ※ 土俵の大きさは1辺6.7mの正方形で高さは34~60cmで台形型に土台が作られます。 その正方形の真ん中に直径4.55mの円を作り、ここで力士が勝負を行うのです。 伝統を重んじるため、土俵上は女人禁制などの古くからのしきたりがあり現在でも守られています。 昔の日本では日常に溶け込むようにあった米俵が、現代においては見る機会もかなり減ってきています。藁そのものが減りつつある今日。わら細工を通して地域活性化と稲作の振興に貢献することが南信州米俵保存会の使命です。 この土俵を人の手で毎回つくっているなんて!と、とても驚きました。一見の価値あり!です。 神様を土俵に降ろす儀式「土俵祭」 さて、この土俵を間近に見て、国技館の雰囲気を味わえる機会があります。それは、「土俵祭」。 『日本相撲大鑑』 窪寺紘一 1992年 新人物往来社 『[図解]神道としきたり事典』 監修・茂木貞純 2014年 PHP研究所, 文・写真:小俣荘子 『相撲大辞典 第四版』 原著・金指基 監修・公益財団法人日本相撲協会 2015年 現代書館 土俵祭とは? 土俵祭とは立行司が祭主となり、祝詞を奉上し、供物を捧げて場所中の安全と興行の成功、さらには国家の安泰、五穀豊穣を祈念するものです。 土俵の中央に穴を開け、塩、昆布、するめ、勝栗、洗米、かやの実などの縁起物が沈められます。 『大相撲と歩んだ行司人生51年―行司に関する用語、規定、番付等の資料付き』 33代 木村庄之助・根間弘海 2006年 英宝社 本当にきれいな小俵です。 とうちゃんは、この俵作りのために、秋の稲刈りで一部の稲穂を厳選して稲架干し(はさぼし)しているのです。 とうちゃんの亡くなった先代(父親)も土俵の俵作りをおこなっていた方で、それを引き継いでいるのであります。 大相撲地方巡業 土俵作り・会場設営 アマチュア相撲用土俵 土俵は巡業用に考案された7分割の外枠を組み立て上部を土で固めて作り上げます。 高さ60cm、周り5.8m四方の国技館と同規格の本格土俵です。 『力士の世界』 33代 木村庄之助 2007年 文藝春秋