Function: _error_handler, File: /home/ah0ejbmyowku/public_html/application/views/page/index.php 四方八方肘鉄砲とは?goo Wikipedia (ウィキペディア) 。出典:Wikipedia(ウィキペディア)フリー百科事典。 ENKA)」のそれと同じアニメーションが使われていたが、第16期はハイビジョン制作となった為、当時の新OPの冒頭の映像の背景が流用された。, 15周年スペシャル"ドクタケ温泉の段"でもこのEDが使用されたが、途中で使われた設定資料画が何枚か登場するなど、若干長めのバージョンが使われていた。, このEDの途中から「おわり/NHK」のフォントが変更された(ただし、土曜(再)放送時はハイビジョン化前のフォントのまま)。, 千代紙で折られた沢山の折り紙が展開し、キャラクターたちが登場する。このEDから食満留三郎、斉藤タカ丸、綾部喜八郎が登場。, このEDからOP同様、土曜(再)放送の場合も本編以外はサイドカットを廃止した。また、エンドカード左上のタイトルロゴがデジタル化された。また、土曜(再)放送時の「おわり/NHK」のフォントもハイビジョン化後のものに変更された。, 土手でヘムヘムが昼寝をしていると、道の上で忍術学園の仲間達や牧之介(牧之介は手裏剣の格好をしており、一旦転倒する)が側転やバク転を披露し始める。しんべヱも側転しようとするが、土手の方へひっくり返ってしまい、彼を助けようとした乱太郎・きり丸もろともしんべヱの重さで下の川へ落ちてしまう。, 一年生から六年生の忍たまオールスターが訓練を行っている様子が伺える。また、雑渡昆奈門やタソガレドキ忍者、山田利吉なども出演する。最後はは組、くの一三人組、学園長、ヘムヘムが手をつなぐシーンで終わる。EDとしては珍しく、くの一三人組の出演は最後のみ。, 松井が作詞を手掛けたED曲としては「世界がひとつになるまで」以来10年振りとなる。, 乱太郎、きり丸、しんベヱが夜空の下を歩いた後、満月の下でくの一三人組と共に原っぱで遊んでいる。この時しんベヱはシゲに鼻をかんでもらっており、乱太郎(, 最初に忍術学園の1年い組・ろ組・2年生から6年生(第26期では一部の人物のみだったが、第27期では全員登場している)・山田利吉・小松田秀作・学園長・ヘムヘムのカラフルなシルエットが登場した後、1年は組とくの一の3人組がダンスをする。最後に冒頭でシルエット姿で登場したキャラクター達が再び登場して締めくくる。このEDより金曜日でのイラスト紹介が再び廃止された。EDの担当歌手がOPと同一の歌手ではないのは、「愛に向かって」以来11年振りとなる。, ヘムヘム→一年は組の面々→山田伝蔵・土井半助→ジュンコの順に登場した後、忍術学園の生徒達と小松田がダンスをする。最後に乱太郎、きり丸、しんベヱが登場し、花火を背景に扇子を広げて締めくくる。また、NHKのロゴが変更されたので、「おわり/NHK」から「終/NHK」に変更となった。, 作詞:谷亜ヒロコ / 作曲・編曲:馬飼野康二 / 歌:高山みなみ/田中真弓/鈴木みえ, 歌唱入りは上記のシリーズのみの使用だが、本曲をBGMとしてアレンジした物が放送開始当初より使用されており、登場人物達が曲を口ずさんでいるシーンが複数回存在する。, 初代(使用期間 - 1993年4月10日 - 2002年7月19日〈第1期 - 第10期〉), 2代目(使用期間 - 2003年4月7日 - 2007年6月12日〈第11期 - 第15期〉), 3代目(使用期間 - 2008年3月31日 - 2010年9月16日〈第16期 - 第18期〉), 4代目(使用期間 - 2011年3月28日 - 2015年3月20日〈第19期 - 第22期〉), 5代目(使用期間 - 2015年3月30日 - 2016年11月11日〈第23期 - 第24期〉), 乱太郎、きり丸、しんべヱ、ヘムヘムが左から右へダッシュし(地面には三色の矢印)、急ブレーキをかけ拳を突き上げる。背景には矢印が縞模様に変化したカラフルな卵が現れる。, パズル忍たま乱太郎 (ゲームボーイ) - 1996年11月1日発売。カルチャーブレーン。, 忍たま乱太郎GB えあわせチャレンジパズル (ゲームボーイ) - 1998年6月19日発売。カルチャーブレーン。, 忍たま乱太郎2 (スーパーファミコン) - 1996年3月29日発売。カルチャーブレーン。, パズル 忍たま乱太郎 (スーパーファミコン) - 1996年6月28日発売。カルチャーブレーン。, 忍たま乱太郎 すぺしゃる (スーパーファミコン) - 1996年8月9日発売。カルチャーブレーン。 単純作業が多くキャラクターゲームとしては完成度が低い上に、ゲーム終盤に登場するミニゲームの難易度が異常に高い, 忍たま乱太郎3 (スーパーファミコン) - 1997年2月28日発売。カルチャーブレーン。, 忍たま乱太郎 初めて覚える知識編 (プレイディア) - 1996年5月15日発売。バンダイ。. 「四方八方肘鉄砲(2代目)」 使用期間:2000年4月3日 - 2001年7月20日(第8期・第9期) 作詞:尼子騒兵衛 / 作曲・編曲:馬飼野康二 / 歌:舩木真弓(忍ジャーズ) edとしては最後のセル画製作となる。 - あいのて, スマイル! Function: _error_handler, File: /home/ah0ejbmyowku/public_html/application/views/user/popup_harry_book.php Line: 192 「四方」は、東・西・南・北の四つ。「八方」は、四方に北東・北西・南東・南西を加えた八つ。 子供から質問されて困っています。水圧は深ければ深いほど大きいと学びましたが、その原因は、ある深さ … - グルグルパックン - ストレッチマン - ストレッチマン2 - ストレッチマン・ハイパー - ストレッチマンV - ストレッチマン・ゴールド, 幼児の時間 - うたのおばさん - ピッポピッポボンボン - お話でてこい -きこえタマゴ!・ミウミウとようちゅーん, いないいないばあっ! - ワンワンパッコロ!キャラともワールド - おしりキッズ - ワラッチャオ! 「四方八方肘鉄砲」(しほうはっぽうひじでっぽう)は繭実(忍ジャーズの舩木真弓)の楽曲で『忍たま乱太郎』の挿入歌およびエンディングテーマである。 - 忍たま乱太郎 - はじめ人間ゴン - はりもぐハーリー - おじゃる丸 - 南の島の小さな飛行機 バーディー - ぜんまいざむらい - リトル・チャロ - はなかっぱ - リトル・チャロ〜東北編〜 - わしも WASIMO, ブルーナの絵本 - アエイオウ - タルピー - たんけんゴブリン島 - ハローエスカルゴ島 - プチプチ・アニメ - ケチャップ - ベイビーフィリックス - ミニアニメ - ぜんまいざむらい - パッコロリン - Minuscule ミニスキュル 〜小さなムシの物語〜 - チャンピオンシープス - おしりかじり虫 - マリー&ガリー - がんがんがんこちゃん - オトッペ - うちのウッチョパス - のりものまん モービルランドのカークン, おかあさんの勉強室 - 育児カレンダー - すくすく赤ちゃん - すくすくネットワーク - まいにちスクスク - すくすく子育て, あさごはんだいすき - にこにこぷんがやってきた! Line: 107

第1期から放送されたアニメ版をコミカライズさせた漫画が『月刊コミックブンブン』(ポプラ社)で連載された。作画は小倉あん子。単行本は4巻まで発行された後に掲載誌が休刊、以後の予定は不明。, 日本標準の通信教育の月刊小学はつらつパルに、2005年からイメージキャラクターに採用されている。, 2009年6月24日、「忍たま乱太郎ドラマCD 一の段」シリーズが発売され、その後2010年度1月より委員会別のCDドラマシリーズが発売されている。, 山陽電気鉄道では2019年7月19日よりコラボ企画『忍たまとおでかけ山陽沿線の段』を実施しており、6000系1編成がラッピング車両「忍たまとおでかけ号」として9月8日まで運転された。[15]。, 日本国外での放送は、中国語圏・韓国・東南アジア・オセアニア・ヨーロッパを始め中南米・アフリカ諸国でも放映されている。主題歌関連は当初は日本語によるものであったが、2000年代以降はそれぞれの母国語にカバーして放送するようになった。, 主題歌OP/EDは日本字幕の他に、それぞれの母国語の併記でキャスト・スタッフのテロップが流れている。「制作 NHK」の他に、それぞれの国における放送権利の代理店の表記もしなくてはならない。, 台湾・香港・中国本土・タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシア・フィリピンでは日本と同じ1993年から放送されており、主題歌の「勇気100%」(光GENJI SUPER5)はそのまま放映されていた。2000年代以降は、Ya-Ya-Yahのキーの高さをベースとした母国語のカバーで放送するようになっている。 『忍たま乱太郎』(にんたまらんたろう)は、1993年(平成5年)4月10日から1994年(平成6年)3月19日まではNHK総合テレビで、同年10月3日以降はNHK Eテレで、放送されているテレビアニメ作品。略称は「忍たま」。, 尼子騒兵衛の忍者ギャグ漫画『落第忍者乱太郎』が原作。アニメ化に際し「原作題名の『落第』という言葉が、放送局であるNHKでは放送コードに触れるため、『忍者のたまご』、略して『忍たま』に変更された」という噂が広がっているがソースはなく、サブタイトルに「落第」という単語が入った回があることから放送コードに触れているというのはデマではないかという見解もある(オープニング映像における原作名は「落第忍者乱太郎」名義で表記されている)。新聞のテレビ欄では「忍たま」または「忍玉」と表記されることがある。, 字幕放送を実施。乱太郎の台詞は黄色、きり丸の台詞は水色、しんべヱの台詞は緑色、その他の人物の台詞は白で表示される[注 2]。字幕は基本的に小学3年生以下で習う漢字は漢字表記(振り仮名付きの場合あり)で、小学4年生以上で習う漢字はひらがなで表記される。2008年(平成20年)3月31日から本格的にハイビジョン制作へ移行した。, 2017年(平成29年)に放送25年目を迎えた。2020年(令和2年)現在、NHKのアニメ作品の中では最長寿作品であり[2]、20周年を迎えた2012年(平成24年)に放送された第20期第88話、第89話では「おじゃる丸15th 忍たま乱太郎20th 記念企画」として、二番目の長寿作品である「おじゃる丸」とコラボ企画を行った(但し、おじゃる丸の登場人物が出演したというわけではなく、乱太郎達がパロディネタを披露した程度)。同じ放送日のおじゃる丸でも同じ企画が行われた。, 子供向けアニメとしては異例と言えるほど女性からの人気が高く、劇場版第一弾の公開時は、観客の8割が女性客だった[3]。特に大人の女性のファンが多く、朝日小学生新聞の編集部によれば「以前は子供がピョンピョン跳び回るイメージでしたが、作画が変化し、内容もシビアなシーンが盛り込まれた。特に、登場する先生達がキラキラとイケメンになっているのが大きい」とのこと[4]。原作漫画は2019年(令和元年)12月に連載を終了したが、NHKによると、放送は今後も継続するとしている。, 原作に引き続き厳密な時代考証が貫かれており、明白に冗談とわかるような現代の事物や外来語(五百円硬貨、テレビ等)の登場は許されるが、安土桃山期以降の物品を出すのは厳禁となっている。誤って江戸期の物品(寛永通宝等)を描いたために原作者の要請で修正を行った回があるほど[11]。, 最初期の放映分では、戦国時代の設定から戦死者の描写などがあり批判を受け[要出典]、以後かかる描写はなくなった(第1期の再放送についてもその描写のある話のみ飛ばして放送し、放送されなかった)。封印作品も幾つか存在し、初期には人身売買やどもり等を取り扱った話が放送されていたが、何れも再放送・DVD収録はなされていない。, 第11期(2003年) - 第12期(2004年)にかけて、オープニング後30秒程度、ヘムヘムによるショートコントが放送されていた(本編とのストーリー上の関連性はない)。, 30分番組時代(第一期)は、一回の放送につき、一話をそれぞれサブタイトルの異なるAパート・Bパートに分けて放送した。A・Bパートはいずれも一話完結式の場合もあれば、前後編に分かれた続き物の場合もある。A・Bパートの間にはアイキャッチ映像が流れていた(後述)。また、本放送後に特典コーナーや『忍たま補習授業』や絵描き歌等のおまけ映像が放送されていた。次回予告も存在し、予告は乱太郎が担当、BGMには『勇気100%』のインストゥルメンタルが使われていた。, 1994年からは一回一話10分の放送となっている。アニメオリジナルの話の場合、基本的には1話完結だが、原作に沿った話だと続き物になる場合が多い。また、続き物となった場合でも、前回のあらすじを振り返るシーン等は導入されない(ただし、登場人物がこれまでの展開や主要人物の名前等を簡潔におさらいするかのような発言をする事はある)。, 現在のエンディングでは、全国の視聴者による忍たまのイラストを(8期は4枚、9期 - 13期は3枚、14期以降は2枚。)紹介しているが、25期を除く金曜日のみ(8期・9期の金曜日はイラスト1枚紹介後、10期・11期は木曜日)、イラストを送る際の宛先を紹介している。, エンドクレジットは、左上にタイトルロゴ、右下に「おわり/NHK」(第11期までは「つづく 制作・著作/NHK」)と表記。背景は第25期までグリーンバック(このエンドクレジットは同じくNHKで製作されたアニメ、おばけのホーリー、はりもぐハーリーも同じ形式のものを使用していた)だったが、第26期からは眠っているヘムヘムが描かれるようになり、背景も手裏剣をあしらったポップなデザインへ一新された。第28期からはNHKがたまごロゴの使用を停止した事に伴い、エンドカードのNHKロゴ表記が文字のみのロゴに変更された。, 基本的に、忍術学園の生徒や教職員らを中心に話が展開されるが、ドクタケ忍者隊をはじめとした悪役や個性的なゲストも加わって物語が展開される事もある。, 忍術学園関係者については「忍術学園」を、ドクタケ城関係者については「ドクタケ忍者隊」を、それ以外については「落第忍者乱太郎の登場人物」をそれぞれ参照のこと。, ここでは公式サイト「スタッフ&キャスト」に掲載されているキャラクターとその声優のみを記載する。, 開始当初は総合テレビで土曜18時10分開始の30分番組だった。半年の休止期間を挟んで1994年10月から2003年3月まで教育テレビで毎週平日の17時50分開始の10分番組として復活した。2003年4月から18時開始に変更となり、さらに2004年4月から現在は18時10分に放送。2005年度からは再放送枠として土曜日の放送が復活し、2年間のブランクを挟み再び2008年度から2010年度まで放送されていた。高校野球期間中(特に夏)は放送時間を繰り下げまたは休止されることが多い。, 1993年・1996年・1998年 - 2007年・2012年 - 2014年・2016年 - 2019年は4月、1994年・1995年・1997年は10月、2008年 - 2011年・2015年・2020年は3月下旬より数ヶ月間新作が制作・放送され、この新作の放送された年度が一期として区分される。新作放送終了後は他期の再放送となる(オープニングは放送当時のものではなく現在のオープニングに、エンディングも現在のエンディングに差し替えとなっていたが、16期以降の再放送は当時のものが使用されている)。, 再放送は長年、NHK教育テレビ地上波放送のみでの放送だったが、2003年以降はNHK以外でのテレビ放送局でも以前のものを再放送するようになっており、現在でも続いている。以下はその一例。, ジャニーズ事務所とポニーキャニオン所属の歌手の曲がよく採用されている。再放送時は、当初は初回放送時のEDをそのまま使っていたが、8期放送年度の再放送からは新作を放送する場合と同様にその年度のOP・EDに差し替えている。16期以降を再放送する時はOP・ED共に初回放送時のものを使用している。エンディングテーマは「DON'T MIND涙」から「MEMORY&MELODY」までは、エンディングテーマではなく忍たま乱太郎イメージソング名義でクレジットされていた。, オープニングテーマは放送開始当初から一貫して「勇気100%」が使用されている(ただし、担当歌手は幾度となく変更している)。, 初オンエアの順番で掲載しているが、6期までは曜日や時期によって異なる曲が流されていたこともあった。8期以降は12期と17期を除いて2年ごとに変更されており、2年目はメロディーや映像がマイナーチェンジされる場合がある。8期以降のクレジット順は基本的にキャスト→スタッフ→イラスト紹介の順番であるが、「世界がひとつになるまで」と「いまだ!