なお、後任には取締役常勤顧問兼アルビレックス新潟後援会副会長であった中野幸夫氏(65)が就任。是永氏は17日に取締役に異動し、12月31日にをもって取締役を退任する予定とのことだ。

また、けん責に関しては「同クラブは、ファビオ選手が上記酒気帯び運転により検挙されたことを知った後、この情報を代表取締役社長、ゼネラルマネージャー及び監督の三者で共有するにとどめ、Jリーグに対しても直ちに報告せず、同年10月12日、外部から通報を受けたJリーグからの確認を受けて初めて同月14日にJリーグに報告するに至った。その結果、この間、同クラブはJリーグによる是正の機会のないまま、独自の判断により、同選手をリーグ戦6試合に出場させることとなり、ひいてはJリーグの信用を大きく損うこととなった」としている。 試合後のメディア対応で鄭大世は、中村の引退についてコメント。川崎Fの発表で引退を予感したと言い、これまで自身の支えとなった中村へ感謝のコメントを送った。 「でも、色々なところに行っている自分としては、1つのチームでああやってレジェンド、ミスターフロンターレって、そのクラブが苦しい時も嬉しい時も全てを経験して、優勝までさせて、今はJリーグ史上最強のチームと言っても過言じゃないぐらいの川崎フロンターレで引退して」 「また、アルビレックスファミリーだけではなく、すべてのJリーグファン、サッカーファンのみなさまにも大きなご迷惑をおかけしました。恥ずかしく、情けなく、猛省しています」 処分の理由についてJリーグは、罰金に関しては「アルビレックス新潟は、ファビオ選手を含む外国人選手に対し、各国ごとに法規制の実情が異なることなどから外国人選手が犯しがちな飲酒運転について、これを適切に防止するために必要な指導、教育等の措置を講じていなかった」と説明。 新潟では、9月9月17日(木)の午前1時から2時の間。新潟県新潟市内にて、ブラジル人FWファビオが酒気帯び運転の取り締まりを受けていたとのこと。また車に同乗していたスペイン人FWペドロ・マンジーも捜査対象となっていた。

「自分にはそれができないけど、僕がずっと憲剛さんに言っていたのは、「憲剛さんより先には引退しません」とずっと言っていたので、その目標は達成できました」 ◆アルビレックス新潟

群馬に逆転勝利の長崎は福岡と2pt差に《J2》, Jリーグ、ファビオの酒気帯び運転隠ぺいのアルビレックス新潟に罰金300万円とけん責処分, 選手が酒気帯び運転の新潟、是永大輔社長が辞任「信頼回復のためには、自分がここから離れるべきだと考えた」, 「怒鳴られまくった」新潟FW鄭大世、リスペクトする中村憲剛の引退に「心の裏には常に中村憲剛がいます」.

東京ヴェルディ 1-2 徳島ヴォルティス, Jリーグは6日、アルビレックス新潟に対する懲罰の決定を発表した。

鄭大世は、新潟の一員として14時キックオフの明治安田生命J2リーグ第30節の東京ヴェルディ戦に先発出場。引退会見をリアルタイムでは聞けなかったものの、試合では0-1で迎えた36分に同点ゴールを記録。チームは2-2の引き分けに終わっていた。

ザスパクサツ群馬 1-2 V・ファーレン長崎 そのほか、2位のアビスパ福岡は、19位の松本山雅FCに0-1で敗戦し足踏み。3位に位置するV・ファーレン長崎は、20位のザスパクサツ群馬に2-1の逆転勝利を収めて、福岡との差を2ポイントに縮めた。 「今後はいちサポーターとしてアルビレックス新潟の未来に貢献させていただきたく思っています」

新潟が北九州に競り勝ち4位へ浮上! しかし、新潟は捜査結果が出るまでの間、ファビオを6試合で起用。さらに、Jリーグへの報告義務を怠ったことが疑われ調査が進められている。なお、ファビオとペドロ・マンジーは書類送検され、クラブと契約解除となっていた。 「このたび、アルビレックス新潟に復帰することが決まりました。J1昇格に向けて、残りの試合も全身全霊で戦います。応援よろしくお願いします!」 2019年に前橋育英高校から新潟入りの秋山は今年9月からアスルクラロ沼津に育成型期限付き移籍。明治安田生命J3リーグ8試合に出場して3得点だった。新潟復帰を受け、両クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。





医師・看護師が運営する医師検索サイト クリンタルが選び抜いた、新潟県の日本有数の名医一覧です。新潟県の名医ごとの患者数、予約の取り方など、独自の詳細なデータを元に、信頼できる医師と出会うには、医師検索サイト クリンタル。 患者さんには受診して良かったと思っていただきたい。リプロダクティブ・ヘルスプロモーションに取り組む男性不妊の名医. この勢いで勝ち越したい大宮だったが、64分に交錯したドゥドゥに対して山越が頭突きを見舞い一発退場に。さらに、70分には自陣でのミスからボックス内でファールを犯してPKを献上。それでも、泉澤のPKをGK笠原が止めて見せた。

日韓戦のメキシコ代表がメンバーを発表《国際親善試合》, 日本代表が11月にメキシコに続きパナマとも対戦、森保一監督「粘り強さ、しぶとさをピッチで出す」, 「不条理」「本当に不快」「フットボール史上最悪」…リーズFWバンフォードへのVARオフサイド判定に苦情殺到. 「PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持つ者だけ」21世紀で最もPKを外したのは誰?トップは同数で、やはりあの2人…! ゴールレスで迎えた後半、徐々に流れを引き寄せる新潟は55分にチャンス。敵陣中央でパスカットした島田が堀米にボールを預けて敵陣左サイド深くでリターンを受ける。そこからファーサイドへクロスを入れると、田上がさらにマイナスへ。最後は高木が右足でシュートを放ったが、GK永井に阻まれた。さらに、61分には再び高木がミドルシュートで強襲もGK永井が好守を見せた。 B“Á‚É•GŠÖßáŠQE‘¹‚̏Ǘᑽ”B, @ƒXƒ|[ƒc®Œ`ŠO‰ÈAŠÖßŠO‰È‚ªê–åB¬Ž™”¼ŒŽ”‘¹‚̃Gƒ‰[ƒpƒ^[ƒ“‚Ȃǐf’f‚Æ•ªÍ‚É‹­‚¢B“ú–{‘̈狦‰ï”F’èƒXƒ|[ƒcƒhƒNƒ^[, @L“‡‘åŠwˆãŠw•”‘²B‚Ђ´‘O\Žš‚¶‚ñ‘Ñ‘¹ÄŒšpŒã‚̃Wƒƒƒ“ƒv“®ì‚̉ü‘PA‚Z—ŽqƒoƒXƒPƒbƒg‘IŽè‚̂Ђ´ŠÖß‹Ø—ÍŒ¤‹†‚ÉŽÀÑ‚ ‚èB.

「2018年9月の専務就任、2019年1月の社長就任以来、クラブの価値を高めるために情熱を持って精一杯取り組んで参りましたが、今回の件では判断と対応を大きく間違えました。結果、クラブの価値を毀損してしまう事態となりました。みなさまが、そして自分自身が心から愛するアルビレックス新潟の名誉を傷つけてしまったこと、毎日、自責の念に駆られています。選手やスタッフ、社員のみなさんには何も瑕疵はございません。本当に申し訳ありません」 群馬に逆転勝利の長崎は福岡と2pt差に《J2》 明治安田生命J2リーグ第32節の10試合が8日に各地で行われた。 デンカビッグスワンスタジアムでは、5位・アルビレックス新潟と4位・ギラヴァンツ北九州の上位対決が開催。 ありがとうございました!」, 新潟が北九州に競り勝ち4位へ浮上! 両チームともに決定機を活かせないまま迎えた後半アディショナルタイム、甲府が劇的な勝ち越し弾を決める。左サイドの泉澤のクロスを金園が胸で落としたところを内田が蹴り込み、2-1でアウェイの甲府が勝利して5位へ順位を上げた。 中村は、1日に今シーズン限りで現役引退を発表。緊急会見をオンライン上で実施し、多くのファン・サポーターがその言葉を受け取っていた。



◆アスルクラロ沼津

▽11/7(土) その後クラブは、ファビオおよび酒気帯び運転ほう助の疑いがあったFWペドロ・マンジー(32)と契約解除。前者は道路交通法違反の罪で罰金刑を科された一方で、後者は起訴猶予処分という決着に。 「このたび、是永大輔の代表取締役社長の辞任に伴い、後任として就任することとなりました。一連の事案につきまして、多くの皆様にご迷惑とご心配をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。深くお詫びを申し上げます」 アビスパ福岡 0-1 松本山雅FC 新潟では9月17日、FWファビオ(23)が新潟県新潟市内にて、午前1時から2時にかけて酒気帯び運転をしていたことが判明。さらにクラブは、この事実を隠ぺいし、10月14日までJリーグに報告していなかったことが大きな問題として取り上げられていた。 デンカビッグスワンスタジアムでは、5位・アルビレックス新潟と4位・ギラヴァンツ北九州の上位対決が開催。立ち上がりから球際で激しいバトルの応酬となる中、39分に新潟にアクシデント。26分にミドルシュートで北九州ゴールを脅かした福田が負傷し、ロメロ・フランクがスクランブル投入された。



「この度、アスルクラロ沼津を離れることになりました。自分は納得いく結果をチームに残せられなくて、悔しい気持ちでいっぱいです。ですが、行くと決めたからには新潟で結果を残します。これからも沼津の活躍を期待していますし、自分も活躍して沼津のサポーターの皆さんに報告できるように頑張ってきます! ジェフユナイテッド千葉 1-5 モンテディオ山形



「川崎フロンターレ=中村憲剛という風になっているので、そこで引退を決断できることの素晴らしさは脱帽です。圧巻です」 この一連の騒動では、クラブの対応が大きく問題視された中、是永氏は社長を辞任。改めて謝罪した。 Copyright © JMDC Inc. All Rights Reserved.



また、新たに代表取締役社長に就任する中野氏もコメントしている。 「世の中をこれほどお騒がせしてしまっていること、そしていま最も必要であるクラブの速やかな信頼回復のためには、自分がここから離れるべきだと考えました」 「3時から会見って出ていたので、そうかなと思っていました。ウォーミングアップの時に、憲剛さんに「まさか。お疲れ様でした」って言ったら、「えって」なって。(試合が)終わったらLINEが来てました」