A3-1:製薬協会員会社の規模と主な業績(Excel:28KB) A3-2:大手製薬企業の規模と業績(20社/連結決算)(日本)(Excel:24KB) A3-3:大手製薬企業の規模と業 … 大衆薬の国内ランキング 5. 今回は、世界の4大医薬品市場である「日本」「アメリカ」「EU」「中国」の市場の大きい薬効別ランキングを調査しましたのでシェアさせて頂きたいと思います。, それぞれの市場で、いくつか特徴的な傾向が見られていますので、そこに注目して見たいと思います。, 当然の結果だと思います。キートルーダ、オプジーボ、タグリッソなどが全医薬品の売上トップ10に入っているのでこれを牽引している状況です。, 日本の市場で特徴的なのは、「抗潰瘍薬」「眼科用薬」「ARB」がランクインしているところでしょうか。, 「抗潰瘍薬」は、タケキャブ、ネキシウム「眼科用薬」は、アイリーア「ARB」は、アジルバなどが牽引していると思いますが、このあたりそろそろ費用対効果の面でメスが入りそうな気がしますので、市場は縮小するものと思います。, アメリカの市場を見て一番驚いたのは、「抗がん剤」より「糖尿病治療薬」の市場が大きいところです。肥満大国アメリカのスケールは想像を超えているようです。有望な新薬を市場に投入しているノボノルディスクファーマなどは今後も順調に成長していきそうな予感です。, また、HIVやは多発性硬化症などの治療薬は、患者数が多いことと自由薬価であることがメーカーに追い風となり、市場が膨らんでいると考えられます。それらの市場は、DOACなどを含む「抗血栓薬」の市場よりも大きいんですね。, ギリアドサイエンシズがHIV事業を主事業として収益を成り立たせているのも理解できますね。, ヨーロッパの市場構成は、ほとんどアメリカと変わらないのがわかります。しかしながら、1つ1つの市場はとても小さく費用対効果をICERにより追求してくることからメーカーも収益をヨーロッパから得られずらい状況が続いています。, 日本を抜き去り世界2位の医薬品市場になったことは皆さんもご認識の事と思いますが、それでありながら上位を占めている薬効は、漢方、輸液、抗生剤という状況です。, 今後、欧米と同様なトレンドで抗がん剤市場やHIV市場、多発性硬化症、COPD、などが急激に増えると予想されていますが、現在のこの構成で世界2位の医薬品市場ですので、今後どこまで伸びるのか未知数です。, いくつかのビックファーマが中国に集中投資を決めたのもうなづけます。このような、計り知れないポテンシャルを持っている中国市場が今後どのように発展していき、その時構成している薬効は何なのか?にも注目ですね。, 【人気記事】 製薬業界の将来や自分の立場に不安がある人が、まずはじめにするべきこと. rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="161bdb9f.ab45824b.161bdba0.c90a4325";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="250x250";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1508518492572"; (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 折り紙のように自由自在に折り曲げて使う錫(金属)でできたお皿「すずがみ」 シマタニ昇龍工房. フォーチュン・グローバル500に掲載された2020年の中国企業の売上高(総収益)ランキング . 医薬品メーカーの国内ランキング 3. 9987 スズケン 【医薬品卸大手】M&Aなどで急成長。製薬子会社などに強み。 2020年3月期. いろいろ雑学ランキング スポーツ、経済、その他. 最初は、日本です。 日本で一番市場の大きい薬効は、「抗がん剤」です。 当然の結果だと思います。キートルーダ、オプジーボ、タグリッソなどが全医薬品の売上トップ10に入っているのでこれを牽引している状況です。 日本の市場で特徴的なのは、「抗潰瘍薬」「眼科用薬」「ARB」がランクインしているところでしょうか。 「抗潰瘍薬」は、タケキャブ、ネキシウム「眼科用薬」は、アイリーア「ARB」は、アジルバなどが牽引していると思いますが、このあたりそろそろ費用対効果の面でメスが入り … 2,213,478. なお、データ引用の際には、以下の「DATA BOOK収載データの二次利用について」をご覧下さい。, なお、データ引用の際には、以下の「DATA BOOK収載データの二次利用について」をご覧下さい。, A2-2:医薬品売上高 -専業・兼業別、用途別、資本金規模別- (日本)(Excel:21KB), A2-7:医療用医薬品売上高 -地域、主要国別- (世界)(Excel:25KB), A3-2:大手製薬企業の規模と業績(20社/連結決算)(日本)(Excel:24KB), A3-3:大手製薬企業の規模と業績(25社/連結決算)(世界)(Excel:24KB), A3-5:他産業との企業別収益性比較(知識・技術集約型企業)(世界)(Excel:27KB), A3-6:他産業(知識・技術集約型産業)との産業別収益性比較(日本)(Excel:21KB), A6-3:医療用医薬品生産額の上位10薬効と構成比(日本)(Excel:22KB), A8-3:日本における依頼人国籍別バイオテクノロジー関連特許件数(Excel:19KB), A9-5:企業別の新有効成分含有医薬品の累積承認品目数(日本)(Excel:21KB), B2-5:国家予算に占める国民医療費の国庫支出割合(日本)(Excel:19KB), B2-6:国家予算に占める国民医療費の国庫支出割合(アメリカ)(Excel:21KB). 1ドル=108円、1ユーロ=121円、1スイスフラン=108円、1英ポンド=135円, この会社は部門が医療用医薬品、医療機器、一般消費者向けと3つに分かれており製薬会社としての売上だけなら400億ドル。, しかしバンドエイドやリステリンでお馴染みの一般消費者向け事業などはこの会社の不可分領域なので売上に合算した。, バンドエイドだけでなく抗精神病薬リスパダールやADHD治療薬コンサータなどの精神領域、ダラザレックスやザイティガといった抗がん剤、そして新型コロナウイルスのワクチンを開発したいたりと幅広いヘルスケアポートフォリオ。, 半世紀以上に渡り増配しているがそれでもまだまだ増配余力を残している世界最大の製薬会社。, 2019年に一番売れた商品は乾癬ならびにクローン病治療薬ステラーラ(6,869億円), 日本で一番時価総額が高い製薬会社である中外製薬(約7兆3,300億円)を子会社に従えるスイスの製薬会社ロシュ。, 米国のジェネンテックと日本の中外製薬を買収した後も経営の独立性を維持して革新的な薬をそれぞれ開発させている。, ジェネンテックはロシュの売上TOP3であるリツキサン、アバスチン、ハーセプチンを創成した中核会社。, 新型コロナウイルスにも効果があるかもと期待されているアクテムラを開発したのは中外製薬。, 医療機器部門ロシュ・ダイアグノスティックスも新型コロナウイルスの検査キットを開発したりとこのコロナ騒動でも全く経営に揺らぎは無い。, しかしここにきてファイザーは売上ではなく利益重視へ方針転換しており高脂血症治療薬リピトールや高血圧治療薬ノルバスクといった特許切れの薬を分離。, これからは乳がん治療薬イブランスなど高収益が見込める抗がん剤分野に集中的に投資していく。, グリベックは特許が切れているがその進化系タシグナは2019年に売上2000億円まで成長。加齢黄斑変性症治療薬ルセンティスの進化系ベオビュも承認された。, ファイザーの様にノバルティスも特許切れ医薬品を販売移管しておりDPP4阻害薬エクアや抗てんかん薬テグレトールは既に日本でも他社から発売となっている。, 同国のライバル会社ロシュの様に売上が5000億円を超える薬は無いが乾癬、抗がん剤、加齢黄斑変性症といった利幅が大きい難病分野で良い薬を持っている。, これまでの10年を支えていた糖尿病治療薬ジャヌビアが米国で2022年に特許切れとなる(日本では2025年)。, 日本には無いが米国ではジャヌビアとメトホルミンの合剤ジャヌメットもありシタグリプチン製品群は最盛期だと年間6,000億円を売り上げていたのでメルクにとっては痛手となる。, しかしそんなジャヌビア特許切れを補って余りある薬が免疫チェックポイント阻害薬のキイトルーダ。, 非小細胞肺ガン治療など患者さんの人数が見込める分野においてオプジーボよりも優れた成績を残しており免疫チェックポイント阻害薬の中で現時点で最も売れている。, 2019年に一番売れた商品はその免疫チェックポイント阻害薬キイトルーダ(1兆1,970億円), 特に喘息治療薬アドエアはフルタイドとセレベントの自社製品の合剤であり最盛期は年間売上6000億円。, しかしそんなアドエアも特許切れとなり2020年の売上は半分以下の2,300億円と急減。, 1日2回のアドエアの後継として1日1回レルベアを発売しているが年間1300億円程度の売上でここ3年は推移しているのでアドエアの後を補うことはできない。, 日本の塩野義製薬とのHIV治療専門の会社VIIVを介してテビケイやトリーメクを販売しており業績も安定している。HIV治療は一生服用しなければならないので売り上げも計算しやすい。, 1920年代にカナダで発見されたインスリン。その直後からインスリンの開発・製造を行っていたヘキストの流れを汲むサノフィ。, そんなサノフィの最重要製品は基礎インスリン製剤ランタス。しかしランタスは既に特許が切れておりライバル企業イーライリリーからバイオシミラーが発売され年々売り上げは下降気味。, ランタスは最盛期7000億円以上売れていたが2019年には半減。濃度を3倍にしたXRと合算しても売り上げの減少を食い止められていない。, これまでの治療薬とは作用機序が全く異なるインターロイキン阻害薬でありファーストインクラス。発売してから3年で年間売上が2500億円に到達した。, 元々はアボットラボラトリーズという名門企業だったがヒュミラの価値を高めるために分社したのがアッヴィ。, 2019年の売上はヒュミラが2兆円、2番目に売れている薬が抗がん剤イムブルビカで5,000億円と大きな差がある。, 乾癬治療薬のスキリージや抗リウマチ薬リンヴォックなど新薬も出てきたがヒュミラの売上が余りにも大きすぎるので霞んでしまう。, 売り上げ規模はシャイアーのおかげで年間3兆円を超えて世界でも念願のTOP10入り。, しかしシャイアーの製品は海外だと特許切れ間近の薬が多い。日本では新薬のADHD治療薬ビバンセも海外ではあと数年で特許切れ。, 他の薬も小粒な印象を受けるので買収金額7兆円に見合う価値があるのかは不透明。これまでも武田は買収によって新薬を手に入れていたわけだが過去の買収を振り返ると微妙なディールもある。, 現在の稼ぎ頭である潰瘍性大腸炎・クローン病治療薬エンタイビオを開発していたミレニアムファーマ買収は89億ドルと高額だったが合格点, 小野薬品工業と共同で免疫チェックポイント阻害薬オプジーボを開発。米国ではBMSが販売しており売上は年間7,780億円と圧倒的。, ここに8兆円で買収したセルジーンの製品が加わる。特に抗がん剤のレブラミドは特許切れが近いとはいえ年間1兆円の売上が見込まれる。, 【2020年Q4】 ウォルトディズニー:ディズニー+にコンテンツを追加するため配当を一時停止. 医薬品産業の理解促進のツールとして、また医療政策立案や医薬品業界の戦略立案などにお役立て下さい。 今年6月は、数百億円規模の売上げがある大型品に後発品が収載され、各成分で20社前後の後発品が参入した。 ミクス増刊号index. 2019年4月~20年3月に国内で開催された講演会でおすすめ度トップ3となった皮膚科の若手講師を紹介する。, 日本透析医学会によると、2018年末の国内の透析患者数は前年同期から1.6%増え、約34万人になった。18年に新たに透析を始めた患者数は前年と比べて減少に転じたが、依然として年間4万人ほどが新規導入している。, 7月度のノンプロモーション系情報チャネルによる製品想起ランキングは、前回4月度調査で3位だった疼痛薬リリカが2位にランクアップし、前回2位の疼痛薬タリージェが3位に後退した。, 2019年1月~19年12月に国内で開催された講演会でおすすめ度トップ3となった循環器内科・循環器科の若手講師を紹介する。, 認知症薬メマンチン(先発品名・メマリー)、抗アレルギー薬レボセチリジン(同・ザイザル)、消炎鎮痛薬セレコキシブ(同・セレコックス)、脂質異常症薬エゼチミブ(同・ゼチーア)――。今年6月は、数百億円規模の売上げがある大型品に後発品が収載され、各成分で20社前後の後発品が参入した。, MR数などをまとめた毎年恒例のデータ集「医薬ランキング2020年版」の掲載データに手早くアクセス、手早くダウンロードできるリンク付きINDEXを公開!, 2020年7月に、MRによる情報提供活動などプッシュ型のプロモーション系情報チャネル(以下、プロモ系チャネル)によって医師に想起された製品の全国1位は不眠症薬デエビゴだった。コロナ禍においても、拡大推計で医師1万6000人以上が同剤を想起。, 2019年1月~19年12月に国内で開催された講演会でおすすめ度トップ5となった神経科・神経内科・脳神経内科の若手講師を紹介する。, 吸入ステロイド薬(ICS)、長時間作用性β2刺激薬(LABA)、長時間作用性抗コリン薬(LAMA)の3成分を配合した吸入薬が、COPD(慢性閉塞性肺疾患)の治療薬として2019年に相次ぎ発売された。第1選択薬のLAMAで気管支拡張効果が不十分かつ喘息病態を合併する患者において、3成分配合吸入薬は複数のデバイスを使う必要がなく、アドヒアランスの向上が期待されている。, 2019年1月~19年12月に国内で開催された糖尿病・内分泌・代謝内科領域の講演会でおすすめ度トップ5となった若手講師を紹介する。, 本システムでは、JavaScriptを利用しています。JavaScriptを有効に設定してからご利用ください。, 【速報】日医工 富山第一工場の製造品でまた回収 ランソプラゾールなど6成分7品目 延べ35品目に, 新薬9製品を薬価収載へ 世界初のがん光免疫療法用薬アキャルックス、薬価は102万円, ノバルティスファーマ カードゲームで社員のコミュニケーション能力向上 デジタル時代の人財育成, MR認定センター・田中専務理事 「真のMRになる最後にして最大のチャンスだ」 大改革の実現に意欲, アンジェス 米エメンドを262億円で買収 ゲノム編集技術と治療プログラム持つ世界初の企業に, MR認定センター 20年度認定試験はウェブで実施 全問正答で合格 テキスト閲覧も可. Copyright© PharmaValue , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. 1. DATA BOOKは、医薬品産業に関わるデータについてまとめたデータ集です。 2020年3月期.

A2-7:医療用医薬品売上高 -地域、主要国別- (世界)(Excel:25KB) A2-8:医薬品売上高で見る製薬企業の上位集中度(世界)(Excel:25KB) A3.企業財務と付加価値. 医薬品メーカーの世界ランキング 2. otc医薬品のボルタレン製品群も英グラクソ・スミスクラインに移管している。 同国のライバル会社ロシュの様に売上が5000億円を超える薬は無いが乾癬、抗がん剤、加齢黄斑変性症といった利幅が大きい難病分野で良い薬を持っている。 2020年1月更新。300以上の業界や産業別に、各業界の大手企業の世界市場シェア(世界シェア・市場占有率・マーケットシェア)、売上高ランキング、市場規模、業界再編、m&aケーススタディ、業界動向といった情報を掲載しています。 後発薬(ジェネリック)の世界・国内ランキング 4. 2,698,511. フォーチュン・グローバル500に掲載された2020年の中国企業の売上高(総収益)ランキング. ファイザーは、買収を繰り返して巨大化した製薬会社です。 2019年後半に、米ファイザーと英グラクソ・スミスクライン(GSK)の大衆薬部門が統合し、合弁会社「GSKコンシューマー・ヘルスケア」となります。売上高は98億ポンド(約1兆4000億円)となり、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J… その他, ロシュは抗がん剤、バイオに強い会社です。オンコロジー(いわゆる癌)分野では、国内トップシェアです。, 悪性リンパ腫や血液型不適合腎臓・肝臓移植などに使われる「リツキサン」、胃がんや乳がんなどに使われる「ハーセプチン」、大腸がんや肺がん・乳がん・卵巣がん・子宮頸がんなどに使われる「アバスチン」は同社が製造している「分子標的治療薬(がん細胞だけを「狙い撃ち」する薬)」と呼ばれる抗がん剤です。いずれも世界で60億万ドル以上の売上を上げており、抗がん剤の売上高トップ3を独占しています。, また、「オセルタミビル酸塩」通称「タミフル」は、唯一口径投与タイプのインフルエンザ治療薬として、「アクテムラ」は、関節リウマチ治療薬として有名です。, ファイザーは、買収を繰り返して巨大化した製薬会社です。 2019年後半に、米ファイザーと英グラクソ・スミスクライン(GSK)の大衆薬部門が統合し、合弁会社「GSKコンシューマー・ヘルスケア」となります。売上高は98億ポンド(約1兆4000億円)となり、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)を抜き世界最大の大衆薬メーカーになります。(予定), ノバルティスの主要製品は、同社の国内売上の約1/3(1,200億円)を占める高血圧治療薬「バルサルタン」通称「ディオバン」や白血病治療薬「タシグナ」などがあります。, 武田薬品工業は、綾瀬はるかさんがCMに出演している、「ベンザブロック」や堤真一さん、西島秀俊さん、桐谷健太さん、深田恭子さん、山本彩さんらが出演するCMでおなじみの「アリナミン」シリーズ、タケダ漢方便秘薬や禁煙をサポートする「ニコレット」など有名な市販薬も多数あります。, 医療用医薬品は、前立腺がん治療薬「リュープリン」、消化性潰瘍治療薬「タケプロン」、高血圧治療薬「ブロプレス」、糖尿病治療薬「アクトス」などがあります。, アステラス製薬は、前立腺がん治療剤である「イクスタンジ」「エリガード」、過活動膀胱治療剤である「ベタニス」「ベシケア」、臓器移植による拒絶反応の抑制などに使われる「プログラフ、アドバグラフ/グラセプター/アスタグラフXL/プログラフXL」免疫抑制剤などが主力製品です。, 市販医薬品は、胃の調子を整える「ガスターD」や、過活動膀胱治療剤の「ベタニス」などです。, 第一三共は、「ラニナミビルオクタン酸エステル水和物」通称「イナビル」は、インフルエンザ治療薬で有名です。, 「ロキソプロフェン」通称「ロキソニン」は、鎮痛薬として有名です。「ガスター10(テン)」でおなじみの胃痛・胃もたれなどに効く薬や、発熱・さむけ、のどの痛み、鼻水・鼻づまりなどの風邪の症状にあわせてお選ぶことのできる「ルルアタック」なども同社が製造・販売する薬です。, 後発薬(ジェネリック医薬品)とは、先発(開発した会社の)医薬品の特許(約20年)が切れ、その先発薬の調剤をもとに他社がほぼ同じ成分で調剤した薬です。, 先発医薬品と同じ効果がある上、飲みやすいように改良されたものもあります。また、新薬と比べて開発費が非常に少ない(新薬は数百億円かかると言われている)ため、小売価格もかなり抑えられているという特徴もあります。複数社から販売されている後発薬もあります。, 新薬とすべての成分および製造方法が違うことから、後発薬をお勧めしない医師は少なからずいますが、ほとんど同成分で先発薬と同様の効果があると考えられ、医療費削減のため国が普及活動しています。, 後発医薬品の世界1位はイスラエルの「テバ」です。売り上げは、年間2兆4354億円です。 睡眠薬で有名な「ブロチゾラム(半減期7h)」などを製造・販売しています。, 後発医薬品の国内1位は「沢井製薬」です。売り上げは、年間1680億円です。 胃腸の調子を整える「ガスター(先発名)」(一般名:ファモチジン)や、睡眠導入剤の「レンドルミン(先発名)」(一般名:プロチゾラム)、吐き気を抑える「ナウゼリン(先発名)」(一般名:ドンペリドン)、消炎症作用のある「ロキソニン(先発名)」(一般名:ロキソプロフェンナトリウム水和物)など様々な有名薬のジェネリック医薬品を製造・販売しています。, 大衆薬の国内1位は「大正製薬HD」です。 風邪などに使う「パブロン」や栄養剤の「リポビタン」、発毛増進剤の「リアップ」シリーズ、乗り物酔い薬、外用鎮痛・消炎剤「ジクロテクト」シリーズ、水虫薬「ダマリン」シリーズ、絆創膏「キズガード」、目薬「アイリス」シリーズ、日焼け止め防止用品「コバトーン」シリーズ、などを製造・販売しています。, 山本化学工業は、カロナールなどに使われるアセトアミノフェンの精製で国内シェア80%を誇っています。, ・世界シェアトップのミネベアミツミがハンドスピナーにて、ギネス2つ取得 ・折り紙のように自由自在に折り曲げて使う錫(金属)でできたお皿「すずがみ」 シマタニ昇龍工房 ・ベアリング(軸受)・特殊ベアリングの世界シェア・国内シェアランキング.