出光興産. 2020年冬ごろ に超小型電気自動車2人乗りEVは発売が予定されています。. Copyright ©  RUMBLE ~男の成長読本~ All rights reserved. 出光興産(出光昭和シェル)は23日、超小型電気自動車(EV)など次世代自動車の設計・製造・販売事業を展開するタジマモーターコーポレーションと次世代モビリティと新しいMaaS(サービスとしてのモビリティ)ビジネスモデルの共同開発に関するMOU(覚書)を締結した。 超小型ev「ジャイアン」 出光興産(出光昭和シェル)は7月31日、超小型電気自動車(ev)を使ったカーシェアリングの事業化を検討するため、岐阜県飛騨市と高山市で、2019年8月から実証実験を実施すると発表した。系列サービスス…

出光興産(出光昭和シェル)は、岐阜県飛騨市・高山市においてカーシェアリング事業「オートシェア」の実証実験を8月から開始する。 実証実験では、同地域でガソリンスタンドを運営する牛丸石油に対し、同社が調達した7台の超小型evを貸与。 超小型電気自動車2人乗りEVが発売されると10月17日に行われた東京モーターショーにてトヨタ自動車が発表しました。, 免許取りたての若い方やご高齢の方々など日常の移動を支える取り回しのしやすいクルマ。, 企業の視点ではお客様の所へ毎日巡回、訪問するような近距離移動の用途で環境に良い業務用車として使って頂くことを想定している, いくら超小型といえど、交通ルールを分かってない人が車を運転していたら危ないですもんね。, と発言されているように今回、発表された超小型電気自動車2人乗りEVのボディサイズは全長2,490mm、全幅1,290mm、全高1,550mmとなっています。, また、超小型電気自動車2人乗りEVの最小回転半径は3.9mとなっており、標準的な軽自動車よりも取り回しがしやすくなっています。, 超小型電気自動車2人乗りEVは最高速度が時速60キロ、1回の充電で約100キロ走ることが可能だそうです。, さらに、超小型電気自動車2人乗りEVが装着するタイヤサイズは一般的に普及している13インチであり、容易にスタッドレスタイヤの調達をすることが出来ます。, 超小型電気自動車2人乗りEVは運転手が座る位置(ヒップポイント)を高くしたり、開口部に余裕をもたせたりすることで、乗り降りがしやすくなっています。, 上記のことから、超小型電気自動車2人乗りEVは高齢者の方々がメインのターゲットとして作られたクルマである、と言えます。, 超小型電気自動車2人乗りEVが普及されれば交通の便がよくない地域に住んでいる高齢者の方々にとってありがたいですよね。, 数年後には、田舎のスーパーに超小型電気自動車2人乗りEVがたくさん並んでとまっている光景が見れるのかもしれません。, 気になる超小型電気自動車2人乗りEVの価格ですが、まだ正式には発表されていません。, 参考までにですが、トヨタ車体が既に販売している超小型電気自動車1人乗りEV「コムス」の場合、最低価格が80万円からとなっています。, 「安全を買う」と考えれば超小型電気自動車2人乗りEVの購入は1つの選択肢になるのではないでしょうか。, 超小型電気自動車2人乗りEVを購入の際に、経済産業省が補助金を支給することを検討していることが分かりました。, 補助額は最大10万円程度が支給される可能性があり、超小型電気自動車2人乗りEVの普及を促す考えであるそうです。, 筋トレダイエットの特化メニュー【男性編】毎日の取り組み方を分かりやすく説明します!. 今回の連携では、出光興産が2019年8月より岐阜県飛騨市・高山市、2020年4月より千葉県館山市で展開している超小型EVを活用したカーシェアリングの事業化に向けた実証実験において、スマートドライブが提供する走行データの収集・解析を行う「Mobility Data Platform」を利用するものです。

スマートドライブと、 位置情報ビッグデータ・解析技術を用いた地域活性化支援ソリューションを提供するナイトレイは10月14日、データ連携と協業ソリューションの開発・提供を開始したと発表した。, ナイトレイは、 位置情報ビッグデータ解析技術を使って、変化する人の滞在・周遊・消費・興味関心といったデータを解析するサービスを手がけている。, 今回のデータ連携の最初の顧客として、出光興産が千葉県館山市と南房総市で、超小型電気自動車のカーシェアリングの実用化に向けた実証実験に利用している、スマートドライブ提供の「モビリティデータプラットフォーム」と、ナイトレイのデータとを連携して、カーシェアリングサービスの稼働率向上や観光地開拓につなげる。, データ連携では、モビリティデータプラットフォームに蓄積した移動に関するさまざまなデータと、 ナイトレイが収集・解析する旅先で観光客が発信するSNSデータとをかけ合わせる。これを分析することで、観光客の動きや関心事、 目の前を通過されてしまうことの多い観光スポットなどを「見える化」する。, これによって、観光客の移動をスムーズにするための施策や、 観光地パンフレットの配布や案内看板の設置などで知名度が低い観光スポットに誘導する施策など、 観光資源の最大化を図る。, 出光興産は、 2019年から岐阜県飛騨市・高山市で、2020年から千葉県館山市、南房総市で、それぞれ超小型電気自動車を活用したカーシェアリングの実証実験を実施しており、スマートドライブが提供する走行データを収集・解析する「モビリティデータプラットフォーム」を利用している。 今回のスマートドライブとナイトレイの連携ソリューションを活用することで、 よりきめ細かいサービスを設計できると見込んでいる。, ピストン西沢と河口まなぶがニューノーマルなぶっ飛びクルマ愛を語り尽くす! カオスないまが実は面白い. 出光興産は5月21日、千葉県館山市で超小型ev(電気自動車)を活用したカーシェアリング事業「オートシェア」の実証実験を開始したと発表した。 ョー2019」ではSSネットワークや、素材開発のノウハウを活用した新しいモビリティ社会への取り組みを発表しています。, 世界中の交通・移動データを収集・解析し、事故のない社会、移動がより効率的で快適な社会をつくっていくため、移動にまつわる様々なセンサーデバイスを通じて収集・解析されたビッグデータを活用して、IoT時代の新たな移動にまつわるサービスを創造しています。, 株式会社スマートドライブ 広報URL pr@smartdrive.co.jp, 出光興産株式会社 広報部広報課TEL:03-3213-3115 URL https://www.idss.co.jp/, ■会社概要 出光興産株式会社, ■会社概要 株式会社スマートドライブ, 出光グループのサステナビリティ, 製品・サービス(法人のお客様へ), 製品・サービス(個人のお客様へ), 石油備蓄肩代わりのご利用について(PDF), 出光興産が展開する超小型EVの実証実験へ、スマートドライブ社の「Mobility Data Platform」の提供を開始 ~MaaS×走行ビッグデータで新たなモビリティ社会を推進~.