一人暮らしにデスクは1

 これは男子学生の意見。「母親がやってくれていたため、大学に入るまで、一度も自分で掃除機をかけたことがなかった。一人暮らしをして、初めて自分が『片付けられない人』だということに気付いた」ほか、「6畳一間に掃除機はいらない」「コロコロとワイパーで十分」という声も。一方では、「アパートの壁が薄く、掃除機をかけると隣の部屋の人に怒られるので、全然使えなかった」という声もあった。, ■ベッド 複数はいらないです。 大きなデスクとちゃぶ台を部屋に置いてしまうと、かなり狭くなってしまうので注意が必要です。 この記事を読めば、ムダな買い物で失うお金を節約でき、一人暮らしの部屋を快適に使用できるメリットがあります! すぐに読める目次. 【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】. 小学校の新入学に備えて準備するものの代表に学習机があると思います。我が家もかつて年の近い3人の子どもたちに学習机を準備しました。今回はその経験から見えてきたことや思ったことを書いてみました。あくまで我が家の場合ですので参考程度にご覧くださいね。  もっとも多かったのが「テレビ」。「なければないで問題ない」「授業、バイト、実験などで、見る時間がない」など、いらないという声が多数。「絶対ないとダメだと思ったものの、何となく買いそびれた。結局そのまま買わなかった」という声もあった。, ■掃除機

一人暮らしをしている、もしくは始める皆さん、部屋の広さ等により、「家具は慎重に選ぼう」と思っていることでしょう。ここで引っかかるのがデスクです。デスクは一人暮らしに不要と除外するかもしれませんが、種類や活用によっては、お部屋がより一層華やぎます。  学生の本分といえば勉強だが、勉強机は不人気グッズの筆頭だ。「自宅からわざわざ運んできたが、完全に物置きだった」「勉強なら学校で図書館でやればいい」「自分でももう少しやるかなと思ったが、ともかくまったく勉強しなかった」など、とにかく不要という声が多数。, ■ミニ冷蔵庫 一人暮らしをして、初めて自分が『片付けられない人』だということに気付いた」ほか、「6畳一間に掃除機はいらない」「コロコロとワイパーで十分」という声も。一方では、「アパートの壁が薄く、掃除機をかけると隣の部屋の人に怒られるので、全然使えなかった」という声もあった。 大学入学などで、一人暮らしの準備を進める人も多い時期。部屋が決まり、家具や家電製品を揃える作業はとてもワクワクするものだが、なかには、せっかく買ったのにほとんど使わずに終わってしまうものもあるようだ。一人暮らしの先輩たちに、「意外といらない(いらなかった)もの」を聞いてみた。, ■テレビ  これは意見が分かれるようだ。「冷蔵庫がないのは厳しいが、家族向けのものは邪魔なので重宝した」という意見がある一方、「とにかく何も入らない。1.5リットルのペットボトルすら入らないので、ほとんど役に立たない」という声も。自炊をするかしないか、お酒を飲むか飲まないかなどによって判断するのが良さそうだ。, 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。.

一人暮らしで使う机・デスクの選び方に悩んではいないでしょうか。スペース的にも予算的にも余裕の少ない一人暮らし。せっかく買ったのに、使いにくいうえにお部屋のインテリアにフィットしない…となっては残念無念です。デザイン的にも使い勝手も、できれば 記載されている内容は2017年10月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。, また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。, 一人暮らしをしている、もしくは始める皆さん、部屋の広さ等により、「家具は慎重に選ぼう」と思っていることでしょう。ここで引っかかるのがデスクです。デスクは一人暮らしに不要と除外するかもしれませんが、種類や活用によっては、お部屋がより一層華やぎます。, 学校に入る、新しい仕事場に入るなど、一人暮らしを始める理由はいくらでもあります。しかし、共通して言えることは、「一人暮らしの部屋は、その人の顔である」ということです。 外ではおしゃれ番長でも家の中が汚いと言うこともありますし、暗い印象の人でも家の中がきっちりしている人もいるでしょう。自分だけの空間なので遠慮もないし、掃除から何から自分でしなくてはならないので、その人の性格等が出やすいのです。 部屋が汚いイコールちゃんとしていない、と言う意味ではありませんが、幾分か部屋の様相が性質や性格を表すのは確実と言えます。, 一人暮らしを始める前にすべきことがあります。お部屋も決まったらあとは荷物を積んでお引越し、と言うわけにはいきません。基本的に一人暮らしの部屋は狭い物です。「あれもこれも」と色々買い集めていたら「部屋に入りきらなかった」「玄関で寝ている」と言うことにもなりかねません。折角の一人暮らしを謳歌する為にも、やるべきことを弁えておきましょう。, 一人暮らしはある意味で大人の証です。計画性を立てられる大人として、まずは計画を立てることから始めます。「これはいる」「これはいらない」と、どの家具が必要かを書き出しましょう。後になって「何でこれ買っちゃったんだろう」とならないよう、最低限の物を買ってのお引越しが一番良いとされます。, 家具を買ったはいいけど、流し台と壁の間に冷蔵庫やゴミ箱が入らなかった、などと言う悲劇を起こさないよう、お部屋を契約した後は色々とサイズを測っておくのがベストです。流し台と壁との距離や、床、壁と窓の距離などのサイズが分かっていれば、その範囲内で家具を選ぶことができます。これは一人暮らしであろうとなかろうと、意外と馬鹿にできない要素ですので、覚えておいてください。, サイズが分かったら、配置を考えます。ベッドがベランダに通じる窓に少しかかるけど、このくらいなら大丈夫といったことを考えるのです。地図のように描き出し、サイズを入れると分かりやすくなりますし、お部屋に行って考えるのもワクワクしてきます。ただ、あまり浮かれ過ぎると「あれもこれも」となりかねないので、頭の片隅は常にクールにしておくことです。, 最期は、一人暮らしのお部屋に合った家具を選ぶことです。中には新しく買い揃える人もいるでしょうが、ここで注意したいことがあります。「一人暮らしの家具は、最低限の物を選ぶ」ということです。家電量販店などでは「一人暮らし用のセット」として電子レンジや冷蔵庫、洗濯機などが売られていますが、取り敢えずそれらを購入し、後はベッド、タオルなどを買いそろえます。実家からいくらか持っていくのもいいでしょう。最初は最低限でいいのです。必要が生じたら、後から買いそろえるのもアリと言えます。これであらかた一人暮らしの準備は整いました。, ここで疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。色々な家具があるけど、デスクは一人暮らしの部屋にいらないのではないか、と。「テーブルがあれば、それでいいのではないか」そんな疑問がふと、頭をもたげる方もいるはずです。やがてこんな結論に至るでしょう。「デスクがいるとしても、テーブルと兼用で良くはないか」といった結論です。, テーブルとデスクの違いは、使用目的です。テーブルとは食事をしたり、物を乗せたりするどちらかと言えば大きめの物を指します。対してデスクとは、何かしらの作業を行うための物で、テーブルと比べると小さいのが基本です。ここで言う小さいとは、板面の面積のことになります。しかしデスクには、引き出しと言う付加価値があります。乗せられないならしまっておこう、ということではありません。ある程度の文具、こまごました物などをしまっておけるということです。それだけで十分お部屋は見目好くなりますし、デスクの上もスッキリとします。デスクと言えばチェアを思い浮かべる人も多いでしょう。「その分部屋が狭くはならないか」とちょっとした心配を抱く人もいるのではないでしょうか。一人暮らしの家具は少しでも少ない方がいいと考える人もいるでしょう。そこで、今まで述べた取捨選択や計画が必要となってきます。一人暮らしをする時は必要最低限の家具で引っ越しをし、しばらく暮らしてみることです。その上で「やっぱりデスクはいる」と思った時に、生活に不便でないデスクを買えばよいのです。そのデスクをどのように活用するか。それこそが一人暮らしにおけるあなたの生活力の見せどころとなります。, 一番いいのが「デスクと共に暮らす」ことです。しかしもし、一人暮らしにおいてテーブルの他にデスクをお勧めする理由が欲しいというなら、いくらでも挙げられます。あなたが考えている以上に、デスクの利点はあるものです。, これから生活環境が変わるという方は、洗濯機の選び方について覚えておきましょう。洗濯機はご家族の人数によって容量が変わります。また、1週間にどの程度お洗濯するかによって洗濯機の容量の選び方が異なるので、どのように洗濯機を選んだらよいかについて覚えておきましょう。, 一人暮らしや結婚など新生活に向けて、家電を新しく買いそろえるという人も多いでしょう。販売店でされる冷蔵庫をそのまま買ってもいいのかどうか、悩む人も多いのではないでしょうか。今回は、一人暮らしや新婚の家庭にな冷蔵庫をご紹介します。, あなたのお部屋は、「汚部屋」ではありませんか。面倒だったり、忙しくてなかなか片づけられない方もいるでしょう。心当たりのある方は、「汚部屋」が「ゴミ屋敷」になる前に、早めに手を打ちましょう。今回は、汚部屋脱出の手順やポイントをご紹介していきます。, 男性が一人暮らしをするときは、やはりこだわりを持ってインテリアを考えたりするでしょう。でも、インテリアなどわからない、とか無頓着な方も少なくはないでしょう。そんな方のために男の一人暮らしにインテリアをお部屋の広さやタイプ別などで紹介します。, 家の中でできる楽しいことをたくさん紹介しています。カップルや友達、子供と過ごすときなど関係性別に楽しいことを紹介していますので是非参考にしてみてください。雨の日で外出できなくても大丈夫です、家にいても楽しく過ごすことができます。, 一人暮らしのテレビ選びで悩んでいませんか。特に悩むポイントとして多いのがテレビのサイズです。部屋の広さとテレビのインチ数には重大な関係があります。そこで一人暮らしにテレビということで、部屋に合わせたサイズを中心にテレビをご紹介いたします。, 引越し屋にチップを渡すべきかどうか迷ったことはありませんか。必ず渡すべきなのか、相場はどうなっているのか、気になる疑問を解説します。海外や遠方の引越しや海外での常識はどうなっているのでしょうか。引越し屋に気持ちよく作業してもらえるように参考にしてください。, 新生活が始まるとあらゆる家電が必要となりますよね。その中でも冷蔵庫は毎日使うものですし、一人暮らしでも必要不可欠の家電用品です。今回は一人暮らしに冷蔵庫について紹介します。サイズや金額など特徴に分けて冷蔵庫を紹介します。, この記事では、一人暮らしの方にぴったりの電子レンジを紹介します。特徴別電子レンジから、サイズ、メーカーまで紹介していきますので、電子レンジの知識が全くないという方でもこれを読めばバッチリです。, 賃貸で一人暮らしをしている方へ向けたプロパンガス節約テクニック紹介記事です。お風呂、シャワー、キッチン周りの節約ポイントの紹介、その他気を付けておくべきこと、節約を実践するとどれぐらいプロパンガスの代金を節約できるのかをお伝えします。, 部屋干しは乾きにくかったり臭いが気になったりしませんか。この記事では季節ごとや家電を活用した方法など、一年中つかえる部屋干しのコツを紹介しています。それらの問題点も解消され、かつ効率よく洗濯物が乾くコツを知りたい方はぜひ読んでみてください。, 災害時に何がいるのか何が必要なのかをご紹介します。災害時に役立つ防災グッズや防災グッズなどをまとめてみました。災害が起きてからでは準備は間に合いません。災害が起きる前に必ず必要な防災グッズを準備しましょう。防災グッズになのモノをご紹介します。, 1人暮らしでお金が中々貯まらない、どこの支出を抑えれば良いのかわからないと言う方に、参考になる、電気代の節約方法を記事にしてみました。電気代は、家に住むと毎月の支出となります。この記事を見て参考にし、電気代節約を心がけましょう。, 私たちが生活するにあたって絶対に必要ともいえるのが「冷蔵庫」です。冷蔵庫は大きさ、容量がかなり幅広く販売されています。小さいほうが電気代がかからないのか、一人暮らしに大きさはどのくらいか、などをご紹介していきます。, 一人暮らしは、家族と離れる寂しさと自立した嬉しさが同居するものですが、現実的なお金の問題も発生し、実家での暮らしのようにはいきません。特に食費は悩みの種です。一人暮らしでの節約の仕方、無理なく食費を抑える方法を学んで、楽しい新生活を始めてください。, テレビを購入する時、サイズ選びに困りませんか?設置する場所に合わせて、テレビの大きさを選ぶ事はとても重要です。肩こりや目の疲れを引き起こさないために、テレビの大きさの目安や見やすい距離など、テレビの選び方をご紹介します。, サザエさんの家庭には、未だに玄関には電話がひとつ置かれています。そのような時代は卒業しなければならないものであり、そのような光景にもう既に違和感を持っている人たちも多くいるでしょう。社会は変わろうとしています。固定電話の必要性は既にないのでしょうか。, 家計簿をつけている主婦の方は多いでしょう。若い世代でも手帳でお金を管理したり、賢く節約したり家計簿はただの家計管理だけではなく、生活の安定や将来の自分の夢を叶えるための手段にもなります。ここでは、家計簿のつけ方の例やお勧めの方法をご紹介していきましょう。, 一人暮らしで怖いのが電気代です。ここでは季節ごとの電気代の平均を知り、各電気機器の電気使用量を理解する事で少しでも電気代を減らすテクニックを説明いたします。また、流行りのオール電化のメリット、デメリットについても説明いたします。, 新社会人に必要なものは何でしょうか?新社会人として新たな生活を進めるにあたって、必要なものは多く、それらが揃っていなければスタートでつまづいてしまう場合もあります。社会人生活を上手にスタートさせるためにも、新社会人に必要なものを正しく知っておきましょう。.