第一作ではラスボスだけあって、投げから10割という鬼畜コンボを繰り出す強烈な性能を持っていた。二作目以降は疑似タタリで呼び出された影響を反映し、ダウナー調整され、中~上位程度にとどまっている。以下はニ作目以降の調整を踏まえた対人戦における性能について言及する。 魔術では再現できない直死の魔眼も、結果だけでいえばいずれ来る「死」をその場で発現させているだけである。, 人類が未熟な時代には数多くの魔法があったが、それらは文明の発達にともなって、殆どが魔術へと格下げされた。 シリーズ最初のラスボスで、「人の幻想を具現化する怪奇現象」という異形の吸血鬼。  死徒化・狂人化する以前は、人類の未来を計算しその数式からより良い未来を導き出そうとした、理想の追求に熱を燃やす強い人類愛を秘めた術師だった。 第二十九条  次に掲げる事項は、公判前整理手続及び期日間整理手続において行うことができる。  特異なパターンとしては、白レンのように『自身の内にある未使用の部分』が顕現するパターンや、リーズバイフェの復活のように記憶の中にある故人を一時的に蘇らせることもある。 ワラキア ズェピア ズェピア・エルトナム・オベローン 第二十三条  裁判所は、第二十一条第一項の罪又は前条第一項(第二十一条第一項第一号、第二号及び第七号に係る部分に限る。)の罪に係る事件を取り扱う場合において、当該事件の被害者若しくは当該被害者の法定代理人又はこれらの者から委託を受けた弁護士から、当該事件に係る営業秘密を構成する情報の全部又は一部を特定させることとなる事項を公開の法廷で明らかにされたくない旨の申出があるときは、被告人又は弁護人の意見を聴き、相当と認めるときは、その範囲を定めて、当該事項を公開の法廷で明らかにしない旨の決定をすることができる。 2  刑事訴訟法第二百九十五条第四項及び第五項の規定は、前項の規定による命令を受けた検察官又は弁護士である弁護人がこれに従わなかった場合について準用する。… 全文, 語句: 不利益, 事項, 利益, 制限, 前項, 十五, 及び, 受け, 受けた, 同様, 命令, 営業秘密, 場合, 実質的, 弁護人, 弁護士, 情報, 構成, 求め, 求める, 決定, 準用, 特定, 犯罪, 生ずる, 生ずるおそれ, 秘匿決定, 秘密, 第五項, 第四項, 行為, 被告人, 裁判, 規定, 訴訟, 証明, 重大, 関係, 防御, 除き, 陳述 区分: 不正競争防止法 (法不), 全区分, 第六章【刑事訴訟手続の特例】, (公判期日外の証人尋問等) 「魔術」とは異なる神秘。魔術師達が目指す最終到達地点である「根源の渦」から引き出された力の発現。 第三十一条  この法律に定めるもののほか、第二十三条から前条までの規定の実施に関し必要な事項は、最高裁判所規則で定める。… 全文, 語句: 一条, 事項, 前条, 十一, 十三, 委任, 定め, 定める, 実施, 必要, 法律, 第三十一条, 裁判, 裁判所, 規則, 規定, 関し, 関し必要な事項 区分: 不正競争防止法 (法不), 全区分, 第六章【刑事訴訟手続の特例】, (出典:特許庁 / Japan Patent Office)※アップロードした資料をご自身で参照可.  共同空間内の噂が具体的、かつ共通点が多いほど悪性情報と呼ばれる発生条件は成長し、そのポテンシャルは無尽蔵に増幅されていく。逆に、噂が多すぎたり具体性が薄かったりすると大した脅威にはなりえない。 第二十六条  裁判所は、秘匿決定をした場合において、証人、鑑定人、通訳人若しくは翻訳人を尋問するとき、又は被告人が任意に供述をするときは、検察官及び被告人又は弁護人の意見を聴き、証人、鑑定人、通訳人若しくは翻訳人の尋問若しくは供述又は被告人に対する供述を求める行為若しくは被告人の供述が営業秘密構成情報特定事項にわたり、かつ、これが公開の法廷で明らかにされることにより当該営業秘密に基づく被害者、被告人その他の者の事業活動に著しい支障を生ずるおそれがあり、これを防止するためやむを得ないと認めるときは、公判期日外において当該尋問又は刑事訴訟法… 全文, 語句: 一条, 一項, 不正, 不正競争, 不正競争防止法, 不正競争防止法第二十六条第一項, 並び, 事業, 事項, 任意, 公開, 前項, 十一, 十七, 十三, 十四, 及び, 同法第三百三条中, 同法第二百七十三条第二項中, 同法第二百七十四条中, 同法第百五十七条第一項, 同法第百五十八条第二項中, 営業秘密, 基づく, 場合, 場所, 弁護人, 得ない, 情報, 意見, 手続, 日時, 明らか, 明らかに, 書面, 書類, 期日, 構成, 求め, 求める, 決定, 法廷, 活動, 準用, 特定, 生ずる, 生ずるおそれ, 秘匿決定, 秘密, 第一項, 第三項, 第二十六条, 第二項, 第百五十七条, 結果, 翻訳, 翻訳人, 若しく, 行為, 被告人, 被害者, 裁判, 裁判所, 規定, 記載, 訴訟, 証拠, 証拠書類, 認め, 認める, 読み替える, 鑑定, 防止 区分: 不正競争防止法 (法不), 全区分, 第六章【刑事訴訟手続の特例】, (尋問等に係る事項の要領を記載した書面の提示命令) 第二十四条  秘匿決定があったときは、刑事訴訟法第二百九十一条第一項の起訴状の朗読は、営業秘密構成情報特定事項を明らかにしない方法でこれを行うものとする。この場合においては、検察官は、被告人に起訴状を示さなければならない。… 全文, 語句: 一条, 一項, 事項, 十一, 十四, 営業秘密, 場合, 情報, 方法, 明らか, 明らかに, 朗読, 朗読方法, 構成, 決定, 特例, 特定, 秘匿決定, 秘密, 第一項, 第二十四条, 行う, 被告人, 訴訟 区分: 不正競争防止法 (法不), 全区分, 第六章【刑事訴訟手続の特例】, (尋問等の制限) リーズバイフェ・ストリンドヴァリ  彼が狂った最大の要因は、その大き過ぎた人類愛そのものとも言える。 第二十五条  裁判長は、秘匿決定があった場合において、訴訟関係人のする尋問又は陳述が営業秘密構成情報特定事項にわたるときは、これを制限することにより、犯罪の証明に重大な支障を生ずるおそれがある場合又は被告人の防御に実質的な不利益を生ずるおそれがある場合を除き、当該尋問又は陳述を制限することができる。訴訟関係人の被告人に対する供述を求める行為についても、同様とする。 人類悪:彼の内にある感情が紛れもない「人類愛」であるため、少なくとも候補者に名を連ねるだけの資格はあると思われる。, ワラキアの夜とは、TYPE-MOON及び渡辺製作所製作の対戦型格闘ゲーム『MELTY BLOOD』に登場するキャラクターである。.

上からの命令だったとはいえ、タタリを模造して三咲町を実験場にした件についての責を問うため、ぶつかることになる。 しかし真ルートでは、赦すことは出来ずとも自身のかつての理想に対し、相応の理解を示している。  ただ、平行世界における彼を見るに、紳士的な部分と舞台劇になぞらえた言動は、もしかすると発狂・死徒化する前からの元々の性格や嗜好だった可能性もある。 白レンの生みの親であり、『~Re:Act』での黒幕。 「採点してあげよう……リテイク!やり直したまえ!」 一  秘匿決定若しくは呼称等の決定又はこれらの決定を取り消す決定をすること。 現代においてなお魔術協会が魔法と認定している大儀礼は5つで、使い手は4人とも5人ともいわれている。その内容はたとえ協会の魔術師であろうと末端の人物や、そもそも協会に属してさえいない部外者には知らされていない。中でも第三魔法は協会でも秘密にされていた禁忌中の禁忌。, 魔法は根源の渦に直接つながるものである。故に、根源の渦に到達すれば魔法を得られるし、逆に魔法を開発できれば根源の渦に到達することができる。そのため、「根源の渦への到達」と「魔法」はしばしば混同・同一視されている。とはいえ、魔術師たちの本来の目的は「根源の渦への到達」であり、厳密には魔法はそのための手段として得たもの(第二、第三、第四魔法)と、到達を達成したことで結果的に得たもの(第一、第五魔法)とに二分できる。 死ぬことのない自分に対し天敵といえる異能を有しており、その力の前に敗れた。 第二十七条  裁判所は、呼称等の決定をし、又は前条第一項の規定により尋問若しくは被告人の供述を求める手続を公判期日外においてする旨を定めるに当たり、必要があると認めるときは、検察官及び被告人又は弁護人に対し、訴訟関係人のすべき尋問若しくは陳述又は被告人に対する供述を求める行為に係る事項の要領を記載した書面の提示を命ずることができる。… 全文, 語句: 一項, 事項, 係る, 前条, 前条第一項, 十七, 及び, 命ずる, 命令, 定め, 定める, 対し, 弁護人, 当たり, 必要, 手続, 提示, 提示命令, 書面, 期日, 求め, 求める, 決定, 第一項, 第二十七条, 若しく, 行為, 被告人, 裁判, 裁判所, 要領, 規定, 記載, 訴訟, 認め, 認める, 関係, 陳述 区分: 不正競争防止法 (法不), 全区分, 第六章【刑事訴訟手続の特例】, (証拠書類の朗読方法の特例) 遠野志貴 だが、その無数の「実現不可能なもの」中にあって、さらにそれを「可能にした奇跡」が魔法であり、今現在5つしかない、のである。 ワラキアの夜がイラスト付きでわかる! ワラキアの夜とは、type-moon及び渡辺製作所製作の対戦型格闘ゲーム『melty blood』に登場するキャラクターである。 「では、虚言の夜を始めよう・・・」 プロフィール |^身長|180cm| |^体重|67kg| |^3サイズ|不明| |^声優|増谷康紀| 概要 対戦型格闘ゲーム …

 とはいえ、便宜上、姿を表す際には吸血鬼・ズェピアとしての姿をとる。このときの姿は、金髪で長身のイケメン紳士であり、ドラキュラ伯爵のような大きなマントを羽織っている。普段から眼は閉じているらしく、視覚情報をどう得ているかは定かではない。 本編では、遠野志貴の「出会いたくない過去の恐怖」の一つとして、タタリにより現界する。 己と同じく「人類の破滅」を憂うも、そこからあっさりと見切りをつけ、自身の手で人類を滅ぼして「人類の記念碑」を作り上げるという、本末転倒な結論を導き出してしまう。, TYPE-MOON メルティブラッド 対して魔術は一見有り得ない奇跡でも、結果だけなら他の方法でも実現できる。例えば魔術を用いて何もない虚空に火炎を出現させ、敵を攻撃して燃やすことは有り得ない奇跡に見えるが、敵が燃えるという結果のみを問うなら、火打ち石でもマッチでもライターでも火炎放射器でも代用が効く。  B系統の通常技がいずれもリーチ・判定・持続に優れており、中距離での牽制能力はピカイチ。大柄なリーチキャラでありながら機動力も非常に高いという、異色の性能を持った立ち回り特化型のスピードファイター。鋭い低空ダッシュを活かしたシンプルな中下段択や、設置技と通常投げを組み合わせた崩し性能も悪くなく、多段技が多いのでコンボのゲージ回収量も多い。  ただ真EDで垣間見せる彼の狂気には、「人間への親愛とそれを源とする使命感」が色濃く見える部分が存在し、単純な悪役に括ることのできない悲壮感に満ちている。これについてはシオンも一応の理解は示した。, ぶっちゃけて言うと特定の容姿は存在しない。  そもそも自身が『現象』であるため、後述の「タタリ」の影響によりどこかの邪神様のごとくいくつもの姿と形を持ち合わせている。 白レン 自身の能力が出現させた「過去の恐怖」。  アークドライブは情報の旋風で相手を吹き飛ばしながら切り刻む『ナイト・オン・ザ・ブラッド・ライアー(アンザニティ)/(インザニティ)』、ラストアークは自身が旋風となって相手を切り刻む『ナイトルーラー・ザ・ブラッド・ディーラー』(屈み版が存在し、この場合は爪での一閃)。  Re・Act以後はタタリの残滓を他の人物に利用され、疑似タタリが生みだされることとなった。, 死徒としての爪や身体能力を活かした攻撃と、マントを使ったリーチの長い攻撃が特徴。タタリとしての能力も勿論反映されており、暴走アルクェイド や七夜志貴 などの幻影を呼び出して攻撃したり、悪性情報の塊を黒い旋風のように操って攻撃するなど、設置系の必殺技が豊富。 聖堂教会の異端審問官であり、シオンと共に自身を滅ぼしに現れた聖盾の「聖女」。 三咲町に到来し、一夜限りの惨劇を繰り広げる。, 死徒二十七祖の第十三位に座す吸血鬼で、『タタリ』とも呼ばれる、意思ある怪奇現象。 吸血鬼 死徒二十七祖 ちなみに青子はワラキアの慇懃無礼ぶりが得意ではないが、当のワラキア的には(本音か皮肉かはさておき)彼女の鼻っ柱の強さは割と好みらしい。ぇ……  初代のみ仕様だが、アークドライブには最後の一撃だけがヒットすると、コンボ補正によるダメージ減衰が掛からないせいで即死級のダメージが入っていた。 その血を飲み干して絶命させるも、その因縁が新たなタタリを生む遠因となる。  ざっくり言うと『都市伝説を現実にする能力』であり、その共同空間に存在する噂で、より明確に個性を持つものを呼び出すことができる。 自身の先代の十三位と面識がある。  一方で耐久は紙そのもので、切り返し技の性能も悪い。終盤の根性値は高いので強制解放のタイミング次第で延命はできるが、コンボ火力も低いためダメージレースで負けやすく、終始有利に立ち回ったと思っても一度読み合いに負けるだけで一瞬で体力が溶ける。 「情報が無ければ存在できない」と言う点でシオンと自分は同類だと揶揄していたが、自分の後継者であり、また自ら吸血鬼にしたシオンに対し何らかの思い入れはあったようだ。 第三十条  検察官又は弁護人は、第二十三条第一項に規定する事件について、刑事訴訟法第二百九十九条第一項の規定により証拠書類又は証拠物を閲覧する機会を与えるに当たり、第二十三条第一項又は第三項に規定する営業秘密を構成する情報の全部又は一部を特定させることとなる事項が明らかにされることにより当該営業秘密に基づく被害者、被告人その他の者の事業活動に著しい支障を生ずるおそれがあると認めるときは、相手方に対し、その旨を告げ、当該事項が、犯罪の証明若しくは犯罪の捜査又は被告人の防御に関し必要がある場合を除き、関係者… 全文, 語句: 一部, 一項, 与える, 事件, 事業, 事項, 二十八第二項, 全部, 前項, 十三, 同法第三百十六条, 含む, 営業秘密, 基づく, 場合, 対し, 弁護人, 当たり, 必要, 情報, 明らか, 明らかに, 書類, 構成, 機会, 求め, 求める, 活動, 準用, 特定, 犯罪, 生ずる, 生ずるおそれ, 相手方, 秘匿要請, 秘密, 第一項, 第三十条, 第三項, 第二十三条第一項, 第二項, 若しく, 被告人, 被害者, 要請, 規定, 記載, 訴訟, 証拠, 証拠書類, 証明, 認め, 認める, 開示, 関し, 関係, 閲覧, 防御, 限る, 除き 区分: 不正競争防止法 (法不), 全区分, 第六章【刑事訴訟手続の特例】, (最高裁判所規則への委任) 劣化した模造品であり、何より自身の力を余計な陰謀に利用されたとあって、快くは思っていない。

また、魔法を得られるのは根源に最初に到達した者に限られ、同じ理論・方法で根源に到達しても2番手以降の者は魔法を得ることはできない。結果的に、研究が進めば進むほど、魔法を得られる手段は減っていってしまう。というか5番目の魔法で打ち止めと看做されており、以降の魔術師たちは魔法抜きで根源にいたる方法を研究しているそうである。, 魔法は人類と世界にとって異物であり、魔法と魔法使いは2つの抑止力によって排斥される。このことも魔術師が根源に到達するための難易度を引き上げている。, 勘違いされやすいが、「その時代の文明の力では、いかに資金や時間を注ぎ込もうとも絶対に実現不可能なもの」が魔法であるわけだが、「実現不可能なもの」が現代では5つ(もしくは第六法も含めて6つ)しかない、わけではない。 蒼崎青子