レポートの書き方、お探しでしょうか?本記事ではレポートの書き方についてまとめ、掲載しております。これからレポート作成を行う方、是非ご覧下さい。実際の見本も掲載しております。 表紙がいらない人(専用の表紙がある人) は、無理に書かなくても大丈夫です。また、レポートの重さによっては、表題と名前、学籍番号を書いて書き始めても大丈夫なケースがあります。 表紙に書くこと. レポート表紙を作成します。表紙に必要な事項は授業科目名、レポートの題名、所属(学部・学科名)、学年、 学籍番号、氏名です。但し、教員から他の条件や指示がある場合は、この限りではありません。 引用・著作権 レポートの構成を考えてからの書き方がおすすめ レポートを書く際には、指定文字数以内に収まるように題名を決めることが大切です。 誰も研究をしたことがないようなテーマを設定してしまうと、2,000字では収まらない可能性があります。 © 2020 REPORT NOTES All rights reserved. 表紙に書いておくと良いのは、以下の項目です。 レポートを書くときに、なかなか書き出せずに迷ってしまった経験はありませんか? 書き始めたらスラスラ書ける人でも、書き出しは悩むものです。そこで今回の記事では、レポートの書き出しの具体例と鉄板のパターン、そしてレポートの書き方で意識するべき3つのポイントを解説します。レポートの書き出しで悩んでしまうという方は、ぜひ参考にしてください。, まずは、具体的な例を参考にしながら、3つの書き出しのパターンを確認します。具体例を見ながら、レポートの書き出しのイメージを持ってみましょう。, 1つ目の例は、レポートを書くに至ったきっかけや疑問を書いたものです。調査や実験を基にしたレポートでは、普段感じている疑問を最初に書くと、自然な形でレポートに入ることができます。, 漢字の「音読み」と「訓読み」では音読みの方がかっこよく、なんとなくではあるが強そうなイメージで、訓読みの方はやわらかい、やさしいイメージがあるのではないかと考え、人の名前をもとにして傾向を探ってみた。, 上記の例を見ると、普段感じている音読みと訓読みのイメージを検証することが書き出しから分かります。多くの人が共感するような疑問を、上手に書き出しに使っているのがポイントです。, 2つ目は、レポートの結論を最初に書く例です。初めに結論を書く方法は、どんなタイプのレポートでも使うことができますし、読み手にとっては何が言いたいのか、すなわち主張がはっきりしているので、ストレスなく読むことができます。, 書き出しで結論を述べることで、このレポートの主張がはっきりと分かります。また、本論では主張の理由や根拠を述べる流れが自然とできるので、書き手も読み手も無理なくレポートを書き(読み)進めることができます。, 3つ目は、読み手に問いかける例です。読み手に問いかける方法は、1つ目の例と同様に、自分の疑問を読み手にも共感してもらうために使う方法です。, 読み手に問いかけることで共感を得ることができ、レポートを積極的に読んでもらえる効果が得られます。レポートの書き出しで読み手を引き込み、レポートを読んでもらうことができれば高評価につながりやすくなります。, 具体的な例を確認したところで、ここからはレポートの書き出しの3つの鉄板パターンをご紹介します。キーワードは「三部構成」「PREP法」「問い」です。, レポートは、序論・本論・結論の三部構成が基本です。書き出しでは序論に何を書くのかを理解して書くことが重要です。, 序論・本論・結論には、それぞれ上記のような役割があります。三部構成の流れを理解することで、序論に書くべきことが見えてきます。パターンとしては、序論で打ち出した課題意識に結論で答える形と、序論で結論を述べて、改めて結論で主張を述べる形が考えられます。, 企画を提案する際、人に企画の意図を分かってもらうために、プレゼンテーションをすることがあります。そんなプレゼンテーションでも使えるのがPREP法です。PREPのそれぞれの頭文字には下記の意味があります。, PREP法を入れるメリットは、読み手に結論を印象付けることが可能になる点です。結論を最初に話して、最後に結論を話すのは、初頭効果(人が話の最初を覚えていること)と親近効果(人が話の最後を覚えていること)を活用した効果的な方法です。, また、結論と結論の間に、理由と具体例を挙げているので、読み手がストレスなく結論(主張)を理解することができます。Googleで検索して上位に出てくるWeb記事も、最初に結論を述べているのが一般的です。検索するときに意識してみましょう。, 文章に関する書籍を多く執筆している山口拓朗さんは、「問い」には以下のような効果があると述べています。, <「問い」を投げかける>という方法は、続きを読ませるために有効な工夫のひとつです。, (引用元:「問い」で興味を引け! 文章の書き出しはキャッチコピーと同じ!|Writing is power!), 人間は、問いを投げかけられると答えを知りたくなります。その性質を上手に活用すれば、教授の興味を引くことができるはずです。. こんにちは。今回は文系大学の講義の課題としてよく出されるレポートの書き方について、構成を中心に解説していきます。レポートをいざ書こうとすると… レポートの書き方ってけっこう難しい…どんな構成や順番で書けばいいの? レポートの文章構成ってどうすればいいんだろう? ブルガリアでは、首を縦に振ると「いいえ」という意味になる。一方で、日本では「はい」という意味を持つ。このように、文化によってボディーランゲージが指す意味は違ってくる。さらに、身体の役割も文化によって異なる。例えば、インドやインドネシアでは左手は「不浄の手」である。そのため、左手で物を渡したり、頭を撫でたりするのは無礼な行為に当たる。, 【良い例】 始めて8dレポートって聞いたとき、8日以内に提出するレポート! って間違ってました(恥^^;) 実際は、8つの【D】=Desciplineの略称で、Desciplineを調べると、「規律、しつけ、訓練、懲罰、自制心」な … (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); こんにちは。今回は文系大学の講義の課題としてよく出されるレポートの書き方について、構成を中心に解説していきます。レポートをいざ書こうとすると… レポートの書き方ってけっこう難しい…どんな構成や順番で書けばいいの? レポートの文章構成ってどうすればいいんだろう? ※参考文献の書き方や引用方法については、次回の記事で触れます。, 前述しましたが、参考文献として書籍や資料を購入する際には、AmazonのPrime Studentを利用すれば、Amazonの書籍を無料で読めたり、割引で買えたり、送料無料で最短翌日すぐに届けてもらうことが可能なので、学生なら加入しておくといいでしょう。, 意見とは、客観的に真偽が判断できない内容を指します。 よければ使ってやってください。自己責任ですが、まだ「体裁に注意された!」などの苦情等は一度も来ていません。, 挨拶がしっかりできる人は良い印象を持たれるように、表紙ひとつでイメージはガラリと変わります。, 表紙がいらない人(専用の表紙がある人) は、無理に書かなくても大丈夫です。また、レポートの重さによっては、表題と名前、学籍番号を書いて書き始めても大丈夫なケースがあります。, レポートの文章は、基本的には「~だ、~である」という文体を使うことになると思いますが、そういう場合には少しカタメの表現が良いと、個人的には思います。, 例えば、「平安時代の最初の頃の生活の道具の特徴をまとめてみた」ではなくて、「平安初期の生活用品の機能的特徴ついて」という感じです。, 特に、序論では本文で述べることを簡潔に書くので、せいぜい3文程度。そのうち最後の1文は本文への導入であることを考えると、ほとんど選択肢はないと言ってもいいでしょう。, 気をつけたいことは、いらない場合も多いということです。というか、章付きのレポートというのは(理系の実験レポートを除いて) あまり見たことがありません。, 一般教養科目の、3,000字程度のレポートなら段落構成だけで一気に書いてしまっても良いのではないかと思います。, 章を立てる場合は、その場のノリと雰囲気でつけるのではなく、あらかじめレイアウトを立てる際に考えておきましょう。, また、章の立て方に決まりがある(実験レポートの 原理→方法→使用器具、みたいな) がある場合は、原則としてその流れを踏襲しましょう。時間とエネルギーの節約になります。, Latex などを使って書く人は、番号を振っても良いでしょう。特に理系のレポートでは好まれる場合も多いです。, 最悪な見出しの付け方というのは、「序論」とか、「本論」みたいなものです。これはナンセンス。, 自分の見出しやタイトルを見返してみて、「なんだか抽象的だなぁ…」と思った人は、具体的なものに書き直してみるようにしましょう。, 「序論」などのタイトルをつけるのであれば、いっそ章立てを無くしてしまうことも検討してみると良いでしょう。, その他、レポートの細かい仕様や体裁については、特別なことというのは少なく、普通の文章などと同じと思ってもらって大丈夫です。, これ以外にも色々とあるといえばあるのですが、常識の範囲を超えるものはありません。(「~だ」と「~です」を混ぜる、とか), あまり注意するべきポイントを増やしすぎても良くないので、最低限これだけは守るようにしましょう。, これらのうち、大体は「レイアウト」のところで変更が可能です。 (Pages の人は、フォーマット), レポートを書く時は、いろいろな選択肢があると思います。例えば、以下のようなものです。, 僕的には、なんでもいいと思います。先生方も指定がなければ別にこだわりはないんじゃないかと。, そして、3回生、4回生になったところで、自分のゼミの流儀や研究室の習慣に従うと良いでしょう。, 使うものが何か、というよりも、出来上がったレポートがしっかりした体裁をなしているか、に気を遣う方が建設的です。, いろいろ言ってきたと思いますが、そこそこの人がテンプレートをダウンロードして終わりだと思います。, なので、わからないことや疑問に思ったことなどをこの記事に戻って確認していただけると良いかなと思います。. 承認頂いた日を明確にして、チームを解散します。8DレポートでD8を直訳すると、「チームの称賛」ってなりますが、あまり馴染めないので気してません(^^; 8Dレポートは、発生した問題を解決する、再発させないためのステップを実践して、報告書にまとめる様式のようなものです。ステップは、全部で9つになります。, 最初は難しく感じるかも知れませんが、順番に1つずつやっていけば、論理的に問題にアプローチできます。, クレームの報告書として、8Dレポートは一般的に使われるようになってきました。お客様から8Dレポート様式で提出して!と言われることも多いと思います。, これから8Dレポートを作成する方の参考になれば嬉しいです。最後まで、お付き合い、ありがとうございました^^, アニメ・ゲーム好きの3児のパパ。資産収入の大切さに気付いてブログを開始。製造業の現場で25年品質管理の仕事をしているサボリーマン^^人生を豊かにする!を目指してコツコツ執筆中^^. 適度な運動をすることで、身体だけでなく精神の健康も保つことができる。このレポートでは、適度な運動とはどの程度の運動なのか、適度な運動が精神にもたらす効果を検証していきたい。, どうして葉は紅葉するのか疑問に思ったことはありませんか? 緑色から黄色や赤色、茶色へと変化していくのは、なぜなのか? 紅葉には、樹木が存続していくためのどのような理由が隠されているのかをこのレポートで明らかにしたい。, 序論:レポートの概要を説明する部分。書き手が持っている課題意識や疑問点、主張を書くことで、読み手はレポートで書かれていること、すなわち概要をつかむことができる。英語では、Introduction。, 本論:書き手の主張を、理由や根拠を加えて補強する部分。レポート全体の7割程度を占めるのが一般的で、読み手を納得させるような論理的な組み立てが求められます。英語では、Main Issue。, 結論:書き手の主張を展開する部分。序論で説明したことに対する答えになっていることが多い。英語では、Conclusion。. この学則若しくは、これに基づいて定められた学内諸規則に違反し、または学業を怠り、気品を害ね、その他学生としての本分にもとる行為のあった者については、懲戒として情状により譴責・減点・停学または退学の処分をする。, なお、レポートを人に見せるのも同罪であり、同様の処分を受けます。そのため、レポートの管理には細心の注意を払いましょう。, 『3以上の自然数nについて、xⁿ + yⁿ = zⁿ となる自然数の組は存在しない(フェルマーの最終定理)』のように、その研究分野で当たり前(=通説)とされていたり、教科書に記載されているほど明白(=常識)だったりする事象に対しては、出典を必要としません。, 常体(だ・である調)と敬体(です・ます調)を混合しないようにしましょう。レポートは書き言葉で書くため、「常体(だ・である調)」を使用することが望ましいです。, ただし、被引用文献が敬体であれば、絶対に改変せず、そのまま引用しましょう。あくまで、レポート本文を常体にすればいいので、引用時に敬体を常体にする必要はありません。(レポート本文の文体が統一されてないと、剽窃を疑われることもあります。), 一人称について『「私」を使うべきである』『「私」は主観性が強すぎるので不適だ』という二つの言説が存在します。これについて、どちらが正しいかは一概には言えません。, どちらにせよ「僕」「ウチ」「俺」「儂」「拙者」「アタシ」といった一人称を用いるのは厳禁です。なお、「私」を用いない客観性のある一人称としては「筆者」「執筆者」「本稿」などが挙げられます。, 担当教諭によっては、「出典の数は⚪︎個以上」「独自のレポート雛形を使用する」といった条件が示されている場合があります。その場合は、担当教諭の指示を最優先してください。, また、横書きのレポート、とりわけ理系のレポートでは「、」「。」の代わりに「,」「.」を用いることが通例となっています。(これは、理系の論文や雑誌に欧文が混ざることが多いためです。), どこで句点をうつか(どこで文章を切るか)は「ワンセンテンス/ワンアイデア(one sentence/one idea)」という原則に従いましょう。, この原則は、日本語で「一文一義」とも呼ばれます。一つの文には一つの事柄だけを書く、という意味です。, 【悪い例】 「文章展開が難しい!」「レポートって何かわからない!」「そもそもレポートの作法を学んだことがない」, しかし、基本さえ掴んでしまえばあとは竹を破るように容易に書けるのがレポートというものです。, レポートの書き方が右も左も分からない人々に向けて、6回(基礎編全4回・応用編全2回)に亘って、レポートの書き方【永久保存版】を公開します。, 毎回、記事の最後に「課題」を設定しており、それに従って基本編4回分までの課題を行えば、レポートが完成する構成になっています。(応用編2回分は、より質の高いレポートを書きたい人向けの課題を設定しています。), 単位を落としてしまう(かもしれない)学生だけでなく、GPAハンターにも読んでほしい内容です。, 今学期にレポート課題がない人も、いずれ書く可能性のあるレポートや卒論のためにテンプレートを知っておくことをオススメします。, レポートは「報告書」であり、教授に対して『与えられた問いに対して、自分がどれだけ情報を収集して理解をしているか』や『事実や理論に基づいて、どんな思考過程で問題に解答しているか』を報告するための書類です。, 一方で、『情報を収集し、自分の意見・考えを主張する』ような書類は「アカデミックエッセー(小論文)」と呼ばれます。, アカデミックエッセーもレポートも、【問題提起→情報収集→考察・意見の主張→まとめ】という起承転結の流れは同じです。そのため、基本的に書き方も同じになります。この記事ではこの二つを区別せず、「レポート」として取り扱います。, あるテーマに対して、「自分の考え(抽象的な問題に対する解答)」を論じさせるレポート。, 最も自由度が高く、美術や音楽のレポートなどでは、感想などの主観的視点を求めるようなものも存在します。, 絶対的な答えが存在しないレポートなので、論拠に乏しくなりがちです。関係する書籍・資料・論文を読んで、客観的に書くことが求められます。, また、参考文献として書籍や資料を購入する必要がでてくるのですが、大学生の特権と名高いAmazonのPrime Studentに入れば、Amazonで書籍を無料で読めたり、割引で買えたり、送料無料で最短翌日すぐに届けてもらうことが可能です。, ある問題に対して、論理的根拠を示しながら「自分の意見・主張(具体的な問題に対する解答)」を述べるレポート。, 一般的なレポートはこのパターンであり、自分の意見に対して、どれだけ論理的根拠があるかが肝要です。, 具体例や統計資料を用いる時、「それらの例や資料は、自分の意見のどこの部分を述べるのに必要なのか」と考えながら書くことが求められます。, 既存の知識をまとめるという点で、他のレポートよりも事実が多くを占め、意見の割合が少なくなります。, 理系のレポートでは、「実験目的・概要や原理・実験方法・実験結果・考察・参考文献」という流れで展開されることが多いです。, この手のレポートは、講義で理解したことから要点・キーワードを抽出することで書きやすくなります。, レポートで核となる部分は本論です。そのため、本論はよく時間をかけて丁寧に書くことが望まれます。, また、序論と結論だけ読めばレポートに書かれている内容が把握できるように、序論・結論は簡潔かつ正確にまとめあげましょう。, レポート提出時に付ける学生部備え付けの黄色い用紙が表紙の代わりになるので、基本的に表紙は必要ありません。, 但し、担当教員によっては「黄色い用紙は不要」という指示がある場合があり、その際は黄色い用紙を添付せずに提出BOXに投函しましょう。, さらに、「レポートの最初に表紙を付ける」という指示があることもあります。その場合は、序論の前に表紙を付けた上で、黄色い用紙も添付しましょう。, 『表紙』には「担当教員の情報」と「レポートに関する情報」を示しておきます。これを忘れてしまうと、レポートを提出しても評価が付きません。, 学生部にある備え付けの紙(黄色)に上記の事項を記入し、レポートと一緒にして、指定箇所の二箇所をホチキス留めをします。, この紙は、「添付する必要がない」という指示がない限り、必ず添付するようにして下さい。, もし、担当教諭に一ページ分の表紙を付けるように指示された場合は、以下のように表紙を作成します。なお、この場合も黄色い用紙を付けるようにして下さい。, また、特に表紙に関する指示がない場合(最初に一ページ分の表紙を付けない場合)は、レポートの冒頭部分に『レポートに関する情報』(レポートの題名・学部と学科・学籍番号・名前)を明記しておきましょう。, レポートの書き出し部分に当たる『序論』では、レポート内で何を考察するか・何を明確にするか・何を目的とするかを示します。具体的には、以下の事項を全体の10~20%程度の分量で記述します。, レポートの主役部分『本論』では、統計資料や文献などの「具体」から、考察や自分がレポートで伝えたいこと、すなわち「抽象」を導き出します。本論はレポートの要となるため、全体の60-80%を占めるようにします。, レポートの締めとなる『結論』では、レポート内で何が判明したか・何を主張したかったかを簡潔にまとめます。 こんにちは。今回は文系大学の講義の課題としてよく出されるレポートの書き方について、構成を中心に解説していきます。レポートをいざ書こうとすると…, などと悩んでしまう方が多いのではないでしょうか。そこで今回はレポートの書き方のうち、特に構成について解説していきます。, レポートの各構成に書く内容は実はほぼ決まっています。ですから、構成を先に決めて見通しを立てると予想以上に簡単に書くことができますよ!, レポートの構成と各構成の書き方を知って課題を手早く済ませ、余裕ができた時間で思いっきり遊んじゃいましょう!, //