第3楽章が有名な「トルコ行進曲」であるため、「トルコ行進曲付き」と呼ばれることが多い。 またこの楽章だけが単独で演奏される機会も良くある。 もちろん、そこから誕生したものは無難な流行の音楽ではなく、モーツァルト独自の個性的な芸術作品でした。, オスマン軍はウィーンを完全に包囲しますが、戦争は長期化(16年間)します。 ツェルニー30番~40番、ソナチネ終盤~ソナタレベルです。 ちなみに、楽譜には第3楽章の冒頭に「Alla Turca(トルコ風)」と書かれているだけで「トルコ行進曲」とは書かれていません。, ここではモーツァルトの「ピアノソナタ第11番」(トルコ行進曲付き)の解説と名盤を紹介したいと思います。, ピアノソナタ第11番が作曲された年はまだわかっておらず、1778年説(パリにて)と1783年説(ウィーンにて)があります。 ピアノを習ったことのある人ならば、一度は弾く機会のある曲でもあります。 ツェルニー30番~40番、ソナチネ終盤~ソナタレベルです。 右手のオクターブの連続、左の和音もオクターブの4和音があることから、手のサイズにより弾きやすさが変わります。 16分音符の速いパッセージがあるので指の独立が必要ですが、繰り返しが多く譜読みはしやすいです。 しかし、このピアノソナタ第11番は「緩・舞・急」の3つで構成されています。 また「第2楽章は移調するという常識」に従わず、第2楽章もイ長調のままです。, この作品が出来る直前の1782年に、モーツァルトは父レオポルトの反対を押し切って結婚しています。

(スタッカートまでしなくても大丈夫です。), 装飾音はゆっくり入れると全体のテンポが崩れるので、素早く入れましょう! 右手のオクターブの連続、左の和音もオクターブの4和音があることから、手のサイズにより弾きやすさが変わります。 43 (375c), 【緊急レポート】モーツァルトのピアノ・ソナタ《トルコ行進曲付き》の自筆譜発見をめぐって, “A rediscovered sonata, as Mozart intended”, https://web.archive.org/web/20141009130744/http://www.afp.com/en/news/rediscovered-sonata-mozart-intended/, 2台のピアノのためのソナタ楽章 変ロ長調(断片)K. 「トルコ行進曲」といえば モーツァルト?それともベートーベン? というくらいどちらの有名な曲ですね。 どちらも 「トルコマーチ」とも呼ばれています。 曲の感じは全然違うものですが、 なぜ同じタイ … (ピアノ演奏音源・楽譜・デザイン&プログラムなど、一から丁寧に制作します。) ピアノソナタ第11番 イ長調 K. 331 (300i) は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したピアノソナタである。. ポルトガル出身のピアニスト。 43 (375c), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ピアノソナタ第11番_(モーツァルト)&oldid=78290393, アーケードゲーム『crossbeats REV.』にRemix Ver. 42 (375b) - 2台のピアノのためのソナタ楽章ないしロンド・フィナーレ 変ロ長調(断片) K. Anh. しかし、ふつうは小指の第一関節・第二関節はあまり強くないので、(クッションになってしまい)フォルテのラインを作るのが難しい場合もあります。, そのような場合は、小指をピンと突き立てると、小指の音をもっと輝かせることができます。, 「両手でオクターブを弾いた響き」(このとき高い音を強めに出すこと)と「右手だけでオクターブを弾いた響き」を比較して、同じ響きを得られればOKです!, オススメの方法は先に音名を声に出して言ってみることです。 7歳でモーツァルトのピアノ協奏曲を演奏し、9歳でポルトガルの「若き音楽賞」を受賞。 弾き方のコツは指で「ソ」「ラ」「シ」を1音1音弾くのではなく、「ソラシ」に『123』の指をセットして3の方へクルッと手首を回すことです。, なお、モーツァルトの時代の曲は「装飾音の最初の音」を「拍の頭」に合わせるのが基本ですが、 スラスラ覚えて言えるぐらいになったら、「音を言いながら」弾いてみましょう! (編曲はYugo Ichikawa)が収録されている。また、iOSゲーム『CROSS×BEATS』には、この曲のShort Remixが収録されている。. 初心者の場合は4を使わず、1と5だけで手の幅を固定して弾いた方がカンタンだと思いますが、慣れてきたら是非チャレンジしましょう!, オクターブを弾くときは、ただ音を出すのではなく、「上の音」でラインを作るようにしましょう。 最終的には、中央ヨーロッパ諸国連合がオスマン帝国の包囲を打ち破りました。, まずピアノソナタでありながら、通例のソナタ形式をとっていません。 毎回やってしまうとくどくなるので、ここぞ、というところで使いましょう!, 上の音を出すと、和音は更に華やかに輝きます! 作曲されたとされる1783年は、トルコ軍によるウィーン包囲に対してハプスブルクが勝利した100周年の年でした。 16分音符の速いパッセージがあるので指の独立が必要ですが、繰り返しが多く譜読みはしやすいです。, 「指を下げる」『打鍵』(だけん)だけでなく、ここでは「指を上げる」『離鍵』(りけん)も意識しましょう! 小指で大きな音を出すのは難しいのですが、こちらを参考にしていただいたり、一番上の音の時に手を右に寄せるなどして工夫して下さい!, ずらす場合、指で弾くのは難しいので(出来ても音量が小さくなってしまいます。)「手そのもの」をギュッと押し込む感じで弾きましょう!, このようなアドバイスを楽譜に書き込む形で用意しました! その後はヨーロッパ、アメリカなどで国際的に活躍しています。, 他に名盤をお探しの場合は、モーツァルトの演奏に定評のあるピリスのこのCDがオススメです。 一般的にソナタは4楽章で構成され「急・緩・舞・急」と変化していきます。 Anh. トルコ軍楽の人気も重なり、当時からピアノソナタ第11番は大人気だったと言われています。, 新天地でフリーの音楽家として活動をはじめたモーツァルトは、世間から人気を得るためにその地域の流行を取り入れたのかもしれません。 ピアノソナタ第11番イ長調(K.331)は、モーツァルトが作曲した3楽章構成のピアノソナタです。 応援の意味も込めて、こちらをオススメします。 初心者の方でモーツァルトを楽しみたい方は、一度に多くの素晴らしい演奏が手に入りますので「かなりお得なCD」だと思います。, マリア・ジョアン・ピレシュ(1944-) メロディー(上の音)が美しく浮き立つようになります!, 左手で躍動感を出すために、バスの音にほんの少しのアクセントをつけ、他の音を軽く(小さく・短く)弾きましょう!, ・・・という2点です。 モーツァルト生誕250周年記念としてピレシュのピアノソナタ全集がこの価格で手に入ります。

人柄まで伝わってくる素晴らしい演奏ですので、皆さんも是非聴いてみてください。, 2009年6月、第13回 ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール(アメリカ・テキサス州)で日本人として初めて優勝し、一躍時の人となります。 C 25.04/05) - ヘ長調 K. Anh.

スーパーレッスンとは?, 一緒に頑張ってくれる方を募集! 曲調にあった輝かしい響きが得られます!, 小指を立てると「ある程度の音量」を出すことはできます。 42 (375b), 2台のピアノのためのソナタ楽章ないしロンド・フィナーレ 変ロ長調(断片) K. Anh. 135 (547a), ハ長調 K. 19d - 変ロ長調 K. 358 (186c) - ニ長調 K. 381 (123a) - ヘ長調 K. 497 - ハ長調 K. 521 - ト長調 K. 357 (497a), 2台のピアノのためのソナタ ニ長調 K. 448 (375a) - 2台のピアノのためのソナタ楽章 変ロ長調(断片)K. ちなみに、楽譜には第3楽章の冒頭に「Alla Turca(トルコ風)」と書かれているだけで「トルコ行進曲」とは書かれていません。 ここではモーツァルトの「ピアノソナタ第11番」(トルコ行進曲付き)の解説と名盤を紹介したいと思います。 宜しければこちらをどうぞ!, StarryWayスーパーレッスンを開始しました! 現在では世界中でワークショップも開催し、日本にもそのために訪れています。. 素早く指を上げることで、鍵盤を押している時間が短くなり、モーツァルトらしい軽やかなタッチで弾けるようになります。 Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube. ここは上の音が裏拍になってしまうので、下の音でラインを作るのが自然です。, オクターブに4の指を使うメリットで紹介しましたが、こちらも4を使った方が手首の移動が少ないため外しにくくなります。, ほんの少し間を入れることで「到達・達成」を表情を出すことができます。 有名な「トルコ行進曲」はこのピアノソナタの第3楽章のことを指し、第3楽章だけが単独で演奏される機会も多くあります。 1970年にベートーヴェン生誕200周年記念コンクールに優勝して、国際的な演奏活動を開始しました。 この曲は(テンポが速いことから難しいこともあり)装飾音を前に出しているピアニストが多いです。, 指先が寝ていると和音を同時に鳴らせないことがあるので、指を立てて(目的は鍵盤にあたる指先の感覚を鋭く感じることです!)弾きましょう。, 余裕があれば、指先を完全に揃えるのではなく、下の音の指を浮かせ、上の音の指だけが底まで打鍵されるようにしましょう。 クラシック音楽「名曲」の解説と名盤(Musica Classica) All Rights Reserved.

歌うと「意識」「声」「指」がくっきりつながって分かりやすく感じるはずです。, ※ このように練習すると、「指が違う音を弾いた時」「転んだ時」に自然にチェックしやすくなり、スラスラ弾けるようになります。, ピアノ初心者を念頭に「ミ♯」を『ファ』と書き込みましたが、「ミ♯」を『ミ』と読める方は是非そのように歌って下さい。, 前半の「ラ・シ・ド#ー」の部分は、上の音を輝かしく出すと言いましたが、 当時のウィーンでは、トルコの軍楽が人気がありました。

モーツァルトの他人と違う奇才っぷりが表に出た作品なのかもしれません。, モーツァルトの「ピアノソナタ第11番」(トルコ行進曲付き)の名演は多くあります。

現在では1783年説が有力です。, 1781年(25歳の頃)、モーツァルトはザルツブルク大司教と決別し、ウィーンへと移り住みます。, そして1781~83年の間、モーツァルトはウィーンで落ち着いた暮らしをしていました。

ピアノ講師/教材制作スタッフ/作曲・編曲・楽譜制作・楽曲分析スタッフを募集中!, Copyright© - StarryWay - All Rights Reserved. ですが、私たち日本人を代表する名ピアニストが録音をしています。 モーツァルトが作った約20曲のピアノソナタの中で最も有名な作品だとも言えるでしょう。, クラシックを聴いたことのない人でも、「トルコ行進曲」はどこかで必ず耳にしたことのある名曲です。 Anh. ピアノソナタ第11番 イ長調 K. 331 (300i) は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したピアノソナタである。, 第3楽章が有名な「トルコ行進曲」であるため、「トルコ行進曲付き」と呼ばれることが多い。またこの楽章だけが単独で演奏される機会も良くある。, このピアノソナタが、いつごろ、またどこで作曲されたのかは判明していない。現在最も有力な説は、1783年頃ウィーンあるいはザルツブルクで作曲されたとするものである。一方で1778年頃パリで作曲されたとする説もある。, この曲の最も著しい特徴として、一般の4楽章構成によるソナタ(急-緩-舞-急)の最初の楽章に相当する楽章を欠いている(緩-舞-急しかない)ことが挙げられる。このことによって、一般に古典派ソナタの第1楽章におくべきとされるソナタ形式による楽章が欠如してしまっている。ソナタ形式による楽章を含まない「ソナタ」は、もはや古典派ソナタの定義からはずれているが、この「ピアノソナタ」において、表面的な形式を超越した次元で、「ソナタ」を作ることに成功している。なお、時代が下るにつれて、ソナタ形式の欠如は珍しいことではなくなっていく。, 本作品の自筆譜は、第3楽章の第97小節以降が記された最後のページだけが現存し、それ以外は消失したと考えられていた[1][2]。しかし2014年に、ハンガリー・ブダペストの国立セーチェーニ図書館にて、同図書館音楽部門主任のミクシ・バラージュが、第1楽章の第3変奏冒頭から第2楽章のトリオ第10小節までが記された4ページの手稿譜を発見した。紙の透かし模様や筆跡などがザルツブルクに保管されている既知の自筆譜と一致しており、鑑定の結果、モーツァルトの真筆であると認められた。発見された自筆譜は同年9月26日に同図書館で公開、同時にコチシュ・ゾルターンによって蘇演され[3]、後に同図書館のウェブサイトで全体の写真を閲覧することができるようになった[4]。, この発見をきっかけに、本作品の研究が大きく進展することとなった。発見された自筆譜には、これまでの本文批評で基礎資料として用いられてきた初版譜との相違が複数見られ、それが従来の解釈を覆すようなケースもあった[2]ため、批判校訂版の楽譜を専門に出版するヘンレ社を筆頭に、多くの出版社からこの自筆譜に基づく新版が出版されている。, 第1番 ハ長調 K. 279 (189d) - 第2番 ヘ長調 K. 280 (189e) - 第3番 変ロ長調 K. 281 (189f) - 第4番 変ホ長調 K. 282 (189g) - 第5番 ト長調 K. 283 (189h) - 第6番 ニ長調 K. 284 (205b) - 第7番 ハ長調 K. 309 (284b) - 第8(9)番 イ短調 K. 310 (300d)a - 第9(8)番 ニ長調 K. 311 (284c)a - 第10番 ハ長調 K. 330 (300h) - 第11番 イ長調 K. 331 (300i)『トルコ行進曲付き』 - 第12番 ヘ長調 K. 332 (300k) - 第13番 変ロ長調 K. 333 (315c) - 第14番 ハ短調 K. 457 - 第15(18)番 ヘ長調 K. 533/494b - 第16(15)番 ハ長調 K. 545b - 第17(16)番 変ロ長調 K. 570b - 第18(17)番 ニ長調 K. 576b, ^a 通し番号内の()の番号は新モーツァルト全集の番号 ^b 通し番号内の()の番号は旧モーツァルト全集の番号, 変ロ長調 K. 498a (Anh.