用にスーパーターボ (不動車) を購入しました。写真の日付を見ると. President Barack Obama Motorcade Japan 2016.5.26 このスーパーターボが忘れられず、平成28年にマーチニスモSを購入しましたが、やはりしっくり来ず何かが違いました。 この度程度の良いスーパーターボを発見し、今回を逃せば永遠に乗れないと思い、購入することにしました。 Maserati Ghibli. コンパクトなサイズで小回りが利くことと、かわいいフォルムが決め手でした。 購入してから収納の多さに気が付き、運転席周りの収納には本当に助…, 一人暮らしの私にとって家族のような存在, 日常にのるぶんには申し分ないです。 2019/11/09 オバマ大統領車列伊勢神宮へ G7伊勢志摩サミット 志摩の街をアメ車車列快走!! 仕事で車のいらない地域に来てしまったため手放しましたが、とても愛らしい車でした。 愛情込めて コツコツと ツイッター始めました https://twitter.com/tomo_takeshi... 通勤に毎日使ってる愛車です。 雨でも、雪でも、お構いなし。 もちろん、水溜りをUターンなどしません。 そのマーチrのロードバージョン的存在が1989年に登場したマーチスーパーターボである。 マーチスーパーターボはエアコンこそ付けられたものの、パワステは狭いエンジンルームに2つの過給器を付けたためスペースが足りず付けられなかったというスパルタンなクルマであった。 マーチスーパーターボ用タービン+5速mtを移植した! fk10日産フィガロを紹介です。 マーチスーパーターボより流用されたタービンと 5速マニュアルミッション(公認)を移植して、 さらにトラストeマネージにて制御仕上げした。 1991年 12月、初代マーチ(k10型)の販売終了、1992年 1月、2代目マーチ(k11型)発売。後継モデルにはマーチターボは設定されずそのままモデル終了となった。 スーパーターボ ,board to hold by WEB text translation in... K10マーチYオクチェック!2017年5月7日 マーチスーパーターボ部品取り車出物もあり。 [ek-10stとやま], ダブルチャージクラブ Double Charge Club.Nissan March K10&K12, https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d209190162, https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m200246085, https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e223139258, https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f214788543, https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/s494122897, https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/l376971879, https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/q156110086, https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u143986309, THE ALL JAPANESE MODEL CAR’S WATCHE GUIDE Web版 ( 6 ). たぶん一番安いコンパクトスポーツです。K11マーチは5万円で買えてイジって走れる名車!. また、燃費の向上を目的に、全車に電動式パワーステアリングが採用されている。2代目の特徴の一つであったCVTは当初ラインナップされていなかったが、2005年のマイナーチェンジを機に1.5LのHR型エンジン+CVT搭載のモデルが復活した。CR、HRのいずれのエンジンも電子制御スロットル仕様となる。, くりくりしたヘッドランプとカエルの顔をイメージさせる特徴的なエクステリアデザインは、NTC内デザイン本部第一プロダクトデザイン部(担当:猿渡義市)によるもの。欧州向け日産車に共通するウイング型のグリルをはじめ、丸くラウンドしたルーフや、わずかに残されたリアノッチ、ショルダー部分のキャッツウォーク形状には2代目の面影を残す。競合車種と比較した場合、全長が短いことや、後ろ下がりのルーフ形状のため、後席居住性やラゲッジスペースは若干劣ることが多い。また、日本仕様車では多彩に用意された個性的な内外装色も特色であり、自動車の優れたカラーデザインを顕彰する「オートカラーアウォード」を3度(内グランプリ2度)受賞している。ちなみに、初期型に設定されていた内装色の「シナモン(オレンジ)」は開発段階で微妙だという意見が出たものの、当時最高経営責任者だったカルロス・ゴーンの「いいじゃないか!」という一言で市販が決定した。, ゴーンCEO着任後、初めて開発された車種[注釈 16]として、その売れ行きには注目が集まったが、発売初年度の日本市場では月販目標台数8,000台を大幅に上回る月平均14,000台を販売した。その後、他社から競合車が続々と発売されたこともあり、販売実績は低下傾向となった[注釈 17]。しかし近年では他社の競合車種がモデルチェンジするたびに車両のサイズを拡大する傾向にあるなか、マーチは車幅などのサイズが比較的小さい車種ということもあり、発売後4年を経過した2006年時点でも月5,000台程度をコンスタントに売り続けていた。, K12は、同一プラットフォームを利用する他のメーカー車がある他に、スタイリング改造メーカーが利用する種車にもなっている。代表的なところでは、光岡・ビュートは、リアオーバーハングを延長し、独立したトランクを備えたセダンである。以前はK11ベースであったが、2005年9月の13年ぶりとなるモデルチェンジでK12系ベースに移行した[注釈 18]。ビュートの妹分といった位置付けの、キュートもある。他にもビートル風[6]やセイチェント風[注釈 19]などといったモデルがある。, 2010年7月におよそ8年半ぶり、3度目のフルモデルチェンジを受ける。今回は日本国内での生産はなく、タイ・中国・インド(ルノー・パルスとの混産)・メキシコ・ブラジル・台湾の各工場での生産となる。日本仕様は追浜工場製からタイのタイ日産(旧:サイアム日産オートモービル)製に変更された(なお、日本向け仕様については追浜工場にてPDIが行われる)。日本での月間販売目標台数は4000台と発表された。, プラットフォームはレイアウトの最適化とシンプルなボディ構造を追及し新開発されたVプラットフォームを採用。低重心化とタイヤを四隅に配列したデザインとしたことでリアトレッドを拡大すると共に、シル部も外側へ張り出したことでコンパクトでありながら踏ん張り感のあるプロポーションとした。また、後端はわずかに跳ね上がるような流線型のルーフラインとしたことで空力性能を高め、燃費向上に貢献した。また、特徴の一つである丸型ヘッドランプやアーチを描くサイドウィンドウはマーチのDNAである「フレンドリー」を継承する為、先代のK12型に近いデザインとした。, エンジンは軽量・コンパクト・低フリクションロスに優れた燃費効率を持つ新開発のHR12DE型直列3気筒DOHC12バルブエンジンに変更となり、トランスミッションはCVTに2段変速の副変速機を組み合わせた「新世代エクストロニックCVT」を全グレードに採用。また、「12X」と「12G」には信号待ちなどの停車時にエンジンを自動停止するアイドリングストップ機構を備える。このアイドリングストップ機構はアイドリングストップ作動中にステアリングを進行方向に切り始めるとエンジンが再始動するため、ドライバーの意図に合ったスムーズな発進を可能にしており、また、ブレーキペダルの緩め方一つでエンジンの再始動やアイドリングストップの維持などを車両が最適な判断を行うことで違和感を低減している。これらにより、「12X」・「12G」は26.0km/L(10・15モード)の低燃費を達成。アイドリングストップ機構を搭載しないグレードを含めて全車「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(☆☆☆☆)」と「平成22年度燃費基準+25%」を同時に達成した。なお、日産では既存のエンジン車に次世代環境技術を搭載した"エンジン進化型エコカー"として「PURE DRIVE(ピュアドライブ)」を展開しており、4代目マーチは「PURE DRIVE」の第1弾として展開する。その証として、「12X」と「12G」にはリアに「PURE DRIVE」エンブレムが装着される。, グレード体系は装備を充実しながら100万円を切ったスタンダード仕様の「12S」、アイドリングストップ機構に加え、インテリジェントキー、カラードドアハンドル等を装備した充実仕様の「12X」、UVカット機能付プライバシーガラス(リアドア・バックドア)、オートライトシステム(フロントワイパー連動、薄暮れ感知機能付)、タコメーター、オゾンセーフフルオートエアコン、SRSカーテンエアバッグシステム等を装備した上級仕様の「12G」の3グレードを用意し、「12X」と「12G」には4WD車も設定される(4WD車のグレード名称は「12X FOUR」と「12G FOUR」)。また、オーテックジャパン扱いのカスタムカー「ボレロ」もモデルチェンジを行い、同日に販売を開始した。販売開始当初、ボディカラーは9色(うち、特別塗装色3色)が設定されていたが、「12S」は「バーニングレッド」、「パシフィックブルーパールメタリック」、「シャンパーニュゴールドメタリック」を除く6色、「ボレロ」は4色であった。, なお、3点式シートベルト(前席のみプリテンショナー機構、ロードリミッター機構も付く)、EBD付きABSが全グレードで全席標準装備。「12G」以外でもオプションでサイド・カーテンエアバッグが選択できる。, 2013年6月改良型では新たにジュークやZ34型フェアレディZに続くプレミアムスポーツバージョン(実質的にコンプリートカー扱い)である「NISMO」を設定することが発表された。マーチNISMOでは他の車種と異なり、モータースポーツファンやスポーツドライビング志向のユーザーのみならず、より幅広い層のクルマ好きユーザーにも提供できるよう、「NISMO」および「NISMO S」の2グレードが設定された。「NISMO」は、「X」をベースとした低燃費・エコ志向の1.2L・CVT車[注釈 20]。「NISMO S」は、「S」をベースとして海外向けに設定されているHR15DE型エンジンにチューニングを施して出力・トルク共に大幅アップさせた専用仕様のエンジンを搭載し、車体剛性のアップも行ったパフォーマンス志向の1.5L・5MT車(なお、5MT車は海外向けでは設定があるものの、日本国内向けでは4代目にフルモデルチェンジされてから設定されておらず、今回の「NISMO S」が日本国内向けでは唯一の5MT車となる[注釈 21])。ボディカラーは既存の「ピュアブラックパールメタリック」と「ブリリアントシルバーメタリック」に加えて、NISMO専用色の「ブリリアントホワイトパール3コートパール(特別塗装色)」の3色展開となる。この「ブリリアントホワイトパール3コートパール」は2014年5月の一部仕様向上に伴い、他のグレードでも設定できるようになった。, 2016年9月29日 - 30日にフランスで開催された「パリモーターショー2016」にて 新型「マイクラ Gen5」を初公開[23][24]。5代目モデル(K14型)が先行発表された。この欧州向け左ハンドル仕様車(マイクラ)をルノーの欧州域内の工場で生産するが[25]、この時点において日本市場向けマーチを含む欧州向け以外のマーチ / マイクラの次期モデルについて公式アナウンスはされていない。, 2017年1月からフランスのルノー・フラン工場で生産を開始。3月に欧州において発売した[26]。, プラットフォームは先代からのVプラットフォームを改良して使用。ボディは低く(-55mm)、長く(+174mm)、幅広く(+77mm)、ホイールベースも長く(+75mm)された。クラストップレベルの室内空間の広さを実現した、という。全幅は1,743mmと、日本の小型車枠を超えるサイズにまで拡大されている。, エンジンはダウンサイズされた。HR09DET型・0.9L 直3ガソリンターボ90PS、BR10DE型・1.0L 同自然吸気71PS、K9K型・1.5L 直4ディーゼル90PSの3機種。トランスミッションはすべて5MTのみ[27]。なお1.0L・NAは遅れて5月の発売とされた[28]。, 2019年1月28日、新開発エンジンを発表[29]。1.0L3気筒ターボの「IG-T」100PS(トランスミッションの違いで2種)、同「DIG-T」117PS。トランスミッションは「IG-T」には5MTに加えこれまで設定のなかったCVTが追加された。また「DIG-T」には6MTが組み合わされる。引き換えに0.9Lターボはラインナップから落とされた。この時点では1.0L NAと1.5Lディーゼルは残ったが、2020年5月時点で両者は選択できなくなっている[30]。, 日本国外ではMA12S 1235ccエンジンを搭載した車種や、Micra super(マイクラスーパー)などの独自車両も存在した。, K11型マーチが登場した頃のコンパクトカーのATは、概ね上級グレードを除いて3速であり、K11型マーチのステップATが全車ロックアップ付の4速であったことと比べると見劣りがした。, ただし、スターレットやデミオの廉価グレード、ロゴのステップATは3速であり、なおかつスターレットの廉価グレードやロゴの場合、座席がコストダウンされていたため、マーチと比べて見劣りするのが否めなかった。, ちなみに1993年10月以前のK11型マーチの場合、「i・Z」以下のグレードにはトリップメーターが装備されていなかった。, このグレード体系の見直しに伴い、最上級グレードに必ず標準装備されていたタコメーターはK12型にモデルチェンジするまで一時的に廃止された。, 当初2000年の発売を目指して「ほぼ」開発は終了していたが、ルノーとプラットフォームの共通化のため発売が大幅に遅れたといわれている。, ちなみにスポーティー仕様にも関わらず、ベースとなった「X」同様、タコメーターは標準装備されていない。, このほか、「NISMO S」にはNISMOロゴの刻印が入ったタコメーター、および220km/hまで表示されたスピードメーターが付いた2眼式コンビネーションメーターなどが装備される。, 海外からの輸送のため、ボレロ同様、ライトやバンパーはレスではなく仮装着の状態である。, Facelifted 2014 Nissan Micra / March Hatchback Puts on a New Face, NEW LOOK AND MORE TECHNOLOGY FOR NEW MICRA, https://global.nissannews.com/ja-JP/releases/release-553bf6e6f7dd5ff0d2e8d32fd7a2821b-130624-01-j, NISSAN DRIVES IN PREMIUM NEW MICRA & SPORTY MICRA ACTIVE, http://www.motorbeam.com/cars/nissan-micra/nissan-launches-micra-active-priced-at-rs-3-5-lakhs/, http://www.motorbeam.com/cars/nissan-micra/nissan-launches-micra-active-priced-at-rs-3-5-lakhs/#KFTYw5hZea46gosa.99, Nissan Announces Micra's Return to Canada, https://global.nissannews.com/ja-JP/releases/release-f4f8f00a34307623c7615be87e555111-140519-01-j, https://global.nissannews.com/ja-JP/releases/release-512d1694c7d86238a4398c7466005eda-160101-01-j, “オーテックジャパン創立30周年記念車、マーチ「Bolero A30(ボレロ エー サーティ)」を30台限定発売 - 4月11日(月)からホームページにて商談申込みの受付けを開始-”, http://www.autech.co.jp/release/20160401_01.html, https://global.nissannews.com/ja-JP/releases/release-1d6d6cd126682bd78bd24cf352002a44-170705-01-j, https://global.nissannews.com/ja-JP/releases/release-f41d272928a083642d05eed0ca000b52-200716-01-j, Nissan catapults product line-up to new level to deliver innovation and excitement at Paris Motor Show, Production of all-new Nissan Micra begins, All-new Nissan Micra: the revolution has begun, More Micra: Nissan widens powertrain range to better meet customer needs, Nissan Micra review - Engines, performance and drive, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=日産・マーチ&oldid=80198596, 2002年11月 - 「パプリカオレンジ×シナモン」の内外装色組合せと5色の外装色(コミュニケーションカラー)が第5回オートカラーアウォードのグランプリを受賞。, 2003年12月 - 外装色「ショコラ」が第6回オートカラーアウォードのファッションカラー賞受賞。, 2010年12月 - スプリンググリーン外装+ブラック×アイボリー内装が、オートカラーアウォード2011ファッションカラー賞を受賞。, そのためもあってか欧州ではマーチの名は用いず、「Micra」(マイクラ、しばしばミクラとも発音されるが、日産の公式文書及び日本名ではマイクラ)の車名で販売されている。これは英語でごく小さな長さの単位であるMicron(.