(out) 杉本竜士(→横浜FC)  > 4試合“同一カード アウェー連勝”達成 (マリノス歴代 6位タイ), ★今回の試合に勝利か引き分けだと........ (in) オビ パウエル オビンナ(←栃木), (out) 遠藤渓太(→1.FCウニオン・ベルリン)  「熱戦必至。ともにハイライン・ハイインテンシティーの“神奈川ダービー”」, ☆ 浦和戦・データボックス>2020年J1リーグ第27節(マリノス・データ・バンク), ☆ 湘南戦・データボックス>2020年J1リーグ第26節(マリノス・データ・バンク), 3.「バナナマンのバナナムーンGOLD」本編&TBSラジオCLOUD 放送リスト(2020年5月), ☆ 鹿島戦・データボックス>2020年J1リーグ第31節(マリノス・データ・バンク). (in) 前田大然(←松本) « ◎ローレル賞(2020年)穴馬予想&結果 | 2020/11/12.

【イングランド】FC東京対広島の上位決戦が今から楽しみ。東京はこの試合に勝てれば優勝できると思うんだよな。2位の鹿島に勝ち点差7というのは大きいと思う。, 【ポルトガル】東京はミッドウィークのカップ戦でヴァンフォーレ甲府に敗れたようだ。試合は見る事が出来なかったが、サブ中心だったそうだ。やや層の厚さに不安が残る。アウェーの試合が8試合続く中でコンディションが全員持つとは考えられない。, 【スウェーデン】広島は大逆転優勝のためには必勝だろう。ここにきて若手がどんどん育ってきている。森島司、松本泰志はどこのチームへ行っても活躍するだけの能力がある。東俊希の恐るべきテクニックにも注目している。, 【ブラジル】私もサンフレッチェがかなり順位表をかき回すと予想しよう。サロモンソンやレアンドロペレイラもいるし。佐々木を中心とした堅い守備に、優秀なアタッカーが揃ってきた。, 【韓国】アントラーズがしぶとく2位につけているのが流石だ。ACLが少し気になるところだが、多くのメンバーが復帰してきている。特に内田が戻ってきたのは士気が上がるだろうね。, 【ブラジル】同じライトバックに小泉慶を補強したのも的確だ。一番層が薄いと思っていたポジション。名古がセンターハーフで頭角を現してきたのも大きいだろう。上手くて捌ける選手。, 【タイ】トリニータの田中達也は強烈なドリブラーだからマッチアップが楽しみだ。抑えるのは難しいが、後半まで体力が持たないと思う。, 【ドイツ】大分は藤本憲明の流出が痛いが、最近はオナイウ阿道が出ていたので致命的というほどではないと考えている。攻撃陣は大宮から嶋田慎太郎もレンタルしたし。トリニータが獲得する選手はシステムの中で才能を発揮することが多いんだよね。, 【ブラジル】フロンターレは謎の失速をしている。パスが繋がらないシーンが目立つ。カウンターの餌食になっている。, 【スペイン】累積警告でCBのジェジエウと谷口が出られないのは恐怖だろう。車屋と山村は一応経験があるはずだが未知の組み合わせだ。仙台の強烈なカウンターに沈められる可能性は高い。, 【ドイツ】ジャーメイン良のようなスピードのある選手を山村は苦手としている気がする。名古屋戦では少しスローな印象を受けたので。, 【スペイン】マリノスはセレッソと熱い上位対決だが、GKパクイルギュの怪我が大きすぎるね。似たタイプの飯倉を放出してしまった瞬間にアクシデントが起こるとは思わなかっただろう。, 【ブラジル】リスキーなビルドアップの出来るキーパーは貴重だ。トリニータの高木駿のように存在自体が戦術になっていることもある。, 【アルゼンチン】ヴェルディにいたMF渡辺皓太の評判がかなり良いので注目してみたい。中川風希やエリキ、マテウスも出るのかな?とにかく補強が速いチームになったという印象。, 【アメリカ(琉球サポ)】セレッソはいきなり鈴木考司をラインナップに入れたりしないかな?琉球にとっては悲劇としか言えない流出だ。時間の問題ではあったが…。, 【シンガポール】エスパルスと札幌、決定力ならば清水に軍配が上がるだろう。ゴールの神ドウグラスがいるからね。, 【スペイン】清水の最も優れた選手はヘナトアウグストだと思う。ボールの回収率は抜群だし、高さもある。1人で中盤を制圧できる選手。しかもよく走る。, 【タイ】札幌はチャナティップがどんどんチャンスを作って鈴木武蔵とジェイが外すというパターンが完成している。タイでも鈴木武蔵は有名選手になった。, 【タイ】鈴木がシュートを決めだしたら来年は得点王も狙える能力があると思っているけどね。物凄くスピードがあるし。タイである意味人気なのは本当だね。, 【韓国】神戸対浦和はほとんど神戸について語りたい。外国人の3バックもありえるという状況が楽しみだ。酒井高徳の補強も完璧だ。, 【スペイン】カップ戦で山口蛍をかなり使っていたのが気になる。アンカーはほとんど人がいないのに。, 【イタリア】ヴィッセル神戸はACLの出場を目標にしているからね。カップ戦も本気なのだろう。オーナーはイニエスタやビジャ、ポドルスキをアジア中に自慢したいのかもしれない。, 【韓国】ベルマーレが大変だというニュースを聞いた。真実はまだ語られていないが、チョウキジェ監督が問題を起こした可能性があるという。, 【オーストラリア】武富が浦和レッズに戻ったり、かなり慌ただしい状況であることは確かなようだ。魅力的なチームなだけに本当ならば残念だ。, 【スペイン】サガン鳥栖のトーレスに出て欲しいが、イエローカードが溜まっているので出さないかもしれない。次の神戸戦で華々しく引退するはずだからね。, 【スペイン】数年前はイニエスタやビジャのいる日本のチームと引退試合をするとは想像もしていなかっただろう。個人的には警告を貰って引退を撤回して欲しいね。, 【スペイン】神戸のメンバーは凄いな!いきなり酒井高徳を使うのかよ。よほど左サイドに思う所があったのかもしれない。, 【ドイツ】うーん、メンバーだけを見たら凄く豪華だ…。ウェリントンは少し調子を落としているからお休みかな。浦和は杉本が先発に名前を連ねているね。, 【ブラジル】仙台の安定したメンバーに比べて、川崎のディフェンスラインから非常に危険な香りがするぞ!打ち合い上等という感じだ。, 【アルゼンチン】マリノスは補強をフルに活用している感じだ。これで上手くいったらフロントの給料を上げるべきだな。エリキ、マテウス、渡辺。, 【アメリカ(琉球サポ)】鈴木考司もいきなりサブに入っている!悲しいけれど頑張ってくれ。, 【スペイン】トーレスはさすがに試合を回避したな。いろいろ大変そうな湘南は前節とメンバーが同じで、あまり動揺は感じられない。, 【タイ】トリニータは小林祐紀をいきなり組み込むのか。これで上手くいったら凄いな。前線にティティパンを使うのは個人的に賛成!, 【ブラジル】鹿島はサブまで豪華になってきたな。内田が戻ってないのは意外だけれど、良いメンバーだ。, 【イングランド】東京と広島は現状で組める最高のメンバーに見える。予想通り広島の東も入った。かなり熱い戦いになるはずだ!, 【ブラジル】とても切れ味のあるドリブルだ。シュートはディフェンスの手に当たって入ったのでアドバンテージ。, 【タイ】チャナティップのパスの時は足が絡まっているのにおかしいじゃないか。スムーズすぎる。, 【インドネシア】仙台のディフェンスラインがバラバラになっていたのを田中碧が狙ったね。, 【スペイン】山口蛍のキックフェイントは最高だったが、おそらく普通にシュートしても入っただろう。中で完全にフリーになっていた。, 【イングランド】山村と車屋のCBはかなり危ないな。長沢にロングボールをほとんどおさめられている。, 【ブラジル】エリキのスルーパスにディフェンスが触って絶妙な場所へ転がってしまった。, 【韓国】外を使うと見せかけてカットインしたね。大外を走っていたのは小泉か?素晴らしい献身性だ。, 【ポーランド】この形はキーパーにとって動けないんだよね。バウンドしてゴールに向かってくるタイプのボール。, 【フランス】その通り。現在イニエスタのPKが生で見られるのは世界でJリーグだけである。, 【ブラジル】いろいろなトピックがあったがコンサドーレが全て持って行ってしまったようだ。, 【ブラジル】ガンバ大阪はミッドウィークのカップ戦で大学生に負けて敗退してしまい、ファンはネガティブになっているらしい。, 【マレーシア】日本の大学はレベルが高すぎる。施設面ではプロよりも良い環境でやっている所もある。法政大学もその1つであり、プロの卵がたくさんいるチームだ。, 【シンガポール】試合は見られなかったが、内容も若い大学生のプレスに苦しんで完敗したと聞いた。福田は頭を打ち欠場かも。井手口はコンディションが悪く懲罰のような交代をさせられてしまったようだ。, 【韓国】宇佐美やアデミウソンが下がって受けたがり、エリアの中に誰もいない事が多い。矢島のパスや高江、倉田の運動量をもう少し信じても良いのではないかと思った。, 【チリ】磐田はCBの中心の大井が怪我なのがまずいね。彼とカミンスキーが最後の堤防になっていたから。, 【ポルトガル】ルキアンとエベシリオもまだ実力がいまいち掴めない。じっくり見てみたいね。膠着状態から今野がヘディングで決める気がする。, 【ブラジル】松本対名古屋はどうなるだろう?やはり名古屋がボールを回して松本はひたすら守る展開になるのだろうか。, 【イングランド】その可能性は高いが、松本の最近の試合を見ていると結構パスを繋ぐんだなと思った。前線の阪野、セルジーニョ、杉本の連携が良くてフィニッシュまで行けている。, 【オーストラリア】CB水本の補強も良かったようだ。5-4のブロックを作るチームは名古屋が苦手なタイプだと思う。松本の攻守の切り替えは速いので中盤でロストはできない。, 【ブラジル】最近の名古屋は比較的守備も意識しているので油断はないだろう。中谷や宮原が気の利いた動きをして守っている。, 【スペイン】和泉は良い選手だなと思う。ドリブルだけではなく点ももっと取るようになったら最高だ。, 【ブラジル】名古屋はメンバーが固定されてきたね。ジョーカーが少ないような気がするけれど強力なラインナップだ。, 【イタリア】松本は杉本ではなく永井龍を使うんだな。守備陣に橋内が戻ってきたのは大きいと思う。彼がいなくなってからおかしくなったからね。, 【スペイン】ガンバ大阪のメンバーは意外なものだ。遠藤保仁のアンカーは運動量の面で諦めたものだと思っていたからね。, 【ドイツ】矢島はカップ戦にも出ていたからコンディションを考慮したのかもしれない。パトリックと宇佐美の組み合わせは凄く楽しみ。, 【ペルー】ジュビロはファビオを出すんだね。しばらく実戦から離れていたと聞いたけれど大丈夫かな?, 【ブラジル】かなり危険なメンバー構成に見えるが、磐田の監督にも考えがあるのだろう。エベシリオと新里はともかく、今野までサブとは思い切った。, 【シンガポール】それにしては距離がある。カミンスキーはファビオがクリアしてくれると信じていたのでは?, 【スペイン】ネットがディフェンスラインに入りこむことはよくあるが、長いパスを出すのは珍しいな。, 【オーストラリア】激しいブーイングだ。この試合は決めきるチャンスがあっただけに気持ちは分かる。, 【公式】ゴール動画:福森 晃斗(札幌)84分 清水エスパルスvs北海道コンサドーレ札幌 明治安田生命J1リーグ 第23節 2019/8/17, 【公式】ゴール動画:鈴木 武蔵(札幌)57分 清水エスパルスvs北海道コンサドーレ札幌 明治安田生命J1リーグ 第23節 2019/8/17, 【公式】ゴール動画:ジェイ(札幌)79分 清水エスパルスvs北海道コンサドーレ札幌 明治安田生命J1リーグ 第23節 2019/8/17, 【公式】ゴール動画:山口 蛍(神戸)59分 ヴィッセル神戸vs浦和レッズ 明治安田生命J1リーグ 第23節 2019/8/17, 【公式】ハイライト:湘南ベルマーレvsサガン鳥栖 明治安田生命J1リーグ 第23節 2019/8/17, 【公式】ゴール動画:相馬 勇紀(鹿島)71分 大分トリニータvs鹿島アントラーズ 明治安田生命J1リーグ 第23節 2019/8/17, 【公式】ゴール動画:金井 貢史(鳥栖)90+5分 湘南ベルマーレvsサガン鳥栖 明治安田生命J1リーグ 第23節 2019/8/17, 「レッズ関根の弾丸ヘッドとトリニータというスリル」J1リーグ第21節(日曜日)を見た外国人の反応, 「エリキバイシクルでマリノス独り勝ち!」J1リーグ24節(土曜日)を見た外国人の反応, 「イニエスタが最も信頼している日本人」Jリーグベストゴールランキング(8月10日~8月11日)を見た外国人の反応, 「悪夢のようなチップパス」J2リーグ第32節(ヴェルディ対徳島)を見た外国人の反応.

「 16位  4勝 5分 16敗 勝点 17 21得 39失 得失 -18 」, 湘南戦は、1997年2ndステージから2015年まで11試合負けなし(2015年の2ndステージで引き分けるまで10連勝)、その期間に2点差以上離して勝利したのが11試合中9試合と、2016年1st第9節(ホーム)で19年ぶりに敗れるまではお得意様といってもいいほどに相性抜群でした. 優勝目前マリノスが提示する先進性。 松原健「従来のSBとは180度違う」。 posted 2019/12/02 12:00  * Y = ユース出身 / J = Jrユース出身(トップチームに昇格せず) JRA史上初、3冠馬3頭が揃い踏み… 参戦を決めたそれぞれの理由, 他球団スカウト「あぁカープに獲られた!」「1番のビックリ指名はDeNAの…」 ドラフトウラ話【広島・DeNA編】, 巨人、大量16人「戦力外通告」の真相 原辰徳監督の戦略と台頭する“第7世代”の実態とは, 「2年連続最下位オリックスがなぜ“高校生”ばかり…」が的外れなワケ ドラフトウラ話【オリ・楽天編】, 「他のベテラン選手はどうしている?」オシムが日本でずっと気になっていた“あの選手”とは, 大山加奈が不妊治療の全てを明かした「キャリアと自分の人生、両方を手に入れられる社会になってほしい」, 自動車部品の検品をしていた遠野大弥はなぜフロンターレに? 「1年は待てません」から始まった福岡生活, 引退発表当日…オシムが語った“サッカー選手・中村憲剛”「できることなら撤回してほしい」. (in) 堀田大暉(←金沢), 【対戦相手の元所属選手】 カテゴリー:グッズ ガチャフェス2020@マリガチャコーナー開催のお知らせ.

優勝目前マリノスが提示する先進性。 松原健「従来のSBとは180度違う」。 posted 2019/12/02 12:00 (out) 前貴之(→松本)  > 10試合連続“アウェー得点”達成 (マリノス歴代 7位タイ) (out) 池田航(→相模原)

2020/11/12. (in) ジュニオール サントス(←柏) (out) 山本義道(→磐田)

グッズ. (in) 角田涼太朗(特別指定/筑波大) "ธีราทร"เล่าเบื้องหลังดีลซบมารินอส, Theerathon Bunmathan - ブリーラム・ユナイテッドFC公式サイトの紹介, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=テーラトン・ブンマタン&oldid=79721840.  > 14試合“同一カード アウェー負けなし”達成 (マリノス歴代 記録更新), ★今回の試合で得点すると........ (in) 高丘陽平(←鳥栖) (in) 天野純(←ロケレン) 遠藤 渓太(えんどう けいた、1997年 11月22日 - )は、神奈川県 横浜市 旭区出身のプロサッカー選手。 神奈川県立瀬谷高等学校卒業。 ブンデスリーガ・1.fcウニオン・ベルリン所属。 ポジションはミッドフィールダー。 日本代表 | ◎ロジータ記念(2020年)穴馬予想&結果 », マリノス: 横浜f・マリノス「すべてはマリノスのために」 fc東京「ノーリスクハイリターン」…優勝決定戦前夜の両陣営まとめ 【速報】j1優勝争い直接対決は前半で横浜f・マリノスが2点リード!fc東京は最低6点が必要に 【速報】横浜f・マリノスが15年ぶりj1制覇! ティーラトン・ブンマタン(泰: ธีราทร บุญมาทัน, 1990年2月6日 - )は、タイ王国・ノンタブリー県出身のプロサッカー選手。Jリーグ・横浜F・マリノス所属。登録ポジションはディフェンダー。日本での登録名はティーラトン。, ブリーラム・ユナイテッドFCの主力の一人として、チームの成功に大きく貢献した。特にフリーキックから多くの得点やアシストを生み出してきた。AFCチャンピオンズリーグには2012年から連続して出場しており、2013年は準々決勝のエステグラル・テヘランとの第1戦を除く、10試合に先発フル出場を果たし、グループリーグ最終節のFCソウル戦で決勝トーナメント進出につながる同点ゴールを決めた。また大会ベストイレブンと7人のサブメンバーからなるドリームチームにサブメンバーの1人として選出された。2014年はセレッソ大阪とのホーム試合で先制ゴールを決めた。, 2013シーズンはタイ・プレミアリーグの最優秀選手賞に選ばれた。10月の月間最優秀選手賞も受賞した。, 2015シーズン、AFCチャンピオンズリーグのグループリーグにおいて、ガンバ大阪戦ではアウェイ戦で直接FKを左足で決め、ホーム戦ではCKを左足で直接決めるなど、「悪魔の左足」と称された。, 2018年、日本のヴィッセル神戸に期限付き移籍で加入[1]。神戸には元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキ、7月には元スペイン代表のアンドレス・イニエスタが加入し、最終節には同じく元スペイン代表のダビド・ビジャが来季から加入するため神戸に観戦に訪れていた。この状況に自身のフェイスブックに「なんて、Jリーグの1年なんだ! (out) 朴一圭(→鳥栖) FC Union Berlin (ドイツ)へ期限付き移籍のお知らせ, 「やっぱスゲーわ」「何気に難しいやつだ」遠藤渓太が決めた待望のブンデス初ゴールにファン歓喜!負傷交代を心配する声も…, “遠藤渓太選手・仲川輝人選手・畠中槙之輔選手 EAFF E-1サッカー選手権2019 決勝大会 SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー選出のお知らせ”, https://www.f-marinos.com/news/category=5_id=6650, “SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー・スケジュール ~EAFF E-1サッカー選手権2019(12/10~18@韓国)~”, https://www.jfa.jp/samuraiblue/news/00023750/, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=遠藤渓太&oldid=80341225, 2010年 - 2012年 横浜F・マリノスジュニアユース(横浜市立万騎が原中学校), TAG Heuer YOUNG GUNS AWARD・ベストイレブン(2018年), スポーツ・フォー・トゥモロー(SFT)プログラム 南米・日本U-21サッカー交流(2018年). 喜田拓也が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算159試合出場となり、中町公祐(05-10)と並びマリノス歴代19位タイとなります

(in) 松田詠太郎(←相模原) 湘南  : (in) 小池龍太(←ロケレン) (in) 平松昇(特別指定/立正大) 11月30日のJ1第33節、横浜F・マリノスは川崎フロンターレのホームで、4-1の快勝を収めた。2位のFC東京が浦和レッズと1-1で引き分けたため、横浜のリーグ優勝こそ持ち越されたが、この日も今のマリノスの勢いと際立つ特長が存分に表れていた。, マテウスが豪快なドリブルでサイドをえぐり、速い折り返しをファーサイドの仲川輝人が「お腹あたり」で決めて、序盤に先制。横浜の快進撃を牽引する27歳のアタッカーは「逆サイドに自分がいるのは(チームの)決まりごと。でもゴールは偶然というか」と謙遜するが、出場5試合連続得点で同僚マルコス・ジュニオールと並ぶ15得点となり、スコアランキングのトップタイに立った。, 後半の3得点にも、アンジェ・ポステコグルー監督の教えが感じられた。69分のチーム3点目のシーンでは、大津祐樹からの右奥へのスルーパスに仲川が抜け出し、指揮官から求められている「ワンタッチのクロス」で、エリキのゴールをお膳立て。89分の4点目の場面では、ハイプレスで相手からボールを奪ったエリキがGKとの1対1を迎え、ハットトリックの可能性もあるなか、並走する遠藤渓太にギフトを贈った。, 自らの記録よりもチームの勝利を優先したブラジレイロの判断にも、利他性を重んじる指揮官の哲学が滲む。, ただ戦術的なカラーがもっとも顕著だったのは、49分の2点目だと思う。なにしろ、ライトバックの松原健が“トップ下の位置から”左前方にスルーパスを通し、駆けてきたエリキの鋭いシュートをアシストしたのだ。, 偽のSBと呼ばれるこの役割は、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が考案したものとされるが、最近のシティでは以前ほどSBが中に入っていかない。流動性の高い攻撃という点において、今はシティよりもマリノスの方が色は濃い。, いい顔に迫る資生堂クロストーク「ONE ON ONE」髙梨沙羅(女子スキージャンプ選手)×吉岡里帆(女優), 「“鹿島っぽさ”を大切に、サポーター目線のコンテンツを」 5Gマルチアングル観戦体験で見えたこと, 「SHISEIDO presents 才色健美 with Number」 最新コラム(大友愛さん)公開中!, ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。, 「24年もかかってごめんね」元SMAP森且行が3つに分かれた5人を再び“1つ”にした日, 心で叫んだ…ヤクルト3位「なぜ指名して欲しくない選手だったか」 ドラフトウラ話【ヤクルト編】, ドラフトウラ話【ソフトバンク・ロッテ編】 ホークス関係者が明かした「天才ショート探してます」その結果は?, 空前絶後のジャパンカップに!? 遠藤 渓太(えんどう けいた、1997年11月22日 - )は、神奈川県横浜市旭区出身のプロサッカー選手。神奈川県立瀬谷高等学校卒業。ブンデスリーガ・1.FCウニオン・ベルリン所属。ポジションはミッドフィールダー。日本代表。, 2016年、下部組織から横浜F・マリノスに入団。同期は和田昌士。3月12日、第3節のアルビレックス新潟戦でプロ入り初出場で初先発を飾る。4月30日の湘南ベルマーレ戦でA契約に必要な出場時間450分以上を達成した。, 2年目の2017年は、4月26日のルヴァンカップ第3節のアルビレックス新潟戦でプロ初得点をマーク[1]。9月30日、第28節のガンバ大阪戦では松原健の怪我によって急遽出場したが、J1リーグ初得点を決めて勝利に貢献した[2]。10月14日、第29節の大宮アルディージャ戦で今季初先発を果たした。10月21日、第30節の鹿島アントラーズ戦では決勝点を決めて勝利に貢献した。12月23日、天皇杯準決勝の柏レイソル戦では途中出場から決勝点をアシストして勝利に貢献した[3]。, 3年目の2018年、遠藤と同じく横浜FM下部組織出身の齋藤学が過去に着用した11番に背番号を変更[4]。10月22日、ルヴァンカップでの活躍が評価されてニューヒーロー賞に選出された[5]。, 2019年シーズンは、8月24日の第24節・名古屋グランパス戦にてJ1通算22000ゴールとなる得点を記録すると[6]、8月31日の第25節・ガンバ大阪戦では2試合連続ゴールを決めるなど活躍を見せる[7]。第34節・FC東京戦では途中出場から優勝を決定付ける3点目のゴールを決めた[8]。最終的にJ1ではキャリアハイとなるシーズン7得点を記録し、チームの15年ぶりとなるリーグ制覇に貢献した。, 2020年7月12日、第4節のFC東京戦でJ1リーグ通算100試合出場を達成し、その試合で自ら得点を挙げた[9]。7月25日、ドイツ・ブンデスリーガの1.FCウニオン・ベルリンへの期限付き移籍(買取オプション付き)が発表された。期限付き移籍期間は2021年6月30日まで[10][11][12]。11月7日、ビーレフェルト戦で初先発を果たすと、移籍後初ゴールを決めた。[13], 2017年5月、FIFA U-20ワールドカップのメンバーに選出。5月27日、U-20イタリア戦でスタメンに抜擢されると堂安律の得点をアシストして決勝トーナメント進出に貢献した[14]。7月、AFC U-23選手権2016 (予選)に出場し、2試合連続で得点を決めた[15]。, 2019年12月にはEAFF E-1サッカー選手権2019に出場する日本代表メンバーに初選出され[16][17]、12月10日の中国戦で代表初出場。, 目指すは「齋藤学超え」…新進気鋭の20歳・遠藤渓太が描く未来図とは【J1注目選手:横浜F・マリノス】, 前節2発も先発落ち…「何でだろうという気持ち」をバネに、横浜FM遠藤渓太が千金追加点, 遠藤渓太選手 1. ティーラトン・ブンマタン(泰: ธีราทร บุญมาทัน, 1990年 2月6日 - )は、タイ王国・ノンタブリー県出身のプロサッカー選手。 jリーグ・横浜f・マリノス所属。 登録ポジションはディフェンダー。 日本での登録名はティーラトン

今、同じ部屋に3人のワールドクラスプレーヤーがいる。この雰囲気は忘れられないものだ」と綴っている[2]。同シーズン終了後、移籍期間満了により神戸を退団[3]。, 2019年、ムアントンへの復帰が決定していたが、1月のタイ代表として参加していたアジア杯中に横浜F・マリノスへの期限付き移籍でのオファーが届き、その日のうちに決断するよう伝えられて移籍を決断した[4][5]。開幕直後はレギュラーを掴めなかったが、第12節からレギュラーを掴み、出場停止で出場出来なかった1試合を除き、そこから全試合出場している。8月31日、ガンバ大阪戦で来日初ゴールを決めると[6]、次の試合の9月14日に行われたサンフレッチェ広島戦で2試合連続となるゴールを決めた。12月7日、勝てばリーグ優勝の決まる最終節・FC東京戦では、先制ゴールを決めてチームの優勝に貢献。タイ人初のJリーグ優勝を成し遂げた[7]。シーズン終了後には、Jリーグ優秀選手賞に選出され[8]、母国タイの年間最優秀選手賞に選出された[9]。, 2012年9月12日、ラオスとの親善試合でPKから代表初得点を決めた。同年12月13日には2012 AFFスズキカップ(第9回東南アジアサッカー選手権)のマレーシア戦で通算2得点目を決めた。2012年度のAFFスズキカップでは左サイドバックのポジションで大会ベストイレブンに選出された。, 2013年に開催された第27回東南アジア競技大会にはU-23タイ代表の主将として臨み、金メダルを獲得した。, 「ポドルスキ、イニエスタ、そしてビジャが同じ部屋に…」神戸・ティーラトン、超大物の加入に興奮, หมดหวังไปแล้ว!