準備体操とウォーミングアップは、長距離走の前に必ず行ってください。 準備体操とウォーミングアップは走る準備という意味では同じですが、その効果を分かりやすくするために、あえて分けてみると、 1. Copyright © 2020 マラソン解体新書 All Rights Reserved. 誰もが経験したことがあるランニング中の脇腹・横腹の痛み。ランニング用語では"差し込み"とも呼ばれています。この代表的なレーストラブルである差し込みの原因とその対処方法を紹介します。

ランニング中に臀部(お尻)に痛みを感じたことはないでしょうか?症状が酷くなってくると、着地の度に臀部に痛みが走り、まともに走れなくなってしまう可能性もあります。違和感や痛みを感じている方は、早めに対処していくようにしましょう。 利... マラソンは貧血になりやすいスポーツの1つです。貧血状態になるとスタミナが低下し、自分のパフォーマンを出し切ることができません。貧血の原因と対策について知識を増やして、パフォーマンスの向上に繋げましょう!, マラソンで少しでも良い記録を出すためには、レース中にエネルギー切れを起こさないことが大事です。今回は、「カーボローディング」と呼ばれる食事対策を紹介します。, 目標タイムを達成するためには絶対避けたい足のつり・痙攣。トラブルが発生すると、日々の練習の成果が出せず、レースが台無しになってしまいます。トレーニングによる対策やレース中にできる対策など、役立つ情報を紹介します!!. 東京マラソンの解説をしていた青山学院大学の原晋監督が、山の神と呼ばれた神野大地選手は差し込みが起きやすいと話されておりました。 現に東京マラソン後のインタビューで神野選手は下記のようなことを発言されています。

足のケガ・トラブルの1つとして、足の甲の痛みがあります。痛みが酷くなると、ランニングはもちろん、歩く時にでさえ痛みを感じる場合もあります。ランニング中あるいはランニング後に足の甲に違和感や痛みを感じているランナーは、早めに原因を特定して対処していくようにしましょう。 準備体操やストレッチは、主に筋肉や腱などの準備 2. 2018/9/17 2018/11/28 マラソントレーニング, マラソンレース対策. ウォーミングアップは、主に心肺機能の … マラソントレーニング, マラソンレース対策, ランニングをしていると脇腹が痛くなることがあると思います。レース中に痛み出すと、ペースが落ちたり、歩いたり非常にやっかいなものです。この脇腹の痛みの原因と対策をさぐります。, ランニング中の脇腹の痛みのことを「差し込み」とも呼びます。差し込むような痛みがすることから、このような呼ばれ方になったのかもしれませんね。東京マラソンの解説をしていた青山学院大学の原晋監督が、山の神と呼ばれた神野大地選手は差し込みが起きやすいと話されておりました。現に東京マラソン後のインタビューで神野選手は下記のようなことを発言されています。, 「なんとか(痛みが)なくならないかなと思っていたんですが、腹の真ん中が痛くてよくならなかった。後半、痛みが我慢できなくなってからは、粘るというよりゴールするのがやっとな感じで、タイムがかなり落ちて……。差し込みがなければ確実に2時間8分台は出ていたので、(8分台に)いけたのに、いけなかったという悔しさでいっぱいでした」, ランニングによる衝撃で体が揺れることで、内臓も揺れます。その揺れにより、横隔膜が引っ張られることで生じるのが右脇腹の痛みの原因だと言われています。対策としては、揺れが原因ですので、スピードを落とすことがもっとも回復への近道となるようです。また、ウォーミングアップをしっかりやることも対策になります。普段より速いペースで走る時にもなりやすいですので、普段の練習で速いペースにも体を慣れさせ、フォームを安定させることも必要でしょう。, ランニングのような激しい運動を急にすると、筋肉の酸素が不足するために、脾臓にストックされた血液が全身へ放出されます。その時に脾臓が急激に圧縮されることで痛みが生じると言われています。対策としては、急激な運動にならないように、アップをしっかりやることが必要です。レース中に生じた場合は、左手を高く上げたり下げたりし、腹部のストレッチをすることも効果があると言われています。マラソンレースを見ているとこの行為はよく目にしますよね。, 下腹部が痛む時は、腸内にガスがたまっていることなどが原因であると考えます。また胃部の痛みは、消化不良等による痛みも考えられます。レース前は、消化の良いものを2、3時間前には食べ終わるようにしたいですね。, 脇腹の痛みは、胃の中にある消化していない食物が当たって痛むのだと思っていた人も多かったと思いますが、実は、その他にも違った要因が影響していることがわかりました。共通して言えることは、普段の練習や、当日のアップが対策になるということです。また、メンタル的なもので、腹部が痛む場合もあるでしょう。体をランニングに慣らすことで、この嫌な痛みに遭遇しないようにしたいですね。, ランニングを始めると気になりはじめる月間走行距離。月100〜200km走る時の計画のイメージをご紹介します。, 忙しいランナーは必見。質を追求した練習時間を効率的に確保できる「二部練」をはじめてみませんか?, 足の甲の痛みがあるランナーは靴紐の結びすぎによる腱鞘炎の可能性も!マラソンやランニングで生じる足の甲の痛みの原因と対策をご紹介します。, ランニングを始めると気になるのが日焼け。日焼け止めにおすすめの対策や商品を紹介します。, マラソン会場までの服装に悩む方に役立つ情報です。少しスタイリッシュなスポーティーな服装で、おしゃれに出かけよう!, フルマラソンのレースで悩むのがエナジージェルの携帯方法。大きなポーチをつけなくても携帯できる便利なランニングパンツをご紹介します。, 心肺機能が効率的に高まる坂道インターバルのトレーニング方法や、効果についてご紹介します。. ランニング関連情報を中心に、趣味や暮らしに役立つアイテムや情報をご紹介していきます。, 2018/9/17 先日行われた東京五輪のマラソン代表選手を決めるマラソングランドチャンピオンシップの男子のレースは大変見応えのあるものになりました。日本記録保持者の大迫傑選手に33km地点で差し込みが襲ったようで、脇腹を押さえながら走っていました。結局、ラストスパートの余力は残っておらず3位という残念な結果に終わってしまいました。情報ワイド番組でもこの差し込み(脇腹痛)ついて解説されていました。原因は肝臓の揺れによる横隔膜の引張、脾臓からの急激な血液の流れ、腸内のガスによる腸管の張り、などだそうです。横隔膜は焼肉で食べるハラミになりますが、呼吸に必要な筋肉です。横隔膜の痛みは、①筋肉中に蓄えられていたエネルギー源が枯渇しエネルギーを新生するために筋肉中のタンパク質が分解される筋肉に異変が起きるため、②横隔膜を養う血管の攣縮、③横隔膜筋の酸欠(ミオグロビンが少ない)、などによって痛みがでるのではないかと私は考えています。横隔膜筋の痙攣や横隔膜を養う血管の攣縮を予防すれば差し込みが起きにくくなるのではなるかもしれません。血管の攣縮は、カルシウム不足やアラキドン代謝異常で発生します。走行中は大量に汗をかきますので、カルシウムなどのミネラルが汗から失われているはずです。ならば、途中の水分補給で適切な形でエネルギーを摂る、BCAAをしっかり摂取する、カルシウムをしっかり摂取する、血流をよくするビタミンEを摂取する、アラキドン代謝を改善すること、ミオグロビンを増やす、などの栄養アプローチによって差し込みを予防できるのではないでしょうか?尚、腸管のガス対策は、腸内細菌の改善が有効だと思います。MGCの女子のレースでは岡山のてんまや陸上部の前田穂南選手が見事優勝して東京五輪代表の座をつかみました。今までも、何人もてんまや陸上部の選手が五輪のマラソン代表になっており、ある機会に天満屋の伊原木会長(娘さんと中学高校が一緒だったご縁があります)に、栄養療法をするとマラソンの成績が上がりますよ、とお伝えしたことがあります。しかし、チームDr.が既におられましたので、私の出る幕はなく栄養療法を受けることなく五輪の臨まれました。結果は・・・でした。大迫選手、前田選手に是非栄養療法を行って勝利を勝ち取って欲しいものです。.