ヤリス絶好調の裏で苦悩 かつての大ヒット車トヨタアクアの行末, 機能よりモノっぽさで勝負!? マツダ渾身のプレミアム直6ディーゼル計画!! メルセデスAMGが日本人のお金持ちに愛される理由とは, ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…. 「ユーノスエディション」が発売!, マツダの「ロータリー」復活に熱狂! でもなぜEVに搭載? 祖先の「デミオEV」とは, マツダが縦置き直6エンジンの開発を発表 「生きてたぁ!」「噂は本当だったんだ!」「イカれまくってる」などアツい反響続々, なぜマツダ「MX-30」はEVではなくマイルドHVを先行発売? 発電機でロータリー復活も, マツダから遂に待望のロータリーが復活! けど“これじゃない感”は否めない!?【みんなの声を聞いてみた】, 工藤静香が旦那への愛の言葉 それって「匂わせ」って言うんですか? ネット上では“ファンらしき人々”が大ブーイング, 秋篠宮と親交の深いジャーナリストが緊急寄稿「眞子さま〈お気持ち〉公表で“国民の祝福”や“金銭問題”はどうなるのか?」, SixTONESの“生歌”とジャニーズ口パク問題が波紋 新曲売上がSnow Manの半分以下でバトル勃発も, 福山雅治、驚きのデビュー秘話語る 車のマフラーが落ちていなかったら…「今の事務所に入ってないかも」, 【巨人】原監督が今季限りで退任のラミレス監督に「また戻ってこいという形でご苦労さん、と」試合後に花束贈呈, 【巨人】岡本和真が感謝の言葉 医療従事者、裏方、コーチへ「いろんな人がサポートしてくれた」本塁打&打点の2冠が確定, 【お金は知っている】バイデン氏「大きな政府」は浮かれ過ぎか 鳴り潜める「小さな政府」主義がいつ復活するかもしれない, 【有本香の以読制毒】米大統領選、法廷闘争突入で「第2の南北戦争」との声も トランプ&ジュリアーニのタッグで現代の“マフィア浄化作戦”に挑む, 共和党の弱腰と民主党の左傾化で現実味を帯びてきた「2024年、トランプ大統領復帰」シナリオ, 小林麻耶騒動からみるYouTube告発の有効性と問題点 失われた信頼関係が決定打に, 「アルコール手荒れ」は絶対NG、感染リスクになるって本当?医師が教える正しい消毒は, 【それな】あのとき買ったエコバッグ、どうなった? メルセデスAMGが日本人のお金持ちに愛される理由とは, ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…, う、美しい… 直6+FRで発売決定! ?【ベストカースクープ戦記】, 置き去り? ホンダ ザッツの叶わなかった挑戦【偉大な生産終了車】, 「アーマーゲー」と呼ばないで! ヤリス絶好調の裏で苦悩 かつての大ヒット車トヨタアクアの行末, 機能よりモノっぽさで勝負!? 新型マツダ6と同じく直6+fr化で上級化 「fr化+直6エンジン搭載」でbmw x3的な存在に?(画像はベストカー予想cg) ミッドクラスsuvでマツダsuv軍団のなかでも主力のcx-5もいよいよフルモデルチェンジ。 初代と現行2代目は3代目アテンザ(現マツダ6)とプラットフォームを共有しているが、新型 … 以下、解説します。 文:ベストカー編集部 ベストカー2018年4月26日号「Super Spy Scoop FRの復権」より. ちょうど1年前の2019年5月9日、マツダは決算報告会見の場で、今後の商品開発の展開として、直6エンジン、FRプラットフォームの正式に発表した。このなかで「Largeアーキテクチャー」について、以下の開発項目を挙げている。, ●直列6気筒SKYACTIV-X●直列6気筒SKYACTIV-D GEN2●縦置きアーキテクチャー化(i-ACTIV AWD含む)●48Vマイルドハイブリッド/プラグインハイブリッド すなわち、Dセグメントを想定したラージプラットフォームは縦置きエンジン後輪駆動で開発。, エンジンは直列6気筒を新開発し、ガソリンエンジンはSPCCIエンジンのSKYACTIV-Xを、さらにディーゼルエンジンはクリーンディーゼル第2世代へと進化させたものとする。, さらに48V電装システムを使ったマイルドハイブリッドを用意し、プラグインハイブリッドへの展開も視野に入れている、ということである。, つまり、上記に挙げた現在開発中のクルマはズバリ、マツダ6(旧アテンザ)後継車となるのは明白だ。, 今回、これから出てくる新車のスクープ情報のなかで、ベストカー編集部が1位に選んだのはこのマツダ6だ。, はたしてどんなクルマになるのか? マツダは2020年11月9日に2021年3月期の中間決算発表をおこない、マツダが「ラージ商品群」と呼ぶ次世代商品群の技術情報や、ロータリーエンジン技術を使ったマルチ電動化技術の情報を公開しました。公開された一連情報からは、FR(フロントエンジン・リア駆動)の新型SUVや、ロータリーエンジン復活モデルなどの登場が予想されますが、今後マツダはどのような戦略をとっていくのでしょうか。, 「次期『マツダ6』が直列6気筒エンジン搭載のFR(フロントエンジン・リア駆動)になる」。これまで、自動車技術系や経済系のメディアなどで、マツダ幹部はFRプラットフォームの存在を指摘していましたが、その姿がついに明らかになりました。, といっても、次期マツダ6のボディデザインが公開されたのではありません。2020年11月9日におこなわれた2021年3月期の中間決算発表のなかで、「中期経営計画見直し・主要施策」の一部としてラージ商品群の技術詳細として示されました。, 「この先2年(2021から2022年)」に投資をおこない、さらにその先(2022年以降)への「足場固め」という表現をマツダは使います。, 1980年代以降の「カペラ」後期、「アテンザ」3世代、そして現行「マツダ6」まで30年以上に渡り続いてきた、中型セダンのFF(フロントエンジン・フロント駆動)がついに終焉し、縦置きFRが復活します。, 一方で、横置きアーキテクチャーは「マツダ3」「CX-30」「MX-30」など、マツダが次世代スモール商品群と呼ぶモデルへ専用化となります。, 今回の発表では「次世代スモール商品群の多種多様なハードウエアの骨格開発は終了した」と説明しています。, 発表資料には、直列6気筒エンジンとして、ガソリン(SKYACTIV-G)、ディーゼル(SKYACTIV-D)、X(SKYACTIV-X)、と示されています。, また、添付された画像には、2基の縦置き6気筒エンジンの本体とそれぞれのシリンダーヘッド、さらに「縦置き4気筒とプラグインハイブリッド」というキャプションがあります。, 中間決算発表後、記者との質疑応答のなかで、藤原清志副社長は「欧州CO2規定への対応で、ラージ商品群SUVでプラグインハイブリッドによる効果が大きい」と発言しています。, つまり、次期マツダ6の兄弟車として、FFの「CX-5」や「CX-8」とは違う、FRのSUVが存在することになります。それは「CX-50」と呼ばれる新モデルになるのでしょうか。, 1基がディーゼル(SKYACTIV-D)で、もう1基がガソリン(SKYACTIV-G)だと思われますが、SKYACTIV-Gについては、量産済みの直列4気筒2.5リッターターボのSKYACTIV-G 2.5Tと比べると、当然のことながらターボの搭載位置や排気系レイアウトに違いがあります。, 資料には「高出力/低CO2ハードウエア」という記載がありますが、縦置きアーキテクチャー用の直列6気筒エンジンは、近年のプレミアム系ブランドでは必須といえる最高出力400馬力級まで高出力化される可能性が考えられます。, 3点目は、電動化です。直列4気筒エンジンのプラグインハイブリッド車の存在が明らかになりました。さらに、ラージ商品群の縦置きアーキテクチャーでは、48Vマイルドハイブリッド車も登場します。, マツダはレンジエクステンダーとしてのロータリーエンジン復活計画を明らかにしている(写真は「MX-30」), ここまでは、ラージ商品群についての電動化ですが、これらに加えて「マルチ電動化技術」という括りで復活するロータリーエンジンの外観が初めて公開されました。, これは、EVに対する発電機として活用する、いわゆるレンジエクステンダーとしての採用です。今回の発表で、EVについては、「MX-30」で量産済みの次世代スモール商品群対応のみが公開されており、ラージ商品群でのEV化については触れていません。, そのため、ロータリーエンジンによるレンジエクステンダーは当面、「MX-30」を筆頭とする次世代スモール商品群向けとなる可能性が高いと考えられます。, 時計の針を少し戻すと、筆者(桃田健史)はマツダR&Dセンター横浜(横浜市神奈川区)で2013年、「デミオ」の車体後部にロータリーエンジンを搭載したレンジエクステンダーEVを試乗しましたが、ロータリーエンジンの作動音がとても静かだった印象があります。, もう1点、今回の公開情報で気になることがあります。それは、「エレキプラットフォーム」です。, 2022年以降への投資において、CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリングなどの新サービス、電動化)時代の新しい価値競争への対応を挙げています。, そのなかで、「ロードスター」を使った、エレキプラットフォームイメージという図式があります。エンジンルーム付近にバッテリーがあり、車外の情報を把握するセンサーと、装置を稼働するためのアクチュエーターが描かれています。, 今回、エレキプラットフォームに関する詳細な説明はありませんでしたが、エレキといってもパワートレインの電動化とは別枠であり、通信やデータの枠組みでのエレキという解釈なのだと思います。, また2020年以降に、「次世代EV専用プラットフォーム開発」を挙げており、これがロードスターなどにどのような影響を与えるのか、今後のマツダの動向を注視していきたいと思います。, 気象庁より[%= tsunami_class_msg %]([%= category %])が発表されています。, 地域:[%= area %][% if(areaMoreFlg) { %]など[% } %], 震源地:[%= area %] う、美しい… 直6+frで発売決定! 次期マツダ6(旧アテンザ)はスーパーセダンの理想形!. ロータリーエンジン復活の道筋も見えた次世代戦略とは. マツダがfrの新型suv開発中か!? 見殺し??

マツダが、ブランドのフラッグシップとして販売している「マツダ6」のフルモデルチェンジ日本発売を計画しています。 大幅な変更によりさらなる魅力を追求する新型マツダ6のスペックや燃費、発売日などを最新情報からご紹介します。 マツダに新型FRセダンの開発プロジェクトあり。それは次期アテンザなのか!? 新型マツダ6は、フルモデルチェンジでfrセダンに生まれ変わるといわれています。このページでは、新型マツダ6の発売時期、デザイン、エンジン、価格など、最新情報、予想情報を紹介します。新型マツダ6の発売時期現行マツダ6は、アテンザとして2012

見殺し?? 【NEW マツダ6予想スペック】●ボディサイズ:全長4900×全幅1880×全高1420mm●ホイールベース:2850mm●車両重量:1550kg●エンジン:直6、3L、SKYACTIV-X(300ps/35.0kgm以上)●予想価格:400万〜450万円(SKYACTIV-X), ベストカースクープはこう生まれる BNR32は最初は「GT-X」だった! 【画像ギャラリー】デザイン進化もマツダの大きな魅力!!! ベストカー本誌では以前からマツダが直列6気筒エンジンを開発していると、スクープ情報をお伝えしてきた。 アテンザクラスのDセグメントの新型車に搭載する計画で、エンジン開発と並行して、FRプラットフォームの開発も進められ、縦置き後輪駆動のプレミアムサルーンを開発し、これが次期型アテンザ(ネーミングは変更される可能性が大)となる……というもの。 もちろん、ベストカースクープ班の地道な取材による、確固たる情報があってのレポートだったわけだが、にわかには信じられないとい … ホンダ ザッツの叶わなかった挑戦【偉大な生産終了車】, 「アーマーゲー」と呼ばないで! ※本稿は2020年8月のものです文・予想CG:ベストカー編集部/写真:MAZDA初出:『ベストカー』 2020年9月10日号, なんといっても直6、3LのSKYACTIV-Xを搭載するのが注目ポイント。現在、マツダ3とCX-30の積むSPCCI(火花点火制御圧縮着火)に2気筒を追加し、スーパーチャージャーを加えて48Vマイルドハイブリッドとなる。, そのスペックは最高出力300ps、最大トルク35.0kgmを確保しながら、WLTCモード燃費で15.0km/L以上をマークするという。, 2019年5月の決算説明会で、マツダの丸本明社長は今後6年間の経営方針を発表。その中で縦置き直列6気筒エンジン搭載モデルの発表を明言。上級モデルの開発、市場投入計画を明らかにしている。, その後のコロナ騒動で多少遅れる可能性はあるが、2022年頃にはこの直6エンジン搭載のラグジュアリーセダンが姿を現すだろう。, 2014年に4代目デミオとしてフルモデルチェンジされ、昨年マツダ2と改名したが、いよいよ来年新型に切り替わる。, ボディ、シャシー、エンジン、サスペンションを全面的に刷新。1.5Lの直3、SKYACTIV-Xマイルドハイブリッドをトップグレードに据え、プレミアムコンパクト路線を継承する。, ミッドクラスSUVでマツダSUV軍団のなかでも主力のCX-5もいよいよフルモデルチェンジ。, 初代と現行2代目は3代目アテンザ(現マツダ6)とプラットフォームを共有しているが、新型は新型マツダ6と同様のFR、直6エンジンのSKYACTIV-Xを搭載し、上級移行を果たす。, 2015年2月に登場したCX-3は現行のマツダ2をベースとしたクーペタイプのクロスオーバーSUVだが、新型も開発は進んでいる。, 新型CX-3は来年9月にフルモデルチェンジされるマツダ2ベースとなり、クーペタイプのSUV色を強め、新型マツダ2同様、1.5LのSKYACTIV-Xを搭載することになりそう。, すでに北米マツダサイトでは、直4の2.5Lターボを積んだマツダ3ファストバック/セダンの追加設定がアナウンスされており、今年末から発売されるという。, 253ps/44.2kgmを発揮する4WDのホットモデルとなる。日本発売は未定だが、ぜひ導入してほしい!, ベストカースクープはこう生まれる BNR32は最初は「GT-X」だった! 現行型とともに新型予想CGをギャラリーでチェック!!!

今わかっているすべての情報をお伝えしよう。, 文/ベストカー編集部写真/ベストカー編集部 マツダCGイラスト/ベストカー編集部初出/ベストカー2020年5月26日号, マツダ自身が発表しているとおり、次のマツダ6は直列6気筒エンジンを縦に置くFR車となる。, 直6+FRと聞けば、メルセデスベンツやBMWのような高級車を目指すのかと思ってしまうが、マツダの狙いは逆。, 北米市場で必要な大排気量エンジンを作るには、V型エンジンではなく直列エンジンのほうがコストを抑えられるからだ。, 1列3気筒を2列に配するV6エンジンでは排ガスを抑えるための補器類が2列分必要になるが、直6なら1つで済むし、電動化への対応もしやすい。, また、縦置き直列エンジンのほうが厳しくなるいっぽうのオフセット衝突にも有利なのだという。, つまり、コストを含めた合理的な判断を下した結果の直6+FRということ。そして、それがクルマの魅力アップにも繋がるのなら一石二鳥というわけだ。, さて、この直6エンジン、排気量は3Lになるというのが周知の事実で、現在マツダ3とCX-30に搭載されているSPCCI(火花点火制御圧縮着火)の直4、2L、SKYACTIV-Xに2気筒をプラスするものとなる。, これにスーパーチャージャーを加えた48Vのマイルドハイブリッド(直4、2Lは24V)となり、最高出力は300ps、最大トルクは35.0kgmを超えるスペックになると予想される。, それでいて燃費は実燃費に近いWLTCモードで15.0km/L以上は確実という文武両道のエンジンになる。, また、この直6エンジンには同じく3Lのディーゼルターボもあり、こちらは最大トルク60.0kgm以上も期待できるトルクの鬼。, どちらも魅力的なユニットで、さらに遅れてプラグインハイブリッドも追加されるというから、このあたりはメルセデスベンツ、BMWに似た商品戦略だ。駆動方式はFRのほかに4WDも設定される。, マツダの場合、そうしたメカニズムとともにエクステリアとインテリアも商品力の生命線。, エクステリアはフランスの国際自動車フェスティバルで2018年の最も美しいコンセプトカーに選ばれたビジョンクーペがベースになるはずで、ここで掲載している予想CGもそのクルマをベースにしている。, ただ、デビューが2022年になることで、その頃にはマツダのこのデザイン手法が飽きられていないかというのはちょっと気になるところ。.