みなさん『イヤーカフ』を付けたことはありますか? 6月29日 TBSテレビ『世界ふしぎ発見!』で歴史が覆る世界初公開の新発見について放送された、「ポンペイのヴェスビオ火山噴火は8月24日ではなかった」という件について、話題になっています。, ヴェスビオ火山の噴火跡の発掘が始まってから、今もなお300年を経て続いていますが、この新事実は2018年10月に発見されました。, 今週の #ふしぎ発見!は、昨年歴史を変える、ある落書きが発見された #ポンペイ。 講談社, 1955 (再話) ポンペイ最後の日 (講談社青い鳥文庫) 岡田好惠訳, 2001.5 … 『世界ふしぎ発見!』で歴史を覆す新事実!ポンペイ最後の日の謎初取材! 公開日 : 2019年6月29日 / 更新日 : 2020年5月10日 昨晩の「世界ふしぎ発見」ポンペイ特集でした。https://www.tbs.co.jp/f-hakken/onair/190629.htmlその中で、ヴスビオ山の噴火した日は西暦79年8月24日と考えられていたのに、実は2か月後の10月だった、という驚くべき発言が有りました。これは知らなかった…ということで少々検索してみたところ、昨年CNNなどでは話題になっていたようですね。https://www.cnn.co.jp/style/architecture/35127121.htmlちゃんとした出所が知りたくて更に検索。有りました、関係する記事がちゃんとイタリア文化財・文化活動省(MiBAC)の公式サイトに。記事によると、この新しく発見された文字を含む、最新の発掘現場を2018年10月16日大臣が訪れたそうです。https://www.beniculturali.it/mibac/export/MiBAC/sito-MiBAC/Contenuti/MibacUnif/Comunicati/visualizza_asset.html_1539948760.html8月24日説がずっと信じられて来たのは、唯1つの資料、小プリ二ウスによって書かれた書簡によるものだけで、これも本人が書いたオリジナルが残されていないため、経年で写し間違えなどが起きた可能性も考えられます。もし10月説が事実なら、今まで「いいくに作ろう鎌倉幕府」(1192年鎌倉幕府誕生)と語呂合わせで覚えて来たのが今では使えない、なんてこと以上に世界の常識を揺るがす大発見になることでしょう。また、8月に噴火が起きたことで今までは、夏のバカンスに訪れていた貴族たちの横暴さが、神を怒らせた報いで爆発が起きたなどと語られてきたことなども全部なし。この火山の噴火の被害にあったのは、ポンポイの真の住人。商人や奴隷だったのか、と番組では言っていました。Regio V(レッジョ5)と呼ばれるエリアは発掘が始まったばかりですが、かなり保存状態の良いフレスコ画なども発掘されているようで、更なる作業の進展が楽しみです。また行きたくなっちゃいましたね。ただ、こういう新しい発見の陰に、マフィアも絡む資金不足、多くの遺跡の保存状態が悪化していること…このあたりの問題は解決したのかなぁ?2014年には世界遺産登録はく奪の危険性が有りましたからね。 ポンペイ遺跡公式サイト http://pompeiisites.org/, ヴスビオ山の噴火した日は西暦79年8月24日と考えられていたのに、実は2か月後の10月だった, Vasari(ヴァザーリ)のBotticelli(ボッティチェッリ伝)Torrentini(トレンティーノ)版, Incoronazione della Vergine e Santi(聖母戴冠と聖人たち)Botticelli(ボッティチェッリ)-Firenze, https://www.tbs.co.jp/f-hakken/onair/190629.html, https://www.cnn.co.jp/style/architecture/35127121.html, https://www.beniculturali.it/mibac/export/MiBAC/sito-MiBAC/Contenuti/MibacUnif/Comunicati/visualizza_asset.html_1539948760.html. ], 62年2月5日、ポンペイを襲ったポンペイ地震によりポンペイや他のカンパニア諸都市は大きな被害を受けた。再建作業はされたが、不完全な状態で79年8月24日以降(噴火日については後述)の午後1時頃にヴェスヴィオ火山が大噴火し[1]、一昼夜に渡って火山灰が降り続けた。, 翌25日(噴火から約12時間後)の噴火末期に火砕流が発生し、ポンペイ市は一瞬にして完全に地中に埋まった。降下火山灰はその後も続いた。軍人でもあった博物学者のガイウス・プリニウス・セクンドゥス(大プリニウス)は、ポンペイの市民を救助するために船で急行したが、煙(有毒火山ガス?)に巻かれて死んだことが甥のガイウス・プリニウス・カエキリウス・セクンドゥス(小プリニウス)による当時の記述から知られている。, 当時、唯一の信頼できる記録は、小プリニウスが歴史家タキトゥスに宛てた手紙である。これによると、大プリニウスはヴェスヴィオ火山の山頂の火口付近から、松の木(イタリアカサマツ)のような形の暗い雲が山の斜面を急速に下り、海にまで雪崩れ込んだのを見たと記録している。火口から海までを覆ったこの雲は、現在では火砕流として知られる。これは火山が噴火したときに、高温ガスや灰や岩石が雪崩のように流れる現象である。プリニウスは爆発時に地震を感じ、地面は非常に揺れたと述べている。さらに灰がどんどん積もり、彼は村から逃げなければならなかったが、海の水がみるみる引いていった後に「津波」がおきた。ただし、当時のヨーロッパ人は津波 (Tsunami) という言葉を持っていなかったので、プリニウスの表現は違っている。プリニウスの記述には、太陽が爆発によって覆われてよく見えなかったと続き、大プリニウスはこの現象を調査するために船で再び陸に向かったが、窒息して死んだ。, 噴火直後に当時のローマ皇帝ティトゥスはポンペイに役人を派遣するが、市は壊滅したあとだった。市民の多くが火砕流発生前にローマなどに逃げたが、これら一連の災害により、地震の前には2万人程度いたポンペイ市民の内、何らかの理由で街に留まった者の中から逃げ遅れた者約2千人が犠牲になった。, 噴火によって壊滅した後は二度と集落が作られることはなかったが、その後1000年以上「町」という地名で呼ばれた他、散発的に古代の品が発見されたので、下に都市が埋まっていることは知られていた。, 1738年にヘルクラネウム(現在のエルコラーノにあった)が、1748年にポンペイが再発見され、建造物の完全な形や当時の壁画を明らかにするために断続的に発掘が行われた。これはドメニコ・フォンターナという建築家がサルノ川沿いを掘っていた1599年に遺跡を見つけてから150年が経過していた。この時点までヘルクラネウムとポンペイは完璧に消滅したと考えられていた。いくつかの男女の交わりを描く美術品(フレスコ画)は、最初フォンターナによって発掘されたが、将来考古学者によって再発見されたほうが重要性がわかるであろうと判断したフォンターナ自身が埋め戻したとされる[要出典]。ただしこれには明確な証拠はない。, ポンペイとその周辺の別荘からは多数の壁画が発掘され、古代ローマの絵画を知る上で重要な作品群となっている。ポンペイの壁画の様式には年代により変遷が見られ、主題も静物、風景、風俗、神話と多岐にわたっている。男女の交わりを描いた絵も有名で、これらはフォルム(市民広場)や浴場や多くの家や別荘で、よい状態で保存され続けていた。1000平方メートルの広さをもつホテルは、町のそばで見つかった。現在、このホテルは、「グランドホテル Murecine」と呼ばれる。, ポンペイの壁画が豊かな色彩を失わなかった秘密は、この街を襲った悲劇にあった。79年8月24日、町の北西10kmにあるヴェスヴィオ火山の噴火により押し寄せた火砕流や有毒ガスが、ポンペイの人々の命を次々と奪っていった。一瞬にして5メートルの深さに町全体を飲み込んだ火砕流が、当時の人々の生活をそのままの状態で保存した。ポンペイが人々の前にその姿を再び現した18世紀半ばから、発掘は今に至るまで続けられている。地中から次々と現れるローマ時代の遺品の美しさに世界が驚愕したが、その美しさの秘密は実は火砕流堆積物にあった。火山灰を主体とする火砕流堆積物には乾燥剤として用いられるシリカゲルに似た成分が含まれ、湿気を吸収した。この火山灰が町全体を隙間なく埋め尽くしたため、壁画や美術品の劣化が最小限に食い止められたのであった。当時の宗教儀式の様子を描いた壁画の鮮烈な色合いは「ポンペイ・レッド」と呼ばれている。ポンペイの悲劇が皮肉にも古代ローマ帝国の栄華を今に伝えることになった。, ポンペイは建造物や街区が古代ローマ当時のままの唯一の町として知られている。後の歴史家たちは、その歴史家の時代のローマは古代ローマをそのまま伝えていると誤解していたが、ポンペイこそが最も純粋に古代ローマの伝統を守り、ほぼ直角に交差する直線の大通りによって規則的に区切られ、計画的に設計された町であった。通りの両側には家と店がある。建造物は石でできていた。居酒屋のメニューも残っていて、こう記されている。「お客様へ、私どもは台所に鶏肉、魚、豚、孔雀(くじゃく)などを用意してあります。」, 件の噴火時に発生した火砕流の速度は時速 100km以上で、市民は到底逃げることはできず、一瞬のうちに全員が生き埋めになった。後に発掘された際には遺体部分だけが腐敗消失し、火山灰の中に空洞ができていた。考古学者たちはここに石膏を流し込み、逃げまどう市民の最期の瞬間を再現した。顔までは再現できなかったが、母親が子供を覆い隠して襲い来る火砕流から子供だけでも守ろうとした様子、飼われていた犬がもだえ苦しむ様子が生々しく再現された。この様子は火砕流が一瞬にしてポンペイ市を埋め尽くしたことを示している。この石膏像の制作によって遺骨が損傷したため、ポンペイ市民の法医学的な調査は長らく滞っていたが、オプロンティス荘(英語版)近くの商館と思われる建物の地下室から老若男女身分がバラバラ(居場所は身分別にある程度グループを作って固まっていた)な54体の遺骨が発見された。彼らは火砕流からは難を逃れたが、火山性ガスによる窒息で死亡して火山灰に埋もれていた。, 町は、1世紀の古代ローマ人たちの生きた生活の様子をそのまま伝える。焼いたままのパンや、テーブルに並べられたままの当時の食事と食器、コイン、クリーニング屋のような職業、貿易会社の存在、壁の落書きが当時のラテン語をそのまま伝えている。保存状態のよいフレスコ画は、当時の文化をそのまま伝える。当時のポンペイはとても活気のある都市だった。整備された上下水道の水道の弁は、水の量を調節する仕組みが現在とほとんど変わらず、きれいな水を町中に送っていた。トイレが社交の場となっていたらしく二人掛けのトイレが存在し、トイレは奴隷とその主が共同で使用しており、トイレの壁に「見事だ」と奴隷による落書きが残された遺構がある。発掘された排泄物や骨の調査から、身分によって食事の内容に違いはなく、皆健康的な食生活を送っていたらしい。, 爆発時の町の人口は1万人弱で、ローマ人(ローマ市の住民)の別荘も多くあり、また彼ら向けのサービスも多くあった。Macellum(大きな食物市場)、Pistrinum(製粉所)、Thermopolia(冷たいものや熱いものなどさまざまな飲料を提供したバー)、cauporioe(小さなレストラン)、円形劇場などがあり、噴火直前までこれらが営業していた痕跡がある。2002年にはサルノ川河口にボートを浮かべ、ヴェネツィアのような船上生活をしていた人がいたことが判明するなど現在も新事実が続々と報告されている。, 「市民全員が噴火で死亡し、唯一の生き残りの死刑囚がポンペイの町のことを語ったが、誰も信用しなかった。しかしそれは伝説として残り、発掘されることになった」という逸話が伝わるが事実ではないと思われる(とりわけ死刑囚に関する事項)。火砕流は歴史的にはまれな現象であり、目撃者は殆ど全員が死亡するので伝説としても残りにくく、一般人に理解されることは困難である[独自研究? イオンモールなどにも入っていて身... (function () {

歴史が大きく塗り替えられる発見があるなんて! ポンペイ最後の日 (1935年の映画) - 1935年のアメリカ映画。 ポンペイ最後の日 (1959年の映画) - 1959年の イタリア ・ スペイン ・ 西ドイツ ・ モナコ 映画 。 その日、グラウカスは暴走する馬車から執政官アスカニウスの美しい娘アイオネを救った。 2人はすぐにお互いに惹かれ合った。

})(); 6月29日 TBSテレビ『世界ふしぎ発見!』で歴史が覆る世界初公開の新発見について放送された、, 今まで、ヴェスビオ火山の噴火は、贅沢をしすぎた上流階級者を戒めるために噴火したのだと言い伝えられていましたが、, ポンペイの奴隷は、働いてお金を得れば、主人から身分を買い取ることもでき、商売をしてお金を増やすこともできたことから、日々労働を続けていたということですが、皮肉なことに一番苦労して働いている, ★というわけで明日6/29の「世界ふしぎ発見!」はポンペイ。同番組でも何度か取りあげられてきた遺跡ですが今回はプリニウスの命日が変わるかもしれません……果たしてヤマザキさんの正解率は?, さらに、主人公はヴェスビオ火山の噴火により命を落とした博物学者プリニウスについて描いたことから、, 在庫あり!いつ予約?並ぶ?クレドポーボーテのクリスマスコフレ2020の購入方法は?, 【イヤーカフ】付け方・知らないと危険な意味と注意点を徹底解説!(男女・既婚・未婚). var pa = document.createElement('script'); 『ポンペイ最後の日』(ポンペイさいごのひ、原題: The Last Days of Pompeii)は、イギリスの作家エドワード・ブルワー=リットン (Edward Bulwer-Lytton) が1834年に発表した歴史小説。西暦79年、ヴェスヴィオ火山の爆発により火山灰に埋もれて消滅したローマ帝国の町ポンペイを舞台に、正義と悪の相克、様々な立場の登場人物たちの行動を経て、最後に火山の大爆発によるカタストロフ(破局)によって幕を下ろす。, 筋運びは単純明快で、魅力的な人間描写や読者の興味をそそる場面が多く、読みやすい小説であり、日本では少年少女向きの作品として紹介されることが多い[注 1]。, 舞台はローマ時代。正義感に燃え人情に厚いローマの青年貴族グローカス[注 2]を主人公に、この世の支配をもくろむ怪僧アーベイシーズ、兄と共に全財産を奪われた美しい娘アイオン、グローカスに叶わぬ思いを寄せる可憐な盲目の少女ニディア、キリスト教の布教に生涯をかけるオリンサスなどの様々な人物を配して物語に膨らみを持たせ、一方では善悪を明確にしてその確執によるドラマティックな事件の数々を配し、最後に火山の大爆発による終末的状況下での善の勝利を描くなど、エンターテインメント(娯楽)性の強い作品である。, 作者のブルワー=リットンは実際にポンペイに旅行してその様子を目にし、着想を得て一気にこの作品を書き上げたという[1]。, ポンペイを訪れたキリスト教伝道師の老人オリンサスは、ヴェスヴィアス[注 3]火山が不吉な兆候を見せていること、救われるためにはキリストを信じなければならないことを市民に説くが、アイシス[注 4]の女神を信仰し、キリスト教を知らない市民たちは相手にしない。, 青年貴族グローカスは、例年通りポンペイで夏を過ごすためにやって来た。彼は、酒場で奴隷として使われていた盲目の少女ニディアを助け、自分の召使とする。目は不自由だが利発で機転が利き細やかな心遣いのできるニディアは、よくグローカスの期待に応える。しかし同時にグローカスには、町を牛耳るエジプト人の大僧正アーベイシーズの悪を暴く目論見があった。知り合ったアペサイデスとアイオンの兄妹が、アーベイシーズの陰謀で莫大な財産を丸ごと奪われたのを知ったからである。アーベイシーズは妖術を使い、ポンペイの人々をだましてアイシスの女神を信じさせ、悪事を働いていたのだ。アーベイシーズの手下を捕えて彼の悪事を白状させたグローカスは、アペサイデスと共にアイシスの神殿に向かい、アーベイシーズに捕えられようとしていたアイオンを助けるが、その時大地震が起こって神殿は崩壊、アーベイシーズは下敷きになって死んだかのように思えた。, 地震に驚いたポンペイの人々は、オリンサスの言うことを聞くようになり、キリスト教に改宗する者も出てきた。アペサイデスもキリスト教徒となった。, だがアーベイシーズは悪運強く生きのび、グローカスを毒薬で廃人にしようとする。彼は、グローカスとアイオンが結婚すると聞いて嫉妬に燃える富豪の娘ジュリアを通して、ニディアに人を狂わせる毒薬入りの壺を渡した。ジュリアは、これはグローカス様のためになる妙薬だ、とニディアをうまくだましてしまう。ニディアは自分を助けてくれたグローカスに強い好意を抱いていたので、グローカスのワインに毒薬を注ぐ。それを飲んだグローカスはたちまち狂い出し、外へ駆け出した。ちょうどその頃、キリスト教に改宗した市民たちがアーベイシーズの悪事を告発しようとしていた。アペサイデスもその一人だったが、彼は不運にもアーベイシーズと出会って剣で斬殺され、アーベイシーズは、気が狂ってそこへやって来たグローカスに罪を着せてしまう。グローカスは殺人罪で捕らえられ、円形闘技場で獅子の餌食とされることになった。アーベイシーズはアイオンを誘拐し、閉じ込めてしまう。ニディアも彼の手の者に捕らえられてしまった。, 西暦79年8月24日、グローカスが処刑される日が来た。目が見えないニディアは毒薬の分量を誤り、少ししかワイングラスに注がなかったため、彼は既に正気を取り戻していた。彼は闘技場に引き出され、獅子たちが放される。だがどうしたことか、獅子はグローカスを襲わず、何かを恐れるような様子を見せる。そこへ、ニディアの必死の働きでアーベイシーズの正体を知ったグローカスの友人が到着し、役人や群衆に向かってグローカスの無罪とアーベイシーズの悪行を公にする。見物の市民たちは、「獅子は無罪の人には襲いかからないぞ!」「アーベイシーズを処刑しろ!」と騒ぎ出す。その混乱の中、天地を揺るがして火を噴くヴェスヴィアス火山。ポンペイ市内は修羅の巷と化し、狂乱して逃げ惑う人々の上から灰や石が降り注ぐ。グローカスはアーベイシーズと出会って決闘を挑む。彼の剣は見事怪僧の息の根を止めた。捕らえられていたニディアとアイオンは辛くも脱出してグローカスにまみえるが、ニディアはそこで力尽き、グローカスは「かわいそうに、ニディア」と男泣きに泣く。, 滅びゆくポンペイを後に、難を逃れた人々を乗せた船が進む。グローカスとアイオンも、二度と戻ることのないポンペイの街の跡を遠く見ながら去ってゆく。, 本作品では、火山の爆発が起こる前に、ライオンがグローカスを襲わずうろたえるような仕草を見せる。動物が天変地異を人間より先に感知する可能性は古くから言い伝えられており、この物語のあらすじを紹介した雑誌『國際冩眞情報』も、関東大震災の特集号ということもあり、その点に言及している。第二次世界大戦後も動物による自然災害予知の方法が日本・中国などで研究されており、宏観異常現象として知られているが、なお不明の部分が多く、科学的・合理的証明は得られていないので、これをもって地震等の予知を行なうことはできない[2]。, 本稿で参考文献に挙げた偕成社版や講談社青い鳥文庫はいずれも少年少女向けの名作文学という形式を取っている。またカバヤ食品株式会社は、自社のカバヤキャラメル販売促進の一環として「カバヤ文庫」を創設し、その中の第6巻第12号で本作品を『地獄の決闘』と改題して1953年に刊行した。, 「イシス (Isis)」の英語読み。エジプトの神話に登場する女神。アーベイシーズがエジプト人であることに対応している。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ポンペイ最後の日_(ブルワー=リットンの小説)&oldid=80183531.