【ポケモン剣盾】PWT#12 優勝!欠伸カビゴンコントロール(寄稿:澤村)【レンタルチームあり】, プレイヤーが発信するポケモン対戦専門メディア「Pokémon SoldieR|ポケソル」. プレイヤーが発信するポケモン対戦専門メディア「Pokémon SoldieR|ポケソル」, 【ポケモン剣盾】PWT#12 優勝!欠伸カビゴンコントロール(寄稿:澤村)【レンタルチームあり】. Copyright © yoshiblog All Rights Reserved. 【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策【変幻自在のトリックスター!なんでも屋の厨ポケ】, 【10分で色違い】新年を祝う色違いコイキング大量発生イベントで効率よくゲット【赤いギャラドス都市伝説のウソを添えて】, 【本当のトップメタのポケモンは?】採用率・選出率・先発率の集計結果【傾向と対策を考察】, まとめ:【本当のトップメタのポケモンは?】採用率・選出率・先発率の集計結果【傾向と対策を考察】, 【万能洗濯機】ウォッシュロトム(水ロトム・ミトム)の育成論と対策【迷ったら先発でOK】, 【万能ポケモン】ヒートロトム(ヒトム・火ロトム)の育成論と対策【厨ポケ狩りオーブン】, 【レビュー】おすすめゲーミングチェアを試してきた【AKRACING・DXRACER・COUGAR】, 【上級者への登竜門】サイクル戦とは?おすすめポケモンと戦い方の解説【ポケモン剣盾】, 積まずとも1発のダメージが非常に大きく、不利対面でも多大な負荷をかけられる対面性能の高いポケモン, ドラパルト:鬼火祟り目呪い型 or 壁貼り呪い型が多くとんぼ返りはほとんど見なくなりました, バンギラス:でんじは・ステルスロックのサポート型と初手ダイマックス型が半々いて読めません, ドリュウズ:交換よみでがんせきふうじをちょいちょい見かけますが基本タイプ一致攻撃です, ミミッキュ:先発で出てくるミミッキュは剣の舞を打たずに鬼火など変な技を使ってきます. 2020年4月1日から16日にかけて、「ランクマッチ シングルバトル」の「マスターボール級」で使用されているポケモンの数を集計しました。また、今回のデータと以前掲載した「シーズン4... こんにちは、へるぴん(@helpinass)です。皆さんは『結論パ』という言葉を聞いたことがあるでしょうか。聞いたことがあるという方は、どのような意味で結論パの認識をされているでし... 【ポケモン剣盾】週末大会優勝!気合の襷ナットレイ軸 願い事サイクル(寄稿:澤村)【レンタルチーム付き】. 初めましての方は初めまして。 灼熱ふれあ(Twitter@ShacunetsuFlare)と申します。 ポケモン剣盾では初めて最終順位3桁を達成したので、その記念として構築記事を書きます。 途中の【構築経緯】の部分は長いうえにほぼ自分語りのため、読み飛ばしてしまっても問題ないと思います。 こんばんは、ポケモンソルジャーのこんぷろ(@Compro_pkmn)です。今回は、先日行われた週末大会『Pokésol Weekly Tournament #10』で優勝した澤村さ... 【ポケモン剣盾】シーズン3 最終32位 鬼火ドラパルト+天然ピクシー(作成者:るどるふ)【構築記事】.

2020年4月17日から27日にかけて、「ランクマッチ シングルバトル」の「マスターボール級」で使用されているポケモンの数を集計しました。また、今回のデータと以前掲載した「シーズン5前期の集計結果」とを比較し、環境がどのように推移しているかを考察します。, ・集計数:1000試合・集計ランク:マスターボール級・期間:2020/4/17~2020/4/27, ”主な変動”とは少し違いますが、前回の集計から上位6体の順位の変動がまったくありませんでした。この6体はどれも高い種族値や固有の性能を持っており、強力な型も複数存在するため対処が非常に難しいポケモンです。, あまりに採用率が高く、この6体でパーティを組んでいる人も少なくないため巷ではこの6体が結論パーティなのではないかとさえ言われています。以前紹介した通り、結論パというものは存在しないのがポケモンというゲームですが、そう呼ばれてしまうほど飛びぬけた性能を持っていることには違いありません。, 採用率上位6体に比較的強く出られるポケモンとして、再評価されつつあります。ミミッキュやカビゴン、ドリュウズ、水ロトムに対して有利でるのは言わずもがなですが、「きあいのタスキ」を持たせたりすることでトゲキッスにも強く出ることができます。, また、現環境に存在するポケモンの中では比較的強い「ステルスロック」使いなので、「ステルスロック」を絡めたサイクルをしたい場合などに重宝されます。, 急増しているアーマーガアや、どのパーティにも採用されているドラパルト、ミミッキュ、カビゴンなどを起点にすることができ採用率を伸ばしています。, 「ステルスロック」や火炎玉トリックをこなす起点作り型や、「いのちのたま」を持たせたアタッカー型、「めいそう」+「アッキのみ」で要塞化を図る型など様々な型が存在するため、選出画面で判断しにくいのが強力です。, 特性「はりきり」によって超高火力を出せ、かつ「ダイジェット」が使える人気ダイマックスエースでしたが、前回から引き続き採用率が下がりました。メインウェポンである電気・ドラゴンタイプにそれぞれ無効タイプがあるせいでターン制限のあるダイマックスと噛み合いが悪く扱い辛いです。, また、採用率上位6体の中で有利を取れるのが水ロトムしか存在せず、その水ロトムも「おにび」を持っている場合パッチラゴンの後出しが安定しないという点も向かい風となっています。, 環境初期は最強のポケモンの1体とした扱われていましたが、とうとうこの順位まで下がってしまいました。, 使用率TOP3であるドラパルト、ミミッキュ、トゲキッスに圧倒的に弱く、役割とされていた受けポケモンへの崩しも成功し辛いため、大きく評価を落としています。, 強力で型が豊富な上の5体を基本に、各プレイヤーが強いと感じたポケモンの詰め合わせといったようなパーティが現環境で遭遇するパーティのほとんどを占めています。採用されるポケモンのほとんどは型が豊富で、どういった戦術を主に取ってくるかなどはわからないため、各ポケモンにどんな型が存在するかの把握と臨機応変な選出・立ち回りをするための訓練が重要となってきます。, 今回の集計で急増した2体の組み合わせです。ヒヒダルマの超高火力を押し付けつつ、相手に通らない技で拘ってしまったときはガオガエンに逃げるといった立ち回りを行います。この2体には格闘タイプが一貫しますが、後続のトゲキッスが睨みをきかせていたり、そもそも現環境の格闘タイプが弱いポケモンばかりであるため対処が難しいです。. 【ポケモン剣盾】ランクマッチ シングルバトル集計とその考察【シーズン5前期】 2020.04.17 2020年4月1日から16日にかけて、「ランクマッチ シングルバトル」の「マスターボール級」で使用されているポケモンの数を集計しました。 こんばんは、へるぴん(@helpinass)です。今回はランクマッチシリーズ3最終32位の るどるふ(@copycatpoke)さんから、使用したパーティとその詳細を寄稿していただ... 【インタビュー】最強プレイヤー・YouTuber バンビー/最上位勢になるための意識と最終順位を上げるコツ【前編】.

WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free".

ポケモン剣盾のランクマッチや対人戦での選出のコツを紹介しています。どう選出すればいいかわからない。なかなか対人戦で勝つことができない初心者の方に向けて実際の選出画面を用いて解説していま …

©2019-2020 Pokémon SoldieR All Rights Reserved.

今回は年末にマスターボール級ランクマッチを89戦(100戦いきたかった。。。)したので、その集計をしました。, どんなポケモンは選出率が高くて対策必須か、どんなポケモンが先発で出てきやすいか、どんなポケモンはダミーで見せポケモンになりやすいかなど参考になればと思います。, ミミッキュ・バンギラス・アーマーガアは環境に多いトップメタポケモンでもあり6匹に含めているトレーナーも多いと思うので、ある程度参考になればと思います。, ちなみに今回の集計結果の勝率は55%でした。ぎりぎりですが好きなポケモンのパーティで5割を超えられてよかったです。, やはりドリュウズ・ドラパルト・アーマーガア・ミミッキュ・ギャラドス・バンギラス・サザンドラ・トゲキッスなど、型が豊富で読みにくく対面でも積みでも活躍できるトップメタなポケモンは採用率が非常に高いです。, 採用率10%以上のポケモンはすべて後出しでも100%勝てるように対策すれば、他のポケモンに負けても超単純計算で90%の勝率になりますね。, 実際は選出と採用は違うこと、相手も交代してきますし、トレーナーの腕と命中率、急所判定によって数十パーセント程度はかんたんに勝率が変動します。, 後述する選出率と合わせるのが重要ですが、選出率はこちらが見せる6匹のポケモンによって相手の選出するポケモンもだいぶ変わるので、一番の対策目安はこちらの採用率となります。(刺さっているように見せかけて実は対策万全という「選出誘導」というテクニックもあるくらいですからね), それにしてもドリュウズ採用率44%とは圧倒的ですね。。。ミミッキュ好きなのでこれはなかなか厳しい環境です。ミミッキュの採用率もドリュウズが増えた分前より下がっているように思います。(が、ミミッキュ好きなので僕はあえて毎回選出してますが、そのおかげか勝率は55%です。ほぼミミッキュがドリュウズに負けた試合ですね。。。), トップメタは後述する先発で出てくる場合と、後続で出てくる場合とで型が違うことも多いので、どちらで出てきても対策できるようにシミュレーションしつつパーティを組んでいくのが大事です。, 採用される6匹にいても実際に戦うのは選出される3匹ですが、ここで選出率が高いポケモンは採用率は低くてもかなり高い確率でバトルに出てくると思って良さそうです。, 選出回数が少なくて選出率の高いポケモンは、そのトレーナーの好きな思い入れのあるポケモンなのかもしれませんね。, 逆に選出率0%のポケモンはただの見せポケとなっている可能性もあるので、あまり重点的に対策をする必要はないでしょう。もちろん余力があれば対策するに越したことはありません。, ちなみに先程の採用率のところで出たトップメタのポケモンたちは、選出率も50%を超えている場合が多く非常に頻繁にバトルに出てきます。, 後出しでもこれらのトップメタのポケモンに勝てるようなパーティ・プレイングを心がけないと、勝率は5割を切ってしまいそうです。, 初手を制するものはポケモンバトルを制すると言われるほど重要な先発ですから注目ですね。, 先発回数が少なく先発率が高いポケモンが上位にきていますが、こちらもトレーナーの思い入れのあるポケモンかもしれません。, どのポケモンが先発できたら何をうってくるかがほぼ決まっているので、「このポケモンが来たらこちらの1手目は何を出すか」をシミュレーションするのに使ってみてください。, という感じで、先発で出てくる場合はトップメタでも起点作成サポート型が多いです。ただしそれを逆手に取ったアタッカー型もいるので、どちらでも対応できるようなプレイングが大事です。, 数百匹すべてのポケモンを対策することは難しくとも、採用率の高いトップメタから順番に対策していけば勝率は上がるでしょう。, 1月3日から始まるランクマッチシーズン2からは一部のキョダイマックスも解禁されるので、また環境が少し動くかもしれませんが、根本的なトップメタはおそらく変わらないので対策しておくに越したことはありません。, ポケモンソルジャーというサイトで1000戦した結果ものっているので、こちらも参考にしてみてください。先発率などは出ていませんが、全体の環境の動きがよくわかります。執筆時点では12月前半の集計結果しかないようですが、12月後半もすぐに出てくると思います。, 長時間座ってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。「【レビュー】おすすめゲーミングチェアを試してきた【AKRACING・DXRACER・COUGAR】」, Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。「【初期費用10万円】ポケモンのゲーム実況・動画編集環境に必要なもの紹介」, このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。. 2020年4月1日から16日にかけて、「ランクマッチ シングルバトル」の「マスターボール級」で使用されているポケモンの数を集計しました。また、今回のデータと以前掲載した「シーズン4後期の集計結果」とを比較し、環境がどのように推移しているかを考察します。, ・集計数:1000試合・集計ランク:マスターボール級・期間:2020/4/1~2020/4/16, 特性「ごりむちゅう」による超高火力が特徴のポケモンです。「ごりむちゅう」はデメリットとして拘り状態がありますが、それを後述するガオガエンの「とんぼがえり」や「すてゼリフ」といった交代技でカバーした”ダルマガエン”と呼ばれるパーティが流行し始めています。, また、現在特に強力と言われているドラパルトやカビゴン、ラプラス、トゲキッス、パッチラゴンといった面々に軒並み有利である点も評価されている理由の1つです。, ポケモンHOMEによって解禁されたポケモンで、特性「いかく」と技「とんぼがえり」を両立できる数少ないポケモンの1体です。アイアントやガラルヒヒダルマなど組み合わせて強いポケモンがある程度知れ渡ってきたことや、前シーズンで最も結果を出したパーティに採用されていたことが影響して使用者が続々と増えています。, こちらもポケモンHOMEによって解禁されたポケモンで、現環境では唯一の水・フェアリーの複合タイプです。「きあいのタスキ」を持たせたり耐久に厚く振ることで初手に出しやすくなり、お手軽に使えるポケモンとして人気を集めています。, 現在の向かい風な環境によって大きく数を減らしました。全体の4割ほどのパーティに採用されている各種ロトムに対して通る技がないせいで、ロトム入りに選出するとサイクル不利に追い込まれてしまったり、タイプ相性で有利なはずのドラパルトには「おにび」で機能停止に追い込まれるなど今環境で活躍させるのはかなり厳しそうです。, 特性「はりきり」によって超高火力を出せ、かつ「ダイジェット」が使える人気ダイマックスエースでしたが採用率が大幅に下がりました。メインウェポンである電気・ドラゴンタイプにそれぞれ無効タイプがあるせいでターン制限のあるダイマックスと噛み合いが悪かったり、流行しているガラルヒヒダルマにはダイマックスしても1撃で倒されてしまうことが要因と考えられます。, 強力で型が豊富な上の5体を基本に、各プレイヤーが強いと感じたポケモンの詰め合わせといったようなパーティが現環境で遭遇するパーティのほとんどを占めています。採用されるポケモンのほとんどは型が豊富で、どういった戦術を主に取ってくるかなどはわからないため、各ポケモンにどんな型が存在するかの把握と臨機応変な選出・立ち回りをするための訓練が重要となってきます。, 今回の集計で急増した2体の組み合わせです。ヒヒダルマの超高火力を押し付けつつ、相手に通らない技で拘ってしまったときはガオガエンに逃げるといった立ち回りを行います。この2体には格闘タイプが一貫しますが、後続のトゲキッスが睨みをきかせていたり、そもそも現環境の格闘タイプが弱いポケモンばかりであるため対処が難しいです。. ©2019-2020 Pokémon SoldieR All Rights Reserved.

2020年4月1日から16日にかけて、「ランクマッチ シングルバトル」の「マスターボール級」で使用されているポケモンの数を集計しました。また、今回のデータと以前掲載した「シーズン4後期の集計結果」 …

ポケモン剣盾、ランクマで超有利ってかほぼ勝ちの状況で相手のラス1のポケモン交換の通信待機中でずっと止まってたから切断されたかと思ったんだけど、5分経っても音沙汰無いから泣く泣く再起動したら勝率変動してなかったんだが大丈夫かこれ。 選出回数が少なくて選出率の高いポケモンは、そのトレーナーの好きな思い入れのあるポケモンなのかもしれませんね。 逆に選出率0%のポケモンはただの見せポケとなっている可能性もあるので、あまり重点的に対策をする必要はないでしょう。 2020年3月15日から27日にかけて、「ランクマッチ シングルバトル」の「マスターボール級」で使用されているポケモンの数を集計しました。また、今回のデータと以前掲載した「シーズン... 【インタビュー】最強プレイヤー・YouTuber バンビー/最上位勢になるための意識と最終順位を上げるコツ【前編】, 【ポケモン剣盾】ランクマッチ シングルバトル集計とその考察【2019年12月前半】.