ボウリングのフォームを突き詰め、スコアアップを目指せ!!ボウリング用品やボウリング場の情報についても紹介しています!, ボウリングをいくら練習しても、ある一定以上は上手くならないことに悩んでいる人は、思い切って投げ方を変えてみるというやり方を試してみると良いかも知れません。, サムレスのサムとは親指のことで、この投げ方は親指を穴に入れずに投げるという、一般的なボウリングの常識からは外れているように思えるものではあるのですが、その効果はかなり高いものだと言えます。, 多くの人がこの投げ方を身に付けることにより、以前よりもスコアアップ出来たと言っているのですが、その理由は通常の投げ方よりも回転を強くかけることが出来るからです。, ピンを出来るだけ多く倒すためには、ピンの手前で大きく曲がるボールを投げることが効果的なのはよく知っているでしょう。, 親指・中指・薬指という三本の指を穴に入れる通常の投げ方では、強い回転をかけることは簡単ではありません。, しかし、中指と薬指だけを穴に入れて投げると、親指を抜く必要がなくなることで、より強い回転を用意に賭けることが出来るのです。, 例えば、二本の指しか穴に入れていない状態でいつも通りに投げようとすると、ボールがすぐに下に落ちてしまうため、手の平でしっかりと包み込むように持たなければいけません。, そのようにボールと手の平が密着していることにより、強い回転が書けやすくなるのです。, また、手首や指などを傷めてしまう心配があるので、軽めのボールを選ぶことも肝心です。, それでも、慣れない頃はなかなか思ったように投げることは出来ないでしょうから、スコアアップを実現するためには、その新しい投げ方を自分のものに出来るまでしっかりと練習することが肝心です。, 努力や工夫を重ねてしっかりしたサムレスボウラーになれたら、ボールに強い回転をかけることでストライクが取りやすくなるのですが、そうなった時にぶつかってしまう大きな壁があります。, それは10番ピンだけが残ってしまった時に、10ピンスペアを取るのが難しいということです。, 実はこの投げ方にはコントロールがしにくいという難点があるので、そのような状態ではスペアミスを犯してしまいがちなのです。, また、強い回転がかけやすいとは言っても、右利きの人の場合には左方向に曲がるものなので、その回転では10番ピンに当てることは出来ません。, そこで、10番ピン残しでスペアミスを無くす方法はないかと考えると、サムレスバックアップを身に付けるというやり方がまず浮かび上がります。, バックアップとは、例えば右利きの人が投げる時に、ピンの手前で普通とは逆の右方向へ曲がるボールのことを言います。, このバックアップをサムレス投法で投げるには、小指が上に来るように手首をひねって、ボールの左側面を撫でるようにしながらリリースするといった方法をとることになります。, ただし、そのやり方はかなり難易度が高いと共に、手首や指を痛めてしまう可能性が高いという点には注意が必要です。, そもそも普通の投げ方でもバックアップを投げようとすれば、手首を壊してしまう恐れが大きいと言われているので、手首や腕が柔らかく動く人でなければ、あまりやらない方が良いと言われているのです。, そんなバックアップを、ただでも大きな負担がかかりやすいサムレス投法で投げようとすれば、怪我の危険性はさらに高くなるものと思われます。, 実際にこの投げ方でバックアップを試みた人の中にも、指を痛めたのでもう二度とやらないと言っている人がいるので、やはりおすすめしにくいやり方だと言えるでしょう。, したがって、10番ピンが残ってしまった場合には、ストレートで倒そうと試みる方が良いと思われます。, 右投げの場合はボールに左回転がかかりやすく、自然と左曲がりの軌道を描きますよね? バックアップ投法とはこの逆で、ボールに右回転をかけて右に曲がるボールを投げることです。 野球でいうところのシュート回転のようなイメージです。. このように、最初は手軽にボウリングが上手くなるために役立つと思っていたサムレス投法には、意外にデメリットが少なくないことが分かったので、試してみたい気もするのですが、当分は今まで通りの投げ方を続けようと思います。 【関連記事】 親指をサムホールから抜いた状態で投球を行うことをサムレス投法といいます。 「親指(サム)なしで(レス)」だからサムレス投法というわけですね。 ボウリングボール規格附則の適用について ... 同様に、ボールの重量やバランスが規格から外れる加工は一切禁止する。 ボールの外表面にはいかなる異物も付けてはならない。 ... 【両手投げ・サムレスのグ … サムレス投法は練習は必要ですが慣れると簡単に曲げられるので中級者の方でも投げている方が多いです。ボウリングのルールでサムレス投法で投げてはいけないと誤解している人もいますがそんなルール … ボウリングをいくら練習しても、ある一定以上は上手くならないことに悩んでいる人は、思い切って投げ方を変えてみるというやり方を試してみると良いかも知れません。 具体的に言うと、サムレス投法にチャレンジしてみるのです。 ボウリングのフォームを突き詰め、スコアアップを目指せ!!ボウリング用品やボウリング場の情報についても紹介しています!, スポーツには他人がプレイしている様子を見ていて面白いものもあれば、自分がプレイしてこそ楽しいものもありますが、その後者の代表例と言えるのがボウリングです。, ただ、私は残念ながらボウリングの実力が低いため、プレイするとそれなり以上に楽しい時間が過ごせているものの、上手い人たちほど楽しめてはいないかも知れません。, そこで、手軽に上手くなれる方法はないかと色々調べてみたところ、サムレス投法を身に付ければいいのではないかと思い始めました。, サムレス投法とは、通常はボールの穴に親指・中指・薬指と指を三本入れて投げるところを、親指を外して中指と薬指の二本だけを入れて投げる方法のことを言います。, 親指のことを英語でサムと言うので、それをレスした、つまり無くした状態で投げることからその名前が付いているのです。, そのような普通とは違う投げ方をマスターしただけで、どうしてボウリングが上手くなれると言われているのかと疑問に思う人もいるでしょう。, この投げ方で上達が期待出来る理由は、強力な回転がかけられるようになるからというものです。, 出来るだけ多くのピンを倒そうと思ったら、ボールをまっすぐ投げるのではなく、曲げる技術が必要になることは多くの人が知っていることでしょう。, しかし、親指も穴に入れた通常の投げ方では、ボールを離す時に親指を抜く必要があるため、ある程度以上は上手い人でなければ、しっかりと回転をかけるのが難しくなります。, 私も回転をかけるのが得意ではないのですが、親指を入れて投げるのが当然だと思い込んでいたため、親指を入れないだけで回転がかけやすくなるなどとは思ったこともありませんでした。, そのため、これからはサムレス投法を練習しようと思ったのですが、実はそれにはメリットだけではなくデメリットもあるとのことなので、迷いが生じ始めてしまいました。, 中指と薬指だけしか穴に入れていないため、どうしてもホールを持った時の安定感が低くなってしまいます。, それによって、ボールを落とさないように気を付けなければならず、思った通りのコースに投げにくくなってしまうのです。, ボールを持った時の安定感が低くなるという欠点は、通常の投げ方の場合のようにしっかりとバックスイングを行えなくなることにもつながります。, バックスイングがしっかり出来なければ、当然ボールを投げる時の勢いも落ちてしまい、スピードが遅くなる頭でメリットを生じさせます。, せっかく強力な回転がかけられるようになっても、スピードが極端に落ちてしまっては、多くのピンを倒せなくなってしまいかねません。, また、体への負担が大きくなる恐れがあるという点も、サムレス投法のデメリットの一つとなります。, 重いボールを支える二本の指だけではなく、手首や肘、肩など様々なところに負担がかかってしまうため、筋肉痛や関節痛の原因になってしまう恐れがあるのです。, 特にその投げ方に慣れていないうちは、ケガをしないように大きな注意を払った方が良いと思われます。, さらに、ボールの持ち方が大きく変わるのでそれに伴って、フォームや動作を全体的に変えなければならなくなるので、思ったほど手軽ではないという点もデメリットと言えるでしょう。, このように、最初は手軽にボウリングが上手くなるために役立つと思っていたサムレス投法には、意外にデメリットが少なくないことが分かったので、試してみたい気もするのですが、当分は今まで通りの投げ方を続けようと思います。.