‚é‚ÉŽŠ‚é‚Ü‚Å‚Ì—lX‚ȏo—ˆŽ–‚ª‹L˜^‚³‚êA‚»‚ê‚ç‚Ì‹Lq‚ª•ÒŽ[‚³‚ê‚Ä‚¢‚­ã‚ŁA_˜b‰»‚³‚ê‚é‚悤‚É‚È‚Á‚½‚Ì‚Å‚µ‚傤B. 「日本人のルーツは、古代に移住してきたユダヤ教徒である」 とする説があります。 この説の根拠になっているのが「日本神話に使われている言葉」。 なんとユダヤ人が使うヘブライ語が、日本神話に散りばめられているというのです。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。. 日本語は、朝鮮語やベトナム語などの多くの言語と似ています。 朝鮮語は、元々漢字の影響を受けているので、日本語の音読みもまた漢字由来の言葉を表しています。 かつての日本は、中国王朝や朝鮮半島の国々と交易をしていたので、 と思うのは何ら不思議ではありません。 それでは、日本語とヘブライ語にはどのような類似性があるのでしょうか? それは、日本語の大和言葉(和語)に見られるような訓読みや話し言葉に関係 … 生麦事件を起こした奈良原喜左衛門、スイカ売りに化けて英国艦へ斬りこみも実行していた!. 史書に導入されたヘブライ語 ユダヤ人が使用するヘブライ語ですが、世界中の人々の名前に影響を与えています。この記事ではヘブライ語に由来する名前を紹介します。聖書に登場する単語やキリスト教に関わる人名を集めました。日本人の名前にも使われているものがありますよ。, ヘブライ語は2つあります。まず1つ目は、古典ヘブライ語と言われる古代ヘブライ人が使用していた言語です。古代ヘブライ人は現在のパレスチナで生活していたとされ、ユダヤ人の母体となった存在です。ちなみにヘブライは、ユーフラテスという中東地域に流れる川を越えて移住した人々をへブル人と呼んだことに由来します。, 古典ヘブライ語は、ヘブライ人が日常使っていた言語とカナン語という中東地域の言語が混ざった言語だとされています。当時はアラム語が席巻していましたが、徐々にこちらの言語が使われていきました。ユダヤ人がディアスポラで散り散りになったため、日常的に使われることはなくなってしまいました。, 2つ目のヘブライ語は、現代ヘブライ語というイスラエルのユダヤ系住民が使用する言語です。20世紀になって復活しました。パレスチナに移住したあるロシア人が、聖書から単語を発掘したり新しい言葉を作り上げるなどして、復活に貢献したそうです。, ディアスポラ以降、ヘブライ語はユダヤ教の宗教儀式で話されるのみでしたが、現在はイスラエルの公用語となるまでに話されるようになりました。また、イスラエルのアラブ人住民の影響を受け、現代ヘブライ語にはアラビア語が混じっています。, ヘブライ語の人名、1つ目はジョンです。男性名でキリスト教の聖人ヨハネに由来し、神は親切を意味します。ちなみに、ヨハネはラテン語形式です。ヘブライ語ではヨハナンという単語になります。新約聖書には洗礼者とキリスト教の使徒の2人のヨハネが登場します。洗礼者ヨハネはイエス・キリストに洗礼を授けた人物です。, 十二使徒のヨハネはイエスの最初の弟子だったそうです。ヤコブという兄弟がおり、2人で漁をしていたところ、声をかけられて弟子になりました。気性の激しさから雷の子の愛称が付けられています。キリスト教の十二使徒の中では唯一生涯を全うし、トルコ西部のエフェソスで亡くなりました。, ヨハネにはジョニー、イアン、ジャン、ハンスなど派生形がたくさんあります。ヨーロッパ以外に、アフリカにもDeshawnなどヨハネのルーツがある名前があります。, ヘブライ語由来の人名、2つ目はエヴァです。女性名で聖書に登場する原初の女性が由来です。エヴァをヘブライ語にするとハヴァとなり、呼吸する・生命を意味する単語です。このエヴァはアダムが最初に創られたのちにその肋骨から創られ、アダムに名付けられました。エデンで実を食べてしまい、アダムとともに追放されます。, 実を食べた罰として、出産とそれにまつわる苦しみを与えられたエヴァは、カインとアベル、セトの3人の子どもを産みました。セトからノアの箱舟で知られるノアが誕生します。この話により、彼は人類の繁栄をもたらし、最初に子を産んだエヴァは人類の母と言われるようになりました。, エヴァの派生形はイヴ、エヴィー、エヴィータが挙げられます。これも世界中で広まっている名前です。日本では絵羽、絵葉という名前があります。, ヘブライ語由来の人名3つ目は、デイビッドです。男性名でイスラエルの英雄ダヴィデに由来し、愛される・伯父の意味の単語です。ダヴィデの正式名はダーウィーズです。旧約聖書に彼の功績が記されており、それによるとゴリアテという巨人の敵と戦って倒し、その後の戦争も勝ち抜いてイスラエルの王となったそうです。, ダビデは王として40年イスラエルを統治したのち、息子のソロモンに王位を譲りました。死後は、芸術の対象となりダビデ像などの作品が生み出されています。また、新約聖書によると、イエスはダビデの子どもとされています。, ちなみに、トランプのスペードの王様はこのダビデがモデルになったそうです。現在のイスラエル国旗の六芒星はダビデの星と呼ばれ、ユダヤ人の象徴となっています。デイビッドの派生形はダヴィド、デイブなどがあります。女性形はダビナです。, ヘブライ語由来の人名4つ目は、デボラです。女性名でヘブライ語のDevorahに由来し、蜂蜜を意味する単語です。旧約聖書では女性の預言者、乳母の2人が登場します。預言者デボラは士師と言われる裁判官のような仕事をしていました。彼女が裁判をしていた場所を「デボラのナツメヤシの木」と呼んでいたそうです。, デボラが士師となったのは、カナン人の支配下にあったイスラエルの民衆の頼みによるものです。のちにデボラはバラクという同僚とともにカナン軍と戦う兵士を召集し、その際にした預言が的中しました。戦いには勝利し、士師記5章では歌を贈られています。デボラは士師の中で唯一の女性であり、夫よりも活躍していました。, デボラにはデビー、デブといった短縮形があります。長らくユダヤ人の間でのみ使用されていた名前で、イギリスで使われだしたのは清教徒革命以降です。, ヘブライ語由来の人名、5つ目はリヴァイです。旧約聖書のレビに関係する男性名で、参加した・付属したという意味がある単語です。リヴァイは英語読みで、オランダではレビと発音します。ユダヤ人が主に使用する名前です。イギリスにはデボラと同じように清教徒革命の後に入ってきました。, 聖書のレビはヤコブというヘブライ人の息子で、彼と一緒にエジプトへ移り住んだのち、レビというイスラエルの一族の始祖となりました。レビは職業と土地を受け継がなかったために、彼の子孫はイスラエルで重要とされる氏族から外れています。その代わりに、祭司の仕事を父親から与えられています。, 旧約聖書のレビ記には、祭司の規則やユダヤ人のための規則が記されています。ちなみに、このレビ記はモーセが書いたとされています。出エジプト記で有名なモーセはレビ族の出身です。彼はアーロンという同族とともに、奴隷であったイスラエル人を脱出させることに成功しました。, 日本人女性の人名1つ目は、直美です。なおみや尚美などの表記の仕方も豊富ですが、ユダヤ人名でもある名前です。由来は旧約聖書のルツ記に登場するナオミで、愉快な・愛想の良いという意味です。エリメリクという男性の妻であったナオミは、夫の死後に息子の妻であるモアブ人のルツと生活し、彼女の再婚を見届けます。, ルツが再婚したのはナオミの夫の親戚であるヘブライ人でした。2人の間に産まれた子はナオミが預かって育てたそうです。この子孫からあのダヴィデ王が誕生します。聖書にルツ記があるのは、ダヴィデ王のルーツに異なる民族の人間がいて、それを神が受け入れる寛大さを象徴するためだという解釈がされています。, この名前もユダヤ人によって長く用いられてきました。イギリスで一般的になったのは清教徒革命後、日本で使われるようになったのがいつ頃なのかははっきりしていません。, 日本人女性の名前2つ目は、真利亜です。短縮形の麻里などもよく見かける名前ですね。この名前はキリスト教の聖母マリアに由来します。マリアのヘブライ語表記はミリアムです。正確な意味は分かっていませんが、苦しみの海・反抗・子どものために祈るといった仮説があります。聖母マリア以外にマグダラのマリアも有名です。, 福音書によると、イエスの母マリアは処女のまま出産したことになっています。そのため「処女マリア」や「乙女マリア」といった称号が贈られています。ほかに「神の母」「我らが貴婦人」といった呼び名があり、特にカトリック教徒に崇拝される存在です。マグダラのマリアは娼婦扱いでしたが、最近は見直す動きがあります。, 日本で最古のマリアは京極マリアという安土桃山時代の女性です。彼女は浅井久政の娘で、キリスト教の神父からドンナ・マリアという洗礼名を授かったことでマリアと名乗るようになりました。海外ではキリスト教の影響もあり、ユダヤ人以外でも古くから使われてきた名前です。, 日本人女性の名前3つ目は、紗良です。サラには沙羅双樹由来の名前もありますが、ユダヤ人名のサラが由来の場合もあります。ヘブライ語で意味は貴婦人・王女となります。旧約聖書ではアブラハムの妻として登場し、ユダヤ人にわれらの母と呼ばれる存在です。理由は、夫・アブラハムが最初のヘブライ人とされているためです。, 聖書によると、彼女は不妊でしたが90歳のときに息子イサクを産みました。それ以前にアブラハムの側女がイシュマエルという名の子を産んでおり、親子共々サラによって追放されてしまいます。のちにイサクはユダヤ人の太祖として、イシュマエルはアラブ人の先祖として称えられるようになります。, 日本では、江戸時代初期にやってきたヤックス・スベックスというオランダ人が日本人との間にもうけた娘がサラだということが分かっています。サラは日本語に近い響きで馴染みやすいので人気な名前です。こちらの記事でさらに使える漢字を知りましょう。, 日本人男性の名前1つ目は、譲です。作曲家の久石譲さんが有名ですね。ジョーはラテン語のジョゼフの変化形であり、元々はヘブライ人名のヨセフです。単語の意味は加える・すすぐとなります。母親のラケルの初めての子どもで、神がその恥を注いだという説と、もう一人男の子を加えることを神に願ったという説があります。, このヨセフは、旧約聖書にユダヤ人の祖先であるヤコブの11番目の子として登場します。ヨセフは父親に溺愛され、他の兄弟から妬まれた結果エジプトに向かいます。そこで宰相にまで登り詰め、イスラエルを大飢饉から救うことになります。兄弟たちとは飢饉の最中にエジプトで再会し、紆余曲折を経て仲直りを果たしました。, 譲によく似た譲二という名前はジョージが由来のため、ジョーとは関係がありません。ジョーの派生形としては、ジョーイ、ジョゼ、ジュゼッペが代表的です。, 日本人男性の名前2つ目は、弾です。ウルトラマン7にちなんで名付けられる名です。ダンの由来は2つあり、1つはヘブライ人名のダンが由来で、彼は判断したという意味です。ヨセフと同じようにヤコブの子で、ダン族の先祖として名を残します。のちに、ダン族からはサムソンという怪力の士師が旧約聖書に登場します。, もう1つの語源は、ダニエルというヘブライ人名です。ダニエルの短縮形はダンで、意味は「神は私の審判者」です。旧約聖書にバビロン王に仕える賢明な男性として登場し、色々な謎解きや預言をしています。ある説ではこのダニエルは想像上の人物で、当時抑圧されていたユダヤ人を励ます意味がある書だとしています。, 日本人男性の名前3つ目は、伊作です。漫画家や教育者にこの名前の方がいますね。由来はアブラハムの息子イサクです。ヘブライ人名で、彼は笑うという意味です。イサクは180歳まで生き、子どもにはユダヤ人の先祖だとするヤコブとエサウがいます。, 旧約聖書のイサクの燔祭という話では、アブラハムはこのイサクを神にささげるよう命じられ、その通りにしようとして天使に止められます。これにより信仰心が神に祝福され、子孫を増やすことを約束した、という内容です。, 外国人風の名前で登夢や怜雄などが珍しい名前としてありますが、伊作もなかなか見られない名前ですね。こちらの記事ではそんな変わった名前が紹介されています。, ヘブライの名前はユダヤ教やキリスト教の聖書に登場するため、世界中で派生形が誕生しており、日本では戦国時代に宣教師を受け入れているため、ヘブライ語由来の名前が時々見かけられます。ヘブライ人の名前と意味を知れば、世界の多くの人名のルーツが分かるようになりますよ。. 関連記事:古ヘブライ文字とアラム文字をルーツに片仮名は草案されたか! 平仮名がヘブライ・パルミラ文字から創作された経緯と根拠. ヘブライ語の4つの子音字יהוהで記される神の名前は,ヘブライ語聖書の中に7000回近く出てきます。テトラグラマトンとして知られるその4文字を,「新世界訳聖書」は「エホバ」と訳しています。聖書の中でほかのどんな名前よりも圧倒的に多く出てくる名前です。聖なる力に導かれた筆者たちは神について「全能者」,「至高者」,「主」といった多くの称号や表現を使っていますが,唯一の神の名前として挙げているのはテトラグラマトンだけです。, エホバ神はご自分の名前を使うよう聖書筆者たちを導きました。例えば,預言者ヨエルは聖なる力の導きによって,「エホバの名を呼ぶ人は皆救われる」と書きました。(ヨエル 2:32)詩編作者も神の導きにより,「人々があなたのことを知りますように。エホバという名を持つあなただけが,地球全体を治める至高者であるということを」と書いています。(詩編 83:18)「詩編」の中だけでも神の名前は約700回出てきます。「詩編」は詩を集めた書で,神の民はその詩を歌ったり朗読したりしました。では,多くの翻訳聖書に神の名前が出ていないのはどうしてでしょうか。「新世界訳」はなぜ「エホバ(Jehovah)」という形を用いているのでしょうか。エホバという名前にはどんな意味があるでしょうか。, 1世紀前半の死海写本に含まれる「詩編」の一部。本文はバビロン捕囚後に一般的に使われるようになったヘブライ文字で書かれているが,繰り返し出てくるテトラグラマトンは古代のヘブライ文字で書かれているので目立っている。, 多くの翻訳聖書に神の名前が出ていないのはどうしてか。理由はさまざまです。人によっては,全能の神は自分を他者と区別するために名前を必要としたりはしないと考えます。神の名前を汚すのではという恐れからか,使用を避けてきたユダヤ人の伝統に影響されている人もいます。また,神の名前の正確な発音は誰にも分からないのだから,「主」や「神」といった称号を使った方がよいと考える人もいます。しかし,そうした意見は妥当とはいえません。以下のような理由があります。, 全能の神は名前を必要としないと言う人は,キリストの時代以前のものなど神の言葉の初期の写本に神の名前が出ているという事実を無視しています。前述の通り,神は自分の名前が聖書の中に7000回近く含まれるようにしました。私たちが神の名前を知って使うことを神が望んでいるのは明らかです。, ユダヤ人の伝統に従って神の名前を取り除く翻訳者は,大切なことを見落としています。ユダヤ人の一部の写字生は,神の名前を発音することをしなかったものの,聖書の写しから取り除くことはしませんでした。死海近くのクムランで見つかった古い写本には,多くの箇所に神の名前が出ています。聖書翻訳者の中には,神の名前を大文字の「主(LORD)」という称号に置き換えて,神の名前が原文にあったことを示唆する人もいます。それでも,疑問が残ります。翻訳者たちは,神の名前が聖書に何千回も出ていることを知りながら,どうしてそれを置き換えたり取り除いたりしてもよいと考えるのでしょうか。どんな許可を得てそうしたというのでしょうか。, 正確な発音が分からないから神の名前を使うべきではないと言う人も,イエスという名前はためらわずに使います。しかし,イエスの1世紀の弟子たちの発音は,現在のほとんどのクリスチャンの言い方とはかなり違っていました。ユダヤ人のクリスチャンは,イエスという名前を「エーシューア」,キリストという称号を「マーシーアハ」(つまり「メシア」)と発音しました。ギリシャ語を話すクリスチャンは「イエースース・クリストス」と呼び,ラテン語を話すクリスチャンは「イエズス・クリストゥス」と呼びました。神の導きの下,聖書にはイエスの名前のギリシャ語訳が記されました。1世紀のクリスチャンは,自分たちの言語で普通の言い方をするのが理にかなっていると考え,そうしたのです。同じように,新世界訳聖書翻訳委員会は,「エホバ(Jehovah)」という訳が古代ヘブライ語での発音と同じではないとしても,それを使うのは妥当だと考えています。, 「新世界訳」はなぜ「エホバ(Jehovah)」という形を用いているのか。テトラグラマトンの4文字(יהוה)は,英語ではYHWHという子音字で表されます。古代ヘブライ語は書く時には母音を記さないため,テトラグラマトンにも母音がありません。古代ヘブライ語が日常で使われていた時代には,読者は容易に適切な母音を補って読むことができました。, ヘブライ語聖書が書き終えられてから1000年ほどたった頃,ユダヤ人の学者たちは,ヘブライ語を読む時に補う母音を明示するため,発音符号を作り上げました。しかし,その頃には多くのユダヤ人が神の名前を口に出してはならないという迷信的な考えを抱いており,「主」などの代わりの言葉を使っていました。それで,テトラグラマトンを書き写す時に,神の名前を表す4つの子音字に「主」などの代わりの言葉の母音を付けたようです。そのため,それらの母音符号が付けられた写本は,もともとヘブライ語で神の名前がどう発音されていたかを明らかにするものではありません。神の名前は「ヤハウェ(Yahweh)」と発音されていたと考える人もいれば,ほかの可能性を挙げる人もいます。ギリシャ語で書かれたレビ記の一部を載せた死海写本では,神の名前が「イアオ」と翻字されています。「イアオ」に加え,初期のギリシャの著述家たちは「イアエ」,「イアベ」,「イアウーエ」といった発音も挙げていますが,どれが正しいと断定することはできません。神に仕えた古代の人たちがヘブライ語で神の名前をどう発音していたかは分からないのです。(創世 13:4。出エジプト 3:15)分かっているのは,神が人々と話す時に自分の名前を繰り返し使っていたこと,また人々が神にその名前で呼び掛け,誰かと話す時にもその名前を自由に使っていたことです。(出エジプト 6:2。列王第一 8:23。詩編 99:9), では,「新世界訳」はなぜ「エホバ(Jehovah)」という形を用いているのでしょうか。その形が英語でも日本語でも長い間使われてきたからです。, ウィリアム・ティンダルが翻訳したモーセ五書(1530年)の創世 15章2節にある神の名前, 神の名前の訳が英語の聖書に初めて登場したのは1530年のことです。ウィリアム・ティンダルがモーセ五書の訳の中でIehouahというつづりを使いました。その後,時と共に英語は変化し,神の名前のつづりも変わっていきました。例えば,ヘンリー・エインズワースは1612年に,「詩編」の翻訳の中でIehovahを使いましたが,1639年にその翻訳を改訂してモーセ五書と一緒に出版した時には,Jehovahというつづりを使いました。1901年,「アメリカ標準訳」(英語)を発行した翻訳者たちは,ヘブライ語本文に神の名前が出ている箇所でJehovahという形を使いました。, 著名な聖書学者ジョセフ・ブライアント・ロザハムは,1911年の著作「詩編の研究」(英語)の中でYahwehではなくJehovahを使った理由について,「聖書の一般読者にとっていっそうよく知られている(同時に,文句なく受け入れられる)名の語形」を使いたかったと記しています。1930年に学者のA・F・カークパトリックは,Jehovahを使うことに関して同様の考えを次のように述べました。「近年の文法学者たちはYahvehとかYahavehと読むべきだと主張するが,JEHOVAHは英語として定着しているように思える。本当に重要なのは厳密な発音ではない。それが『主』といった単なる呼称ではなく,固有名であるという認識こそが重要なのである」。, 同じように,日本語でも「エホバ」が広く使われてきました。1883年発行の漢訳聖書「訓點舊約全書」では,「耶和華」の字に「エホバ」の振り仮名が付いています。その後も,1887年発行の「舊新約全書」などで「ヱホバ」が使われ,今も出版されている「文語訳聖書」(日本聖書協会)でも神の名前が「ヱホバ」と訳されています。現在の多くの国語辞典の見出しに「エホバ」が載せられていて,「〔旧約聖書で〕イスラエル民族が崇拝した唯一最高の神ヤハウェの伝統的な読み方」などと説明されています。(「新明解国語辞典」,三省堂発行), エホバという名前にはどんな意味があるか。エホバという名前のヘブライ語は,「なる」という意味の動詞から来ており,多くの学者によると,その動詞の使役形のようです。それで,新世界訳聖書翻訳委員会は,神の名前には「彼はならせる」という意味があると考えています。学者の見解はさまざまなので,この意味だと断定することはできません。ですが,この意味は,エホバが全てのものの創造者で,目的を果たす方であることと合致しています。エホバは宇宙や天使や人間が存在するようにしました。そして,その後の出来事の中でも,望んだことや目的としたことがその通りになるようにしています。, ですから,エホバという名前の意味は,出エジプト 3章14節の説明に限定されてはいません。その聖句では,関連する動詞の訳として,「私は自分がなろうとするものとなる」または「私は自分がなるところのものとなる」とあり,神は目的を果たすために状況に応じて必要なものとなる,ということが分かります。ですが,この言葉は神の名前の意味を言い尽くしてはおらず,神の人格特性の一面を明らかにしているにすぎません。エホバという名前の意味には,目的の達成のため,自分が何らかのものになることだけでなく,創造したものを何らかのものにならせ,物事を導くことも含まれるのです。.