・自己主張が強く、口調がきつい人が多い。 従来の若者論に痛烈な批判を加えたベストセラー書『絶望の国の幸福な若者たち』で、プレッシャー世代を代表する言論人となった社会学者・古市憲寿さんが、他世代との比較を通して自分たちの世代の特徴を分析する。, 現在25歳から30歳までのプレッシャー世代とは、はたしてどのような特徴をもつ世代なのだろうか。ベストセラー書『絶望の国の幸福な若者たち』の著者で、現在27歳の社会学者・古市憲寿さんは、「まずは若者世代全体の価値観の変化を踏まえる必要がある」と話す。, 「統計的に見て、’80 年前後生まれ以降の世代は、上の世代と比べて確かに異なる価値観を持っています。仲間を大切にする傾向が強まり、社会貢献欲求も高まっている。その中であえて’82 〜’87 年生まれの特徴を取り出すとしたら、ひとつ上の世代であるロスジェネ世代との違いを探ると分かりやすいでしょう」, ロスジェネ世代とは一般的に、新卒時に就職氷河期を経験した’75年前後生まれから’80年前後生まれの世代を指す。, 「ロスジェネ世代は、少し上の世代までは経済的な恩恵を受けられていたのに、自分たちはそれを受けることができなかったという剥奪感を抱いています。一方、現在25歳から30歳の世代は、ロスジェネ世代と比べるとずっと楽観的です。この世代は日本の景気がよかった時代を知りません。’82年生まれだと、10歳の頃にはバブルがほぼ終わっていました。だからこそ、日本の経済がよくなるとも思っていないし、現状にそれほど不満も持っていません。高度成長やバブルを知っている世代は日本の現状を悲劇と捉える傾向がありますが、この世代はそもそもの準拠点がないため、自分たちのことを卑下しないし、過度の悲観とも無縁です」, 実際、表1で見られるように、この世代の生活満足度は他世代よりも高い。日本のことを肯定的に見る人も多い。その背景として、古市さんは日本社会の生活水準の向上を挙げる。, 「80年代までの日本社会は、何だかんだ言っても、今から想像もつかないほど貧しかったんです。たとえばひとり部屋にカラーテレビが置かれるようになったのは80年代後半のことですし、携帯電話の普及は’98 年以降で、パソコンが各家庭に行き渡ったのは00年代に入ってから。僕たちが当たり前に使っているものが整備されたのはごく最近のことで、こうしたインフラの整備は若い世代の価値観に大きな影響を与えています。見方を変えれば、今の若者は仲間を大事に思えるくらい恵まれていると言えます」, 1994年(6歳〜12歳) 逆に統計を始めて一番多い出生率が1949年になります。, ・女性は家事をするのが当たり前。子育ては妻任せ。 1948年生まれ(昭和23年)は268万1624人 ゆとり世代とプレッシャー世代は相性が悪い気がするのですが気のせいでしょうか? こんにちは、私もゆとり世代です。気のせいではありません。プレッシャー世代とは相性が悪いというか、価値観が違うのではないでしょうか。 ゆとり世代との接し方が分からない…、ゆとり世代の部下に手を焼いている… そんなに早く終了すると悲しいです( ; ; ), ママ友との会話で旦那が工場勤務とか土方は嫌だよね〜って話題になりました。そのママ友には言っていないのですが旦那が土方仕事をしています。 ちなみにこの世代の有名人は ゆとり世代を苦手とする、団塊の世代、新人類世代の方々も、若いときには、上の方に「これだから今の若いのは…」なんて言葉、言われていたのだと思います。, この中で比較的ゆとり世代と相性のいいのは、ゆとり教育を少しだけ経験している「プレッシャー世代」「氷河期世代」。, 自身もゆとり教育を経験しており、年代も近い世代の為、一番ゆとり世代を理解している世代かもしれません。, ゆとり世代とのコミュニケーションに悩んでいる世代と言えば、やはり ・エンデバー打ち上げ、若田光一が乗船(1月)・Yahoo! 団塊の世代や新人類世代、バブル世代です。, 中には、年齢関係なく上手く人間関係を築けている方も沢山いらっしゃいますが、



All Rights Reserved.

教えてください。 それぞれの世代に同じようなタイプの人間で固まってしまうのは当たり前のことです。, 上の世代が下の世代を悪く言うというのは代々続いてきたことなのですが、 ◎カルチャー ・Mr.Children『innocent world』 ・広瀬香美『ロマンスの神様』 ・映画『シンドラーのリスト』 (星野仙一元監督、元レスリング選手のアニマル浜口さん、女優の泉ピン子さん、ビート武さんなど…), 今は、団塊の世代、ゆとり世代がクローズアップされがちですが、その他にも世代によって沢山の名前があります。, 2017年現在52歳~57歳の世代 1982~1987年生まれの「プレッシャー世代」とはいかなる世代なのか? ベストセラー『絶望の国の幸福な若者たち』の著者で、自らもプレッシャー世代である社会学者・古市憲寿にお聞きしました。, 【プレッシャー世代】とは みな飄々として物怖じしない性格だという印象があります。30代や40代の人とも躊躇なくコミュニケーションをとることができる人が多い。メールやSNSを駆使して上の世代の仲間に加わるような人も増えてきている。知り合ってからしばらく経った後に年齢を聞いて「そんなに若かったのか!」と驚くようなことも多いです。, 私が20代の頃は、30代や40代の人たちと気軽にメールを交わしたりすることはほとんどなかった。それに対して、異世代の交流に意欲的な人が多くなっていると感じます。, その理由は単純に、第二次ベビーブーマー以降、世代の人数が少なくなっているから。同世代が少ないぶん、異世代と交流する機会を持とうとする人が増えている。学生時代は別としても、社会人になると、30代や40代と混ざるのが当たり前になってくる。そういった経験の多い20代の若者と話すと、非常にオープンでフラットな性格を持った人が多い。年上にはちゃんと気を遣いながらも、萎縮することもなく、自分の夢や実現したいことをきちんと語ることができる。, たとえばサハラ砂漠でマラソンをしたいとか、アメリカで武者修行をしたいスカッシュの選手とか、そういった挑戦を実現するためにスポンサーを集めている若者も、私の周囲にはいます。クラウドファンディングの仕組みも、当たり前に使いこなしている。国外に出ようとする人も増えてきていますね。, 日本の市場が縮小しているから、活躍しようと思ったら海外に目を向けないといけない。上の世代に比べて、海外に出ることに違和感がない。グローバリゼーションに対応することのできる人材は増えていると思います。, 【プレッシャー世代】とは きちんと仕事ができた時はこれといって何の評価もせず、そんなの出来て当たり前という評価をする人ほど、気にさわらない事があると必ず出してくる「ゆとりだから」という言葉…