ID: wnzu9apnfV, 後に憧れのルツ様の正体を知った時は自分の夢を盛大に爆破され、本気で落ち込んでいた。奇病の人々を救う為に一旦離脱するが、最終, https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8D%83%E5%B9%B4%E7%B4%80%E3%81%AE%E7%B5%82%E3%82%8A%E3%81%AB, 推奨環境:Edge, Safari, Chrome, Firefox, Opera いずれかの最新版, iOS、Android向け腸内細菌擬人化ゲーム『うんコレ』11月15日に配信開始。課金の代わりに「排便記録」を付けることでアイテムを獲得可能, Aqours声優・小林愛香が“オシャレ民泊”でゲームに挑む!必死に「けん玉」をする姿がキュートすぎた生放送を振り返ってみた, 13年前のスキャナーで『DOOM』が動作。動かした本人は今後「スキャナーで矢印やボタンを読み込ませて操作できるようにしたい」とスキャナーならではの遊びを模索, 『バック・トゥ・ザ・フューチャー3』機関車型のタイムマシンをレゴで再現! 飛行形態への変形ギミック付きで「すごいわ」「ロボットになりそう」の声, 『鉄腕DASH』TOKIOに初めて農業を教えた仲間と城島茂が同年代という事実に驚き, 「自分を骨格標本にしちゃえば良くね?」 先生自らの体で人体の仕組みを教えるバーチャル授業がおもしろい, 皮膚が剥がれる「表皮水疱症」と闘う20歳 同じ病気で兄を亡くすも強く生きる(米)<動画あり>. 『時の継承者 ファンタシースターIII』(ときのけいしょうしゃ ファンタシースタースリー)は、1990年4月21日に日本のセガから発売されたメガドライブ用ロールプレイングゲーム。日本国外版のタイトルは『Phantasy Star III: Generations of Doom』。なお、「時の継承者」が主題で「ファンタシースターIII」は副題である。, 同社の『ファンタシースターシリーズ』の第3作目。主人公のケイン・サ・リークを操作し、ドラゴンに攫われた婚約者を救出する事を目的としている。同シリーズのナンバリングタイトルではあるが、時系列的に他のシリーズ作とのストーリー上のつながりが薄いため、シリーズの中では外伝的な位置づけになっている。結婚相手の選択によるストーリー分岐とマルチエンディングが本作の大きな特徴の一つである。, 開発はセガ第二研究開発部が行い、プロデューサーは後にPlayStation 2用ソフト『うお 7つの水と伝説のヌシ』(2004年)を手掛けた塚本一成、ディレクターおよびシナリオは前作にてアシスタント・ディレクターを務めた佐伯広人、音楽はメガドライブ用ソフト『アレックスキッド 天空魔城』(1989年)を手掛けた竹内出穂、カバーイラストは当時セガに勤めていた漫画家のせがわまさきが担当した。, 1992年頃セガの通信ゲームサービス「ゲーム図書館」にて、作中のBGMが視聴できるミュージックコレクションが配信されていた。移植版としては、セガサターン用ソフト『SEGA AGES/ファンタシースターコレクション』(1998年)や、PlayStation 2用ソフト『セガエイジス2500シリーズ ファンタシースター コンプリートコレクション』(2008年)に収録されているほか、2008年にWii用ソフトとしてバーチャルコンソールにて配信された。, 世代交代によるマルチシナリオが特徴的なRPGで、近未来的な世界観を形成してきたIやIIとは趣向が変わったファンタジー路線の様相を見せながらゲームはスタートする。しかし、物語の進行に伴い、シリーズが本来もつSF的要素が顔を覗かせはじめる。, 主人公が各シナリオのラストで2人いる結婚相手のうち、どちらを選ぶかで次に進むシナリオが変わるマルチエンディングを採用しており、全エンディングの内容を書いて送ると抽選で景品が当たる「早解きコンテスト」が行われていた。親子3代に渡る物語としては事実上『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』より先ということになる。双葉社から刊行されたゲームブックでは再現が困難なため、アイン→シーンの1ルートのみの話になっている。, 他RPGで魔法に相当するテクニックは、最初からすべてを習得しており、レベルの上昇に応じて各々の効果が上がる仕組みとなっている。また、その強さの配分を変更する事で、効果を増減させられる。配分は街の「マスターの店」で変更が可能。以下はその紹介。なお、敵も主人公たちと全く同じテクニックを使用する。, 1000年前、人々は、今は失われた科学技術文明の中で生きていた。しかし、ある日ライアという不思議な力を持つ少女が現れる。彼女は超能力によってモンスター軍団を創造し、それらを率いて世界を席捲する。それまでの科学技術文明はライアの不思議な力の前に敗れ去り、世界中がライア軍に征服されかけていた。, 敗北する科学技術文明の諸国の中で、オラキオ・サ=リークが反旗を翻す。彼は科学技術文明の最高傑作であるロボット軍団で軍勢を再編し、ライア軍に反撃する。ライア軍は突然の反撃の前に後退し、オラキオ軍とライア軍で互角の戦況となった。, そしてこの戦争はオラキオ軍とライア軍の双方が総力を上げての決戦で終わる。この最終決戦の中でオラキオはサイレンとミューン(共に行方不明)、ライアはエシル家の公子ルーン・ケイ・エシル(追放)と、それぞれ最も信頼する腹心を手元から失う。, この戦いの戦禍により科学技術文明はその後も衰退し、人々の生活は中世レベルにまで後退した。オラキオとライアは伝承となり、この戦いでオラキオに組した陣営の人々の子孫はオラキオの民、ライア側に組した側の子孫はライアの民、とそれぞれ名乗るようになり、1000年の月日が経った。, かつてオラキオが育った国で、今もオラキオの直系の子孫を王と仰ぐリーク王国の海岸に、一人の少女が打ち上げられる。彼女は記憶を全て失っていたが、その少女を拾ったリークの王子ケイン・サ=リークは彼女と結婚しようとする。その結婚式の最中に突然現れたドラゴンによって彼女は連れ去られてしまう。ケインは騎士団を率いて連れ戻そうとするが、私憤で軍を動かそうとした彼にリーク王サイキ・サ=リークは激怒し、ケインを牢屋に閉じ込める。しかしケインはある協力者によって牢を脱出し、連れ去られた少女を探しだすために一人で旅立つ。, 二世代目のクライマックスにおいて、今まで旅してきたこの世界が実は都市型宇宙船「アリサ3世」の中に存在している事が分かる。各世界は半球状のドーム型をしている7つの世界で構成されており、それぞれはパイプ状の通路でつながれている。各々の世界を行き来するには鍵となる腕輪が必要である。, 伝説の武器として、ストーリー中に登場する5人の戦士の名を冠した武器が登場する。これら武器は中盤以降で手に入るものの、その威力は総じて低めに設定されている。しかし、シナリオの進行に伴い、それぞれネイの名を冠した武器に変化し、各々のカテゴリで最強の武器となる。下記はその対応表。, 『II』では宝箱からの入手だったネイシリーズの武器は、本作では「ネイ」の名前が封じられており、その名が判明した時点で真の力が発揮されるという新しい解釈がなされた。, 1000年前の戦いでは、英雄オラキオとライアが決戦の後「邪悪な力」に戦いを挑んだ。オラキオとライアは対立するさなかに、その背後に邪神ダークファルスの存在があることに気づく。二人はともに命を失いながらもダークファルスを海底の神殿に封じた。, それから千年後、オラキオの子孫であるケインは、マーリナを探して旅を続け、封じられていた二つの月をアリサ3世に接近させてしまう。二つの月には互いの民族に恨みを持つルーンとサイレンが眠っており、二世代目の主人公は彼らと争い、戦火を拡大させてしまう。そして、三世代目の主人公は、その戦いを終結させるために、ダークファルスを封印していた「オラキオの剣」を引き抜いてしまう。すべては、封じられたダークファルスが再び復活を遂げるために用意した罠だった。, 主人公たちがドーム型宇宙船「アリサ3世」に住んでいるということが二世代目のシナリオで判明。三世代目でその宇宙船が『ファンタシースターII 還らざる時の終わりに』で起こったパルマ星消滅直前に作られたものの一つであり、大勢のパルマ人が同様の宇宙船に乗って逃げ延びていたことがわかる。このことに関しては『ファンタシースター 千年紀の終りに』でも少し語られている。当初400隻程あった同型の宇宙船は1000年前の時点で既に二隻のみ残して全滅していた。残された二隻の宇宙船「アリサ3世」「ネオパルマ」の運命も三世代目のシナリオごとに変化し、それぞれエンディングで明かされる。, シリーズ全体についての時系列については『ファンタシースター公式資料集』を参照。ここでは本作の物語に関係する部分にとどめる。, オラキオの民の王子ケインは隣国サテラに許婚を持つ身だが、記憶喪失の少女マーリナを助け、共に過ごすうちに、ふたりは結婚を望むようになる。しかし結婚式の当日、マーリナは謎のモンスターにさらわれてしまう。, マーリナと結婚すると展開するシナリオ。ケインはリークへは戻らず、シール国王として暮らすこととなる。そして王子アインが立派に成長した頃、シール、シューソラン王国へロボット軍団が攻め込んでくる。ケインはアインに移住先として「永遠の楽園」サテライトを探すよう命じる。, リーク王国へ戻りリナと結婚したケイン。ふたりの息子レインが立派に成長した頃、モンスター軍団がリナの故郷サテラ王国を滅ぼしたとの報が入る。ケインはレインにモンスター軍団を操っている者を探しに行くよう命じる。こちらでは最終的にもうひとつのサテライト「紫の月」を目指すことになる。, 三世代目は4つにシナリオが分かれているが、共通する登場キャラクターが多く話もほぼ同じであるため、まとめて記述する。この時代ではサテライト・青の月崩壊、オラキオ・ライアのどちら側にも属さない謎のロボットとモンスター混合軍の脅威など、異常な現象が頻発している。なお、レインルート(フイン、ルイン編)ではオラキオの民とライアの民が和解を遂げているが、アインルート(シーン、ノイン編)では未だ民族間での戦争が続いている。三世代目の4人は、いずれもオラキオの民とライアの民の両方の血が入っており、武器は共通で剣を使う。なお、顔は全員違うが、ミューンによればオラキオと見間違えるほど似ているようである。, ファンタシースター3―時の継承者 (双葉文庫―メガドライブ冒険ゲームブックシリーズ)[17], セガ、「ファンタシースターアドベンチャー」と「ファンタシースター外伝」の出現方法を公開。PS2「SEGA AGES 2500シリーズ Vol.32 ファンタシースター コンプリートコレクション」, 『ファンタシースター』シリーズ生誕25周年でポータルサイトがリニューアル、『ファンタシースター コンプリートコレクション』も配信開始, 「ファンタシースターシリーズ公式ポータルサイト」が本日リニューアルオープン。「PS2 アーカイブス」には「ファンタシースター コンプリートコレクション」が登場, Phantasy Star III: Generations of Doom for Genesis (1990), Phantasy Star III: Generations of Doom for Wii (2008), 全国ファン感謝祭 - 感謝祭 - キャラバン - フェスティバル - アークスカフェ, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=時の継承者_ファンタシースターIII&oldid=80358112, 一世代目と二世代目の主人公は、シナリオの終了時にそのシナリオに登場した女性二人から結婚相手を選ぶことができ、選んだ伴侶に応じて三世代目の主人公とストーリーが変化する。, 『II』とは180度変わったファンタジー的な雰囲気と退廃的な世界観、王家や民族をテーマにしたストーリーなど、他のシリーズ作とは内容が大きく異なる。そのため、メーカーであるセガも外伝的な位置づけとして扱っている。, 『II』ではアニメタッチで描かれたキャラクター達に対して、本作のキャラクターは油絵調に描かれ、陰影が強めに表現されている。, インターフェースは『II』から大きく変更されたが、やや手抜き感のある内容になってしまった。続編の『, テクニックを使えるキャラクターは最初からすべてを習得している。そのバランスを変更することで強化を行う形式で、どれかを強化すると別のテクニックが弱体化する。その増減の幅はレベルの上昇でさらに増えていく。テクニックは回復、時間、攻撃、バランスという4つのカテゴリで分類されている。本シリーズで重要な役割を担うあるテクニックは、本作では使えない。, ストーリー初期から様々な伏線が見られるが、開発上の都合か、回収されないか少ない表現で語られる場合が多い。, ストーリーは全体的に暗めで、ほぼすべてのキャラクターが何かしらの陰を背負っているような描写がなされている。作中の描写不足もあり、明るいとは言いがたい内容に仕上げがなされた。, セーブスロットは2つしか用意されていない。すなわちスロットの1つを3世代目のセーブに使うと、残りの1スロットには1世代目か2世代目の一つしか残せないことになり、そのため4つのルートすべてを解くには、複数回解かないとならない世代が必ず発生した。なお、セガサターン版の『ファンタシースターコレクション』では、セーブスロットが4つに拡張されたので、この制約は発生しない。, ラスボスの顔のデザインは、当時の開発チームの中で嫌われていた上司の顔を模したもの(当時のゲーム誌で暴露された)。, 『I』や『II』と異なり、キャラクターはリアル等身で描かれ、身長差も表現されている。ケインは背が高く、リナは背が低いのがひと目でわかる。, フィールドのグラフィックも、『I』や『II』のコントラストのはっきりしたアニメ調から大幅に変化し、淡い色調でややリアルを意識したものになった。, パーティの人数によりBGMのパートが追加されていく。ケインひとりの場合は寂しさを感じさせるものだが、5人になると力強く勇壮な曲に変化する。なお、主人公が戦闘不能になると、BGMが変化する。, 街の数や住人はストーリーが進むにつれ減っていき、情報量もそれに応じて減ってしまう。分岐シナリオによっては、そのストーリーに絡まないエリアに入ってしまうとラッピーしか出てこなくなる。, フィールドは「○○の世界」といった名がつけられ、7つに分割されている。各々の世界は「腕輪」が鍵となっている場合が多く、それがなければ行き来ができない。腕輪は新規に加わるキャラクターが持っている場合が多い。ストーリー中盤以降で「ライアペンダント」を入手すれば、腕輪がなくともすべての世界の行き来が可能になる。, 乗り物については、メンバーとなるシーレンが変形したものを使用する。また、「アイスデッカー」と「ランドマスター」といった、本作以外のシリーズ作で登場する乗り物は出てこない。, フィールドの移動速度は、この時代のRPGの中でもかなり遅い部類に入る。その反面、シーレンが変形した乗り物は元の遅さも手伝って群を抜いて速い。, セガサターン版の「ファンタシースターコレクション」では、移動速度の変更仕様が搭載された。, 戦闘シーンのアニメーションが『I』や『II』に比べて簡略化されている。どちらかといえば『II』よりも『I』に近く、主人公らのプレイヤーキャラクターは一切表示されず、敵キャラクターは『I』と同様、攻撃時とテクニック使用時のみアニメーションする。, 敵が前列(小型)と後列(大型)の2ラインに分かれて出現し、後列は前列よりも攻撃が効きにくくなっている。1ラインだけだったIIと比較して、1回の戦闘での敵の出現数が多くなった。最大8体の敵を一度に相手にしなければならない場合もある。, プレイヤーの有利不利でBGMが変化する。また、先制された時もプレイヤー側のターンが実行されるまで別のBGMが流れる。, 当初、戦闘には主人公との信頼関係によるパラメータの変化といった要素を入れる事も検討されていた, スペシャル・サンクス:OSSALE KOHTA(林田浩太郎)、PHOENIX RIE(小玉理恵子)、YOSHIBON(吉田徹)、COM BLUE、MUUUU YUJI(, スタッフのインタビューが掲載されている『ファンタシースターの世界 ファンタシースターを作った人たち』(1993年、徳間書店)では本作は低い評価がされている.