そこでこの記事では、全ての野球プレーヤー、特にピッチャーの人やと指導者の方 のため ... 下半身が前に進んで上半身が残る、という理想的な使い方を身につけることができます。 メディシンボールを使った練習. その上で、正しく足を上げ、ステップをして体重移動し、テイクバックをしてトップを作り、腰の回転、肩の回転によって腕が強く振られるのです。この動作についての解説はこちらをご覧ください。 ピッチングで速く安定した球を投げるためのワインドアップとプレートの使い方とは? ピッチングで速く安定した球を投げるための足の上げ方とは? ピッチングで速く安定した球を投げるためのステップとテイクバック ピッチング上達のコツ!速く安定した球を投げるための前足ステップからの体の回転方法とは? ピッチングで球速が上がる!腕の振りを加速するリリース・手首の使い方は? まず前提として理解しておくべきなのは、ピッチングは全身の筋肉、特に下半身で生まれたパワーを体を上手に使ってボールまで伝えていく作業になります。詳しくはこちらの記事で確認してみてください。 例えば、右ピッチャーの場合はリリース時に右手を意識して投げます。 そこで、リリースの瞬間に「右手ではなく、左手を思いっきり体にひきつける」ように投げてみましょう。すると、より速く腕を振れます。このようにして、左腕を意識すると右腕の振るスピードが変わります。 人は腕や�

右ピッチャーであれば、左足を着地点に置いた状態です。 そして、この開いた状態から投球練習をします。 意識するのは、右足に乗せた体重を左足へ移すことです。 この状態で投げ込むと、良いボールが行ったかどうかが分かります。 つまり、良いボールが行く時は上手く体重が乗った証拠� 【バッティング / ピッチング / 守備 / 走塁】のノウハウを見やすいようにまとめました! ピッチングで速い球を投げるためには、下半身の重心移動や上半身をネジる力が大切です。このとき、脚や腰以外に「グラブをつける側の腕」の使い方を変えることで、球速を速くすることもできます。, グラブをつける方の腕は使わないため、あまり深く考えることがないかもしれません。しかし、人の体は左右の筋肉両方とも背中からつながっています。グラブをつける側の腕をうまく活かせば、背中全体の筋肉によい影響を与えることができます。, ここでは、「グラブをつける方の腕」がピッチングに役立つ理由と、その使い方について解説していきます。, 利き手と逆の手を引くと、利き手がより速く振られる 例えば、右ピッチャーの場合はリリース時に右手を意識して投げます。, そこで、リリースの瞬間に「右手ではなく、左手を思いっきり体にひきつける」ように投げてみましょう。すると、より速く腕を振れます。このようにして、左腕を意識すると右腕の振るスピードが変わります。, 人は腕や体の部位を動かすとき、左右の同じ筋肉の神経は同じ脊髄の場所からきています。解剖学の世界では「連合反応」と呼ばれ、人は左腕を曲げると、右腕も曲げたくなる性質を持っています。牛乳を飲むとき、空いている手を腰に当てたくなるのは、牛乳を飲む腕が曲がっているからです。, この理論を当てはめると、投げるときの右腕は曲がっている状態が理想です。そこで、左腕も同じように曲げて使うと、右腕も曲がった形に同調します。さらにいえば、投げるときの右腕は内側に曲がっていきます。これと対応するため左腕もただ曲げるのではなく、内側にねじるようにすると右腕の動きと同調します。, これを意識すれば、左腕を伸ばしたときよりも腰の回転スピードが素早くなし、速く投げることができます。さらに、左腕を内側に入れることで上半身が左右にぶれるのを防ぐ役割もあります。, 投げ終わったピッチャーのグラブの位置を見ると、多くの人が腕を伸びていたりおなかにつけていたりしています。つまり、右腕と同じように使われていない人がほとんどです。そうすると、左右の腕の動きがチグハグになってしまい、腰のキレがうまれません。, 足を上げたとき、同じ肩の使い方をすると、動作が同調する ずっと同じ場所で片足で飛ぶことで、体重が乗る感覚がわかり、バランス感覚も身につけられます。, こちらの動画では、前足の上げる位置の解説と、前足をL字のように動かすステップをする練習が紹介されています。, こちらの動画では、正しいステップの仕方と体重移動を身につける方法が紹介されています。

目次. ピッチャーでよく議論されるのに、踏み出し足を、かかととつま先のどっちを先に着くか?ということがあります。この記事では、それぞれのメリット、デメリットを含め、踏み出し足の使い方を解説して … 下半身が前に進んで上半身が残る、という理想的な使い方を身につけることができます。, こちらの動画ではメディシンボールを使った練習方法が紹介されています。 2.1 1.TwitterやLINEなどのSNS等と連動する方法; 2.2 2.SNSとは連動させない方法; 3 初心者必見! 17ライブ(イチナナ)の見方や使い方をマスターしよう!

【2019年最新版】プロ野球CS(クライマックスシリーズ)とは?日程や結果、アドバンテージなどの仕組みを徹底解説!, ピッチングフォームを直そう!片足で立った時にカラダがぐらついてしまう時の練習方法は?.

リンク先の記事をブックマークしておくと、困ったときに便利ですよ。, ピッチャーをするならオーバー・スリークォーター・サイド・アンダー、どれで投げるべき?, ピッチングで投げるたびにトップの位置が安定せず、フォームがバラバラになってしまう原因と練習方法は?, ワインドアップ、ノーワインドアップ、セットポジション、クイックモーション、いつどれで投げればいいの?, ピッチング上達のコツ!速く安定した球を投げるための前足ステップからの体の回転方法とは?, 自分で確かめてみよう!良いピッチングフォームの時のフォロースルーとフィニッシュは?.

いつもブログを拝見させて頂いております、広島県呉市で活動しています○○と申します。ピッチング時の左手の使い方について教えて下さい。, リリース時にグラブを左足ももの真ん中より外側に叩き付けてしまい、腕をふりあげる事が 出来ません。叩き付けるタイミングはリリースより前なので、叩き付ける事でリリースが前では 無く後ろ側になっている気がします。または腕が抜けないという表現であると思います。, これが克服出来るとDVDのサンプル映像にもある、下から跳ね上げる動作が出来るのではないかと思っています。 様々なフォームがあると思いますが、左手はどのように使えばい いのでしょうか?, 右投げの投手の、左腕の動きとして回答します。左右の腕の動きは、相関関係にあると思います。投げる準備段階では、左腕と右腕が連動しています。, 例えば、左腕を振り上げながら、投げる右腕も振り上げてくる。左腕の方が先に動いて、その少しあとから右腕がついてくるような感じもあります。, それは、踏み出す足が左であり、左腕や左肩が先に動いて前に出ないと、踏み込みができないことになるからです。少し左が先に動くのは、理にかなった動きと言えます。左腕が前方向にだされ、右腕が真上(トップ)に来たところで、体が開いたようになっていることが理想です。, つまり、投げる方向に横を向く(正面を向かない)ようになると思います。さて、ここから、投げる準備に入りますが、左腕はコンパクトにたたんで、投球の邪魔にならないように体側に置くのが理想です。そのことで、スムーズに上体のひねりを生かし、投球につなげることができると思います。, 左腕の使い方は、肘を曲げて、胸に抱えるようにする人もいます。(野球のピッチャーはこのスタイルが多い)私のように少し肘を曲げて、左の腰の横で引くようにする人もいますし、太ももをたたく人も確かにいます。, 太ももをたたく人は、たたいた時点で、左腕は止まってしまいます。左が止まれば、右腕も止まります。相関関係からすれば当たり前のことだと思います。, ここで、問題は、投球のスタイルが「腰高」で、突っ立ているような場合は、腕は出てこないのではないか、ということです。左足を突っ張れば、確かに右腕のブラッシングはできるのですが、体の回転はなくなりブラッシングの時点で、腕振りが終わる可能性があります。, もっと腕振りを前方から、上方向まで振りたいというのであれば、下半身の高さと、腰が回るまで待つ時間を作ることが必要になってくるのではないかと思います。, 左腕の使い方もさることながら、ブラッシングに頼った投球をしているのではないでしょうか。ブラッシングは大事な投球の要素ですが、からだ全体が、踏み込み・腕の振り上げ・トップ・腕の振りおろし・ブラッシング・フォロースルーというように、流れているでしょうか。, かるく投げているときに確認をしてみてください。もしかしたら、マウンド上で投げるときに「力んで」はいませんか・・・。, 大きく体を使い、流れるように下半身と、上半身を使いながら、最後に腕を強く前方に振るようになれば、右腕も、左腕も、自然にうまく使えるようになっていると思います。, 少し、意識的に左腕を動かしてみて、自分に合ったところを探してください。リラックスした投球から、いいフォームを見つけていければと思います。, 追伸:ウィンドミル投法のチューブトレーニングでも「左腕の使い方」はご紹介していますので、参考にしていただけたらと思います。. 1 そもそも17ライブ(イチナナ)ってどんなアプリなの?; 2 17ライブ(イチナナ)の登録方法が知りたい!. 下半身始動ができていない=下半身を上手く使えていない、ということになりますね。, 下半身を上手く使った投球フォームを身につける練習方法を紹介します。これらを行っていけば、最初に挙げた下半身が上手く使えない課題も全て解決できますよ。, 軸足で立ち、ピッチングの時と同じように前足を上げてジャンプします。 こちらの動画ではメディシンボールを使った練習方法が紹介されています。 �

下半身の動きでメディシンボールを投げることで、力が伝わる動かし方を身につけることができますよ。, 以上が、下半身始動の投球フォームができない原因と練習方法についての解説でした。ぜひ参考にしてみてくださいね。みなさまの野球人生がより良いものになりますように。, 野球プレーヤーの皆様向けに、

ピッチャーのよくある悩みとして『下半身始動、下半身を上手く使った投球ができない』というものがあります。下半身を上手く使わないといけないのはわかっているつもりでも、なかなか意識するだけでは上手くいきませんよね。そこでこの記事では、全ての野球プレーヤー、特にピッチャーの人やと指導者の方のために、『下半身始動の投球フォームができない原因と練習方法』について解説します。, そもそも下半身始動の投球フォームとはどんなものなのでしょうか?

左右の腕の動きを同調させると腰の回転が速くなります。ただ、同調させるポイントは他にあります。それは「足を上げたとき」です。, 右ピッチャーが足を上げるときは、これから右腕が前方に振られるという、まさに最後の準備期間です。ここで、右肩が後ろに引けていると腰の回転力がうまく右腕に伝わりません。, そこで、腰の回転力がより伝わるように右肩を寄せる方法があります。足を上げたとき、左肩を少し自分の体に寄せるようにしましょう。すると、右肩が後ろに引けにくくなります。, これは左肩を寄せることで、左脇の下の筋肉を動かしやすくなるからです。同時に、右脇の下の筋肉も働きやすくなり、投げる時に生じる腰の回転においていかれない理想的な肩の収まりが実現します。, この状態で投げると、腕に力を入れなくても球速が速くなります。左脇の下の筋肉が働くことで、腰の回転と同時に上体もしっかり回転します。, 左右の動きが同調すると、投げるときに生じる体の開きや上体の反りなどの崩れがなくなります。右側だけでなく常に左側を使うことで、ピッチングフォームが改善されます。, トルネード投法で知られる野茂秀雄投手は、足を上げるときに大きく左肩を内側に寄せます。左肩を入れることにより、リリース時に左右の動きが同調しやすい体の状態を作ることができます。, 足を上げるときに左肩を寄せ、左右両方の筋肉を働かせましょう。すると、ピッチングフォームの改善や球速の向上につなげることができます。, さらに、スポーツ技術を上達させたい方は、当サイト独自のスポーツ理論を「メルマガ」にてお勉強ください。今なら非公開テキスト、動画の無料プレゼントも行っています。, (Amazonランキング1位)10種類以上のスポーツでパフォーマンス向上の報告があった武道の身体使いを多数のイラスト付きで公開します。, 古来弓道の身体使いに基づいて、腰痛・肩こりなどの慢性病を改善する具体的手法を各症状、階段式にわかりやすく解説しています。. ©Copyright2020 理論スポーツ:パフォーマンスを伸ばす運動理論.All Rights Reserved. また質問をいただきました。どんな回答になったのでしょうか。それではどうぞ。 【質問】右ピッチャーの左手の使い方を教えて下さい。 いつもブログを拝見させて頂いております、広島県呉市で活動しています と申します。ピッチング時の左手の使い方について教えて下さい。 足を上げたとき、左肩を少し自分の体に寄せるようにしましょう。すると、右肩が後ろに引けにくくなります。. © 2020 We Love Baseball All rights reserved.