ジブリは9条擁護と反戦(つまりは反日)思想が 盗んだってより、リスペクトだと思うわ。監督の日本の怪獣映画好きとかガンダム好きな様子をみると、ほんと好きなんだろうなーって。 THE MOVIE お笑い青春ガールズ!〈初回限定豪華版〉, DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う? 今の日本じゃジャニとかごり押し剛力のクソ映画になるのは眼に見えてるのが泣ける, えー面白いのに。日本だと有名どころじゃないとやっぱ足を運ばないんだよなぁ。あとSF好きじゃないという。 海外「日本食って凄いな」日本料理店のとあるメニューに外国人も仰天 海外「コーヒー吹いた!W」日本人MLB選手の天才的ツイートに海外が大爆笑 パシフィック・リム 『パシフィック・リム』(Pacific Rim)は、ギレルモ・デル・トロ監督による2013年公開のSF怪獣映画である。 太平洋の海底から次々と現れる巨大怪獣に、兵士2人がペアとなって操縦する巨大ロボットで立ち向かう姿を描く。 ・まあ・・相手が宮崎監督だったからね。 風立ちぬはほら・・・声優がね・・・ (function(){for(var g="function"==typeof Object.defineProperties?Object.defineProperty:function(b,c,a){if(a.get||a.set)throw new TypeError("ES3 does not support getters and setters. 『パシフィック・リム』(原題/英題:Pacific Rim) は、2013年のアメリカ製SF怪獣映画。監督はギレルモ・デル・トロ、出演はチャーリー・ハナムと菊地凛子など。, 2018年には10年後を舞台にした続編『パシフィック・リム: アップライジング』が公開された。, 太平洋の海底から次々と現れる巨大怪獣に、兵士2名がペアとなって操縦する巨大ロボットで立ち向かう姿を描く。タイトルのパシフィック・リムとは環太平洋地域のことであり、これらの地域に該当する国の人々が協力して世界的脅威に立ち向かう。, 英語の作品であるが、作中に登場する怪獣は「カイジュー」と呼ばれ、"KAIJU" と記されて、それが日本語に由来することも上映開始後41秒からの8秒間で黒い画面に文字で表示され、英訳として "Giant Beast" とも表される[5]。また、イェーガーは "JAEGER" と記され、ドイツ語に由来することと、英訳すれば "Hunter" であることも表示される[5]。ラストには「この映画をモンスターマスター、レイ・ハリーハウゼンと本多猪四郎に捧ぐ」と献辞が表示される。デル・トロは、「日本の怪獣モノの単なるパスティーシュやオマージュではなく、新しいことができると感じた」と語ったうえで[6]、「日本の漫画、ロボット、怪獣映画の伝統を尊重している」とも答えている[7]。また、今作は「巨大怪物への美しい詩である」と語っている[8]。, 2013年8月、太平洋グアム沖の深海に異世界と繋がる割れ目「ブリーチ」が生じ、そこから現れた怪獣アックスヘッドがサンフランシスコを襲撃。米国は陸海空軍の6日間に亘る総攻撃によってこれを駆逐することに成功するが、その後も別の怪獣が次々と出現し、太平洋沿岸都市を襲うようになったため、沿岸諸国は「環太平洋防衛軍 (PPDC)」を設立し、怪獣迎撃用の巨人兵器イェーガーを建造して立ち向かった。イェーガーの活躍によって人類は一時的に優位に立ったが、怪獣の出現ペースは少しずつ早まっていき、再び人類は劣勢に追いやられていった。, 2020年2月、米国アンカレッジを怪獣ナイフヘッドが襲撃。イェーガーのパイロットであるローリー・ベケットは、同じくパイロットの兄ヤンシー・ベケットとともにイェーガー「ジプシー・デンジャー」に乗ってこれを迎撃するが、戦闘で機体が大破しヤンシーは戦死する。ローリーは兄の死によるショックと脳への負担に耐え、単独でイェーガーを操縦してナイフヘッドを撃破することに成功する。, 2024年、怪獣襲来の急激な増加とカテゴリーの上昇によって敗北が続く上イェーガーの生産・供給が追いつかないことや莫大なコストを問題視した世界各国の政府首脳陣はイェーガー計画を中断することをPPDCの司令官スタッカー・ペントコストに告げる。それと同時に、世界各国の沿岸部に巨大な「命の壁」こと対怪獣防護壁を建造する「命の壁計画」によって、徹底した防御策に出ることを決定した。しかし、一時は効果を見せていた対怪獣防護壁も徐々に効力を失っていき、人類は滅亡の危機に瀕していた。, そんななか、ナイフヘッドとの戦闘以来パイロットを引退して対怪獣防護壁の建造に携わっていたローリーの元にペントコストが現れ、パイロットとしてブリッジを破壊する計画に参加するよう求める。ローリーはペントコストとともに香港の PPDCの基地(シャッタードーム)へ向かい、破棄されていたはずのかつての乗機ジプシー・デンジャーと、そして、機体の修復やパイロットの選定を担当する研究者・森マコに出逢う。マコは研究者でありながら戦闘能力も高く、イェーガーの搭乗者に選ばれてもおかしくない実力者であったが、過去のトラウマを知るペントコストから搭乗を止められていた。訓練を通してマコの高い実力を認めたローリーは、彼女とペアを組みたいとペントコストに進言。それを受け、実験的にローリーとマコをペアとして操縦テストが行われた。しかし、マコの不慣れもあって危うく事故を起こしかけてしまい、ペントコストはローリーのパートナーを別の人間にすることを決める。, 2025年1月、初の2体同時出現にして過去最大級であるカテゴリー4の怪獣オオタチとレザーバックが香港を襲撃する。ペントコストは、残存する4機のイェーガーのうち、チェルノ・アルファ、クリムゾン・タイフーン、ストライカー・エウレカの3機を出撃させるが、チェルノ・アルファとクリムゾン・タイフーンが破壊され、ストライカー・エウレカもレザーバックの電磁衝撃波によって機能停止に陥ったうえ、パイロットの1人であるハーク・ハンセンが腕を骨折する怪我を負ってしまう。待機を命じられていたローリーとマコはペントコストの反対を押し切り、動力源が原子炉(日本語訳ではアナログ回路)のため電磁衝撃波の影響を受けないジプシー・デンジャーで出撃。ペアを組んで以来初の実戦ながら、怪獣を2体とも撃破することに成功する。, しかし喜ぶ間もなくブリーチ付近に2体のカテゴリー4の怪獣ライジュウとスカナーが出現。ペントコストは戦闘可能な2体のイェーガーでブリーチの破壊作戦を実行することを決断し、負傷したハークの代わりに自らがストライカー・エウレカに乗り込み、ハークの息子チャック・ハンセンとのペアで出撃する。2機が海底の割れ目に到着すると、さらに巨大な初のカテゴリー5となる怪獣スラターンも出現。また、調査の結果、ブリーチを通り抜けることができるのは怪獣のみで機械や兵器などは不通であることが判明した。ジプシー・デンジャーは右腕と右脚を損壊したものの、ライジュウの撃破に成功。一方のストライカー・エウレカはスラターンの攻撃によって深刻なダメージを負ったため、ジプシー・デンジャーの道を切り拓くべくブリーチの破壊用に搭載していた核爆弾を起動し、残る怪獣2体を巻き添えに自爆する。, 怪獣スラターンは自爆攻撃にも耐えて再び襲いかかるが、ジプシー・デンジャーはそれを倒し、その死骸を利用してブリーチへと入り込む。ブリッジを破壊するための核爆弾はストライカー・エウレカが使ってしまっていたため、ローリーたちはジプシー・デンジャーの動力源である原子炉を爆発させることにした。ローリーは酸欠状態のマコを先に脱出させ、遠隔操作による爆破の準備をして自身も脱出を試みた。しかし、機体の破損により、手動で起爆しなければならなくなっており、手動で起爆スイッチを入れたローリーは間一髪脱出ポッドに乗り込み脱出した。ブリーチは計画どおり破壊され、先に海上へと浮上していたマコや PPDCの総員が見守るなか、ローリーも無事帰還することができた。, 日本語名は必ずしも英語名の対訳名ではなく、あくまで各言語における当該キャラクターの主要な名称[9]を示している。全てのキャラクターについて、以下同様。, スタッカー・ペントコスト(英:Marshal Stacker Pentecost), ニュートン・ガイズラー(英:Dr. の所はわからん。本のベストセラーとかも同じこと。, いや、「アイデアを盗まれた」なんて日本人誰も思っていないと思うけどw !b.a.length)for(a+="&ci="+encodeURIComponent(b.a[0]),d=1;d=a.length+e.length&&(a+=e)}b.i&&(e="&rd="+encodeURIComponent(JSON.stringify(B())),131072>=a.length+e.length&&(a+=e),c=!0);C=a;if(c){d=b.h;b=b.j;var f;if(window.XMLHttpRequest)f=new XMLHttpRequest;else if(window.ActiveXObject)try{f=new ActiveXObject("Msxml2.XMLHTTP")}catch(r){try{f=new ActiveXObject("Microsoft.XMLHTTP")}catch(D){}}f&&(f.open("POST",d+(-1==d.indexOf("?")?"? 外国人「これって日本では自然な振舞いなんだよ」日本を滞在中の外国人さんに起きた出来事に海外がほっこり! 『パシフィックリム アップライジング』菊地凛子の海外の反応や評判は?過去の出演作一覧も!, 『オー ルーシー』(映画)ネタバレやあらすじは?ジョシュハートネットの演技評価や見どころは?, 『見栄を張る』(映画)ネタバレやあらすじは?タイトルの意味や久保陽香の演技評価も!, アンブレラアカデミー(Netflix)全話ネタバレや感想!7人の能力とキャストについて!, 『トランスポーター4 イグニッション』父親の正体やなぜステイサムは出ない?タイトルの意味も, ザ・クロッシング パート1・2(映画)ネタバレやあらすじ!キャストに長澤まさみや金城武など. ・ヒットしないなんて、わかりきってたろ 4dx上映 ・日本にはこのジャンルはもう飽和してるからな・・・ パシフィック・リムファンのアイドル(異論は認める)。 頭でっかちで若干ファンシーさを醸し出すが、 回避をせずに装甲ですべて受け、代わりにひたすらぶん殴って怪獣を殺す男の中の男めいた機体。 前作も結構好きなので、楽しめた設定は相変わらずぶっ飛んだSFだけど、CGが派手だし、戦闘モーションもかっこいいからゲームしてるみたいに楽しめる音楽もいいスプラッターがちょこちょこ走るのが可愛すぎる!, アクションはすごくよかったです! ハーマン博士?はまた味方でよかった(笑) スコット・イーストウッドはいい男だし(笑)、相変わらずイェーガー達もかっこいいし、ただ菊地凛子を殺さないで~! デル・トロ監督が降板する前は今回のラストで前作の主役の森マコとローリー?が助けにくるというストーリーだったなんて噂を聞きましたが、そっちも観たかった~! もう主役は若者達でもいいから3作目も観たい!, 日本の誇る怪獣や巨大ロボット映画へのオマージュ。巨大な予算を投入し、力まかせで楽しませようという娯楽作品です。単純に楽しむ以外、何も残らない、単なる2時間の映画ではありますが、充分に面白かったです。実はこの映画、第一作とは配給会社が変更になっていたのですね。ワーナーからユニバーサルへ。ワーナー・ブラザーズへの謝辞がエンドロールに出てきたので、あれっ?