「まあね。そこまでいかなくても、このピカピカに磨いてあるコーヒーポットが僕の目だ」彼は言った。, 言うまでもなく、コーヒーポットでワトソンの行動をのぞくのは、あとでダートムアにカートライトという少年を連れてきて、彼を「別の目」にして、ワトソンを見張ることの前触れです。, ここまでは、普通の読者でも想像できるでしょうが、The Hound of the Baskervilles (Oxford World’s Classics)で、W.

『バスカヴィル家の犬』(バスカヴィルけのいぬ、The hound of the Baskervilles)は、アーサー・コナン・ドイルによるシャーロック・ホームズシリーズの長編小説のひとつ。『バスカービルの魔犬』などの訳題も用いられる。 長編『バスカヴィル家の犬』のみを収める。 これで4つの長編は全部読んだ。 アメリカやインドでの過去を背景とする物語ではなく、イングランド南西部のデヴォンシャに伝わる幽霊犬の伝説が利用された事件である。 シャーロック・ホームズ大百科事典. 「なんでやっていることがわかったんだ? 君の頭の後ろには、絶対に目がついてるな」 上記の2作品では普通の犬だった魔犬が、燐光のエフェクトを加えられて禍々しいイメージに仕上がっている。, ジェレミー・ブレットがホームズを演じた『シャーロック・ホームズの冒険』の映像化は1988年である。俳優のスケジュールでレストレードが登場せず、主演のブレットも残念がるコメントを残している。, 2000年にはカナダでマット・フリューワー主演でドラマ化された。原作とはがらりと変わった、饒舌なホームズ像を演じた。, 2002年にはイギリスでリチャード・ロクスバーグ主演でドラマ化されている。ホームズよりもワトスンが主役に近い描かれ方だった。魔犬はCGで表現されている。, 2012年に放送された ベネディクト・カンバーバッチ主演の『SHERLOCK(シャーロック)』のシーズン2・エピソード2【バスカヴィルの犬(ハウンド)】では、舞台が現代という設定もあり、魔犬は軍事兵器の催眠ガス作用による幻覚という設定がされている。, 2015年放送のNHKの人形劇『シャーロックホームズ』【第12・13回放送-バスカーヴィル君と犬の冒険】では、幼馴染のメアリー・モースタンと親しくする生徒(=ヘンリー・バスカーヴィル)の嫌がらせのために、ジャック・ステイプルトンが光る魔犬に変装して脅かしたという設定である。, 2016年に放送されたジョニー・リー・ミラー主演の『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』のシーズン4・第16話【キラー・ドッグ】では、バスカヴィル家の犬から着想を得たエピソードと予告から宣伝されている。舞台は現在で、魔犬の正体は現代科学の粋を結集した最新鋭の四足歩行ロボットという設定がされている。, 「映像化」とは言えないが、1970年代に日本で劇画化されたこともある。ページ数の関係からか原作冒頭の「モーティマー博士のステッキ」が彼からの手紙になっていたり、実際にダートムーア地方に赴くのがワトソン博士ではなく14歳の少年、カートライトになっていたりと言う少年少女向けの改変もいくつかある。作画は小室孝太郎、出版元は学研(タイトルも「のろいの魔犬」と改変されている)。, 1899年に南アフリカでボーア戦争が勃発。ドイルは1900年2月から8月まで野戦病院の医師として南アフリカで働いたが、このとき腸チフスに罹患してしまった。, 河村幹夫『ドイルとホームズを「探偵」する』日経プレミアシリーズ、2009年、103-111頁, 東山あかね「『バスカヴィル家の犬』(の舞台裏)」『シャーロック・ホームズ大事典』小林司、東山あかね編、東京堂出版、2001年、594-596頁, 青山剛昌『名探偵コナン』70巻(File5-11、小学館,少年サンデーコミックス、2010年11月23日初版), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=バスカヴィル家の犬&oldid=78594865.

2017.08.25

『バスカヴィル家の犬』(バスカヴィルけのいぬ、The hound of the Baskervilles)は、アーサー・コナン・ドイルによるシャーロック・ホームズシリーズの長編小説のひとつ。『バスカービルの魔犬』などの訳題も用いられる。, ホームズの長編は4作あるが、この作品だけが2部構成を採っておらず、また登場人物の過去の因縁話がからむ箱物語形式も採っていない。, 魔犬の伝説が伝わる富豪のバスカヴィル家で、当主のチャールズ・バスカヴィル卿が死体で発見される。表向きには心臓発作による病死と発表されたが、卿の死体のそばには巨大な犬の足跡があった。, ホームズは、事件の調査を、チャールズ卿の主治医であり、友人でもあるモーティマー博士から依頼される。子息のいないチャールズ卿の正統な後継者は、チャールズ卿の甥にあたる若きヘンリー・バスカヴィル卿一人である。しかし、モーティマー博士に伴われてロンドンにやってきたヘンリー卿の元に、バスカヴィルの館へ赴くことを警告する謎の手紙が届く。, ホームズは、ロンドンで別の事件に携わる必要があるといい、ワトスンが代わりにヘンリー卿の客人として入館に同行する。, 委細ありげな執事のバリモアとその妻、脱獄囚のセルデン、近所に住む昆虫学者のステープルトンとその美しい妹ベリル嬢など、ワトスンは見聞きしたことをホームズに向けた手紙や自らの日記に綴る。バリモアとその妻の不審な行動は何故なのか、凶悪な殺人犯セルデンは何処へ潜んでいるのか、ベリル嬢はなぜ自分や、彼女に求婚するヘンリー卿にここを立ち退くよう懇願するのか。そして、自分が湿地帯ではっきり聞いた恐ろしい声は「魔の犬」の咆哮ではないのか……。, モーティマーがホームズの部屋に置き忘れたステッキに「1884」と年号が刻まれており、それを5年前といっていることから、事件が起こったのは1889年と考えるのが自然である。だが、1889年はワトスンが結婚生活に入っており、ホームズと同居していないため、矛盾が生じている。またホームズはかなりの著名人となっているが、現実の1889年までに公表された作品は『緋色の研究』のみである。, 研究者によってこの事件の発生年はまちまちであり、1886年から1900年までいろいろな説が出ている。, 1901年3月、ドイルは腸チフスの後遺症で悩まされ、ノーフォーク州クローマーで療養していた[1]。その時にボーア戦争で知り合ったジャーナリストの友人、バートラム・フレッチャー・ロビンソンと再会し、ロビンソンの出身地ダートムアの黒い魔犬の伝説を聞いた。この伝説に着想を得て書き上げたのが本作である。このため本作の冒頭にはロビンソンへの献辞がある。ドイルは当初ロビンソンとの共著として、ホームズとは無関係の作品を書こうとしていたが、ロビンソンは共著を辞退した。そこでドイルはこの作品に登場させる主役を考案し、ホームズを主役とする案を思いつく。この案には1893年に『最後の事件』でホームズを死亡させているという問題点があったが、事件の発生年月を『最後の事件』以前にすることで、ホームズを主役とする作品として書き上げることにした[2]。ドイルはストランド・マガジンの編集部に1000語につき100ポンドの原稿料を要求し、そのうち30%をロビンソンに渡している。この原稿料は従来の倍額であったが、これはホームズを再登場させたからという理由であった[3]。, 作品自体の人気に加えて、ダートムーアの景観を描いた紀行文学的要素や、「火を吐く魔犬」といった題材が好まれてか、ホームズものの長編の中でも映像化された回数は多い。どの作品も大幅にストーリーが省略・改変されていて、主要なキャラクターが登場しないものもあり(特にレストレード警部が省かれたものが多い)、「完全映像化」されたものはいまだ無い。, 1939年の20世紀フォックス製作の映画は、ベイジル・ラスボーンが初めてホームズを演じた作品である。当時まだラスボーンのホームズ役に懐疑的だったフォックスでは、彼でなく魔犬を宣伝ポスターの中心に据えるなどしたが、その後1946年まで14本が製作される人気シリーズとなった。, 1959年のハマー・フィルム・プロダクション制作のイギリス映画『バスカヴィル家の犬』では、ホームズをピーター・カッシングが演じた。カッシングがもともとホームズファンだったこともあって、その演技は絶賛された。ハマー・プロは怪奇映画で知られた映画会社であり、作中の演出の随所に怪奇映画的味わいが見られる。なお、同作でヘンリー・バスカヴィルを演じたクリストファー・リーは、のちにシャーロックとマイクロフトのホームズ兄弟を両方演じることになる。, 1980年代からはテレビ向けの映像化が多い。1983年アメリカ製作のビデオドラマ版では『コナン・ドイルの事件簿』(2000年 - 2001年)でホームズのモデル=ジョゼフ・ベル博士を演じたイアン・リチャードソンがホームズ役である。 The Hound of the Baskervilles (Oxford World’s Classics), Snow White and the Seven Dwarfs「白雪姫と七人の小人」ラダーシリーズ.

『バスカヴィルの犬 ... シャーロックはヘンリーの使った「ハウンド」という単語に引かれ、ジョンと共に調査へ向かう。 シャーロックとジョンは、シャーロックがマイクロフトからくすねた許可証を使い、政府の査察と偽ってバスカヴィル研究所を調べに行く。シャーロックは、研究所で出会 シャーロック・ホームズ作品中最も高い評価を受ける長編作品。バスカヴィル家に伝わる魔犬伝説そのままの状況で館の主が死んだ。そして、その後継者にも謎の追跡者の影が見え隠れする。はたしてホームズはこの謎を解けるのか?そして犯人の目的は何なのか? シーズン2第2話。原作の「バスカヴィル家の魔犬」は昔読んだことがある程度であまりはっきりとは覚えてないですが、シャーロック・ホームズシリーズの中では読みやすい話だったと記憶しています。といってもタネとオチをざっくりぐらいですけど…話としても独立、完結しているので。 W. Robinson は次のように、さらに踏み込んだ考察をしています。. “I have, at least, a well-polished, silver-plated coffee-pot in front of me,” said he.

5:遂に姿を現したバスカヴィル家の魔犬がヘンリー・バスカヴィルに襲い掛かる。果たしてホームズたちは彼を救う事ができるのか。 tandtad, 「ノベル」を書き起こす作家にとって、一文目は極めて技巧を凝らす場所です。読んだことがなくても、一文目だけは知っている小説も少なくないでしょう。「我が輩は猫である」「木曾路はすべて山の中である」「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」ここまでぜんぶ日本文学ですが、もちろん海外文学でも「アンナ・カレーニナ」「クリスマス・キャロル」「高慢と偏見」など、冒頭一文が人口に膾炙する作品も数多いのです。, 「バスカヴィル家の犬」はそこまで有名ではないものの、かなり意味深な始まりの一文です。, MR. SHERLOCK HOLMES, who was usually very late in the mornings, save upon those not infrequent occasions when he was up all night, was seated at the breakfast table. バスカヴィル家の犬 第14章 Page. シャーロックホームズは、たいてい非常に朝が遅いのに、ーーちょくちょく徹夜するのを除けばだがーー、朝食用テーブルに座っていた。, まず、「バスカヴィル家の犬」のタイトルに「シャーロック・ホームズ」という言葉がありませんから、だれが主人公か不明です。そこで、まずドンと MR. SHERLOCK HOLMES を主語に持ってきます。読者の待ち望んだ、絶対の主人公ですから、一文目の頭を押さえて当然です。そして、普通は朝寝坊なのに(ただしよくやる徹夜をのぞく)ワトソンより先に朝食用テーブルに座っていた。これが一文目です。, よく読めば、ここにすでに謎があります。なぜ、ホームズはいつもと違う行動をしたのか?続く文にその説明はありません。しかも、ちょくちょく徹夜すると書いてあるのですから、素直に読めば、ワトソンは、ああホームズは徹夜をしたんだな、と考えるのが普通でしょう。なぜ徹夜だと思わないのか?この文は、ワトソンが読者をあざむいているか、または、ホームズがワトソンになにか隠しているか、あるいは、その両方だということを暗示しています。, 謎はまだ終わりではありません。ワトソンが昨夜の客が置き忘れたステッキを調べているのに気づいたホームズは、ワトソンに推理してみるように言いますが、推理させた後、ワトソンからステッキを取り上げて自分で調べます。これもおかしい。ワトソンでさえ気づくステッキを、ホームズが朝食の席につく前に気づかないことなどありえません。おそらく、昨夜の時点でステッキに気づき、調査していたはずです。そして、この客は大事なステッキを忘れたので、次の朝早く再訪すると推理したからこそ、早起きしていたのです。ワトソンだって、それに気づかないほどおろかではないでしょうから、あえて「徹夜じゃないけど早く起きていた」と妙にぼかした書き方をしているんだなと、読者は薄々感じとることができるのです。, ステッキをワトソンの目につく場所に置いていたのも、もちろん意図的です。ワトソンにステッキを調査させるのは、あとで彼をダートムアに派遣させるための予備試験ですから、恐るべきことに、ホームズはすでにこの時点で、事件の進展をかなり先まで見通していたように感じられるのです。コナン・ドイル、大嫌いなホームズ物なのに本気で書いていますね。, “How did you know what I was doing? 私は目覚め闇の苦さを味わう. 『バスカヴィルの犬(ハウンド)』(バスカヴィルのハウンド、英: The Hounds of Baskerville)は、BBCが2012年に制作したドラマ『SHERLOCK』のシーズン2・エピソード2である。, 原案は『バスカヴィル家の犬』"The hound of the Baskervilles"(1901年)及び『悪魔の足』"The Adventure of the Devil's Foot"(1910年)である。, デヴォン州ダートムーア在住のヘンリー・ナイトが、シャーロックとジョンの元へやってくる。彼は地域の魔犬伝説を特集した映像を2人に見せ、魔犬が父を殺したと訴える。彼の父の遺体は見つからず、孤児となったヘンリーは一度ダートムーアを離れる。20年経って故郷に帰ったヘンリーは、父が殺された窪地で「巨大な犬(ハウンド)の足跡」を見つけ、ベーカー街へ依頼に現れた。シャーロックはヘンリーの使った「ハウンド」という単語に引かれ、ジョンと共に調査へ向かう。, シャーロックとジョンは、シャーロックがマイクロフトからくすねた許可証を使い、政府の査察と偽ってバスカヴィル研究所を調べに行く。シャーロックは、研究所で出会ったウイルス学者・フランクランドの言葉に、かすかなアメリカ訛りがあることが気になる。, ヘンリーは、自宅を訪れたシャーロックとジョンに、"Liberty"(自由)・"in"(〜の中に)の2単語が繰り返し頭に浮かぶと話す。シャーロックは、ヘンリーの父が殺されたデュワーズ窪地[注 1]での夜間実地調査を提案する。実地調査で、ジョンは丘の上から光によるモールス信号が発せられていると気付く[注 2]。一方、ジョンを置いて窪地に向かったシャーロックとヘンリーは、そこで魔犬の唸り声を聞く。, シャーロックは、前回とは異なりマイクロフトの許可を取った上で、再びジョンとバスカヴィル研究所を訪れる。シャーロックはジョンを研究所のラボに閉じ込めて、薬剤による幻覚実験を行う。ジョンはシャーロックの期待通り魔犬を目撃するが、それは事前にシャーロックが吹き込んだ通りの姿だった。シャーロックは、ヘンリー邸にあった砂糖に毒物が入っていると考え[注 3]、ステープルトンの研究室で調査するが、不発に終わる。その後自身の「マインドパレス」に入ったシャーロックは、ヘンリーの言う"Hound"(ハウンド)・"Liberty"・"in"が、アメリカ・インディアナ州リバティ(英語版)で行われた、「H.O.U.N.D.」計画を指していると気付く。計画は恐怖の刷り込みを行う薬剤に関するもので、中心になった研究者の頭文字を取った名前が付けられていた。この実験は被験者への甚大な悪影響から中止されていたが、メンバーだったフランクランドが、バスカヴィル研究所で密かに研究を継続していたのだ。そこにモーティマーからジョンへ着信があり、幻覚を見たヘンリーが発砲して家を出て行ったとの連絡が入る。, シャーロックとジョンが窪地へ急行すると、ヘンリーが銃で自殺しようとしていた。シャーロックは、20年前ヘンリーの父を殺したのが「H.O.U.N.D.」計画に関わっていたフランクランドだと伝え、自殺を思いとどまらせる。そこへガスマスクを被ったフランクランドが現れ、シャーロックは窪地に仕込まれたパッドから、人が歩いた時に噴霧薬剤が出ることで幻覚が現れると気付く。窪地に集まったシャーロック・ジョン・ヘンリー・フランクランド・レストレードは、そこで薬の作用により魔犬を目撃するが、ジョンが射殺すると正体はただのハウンド犬[注 4]だった。真相を知られたフランクランドは隙を突いて逃げ出すが、研究所周囲にあった地雷原に足を踏み入れて爆死する。, その後、留置場でモリアーティとマイクロフトが対面しているシーンが流れ、モリアーティが釈放されたところで物語は終わる。, ドラマの原題は「The Hounds of Baskerville」[注 9]、原案となった『バスカヴィル家の犬』の原題は「The Hound of Baskervilles 」である。原典では名字である「バスカヴィル」との名称が、ドラマ本編では地名となっている。, シャーロックが調査のため、銛を持って豚を刺しに出かけるシーンは、『ブラック・ピーター』に由来する。また、ジョンは同じシーンで数種類の新聞を読んでいるが、『白銀号事件』などにあるように、ホームズは発行されている全ての新聞を毎朝自宅に届けさせている。また、禁煙中のシャーロックが煙草の禁断症状から叫ぶ、「お茶より7%強いものが必要だ」との台詞は、原典『四つの署名』で、ホームズが7%溶液のコカインを愛用していることに由来する。, 依頼人であるヘンリーの名字はナイト(英: Knight、騎士を意味する)だが、これは原作で命を狙われるのが貴族のサー・ヘンリー・バスカヴィルであることに由来している[2]。また、原典でのグリンペン湿地帯は地雷原に変更されている。脚本のマーク・ゲイティスはコメンタリーで、「(原案は映像化も多い作品なので)みんなの知っている要素を違う形で取り入れようとした」と語っている。, シャーロックは「ハウンド」という言葉に引かれてヘンリーの依頼を受ける。これは、脚本を書いたマーク・ゲイティスの「若者はハウンド(英: hound)なんて言わないでドッグ(英: dog)と言うはずだ」との意見によるものである[注 10]。なおヘンリーの「巨大なハウンドの足跡だった」という台詞は、原典でワトスンが述べるものである。, ホームズがワトスンに調査を任せきりな[注 11]原案『バスカヴィル家の犬』と大きく異なり、シャーロックは当初からジョンと共にダートムーアにやってくる。, 魔犬伝説について、シャーロックが「ジョンと賭けをした」として聞き出すのは、『青い紅玉』中の記述に基づくシーンである。, バスカヴィル研究所で、ジョンが「第五ノーサンバランド・フュージリアーズ連隊の大尉」[注 12]と退役時の所属と階級を明言する。ジョンの述べる所属は、『緋色の研究』冒頭でワトスンが述べる所属と等しい[3]。, 原案『バスカヴィル家の犬』では、ヘンリー卿の友人モーティマー医師が、ホームズの元へ事件を持ち込む。今作では、モーティマーという名前が、ヘンリーの女性カウンセラーの名字として使われている。同様に、バスカヴィル家の執事バリモアの名前は、研究所に勤めている少佐の名字に使われている。バリモア少佐を演じたサイモン・ペイズリー・デイ(英語版)があご髭を生やしているのは、原典の執事にならったものである。脚本のマーク・ゲイティスによると、あごひげは英国海軍なら可能だが、陸軍では御法度[注 13]であり、コメンタリーでは「でも彼の所属は正規の陸軍では無いから(構わないだろう)」と発言している。また、原典で登場する植物学者のステープルトンは女性遺伝子学者、訴訟好きのフランクランド老人はアメリカ帰りのウイルス学者にそれぞれ置き換えられている。, ジョンが気付く、ハイビームを発している車の主はセルデンという名前だが、これは原典『バスカヴィル家の犬』で登場する脱獄犯の名前である。彼はバリモア夫人(バスカヴィル家の執事夫人)の弟であったが、結局事件には関係しなかった。ドラマでもセルデンの発しているハイビームは、モールス信号とは無関係であり[注 14]、物語上のミスリードである点も共通している。, ダートムーアにやってきたレストレードへ、「ナッツみたいに茶色い」とシャーロックがコメントするが、この台詞は元々『緋色の研究』でスタンフォードがワトスンにかける言葉である。, シャーロックがジョンを使って、薬剤の効果実験をするシーンは、原典『悪魔の足』中のシーンに由来する。但し原典では、ホームズとワトスンが一緒に実験を行い、中毒になる寸前でワトスンがホームズを伴って逃げ出している。, 劇中フランクランドは、誤って地雷原に侵入し地雷の爆発で死亡するが、これは『バスカヴィル家の犬』で、犯人のステープルトンが、底なし沼に踏み入って死亡するのと対比されている。, モファットとゲイティスは、2人とも本作の脚本を担当したがったという。結局はゲイティスの熱意勝ちとなったが、彼は後に「罰が当たったと思うくらい、大変な仕事だった」と語っている[5]。, 冒頭、幼少期のヘンリーとして登場するサム・ジョーンズは、ヘンリーを演じたラッセル・トーヴィの実の甥である(コメンタリーで言及)。, ヘンリーが幼少期に書いた魔犬とされる絵は、脚本のスティーヴン・モファット・製作のスー・ヴァーチュー夫妻の息子が描いたものである[注 15]。, 魔犬伝説についてシャーロックに語る若者は、フレッチャー・ロビンソンという役名である。これはダートムーアの魔犬伝説をドイルに教えた友人の名前から取られている。ドイルはこの話を聞いて、『バスカヴィル家の犬』のプロットを思いついたとされている[注 16]。, バスカヴィルには英国軍の生物化学兵器研究所があるとされるが、実際の化学兵器研究所としては、ポートンダウン(英語版)が有名である。, 今作では、ダートムーアに着いたシャーロックが、ジョンを助手席に乗せて運転するシーンがある。ゲイティスは元々、ジョンが運転するつもりでシーンを書いていたが、ジョン役のマーティン・フリーマンが運転できない[注 17]という理由で、差し替えになったとコメンタリーで語っている。, ヘンリーの自宅に着いたジョンが「金持ちなのか?」と尋ね、ヘンリーが「ああ」と答えるシーンは、ゲイティスが『ジョーズ』からの借用[注 18]だと答えている。, 劇中、ダートムーアにやってきたレストレードが日焼けをしているのは、演じているルパート・グレイヴスがグアドループで別ドラマの撮影[注 19]をしていたためである。ゲイティスとヴァーチューは、「あまりに焼け過ぎていたので台詞に入れた」とコメントしている。, コメンタリーでは、「犬がホームズを演じた話」として、宮崎駿らが制作したアニメ『名探偵ホームズ』への言及がある。, 今作で初めて「精神の宮殿」(マインドパレス、英: Mind Palace)の存在が明言される。これは、シャーロックの使う記憶術で、物事を地図のように配置し、膨大な知識をいつでも思い出せるようにするものである。このように、マインドパレスの理論自体は、場所法と呼ばれる記憶術の1つである。, ゲイティスはコメンタリーで、この単語は元々ダレン・ブラウンの著作にあったものだと語っている。その後も、マインドパレスとの単語は、一種の記憶術としてシーズン3や『忌まわしき花嫁』などで用いられている。また、ダレン・ブラウン自身はその後、本人役としてシーズン3エピソード1『空の霊柩車』に出演している。, 本作では、シャーロックのマインドパレス中で、「Liberty」という単語に関連して、リバティ百貨店(ロンドンの百貨店)・フランス人権宣言・スーザのマーチ『自由の鐘』[注 20]などが現れる。また「ハウンド」に関連して、エルヴィス・プレスリーの『ハウンド・ドッグ』などが登場する。, マーク・ゲイティス - アマンダ・アビントン - ティモシー・カールトン - ワンダ・ヴェンサム - シャーン・ブルック, ルパート・グレイヴス - ジョナサン・アリス - ヴィネット・ロビンソン - ルイーズ・ブリーリー, ララ・パルヴァー - ラース・ミケルセン - トビー・ジョーンズ - アンドリュー・スコット, ベルグレービアの醜聞 - バスカヴィルの犬(ハウンド) - ライヘンバッハ・ヒーロー, シャーロック・ホームズ - ホームズシリーズの短編小説 - ホームズシリーズの長編小説 - ホームズシリーズの登場人物 - ホームズシリーズをベースとしたフィクション作品, 原典に言及する場合はホームズ・ワトスン、ドラマ本編に言及する場合はシャーロック・ジョンと記載する。, 実地調査に行く前、シャーロックとヘンリーは砂糖入りのコーヒーを飲んでいたが、ジョンはブラックコーヒーを飲んでいた。シャーロックはこれが幻覚の原因と考え、さりげなくジョンに砂糖入りコーヒーを飲ませていた。, 字幕などでは「警部」とされているが、台詞やコメンタリーでは"Detective Inspector"と述べられており、これを, 彼女の肩書きが「ドクター」であることは台詞で語られているが、医師免許を持ってヘンリーのセラピーをしているのか、単に博士号を有しているのかは不明。, ドイツ人監督であり、名字の"Wagner"は、ドイツ語読みなら「ヴァーグナー」、英語読みなら「ワーグナー」となる。, 薬剤の幻覚作用で見える幻の魔犬と、パブのゲイカップルが隠れて飼っていた犬の2頭が登場するため。, 建前上は不在だったが、実際はホームズもワトスンがダートムアに向かった直後に現地入りしている。, 原文:"Captain John Watson, Fifth Northumberland Fusiliers.