ハイランダー / Highlander

フェイス / Face 19日にはクエドルが注目されてるんですね、わかりました, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. クエスト / Quest

魔法学院 18.6 レジェンド1位 LeoPrystupa’s ガラクロンドローグ. StarCraft II WCS.

(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); ドルイド / Druid ハイランダー / Highlander, メイジ / Mage World of Warcraft Arena World Championship.

『激闘!ドラゴン大決戦/Descent of Dragons』の新カード評価まとめ, 【降魔の狩人】S76 レジェンド273位 nejiboston ハイランダーハンター.

スペル / Spell, ハンター / Hunter ガラクロンド / Galakrond

カードギャラリー デッキ構築ヘルパー バトルグラウンド. 隠れ身 / Stealth, シャーマン / Shaman

デッキ概要 Zeddyがレジェンド1位を獲得した欠片デーモンハンター。 グレイヴの達人は採用せずに、ペン投げ野郎と魔力喰いをそれぞれ2枚採用したデッキ。ペン投げ野郎は打点の底上げに、魔力食いは挑発ミニオンやサルヘトの群れ […], ハースストーン統計サイトHSReplay.netが発表した高勝率なデッキを紹介します。いずれも現在の環境における、高ランク帯で高勝率を記録しているデッキですので、レジェンドを目指す方などにとって参考になるデータです。 対 […], デッキ概要 Norwisがレジェンド1位を獲得したマリゴスドルイド。 森番オム+発芽+マリゴス+ダメージ呪文のコンボで大ダメージを狙うデッキ。ガジェッツァンの競売人を採用しているのが特徴で、練気や自然学の予習と組み合わせ […], デッキ概要 shuzoDSさんがレジェンド7位を獲得したガラクロンドローグ。 LeoPrystupaがレジェンド1位を獲得したリストからボーン・レイスを外し、心血注ぐ献身者を採用したデッキ。急襲により迅速なミニオン除去が […], デッキ概要 Nalguidanがレジェンド2位を獲得した隠れ身ローグ。 潜入者リリアンや穴掘りスコーピッドなど隠れ身ミニオンを多く採用した攻撃的なデッキ。凶悪なる一撃、南海の甲板員、冷血などを採用しており、隠れ身ローグの […], デッキ概要 さぽてんさんがレジェンド到達に使用したビッグパラディン。 学位授与式と決闘だ!でデッキから大型ミニオンを召喚して戦うデッキ。序盤のミニオンが少ない点を初登校の日や空襲、式典用の大鎚などで補いながら、大型ミニオ […], デッキ概要 FAST44がレジェンド1位を獲得したハイランダーシャーマン。 回復カード、除去カード、武器破壊カードなどを豊富に採用したコントロールタイプのデッキ。退化の矢や呪術を採用しており、聖典パラディンのバフを受けた […], デッキ概要 LeoPrystupaがレジェンド1位を獲得したガラクロンドローグ。 デーモンハンターやウォリアーのヒーロー本体を凍結できる冷たき影の紡ぎ手を採用したデッキ。他にもボーン・レイスを採用するなど序盤に押し切られ […], デッキ概要 SyuSyuが10月月初にレジェンド1位を獲得した欠片デーモンハンター。 ペン投げ野郎を採用しているのが特徴のデッキ。二連斬やワンド職人から得られる呪文と組み合わせてダメージに繋がります。また、ドルイドが環境 […], デッキ概要 rainydayさんがレジェンド10位を獲得したハイランダーハンター。 高コストのカードは恐竜使いブランのみで、三匹がキルなどを採用したフェイスハンター型のデッキ。秘策を凍結の罠と感圧板の2枚のみにしている分 […], デッキ概要 Sezokloがレジェンド9位を獲得した秘策ローグ。 最下層の故買屋と血の復讐を2枚ずつ採用した泥棒型のデッキ。それらの採用により小型のミニオンへの対処がしやすくなっている分、秘策やエドウィン・ヴァンクリーフ […].

223: 名無しさん 2020/11/10(火) 15:39:04.85 デカブ … 2 コメ 【予想】発表される前から今回このクラスがゴミだってわかるわww テンポ / Tempo. ▶ハースストーン全デッキ集. サポート アカウント マイ ギフト 採用情報 会社情報. All Rights Reserved.

ハースストーンデッキ検索 HearthGamers ,

パッチ17.6が適用されてから約1週間経過した、現時点での今環境に対応しTierリストを更新しました。, 【HSBG】12/6アップデート対応!『ハースストーン:バトルグラウンド』ヒーローTierリスト, 【HSBG】11/20アップデート対応!『ハースストーン:バトルグラウンド』ヒーローTierリスト, 『激闘!ドラゴン大決戦/Descent of Dragons』の新カード評価まとめ, 【デッキガイド】ミッドレンジパラディン/Midrange Paladin デッキ解説. 1だと思われます。コントロールタイプが相手でも除去が来る前に勝負を決める事ができる強さを持っています。, 今回は「Benko」さんがレジェンド93位に到達したドラゴンハンターをご紹介します。, このデッキの特徴は従来のドラゴンハンターの構成に加えて『三匹がキル』や『ドラゴンペイン』を加えられている為、長期戦や挑発が多い場合でも相手に攻撃ができるようになっています。魔素も3920と作りやすい構成になっています。, フェイスハンターでお馴染みのカード。このカード1枚で相手のライフを大きく削る事ができます。このデッキはドローするカードが採用されていないので、後半に手札切れで攻撃が弱くなってしまう可能性があります。しかし、このカードがあることによって後半でも戦えるようになります。, 2ターンの休眠を終えた後、ランダムな敵を1体攻撃するカード。対象がランダムですが、ミニオンのスタッツがとても高いので序盤に出す事ができればかなり強力です。また、相手のヒーローにも攻撃をすることもあるので、このカードが盤面に存在するだけで相手にプレッシャーを与える事ができます。, ドラゴンハンターには欠かせないカード。このカード1枚で相手を攻撃するだけでなく相手のミニオン除去もできるのでかなりのアドバンテージを取る事ができます。このカード自体のコストが3マナなので他のカードと一緒に使うこともでき、マナを無駄なく使う事ができます。, このデッキで唯一ドラゴンを補充できるカード。ドラゴンは平均的に強いので、どのカードが選択されても無駄になる事がありません。また『始祖探検竜』も発見する事ができるので、運が良ければ多くのドラゴンを発見する事ができます。このカード自体にも猛毒があるので、相手にとってはかなり厄介なカードとなります。, 自分の手札にドラゴンがいれば相手のミニオンを破壊できるカード。効果がランダムではあるものの、確定除去ができるのでテンポを取りやすいです。このカード自体のスタッツもかなり高く、盤面に残れば相手のライフを大きく削る事ができます。このカードも『始祖探検竜』から発見できる事ができるので、積極的に使っていきたいカード。, このデッキはテンポが非常に重要になってきます。1 ターンにミニオンを何体も並べる事ができないので、戦い方としては常に盤面を取っていくような形になります。デッキに採用されているカードは相手のライフを大きく削れるものが多いので、15ダメージくらいは簡単に出す事ができます。プレイ難易度もそこまで高くないなので幅広いプレーヤーが使えるデッキとなっています。, ハースストーンのデッキには「アグロ」「ハイランダー」など様々な種類があるりますが、名前の由来はご存知でしょうか。実は調べて見ると意外と面白い事がわかります。今回はデッキの名前について調べたものをご紹介します。, アグロ(aggro)を訳すと「攻撃的な態度」という意味を持ちます。つまり、序盤からどんどん攻撃をするデッキに対して使われる言葉です。アグロデッキは強力なミニオンや呪文を使われる前に勝負を決められるような構成なので、デッキのカードもマナ効率に重点が置かれています。基本的に1〜3コストのミニオンで構成されている事が多いです。ミッドレンジに強くコントロールに弱い傾向。, ズー(zoo) とは訳すと「動物園」という意味を持ちます。ではデッキをみてみましょう。, こちらは以前ご紹介した「Blitz」さんの「ズーウォーロック」です。デッキのレシピを見ると[人]と[悪魔]と[スライム]と[絨毯]がほとんどです。では、なぜ「ズー 」という名前がついたのでしょうか。, それは世界初のトレーディングカードゲーム(TCG)である「マジック:ザ・ギャザリング」が関係しています。, マジック:ザ・ギャザリングのデッキには「ズー 」と呼ばれる低マナのカードがほとんどで、前半からどんどん攻撃するアグロデッキが存在します。そのデッキに採用されているカードがこちら。, ほとんど動物のカードで構成されています。このデッキの動きに似ている事が「ズー 」の由来となっています。, ハースストーン は元々「マジック:ザ・ギャザリング」を参考にして作られているらしく深い関係があることも関係していると思われます。, ミッドレンジ(middle range)を訳すと「中間、中級」などの意味を持ち、その意味どおりカードのコストが3〜6で構成されたデッキを指します。コントロールに強くアグロに弱い傾向。, こちらは文字どおり盤面をコントロールしつつ相手の攻撃を耐え凌ぎ、後半に重量級のミニオンと呪文で勝負を決めるデッキ。アグロに強くミッドレンジに弱い傾向。, こちらはデッキ同名のカードが入っておらず、全て1枚ずつで構成されたデッキ。ハイランダーの由来は映画「ハイランダー 悪魔の戦士」のメインタイトルである「生きていられるのは一人だけ」に由来するものと言われています。, 個人的な意見ですが「ハイランダー」の由来が映画から来ている事にとても驚きました。まだまだ調べると面白い発見があると思うので、気分転換に調べてみてはいかがでしょうか?, 7/15にバランス調整が入り様々なデッキに影響がありました。今回はHSReplay.netが発表した情報を勝率順に紹介していきます。, 『竜の女王アレクストラーザ』のバランス調整を受けたものの、以前として高い勝率を出しています。元々ハンターのカードは強いカードが多いのでバランス調整の影響を受けませんでした。このデッキリストでは『転校生』が採用されているのも特徴的です。, 他のデッキがバランス調整の影響を受けた事でマーロックパラディンが高い勝率を出しています。今後の環境次第ではこのデッキと対戦する機会が多くなるかもしれません。, このデッキも『竜の女王アレクストラーザ』の影響を受けましたが、勝率に大きな変化はありませんでした。豊富な除去カードと回復カードを採用しているのが魅力でどんなデッキタイプとでも戦う事ができます。, こちらのデッキもバランス調整の影響を受けたものの、大きな変化はありませんでした。特に『アメージング・レノ』『ヨグ=サロンのパズル・ボックス』があればどんな状況でも逆転する事ができるので、依然として強力なデッキです。, バランス調整前と変わらず安定した勝率を出しているデッキです。デッキ外からカードを持ってくるのを得意とするため、どんなデッキとも戦えるのが特徴です。, まず、多くのカードに調整が入りつつも人気があったデーモンハンターでしたが、今回の調整で環境トップから外れそうです。, 同じく環境トップである『ハイランダーメイジ』、『爆弾ウォーリアー』『テンポウォーリアー』『スペルドルイド』もバランス調整の影響で弱体化があったため勝率が下がりました。, その代わりに環境トップに出てきたのがマーロックパラディンです。今まで苦手としていた『ハイランダーメイジ』、『爆弾ウォーリアー』『テンポウォーリアー』が少なくなった事で、勝率が大幅に上がったと考えられます。, 『竜の女王アレクストラーザ』の弱体化があったものの『ハイランダーハンター』『クエストウォーロック』『ハイランダーメイジ』は依然として環境トップにいます。今回バランス調整の影響を受けなかった『ガラクロンドプリースト』も上位に上がってきています。, かなり動きのあった『灰に舞う降魔の狩人』の環境ですが、それも終盤に入ってきています。, 今回は「Blitz’s」さんがレジェンド到達までに使用した「ズーウォーロック」を紹介します。, デッキの特徴は従来の「ズーウォーロック」同様に『グルダンの手』を使ってデッキをどんどん回していきます。また『偉大なるぜフリス』を採用しており、デッキが少なくなる後半でも戦えるようになっています。魔素も3560と比較的作りやすい構成となっているので、新しいデッキを試したいプレーヤーなどは作ってみてはいかがでしょうか。, ミニオンにダメージを与えることで聖なる盾を付与できるカード。コスト1なので序盤に強い盤面を作ることもでき、このデッキのキーカードである『魔法の絨毯』など、ミニオンを守るために使うこともできます。非常に便利なミニオンなので最初にキープしておきたいです。, 自分のデッキに重複するカードがない場合に効果を発揮するカード。このデッキは『グルダンの手』を使った大量ドローができるので、デッキがなくなる後半に効果を発動することができます。後半になると、どうしても強力なミニオンや呪文で攻めきれなくなってしまうので最後の切り札として使うと強力です。, このデッキのキーカード。自分がコスト1のミニオンを手札から使用すると効果を発揮します。デッキの3分の1がコスト1のミニオンで構成されているので相性は非常によく『カーディアン改造屋』や『悪鬼の下僕』『笑顔の相棒』を召喚すれば、自分のミニオンを強化しながら相手のミニオンを倒すことができます。, 敵1体を凍結させるカード。最近の環境ではヒーローが武器を持つことが多く、特にデーモンハンターやウォーリアーに効果があります。武器を持たないヒーローに対しても相手のミニオンを凍結させることで、テンポを遅らせることができます。1ターンあるだけで大きく相手のライフを削ることができるので、このデッキでは特に重要な存在となります。, 『腐った商人』『ナイトシェードの刀自』との相性が非常に良いカード。このカードがある事でダメージを受けずにデッキを回すことができます。手札消費がもともと激しいデッキなので積極的に使って行きたいカードです。, 『ズーウォーロック』の戦術は非常にシンプルで使いやすいデッキです。相手に少しでもスキが生まれればどんなデッキタイプでも押し切れるのが魅力の一つです。, 現在バランス調整によって環境が安定していないので、この際に使ってみてはいかがでしょうか。, Powered by Hatena Blog