※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。. ハクビシンは危険性が高い!存在確認ができる特徴的な鳴き声とは?|東証上場会社運営!屋根裏害獣のアライグマ・イタチ・ハクビシンの駆除撃退を13,000円からご依頼いただけます!年中無休・24時間365日対応・無料現地調査・全国対応で楽天リサーチ調べご利用シェアno.1の害獣駆 … ではどんな鳴き声なのか、動画で実際に鳴き声を聞きながら解説していきましょう。 ハクビシンの鳴き声を4つに分類して、動画と合わせて解説していきたいと思います。 ①ハクビシンの一般的な鳴き声 このようにネコなどとは違い「キュンキュン」といった高めの声で連続して鳴くのがハクビシンの特徴と思われます。 ハクビシンの鳴き声はとても特徴的で、この声がした時は ”ハクビシンがいる” という明確なサインになります。. 毎晩、屋根裏でうるさく鳴いている何かの生物。もしかしてそれ、ハクビシンかもしれません。近年、山林地域だけではなく、住宅地でも多く散見されるようなったハクビシンですが、さまざまな被害が報告されているようです。ここでは、そんなハクビシンの特徴や駆除法など、さまざまな角度から紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。, 日中、または夜間、屋外でネコかと思ってよく見てみると、何と大きなハクビシンだった。こんな経験がある方も少なくないでしょう。また、夜中鳴き声をあげて私たちの生活を邪魔します。ハクビシンとはどのような生き物なのでしょうか。この記事ではハクビシンの鳴き声や生態など、しっかりと伝えていこうと思います。ぜひ、ハクビシンに悩まされている方はチェックしてみてください。, そもそもハクビシンはどのような鳴き声で鳴くのでしょうか。ハクビシンの鳴き声を4つに分類して、動画と合わせて解説していきたいと思います。, このようにネコなどとは違い「キュンキュン」といった高めの声で連続して鳴くのがハクビシンの特徴と思われます。比較的大きな声で鳴くため、屋根裏や近所で鳴いていたとしたら大変迷惑になるでしょう。さらに野良猫のような感じでもなく、連続して鳴き続けるため近所にも迷惑がかかってしまいます。やはり、この鳴き声が聞こえた日からすぐさまに、対応すべきなのではないでしょうか。, ハクビシンが喧嘩をしている際は『猿のようなキーキーという声』をあげます。さらに、エスカレートしていくと、きゃんきゃんと激しい声をあげて、最終的にうなり声のように相手を威嚇しているようです。喧嘩ではキンキンと高い音で鳴くためやはり大変聞き苦しく、夜中に近隣でこれが始まればひとたまりもありません。, 一般的な鳴き声とは違って、威嚇する時は「グルルル…」というような、野太く低い声を出しています。短くちょっと声を出し相手の出方を見ているような、そんな雰囲気です。喧嘩の時の鳴き声のように長くずっと高い声で鳴いているのではなく、タイミングを見計らって鳴いています。逆に言えば逃げるチャンスを伺っているのでしょう。, 人間も含め生き物の幼少期は大抵の場合は高い声です。ハクビシンの子どもも同じです。どちらかというと、キューピー人形を押すと出てくるような、キューという音に似ている鳴き声であり、これだけを見ていると、正直可愛いですね。しかし、ハクビシンの子供は大人以上に鳴き声がなかなか収まらず、連続して鳴きます。近隣で鳴かれ続ければやはり厳しいでしょう。早い段階から対策を行うことをおすすめします。, ハクビシンによるさまざまな被害を対策していくためには、ハクビシンを知る必要があります。ここからは、ハクビシンの生態の特徴を紹介していきます。ぜひ、確認しておいてください。, ハクビシンの大きさについてですが、かなり幅があるので注意が必要です。例えば、50cmのものから75cmを超えるものまで多種多様。さらに、尻尾が長くて60cmを超えるものもあり、総合すると1m半を超える、なかなか大きな動物であることがわかります。基本的には、メスよりオスの方が大きくなる傾向にあり、双方活発にさまざまな場所を徘徊し続けます。また見た目ですがハクビシンはネコ目ジャコウネコ科であり、町中で見かけると大きさ的にも一瞬「猫かな」と思いがちですが、よく見ると『イタチ』や『フェレット』にそっくりです。また手足がとにかく短く、胴体が長いのがハクビシンの大きな特徴です。, ハクビシンは胴体が細長く足が短いとお伝えしました。『顔は鼻に向けて顔が長く』なっており、『耳は丸くたぬきのよう』でもあります。『体毛の色は灰褐色、または黄褐色が主体』であり、『尻尾や手足、頬、耳などはやや黒っぽい色』をしています。『しっぽが非常に長く』、この尻尾を使用して高いところに登る事もあります。さらに『手の平に毛が生えていない』ことから私たち人間のように手で物を掴みやすく、ハクビシンによるさまざまな被害が出ている理由は、この発達した手の平があるからとも考えられるでしょう。ハクビシンは害獣ですがファンも多い生き物です。もちろんそれはあらゆる可愛さから来るものですが、人気の一旦を担うのは見た者にインパクトを与えるその顔です。鼻、頭頂部にかけてまっすぐに白い線が入っており、黒いラインと白いラインがメイクのように配置されています。ハクビシンという名前はこの顔つきから来ていると言われており大きな特徴です。, 一部の県を除き日本全土に生息しているハクビシンですが、最初からどこにでも生息していたわけではありません。ハクビシンが元々生息していたとされるのは『マレーシア』『インド』『ネパール』『台湾』などアジア圏内とされており、日本国内でも『山林地域のみ』だったと言われております。しかし前述の通り現在では日本全土に生息をしており、とくに本州から九州にかけて、都内の住宅地での出現が多くなってきています。人間の出すゴミによって餌に困らない環境が出来上がってしまったことが繁殖を続けてしまっている原因と言われています。, 多くの動物には繁殖期が決まっていますが、ハクビシンは通年繁殖動物と言われており、いつでも繁殖行動を行います。またハクビシンは妊娠期間が2ヶ月程度と短く、一度に5匹程度子ども出産し、生まれたメスは生後10ヶ月程度で出産を行うようになります。ハクビシンの駆除が追いついていないというのが日本の現状です。, ハクビシンの寿命は以外と長く、野生下の場合でおよそ10年、飼育されている場合は最長で20年は生きながらえると言われています。路上などで見かけたハクビシンが何歳か分かりませんが、簡単には寿命をむかえる事は無い、ということを覚えておくとよいでしょう。, ハクビシンが害獣と言われる由縁はの一つが食料の調達です。ハクビシンは雑食性の動物で『果物や野菜』『カエル』『昆虫』『魚』『ねずみ』などを食べるようです。またその中でも特に甘い物が好きなようで『リンゴなどの果物』を好んで食べるため、農家はもちろん、住宅地のゴミを漁る事も多いもようです。, 猛禽類はハクビシンの子どもを獲物するため、ハクビシンにとっては天敵と言えそうです。鷹やフクロウなどの猛禽類は特殊な羽根を持っており音をならさずに空を飛ぶことができます。スピードも早く、獲物を捕獲する能力も高いのですが、ある程度成長したハクビシンは狙わなくなるようです。その他アライグマがハクビシンの天敵となると報告されています。アライグマとハクビシンは生態が似ており、生息環境や餌場がでお互いが出会う事も少なく無いようです。またかなり獰猛であることから住処やエサ場などにハクビシンが侵入すると追い出すということが分かっています。しかし対決はするようですが補食するわけではないので殺すに至る事は極稀なようで、ハクビシンを生活圏から追い出す程度であり、駆除には至らないようです。, ハクビシンを寄せ付けないためには、彼らが苦手なものを利用して遠ざけるのが最適でしょう。『ハクビシンが嫌がるにおい』には『石油』『ニンニク』などの香りが苦手とされています。ニンニクを潰し、穴の空いたペットボトルに詰め、家の周りにおいておくだけでも効果があるようです。また、燻煙材や臭覚忌避剤などは更に効果的とされていますが、においが1週間以内に消えてしまうので繰り返し対策を続けて行く根気強さが必要となるでしょう。, ハクビシンがよく発見されるのが家屋の屋根裏や床下です。一般的な野生のハクビシンの場合、樹上や木の洞などに巣を作るのですが、一般住宅に侵入した場合、暗くて温かい場所を好む習性から床下や屋根裏に巣をつくるようです。また軒下などに隠れていることもあります。, ハクビシンの糞は5cmから15cmほどの大きさであり、小型犬の糞に似ていると言われています。形状は丸く長いというのがポイントです。ハクビシンは果実を好んで食べることから、種子が糞に混ざっていることが多いとも言われています。一度用を足した場所をトイレとする習性もあるようで、一箇所から腐食していき天井に穴があくこともあります。, ハクビシンは夜行性のため、目撃したり鳴き声を耳にするのはやはり夜間が多いです。基本的に日中は眠っていることが多く、昼間に活発に活動している姿を目撃出来る事は稀でしょう。そして夕方あたりに起きエサを獲得するために屋外に出て行ったり、ねぐらの周囲を走り回ったりと活発に活動をはじめます。朝まで寝ることなく活動するため騒音被害などで眠れないという被害は非常に多くなります。, 実際にハクビシンが屋根裏に住み着きうるさく鳴いている時はやはり『追い出す』、もしくは『捕獲する』必要がありま。余程自信が無い限りは業者に依頼するのが良いでしょう。追い出すには本格的な作戦と対策が必要ですし、捕獲には自治体の許可が必要です。『超音波』『周囲を常に明るくする』『鉄砲の音を鳴らす』『電動ガンで音を出す』『ブザーを鳴らす』などによる威嚇で一時的におとなしくさせる事はできます。近年はスマートフォンのアプリも有ります。それらを利用しても良いでしょう。, ハクビシンによる被害が『屋内で起きている場合』や『作物に被害が出ている場合』、また『近隣に住み着いている』など緊急を要する状況であれば専門業者に相談し駆除してもらう方法がやはりオススメです。料金相場は作業内容によって大きく幅があります。追い出し工事:600円前後侵入口遮断工事:800円前後殺菌消毒:1,000円前後糞や巣の回収:12,000円〜25,000円前後捕獲:1匹につき10,000円〜30,000円害獣捕獲申請代行:10,000円〜50,000円※これらは大まかな相場です。実作業を行う環境により難易度が上がるにつれて、金額が上がる場合があります。完全な駆除を行う場合さまざまな見積もりが重なりますので、しっかりと事前に相談し、可能であれば複数の見積もりを取った上で業者を選ぶようにしてみてください。また駆除が終わった後、家屋の修繕が必要な場合は別途リフォーム業者への依頼が必要なるでしょう。, この記事ではハクビシンの特徴やその被害対策を紹介してきました。パッと見る分には愛らしい顔をしているハクビシンですが、被害の規模を考えると真剣に取り合う必要のある害獣の一つです。先ずはハクビシンの特徴や習性を理解しておき、必要に応じて業者に相談しながら駆除していきましょう。, 東証上場会社運営!屋根裏害獣のアライグマ・イタチ・ハクビシンなどの駆除撃退を13,000円からご依頼いただけます!年中無休・24時間365日対応・無料現地調査・全国対応で楽天リサーチ調べご利用シェアNo.1の害獣駆除110番がオススメです。, 迅速・丁寧・確実に解決します! 「キューキュー、ガァー!」という鳴き声にお困りではありませんか。聞きなれない鳴き声が聞こえてくると、夜も怖くて眠れませんよね……。じつはその鳴き声の正体はハクビシンかもしれません。, ハクビシンは放っておくと、フン尿によってダニやノミが繁殖したり、生ごみを荒らされたり、ダニが人に寄生し皮膚病に感染するおそれがあるのです。, ここではハクビシンの生態・特徴的な鳴き声・危険性・対策をわかりやすく紹介しています。自分でハクビシン駆除をすることは不可能ではありませんが、ハクビシンに噛まれると感染症にかかる危険性があるのでオススメできません。危険をともなう駆除はプロに依頼して快適な生活を取り戻しましょう。, ハクビシンの危険性を知るためには、まずはハクビシンとはどういう生き物かを知っておく必要があります。それではハクビシンについて知識を深めていきましょう。, ハクビシンはネコ目ジャコウネコ科に分類されていますが、ネコ目とは何なのでしょうか。ネコ目とは主に肉食の動物のことをさし、なんとイヌもネコ目に属します。ほかにもクマやアシカなどもネコ目です。, ジャコウネコと調べるとコピルアクという有名なコーヒーがヒットします。なんとこのコーヒーはインドネシアに住むジャコウネコのフンからできたコーヒーなのだそうです。ハクビシン同様、ジャコウネコは胴長で足が短く尾が長い体つきをしています。, ハクビシンは雑食であり、みかんやぶどうなどの果物、トウモロコシなどの野菜を好んで食べます。農作物を育てている農家の方は、被害にある可能性があるので人ごとではありません。そのほかにも、小動物や昆虫、鳥類やその卵をエサとしています。, ハクビシンの生息地は広範囲にわたり、山間部はもちろん、最近は市街地でも姿が確認されるようになりました。環境省の調べでは、北海道・山口・沖縄・九州以外の日本各地で生息が確認されていますが、福岡でもハクビシンによる被害があったという報告もあります。, ハクビシンは木の穴や、ほかの動物が住んでいた巣穴を寝床としています。市街地では屋根裏・軒下・空き家に巣をつくります。同じところにフン尿をする習性があるため屋根裏に住みつかれると悪臭を放ち、天井にシミができるおそれがあります。, ハクビシンは、生後10か月以上経つと、子どもを産めるようになるといいます。妊娠期間は2ヶ月なので、人間と比べるとかなりはやいペースで子どもを産むのです。夏から秋にかけて子どもを産む傾向があり、1回で産む数は2~3頭です。巣をみつけた場合はすぐに対策を講じるようにしましょう。, ハクビシンはなんといっても、目と目の間に額から鼻のあたりまで伸びた、白く長い模様が特徴的です。漢字では「白鼻芯」と表記されます。ここでは、ハクビシンの大きさや身体能力についてご紹介します。, 体長は90~110cmほどで、しっぽは胴体とほぼ同じくらいの長さになっています。体重は3~4㎏ほどあり、メスに比べるとオスの方がやや大きめです。, ハクビシンの足の指は5本あり、長さは5cmほどで前足より後足の方が大きいです。鋭い爪も発達しているため、場合によっては肉球の先に爪の跡がつくこともあります。木登りが得意で、1メートルほどの高さなら飛べるほどのジャンプ力があります。電線を歩いているハクビシンも確認されているなど、高い身体能力をもっているのです。, 市街地はエサとなる生ゴミがたくさんあり、巣にするにはちょうどいい屋根裏や空き家があるので、ハクビシンにとって住みつきやすい環境が整っています。しかし、そんな市街地でもハクビシンにとって天敵となる動物はいるのでしょうか。, ハクビシンの天敵には、トラ・ヒョウ・オオカミ・フクロウ・タカ・ワシがいます。日本でハクビシンが襲われる可能性があるのは、フクロウ・タカ・ワシです。しかし狙われるのは生後間もないハクビシンの赤ちゃんなので、生ゴミをあらす大人のハクビシンの天敵にはならないようです。, ハクビシンは、電線の上を歩いて移動するなど、その身体能力の高さに驚かされたのではないでしょうか。しかし身近にハクビシンがいた場合、どのようにして見分ければよいのでしょうか。, ハクビシンは特徴的な鳴き声をしています。屋根裏から足音が聞こえたとき、なんの動物か判断がつかないときに役立つかもしれませんので、ご紹介します。, 夜中に「キューキュー」という鳴き声が聞こえると、それはハクビシンかもしれません。ハクビシンは夜行性なので、人が寝静まるころに騒がれると、ゆっくり寝ることができず、騒音被害につながるのです。, ハクビシンは威嚇するときに「ガァー!」という声を出します。このような声を出しているときはハクビシンの気が立っているときなので、むやみに近づかないようにしましょう。, 「うん?猫がケンカでもしているのかな」と思っていたら、なんと犯人はハクビシンだったということもあります。ネコのケンカ中の鳴き声は、普段聞きなじみのあるかわいらしい「にゃー」という声ではなく、うるさい!と感じるほどのボリュームです。それと似たハクビシンのケンカ中の鳴き声も立派な騒音被害といえるでしょう。, ここまでハクビシンの生態や特徴についてお伝えしてきました。では、人に対してどのような被害を及ぼすのか、これまで紹介したことも含めていくつかご紹介します。, ハクビシンから「疥癬(かいせん)」という皮膚病にかかる可能性があります。ハクビシンについていたヒゼンダニというダニが人に飛び移り、人の皮膚に寄生することで発生する病気です。疥癬には通常疥癬と角化型疥癬という2種類の病型があります。両者とも人への感染の可能性があるので注意が必要です。, 症状ですが、通常疥癬は1~2ヶ月ほどの潜伏期間の後、顔や頭を除く全身に我慢できないくらいの激しいかゆみが出ます。角化型疥癬は、かゆみが出るかは不定ですが、全身にかさぶたのようなアカが増えたような状態になります。, 人だけではなくペットの血を吸うこともあります。ペットが体をかきむしっている場合はすでにダニ・ノミが寄生している可能性があるので、すぐに動物病院でみてもらうようにしましょう。, 自分が皮膚病にかかることは想像したくありませんが、家族や友人など他人に感染することはもっと避けなければなりません。「ハクビシンがいるかもしれない!」と思って自分でなんとかしようとすると大変危険です。ハクビシン駆除はプロの業者に依頼するようにしましょう。, 先ほどもお伝えしましたが、夜に足音や鳴き声がうるさくて眠れない、などの騒音被害があります。「せっかく赤ちゃんを寝かしつけたところなのに、鳴き声がうるさくて起きてしまった……。」ということにならないためにも、はやめのハクビシン駆除をおすすめします。, ハクビシンの習性の中に、同じ場所にフン尿をするというものがありました。もしも屋根裏に住みつかれてフン尿を繰り返されると、悪臭はもちろん、天井にシミがついてしまいます。そのフン尿が溜まった場所は、ダニやノミも繁殖しており、健康被害にもつながってしまうので注意しましょう。, 掃除をしようにも屋根裏となると掃除しにくい場所であり、ハクビシンと遭遇してしまう危険性もあるので注意が必要です。害獣駆除を専門としている業者もあります。駆除だけでなく掃除から除菌までしてくれるところもあるので、一度相談してみましょう。, ハクビシンによって、わたしたちの健康や生活への被害が複数あることがわかりました。被害を防ぐためには対策が不可欠です。ここでは自分でできる対策法をお教えします。, ハクビシンは、果物や生ゴミなどを食べます。「ゴミの日まで時間があるから庭に置いておこう」と思って、生ゴミを溜めていませんか。腐って食べられなくなってしまったみかんが生ごみの中に入っていると、ハクビシンがにおいをかぎつけて寄ってきてしまうかもしれません。, さらに、「ゴミの日は明日だけど夜のうちに出してしまおう」と思って生ごみをゴミ出し場にもっていってしまうと、夜行性であるハクビシンに狙われてしまいます。いつもゴミがあるとなるとハクビシンのテリトリーになってしまい、被害をなくすことはむずかしくなるでしょう。, 庭に溜めているゴミは、ハクビシンが容易に開けられない箱やケースにしまうなどして狙われないようにします。ハクビシンが嫌いなにおいの忌避剤を使用してもよいでしょう。ゴミもすぐに回収してもらえるように回収日当日の朝に出すことをオススメします。, ハクビシンが入ってこないようにするためには、侵入口を塞ぐことが優先されます。ハクビシンは、ここは通れないだろうというような隙間からも侵入してきます。3~5cm以上の穴があれば金網などを使用して簡単に取り外しができないように隙間を塞ぐようにしましょう。, 農作物の被害でお困りの方は、電気柵が効果的です。ハクビシンの足裏や鼻先が、電気柵の柵の部分と設置している地面の両方にふれることで、電気ショックを与えることができます。設置方法やがわからない、人が感電すると心配という場合は、業者に相談してみてもよいでしょう。, ハクビシンの忌避剤には嗅覚を刺激するものがあります。よく使われるのがトウガラシ・ニンニク・オオカミの尿といったハクビシンが嫌がるにおいを使った忌避剤です。固形・液体など種類は豊富です。, 忌避剤を使うことで一定の効果が期待できるかもしれませんが、完璧に追い払うことができるという保証はありません。徹底的に駆除することを考えている場合は、プロの駆除業者に、捕獲・清掃・除菌・今後の対策まで一括して依頼することが近道です。, ハクビシン対策をお伝えしましたが、駆除するにはさまざまな問題をクリアする必要があるので容易ではありません。どのような問題があるのでしょうか。, ハクビシンを捕獲するには、鳥獣保護法が深くかかわってきます。知らずに捕獲してしまうと1年以下の懲役または100万以下の罰金に処される可能性があります。自分で捕獲を考えている場合は、まずはお住まい地区の役場にある鳥獣被害担当窓口に相談してみましょう。, ハクビシンがいることがわかった場合、そのまわりにはダニやノミが繁殖している可能性があります。また、ハクビシンを捕獲するさいに噛みつかれたり引っかかれたりすると、傷口からばい菌が入り込み、感染症をおこすリスクも考えられます。捕獲専用の道具が揃っていないとなかなか自分で捕獲することはむずかしいでしょう。無理は禁物です。, ハクビシンのフン尿がびっしりと付着した場所を掃除するさい、ダニやノミが繁殖しているため、清掃した後にはしっかりと除菌が必要です。駆除業者には、清掃・除菌までおこなってくれるところもあるため一度相談されることをオススメします。屋根裏の断熱材などの交換が必要な場合はリフォーム会社などで修理を依頼する必要があるでしょう。, 素人の目ではハクビシンの侵入口を突きとめることは困難です。小さな隙間があればどこでも侵入することが可能であり、侵入口は複数ある可能性もあります。侵入経路を塞ぐには、ハクビシンについて熟知している業者に頼ることも検討してみてください。, ハクビシンは家の周辺にある生ゴミや、畑などに落ちている果物をエサとして寄りつきます。ハクビシンは山間部だけでなく市街地にも現れ、家の屋根裏や天井裏などに住みつくのです。, 一度住みつかれるとハクビシンの習性上、同じところにフン尿を繰り返します。フン尿にダニやノミが繁殖し、最悪の場合、ダニが人に飛び移り皮膚病に感染する危険性があります。, ハクビシンの捕獲は法律の壁や、感染症のリスクがあるので自分で駆除することはオススメできません。ハクビシンの被害は放っておくと人への健康や生活に被害が及びます。「あれ、この声は…」と思ったら自分で対処しようとせず、被害が大きくなる前に、まずは業者へご相談ください。, はい、対応することが可能です。天井裏に住み着いたことによって出来たシミや、糞尿が …, 配属された、業者によって、保証内容の中に、再訪の対応を行える場合もあります。基本 …, 害獣達は自分が身を守れる場所を求めています。一旦巣が作られたり、侵入された場所は …, ※手数料がかかる場合がございます。