オフロードスタイルな新型「4ランナー」を発表, これはデカい! 日産の大型SUV「パトロールNISMO」は打倒ランクル!?

そこで今回はランドクルーザープラドに適合するホイールを紹介したいと思います。 来日したIOC会長のマスクが話題 日産が大型SUVを日本で復活させた理由. ガイドライン |

ヘルプ・お問い合わせ | トヨタ自動車がかつて販売していた人気suvの「ハイラックスサーフ」が、2017年に復活し日本仕様が発売されるのではないかという、噂があります。ハイラックスサーフは、日本国内では既に販売を終了していますが、北米では「4ランナー」という車名で現 (自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)) 11月12日 11:03, 「名前も中身も新しいんだね」大城もも子×トヨタ・ヤリスクロス【注目モデルでドライブデート!? トヨタ自動車(株)は、ハイラックスサーフをフルモデルチェンジし、11月15日より全国のトヨタ店(大阪地区はトヨペット店ならびにネッツトヨタ店)を通じて発売する。, 今回のフルモデルチェンジでは、若者の多様なライフスタイルに応える「スタイリッシュSUV」をテーマに、スポーティでパワフルな内外装をより洗練させ、室内の居住性向上を図るとともに、機能性や運転のしやすさに配慮した新装備を設定し、アーバンユースからレクリエーショナルユースまで幅広く対応する性能の充実を図っている。, トヨタデザインのキーワード「VIBRANT CLARITY」(ワクワクする、爽やかで明快なデザイン)を具現化。力強いボディデザインをハイリフトにまとめた、初代から受け継ぐハイラックスサーフ独自の軽快なイメージに、都会的で洗練されたスポーティ感を付与, 室内デザインは、室内空間をより広く感じさせるシンプルで滑らかなデザインに6角ナットをモチーフにした独立3眼メーターなどを配し、ORGANIC(有機体)とGEOMETRIC(幾何学体)が融合する新感覚のスポーティな室内を演出。また、室内長と室内幅を広げ、乗員5人がくつろげる空間を創出。さらに機能性や運転のしやすさに配慮した新装備を設定, 専用高剛性フレームの新設計により、優れた操縦性・走行安定性、快適な乗り心地を確保し、オフロード走破性を進化させるとともに、オンロードの走行性能を高めた, ワイド&ハイリフトをテーマに2本横バーと四角いマークベースの力強いグリル、横長の異形4灯式ヘッドランプ、前面下部を保護するスキッドプレートとその横に凸面処理されたバンパー形状など、SUVのパワフルさと洗練されたイメージを創出, パワフル感を強調したボディ断面やホイールアーチ形状、フロントピラーから円弧を描くように流れるキャビン形状とそれを受ける幅広いクォーターピラー、これらを視覚的に高所にデザインすることでスタイリッシュなスポーティ感を演出, バックウインドウまわりの堂々とした形状とライセンスプレートまわりのボリューム感ある形状、背面タイヤの廃止により、パワフルさと都会的で洗練されたスポーティ感を融合, 全長と全幅、ホイールベースおよびトレッドを拡大し、SUVの存在感あるスタイルを創出, 外形デザインは、ハイラックスサーフ独自のパワフルなイメージに、洗練されたスポーティ感を付与し、「スタイリッシュ&パワフル」な5ドアSUVに一新, 室内デザインは、若々しく洗練されたデザインと力強さを融合し、6角ナットをモチーフにした独立3眼メーター、ワイド感のあるセンタークラスターなど、新感覚のスポーティな室内を演出。また、ラゲージルームを上下2段で使用できるダブルデッキやリヤ側方の視界をカバーするリヤサイドビューミラーを設定し、機能性や運転のしやすさに配慮。居住性については、室内長と室内幅を広げ乗員5人がくつろげる空間を創出, エンジンは、V6・3.4リットルと2.7リットルのガソリン、3.0リットルインタークーラー付ディーゼルターボの3種類を設定。V6・3.4リットル車は国土交通省の認定制度における「平成12年基準排出ガス25%低減レベル」、2.7リットル車は「平成12年基準排出ガス50%低減レベル」を達成、ディーゼル車は「平成17年燃費基準」を達成し、環境にも配慮, インストルメントパネルは、ゆとりを増した室内空間をより広く感じさせるシンプルなデザインとし、6角ナットをモチーフにした独立3眼メーターやスタイリッシュなヒーターコントロールパネルを配し、機能性を確保しつつ若々しさを演出, 4WDの駆動モードの切り替え操作をセンターコンソールにセットしたレバー式からインストルメントパネルにセットしたダイヤル式とし、さらにセンターコンソールにセットしたパーキングブレーキを足踏み式とすることで、すっきりとした室内を創出, ラゲージルームを上下2段で使用できるダブルデッキにより、機能性に配慮するとともに前向き駐車からの後退発進時、側方から接近する人や車両を確認できるリヤピラー内側に装着したリヤサイドビューミラーにより、運転のしやすさに配慮, オーディオは、高品質なサウンドで定評のJBLの車載用最新システムを採用し、あらゆる音源からサラウンド感を創出するJBL SYNTHESISプレミアムサウンドシステム(10スピーカー)をナビゲーションシステムとセットでSSR-Gにオプション設定(バックモニター付), DVDボイスナビゲーションおよび6.5インチワイドディスプレイを採用し、多彩なナビゲーション機能を装備したワイドマルチAVステーションを全車にオプション設定(バックモニター付), サスペンションは、フロントにダブルウィッシュボーン式独立懸架、リヤは4リンク式車軸懸架を踏襲。リヤアブソーバーの外出し配置、ジオメトリーの見直しにより、フレーム剛性アップと相まって優れた車両運動性能を実現, 17インチの大径タイヤ(265/65R17)をSSR-Gに標準装備。また、ホイールベースの延長にもかかわらず、タイヤ切れ角の増大により、最小回転半径は5.7mと優れた取り回し性能を確保, 4WD車にはマルチモード4WDを採用し、一般路から雨天時・降雪時の低μ路などさまざまな路面での走行に高い駆動力を発揮, 前後輪の基本駆動力配分比を40:60とする新構造“トルセン”LSDを採用。走行条件に応じて前後トルクの最適配分比を自動的かつ瞬時に変化させることで旋回時のトレース性向上など優れたオンロード性能と雪道など滑りやすい路面での優れたトラクション性能を確保, SSR-GのサスペンションにはX-REASを採用。左前輪と右後輪、右前輪と左後輪のそれぞれの単筒式ショックアブソーバーを、中間ユニットを介してクロスに連結。この中間ユニットが、旋回時、段差乗り越え時や悪路走行時に、適度な減衰力を付加することにより、ロールやピッチングを抑え優れた操縦性・走行安定性と快適な乗り心地を高次元で両立, エンジンは、V6・3.4リットルと2.7リットルガソリン、3.0リットルインタークーラー付ディーゼルターボの3種類を設定, オートマチックトランスミッションにはロックアップクラッチの作動領域を低速まで拡大したフレックスロックアップシステムを装備。特に1KD-FTVエンジン搭載車はディーゼルエンジン搭載車として初採用。また、登降坂路での不要なシフトアップやシフトダウンを防ぐ登降坂変速制御もあわせて採用, 車両盗難防止のため、IDコードが登録された正規のキー以外ではエンジンが始動しない、エンジンイモビライザーシステムを設定, 40%ラップオフセット前面衝突試験を64km/h、フルラップ前面衝突試験および側面衝突試験を55km/hで実施し、進化した衝突安全ボディGOA, 前席SRSサイドエアバッグ&前後席SRSカーテンシールドエアバッグを全車にオプション設定, 万一の歩行者衝突の時に、歩行者の頭部および脚部への傷害軽減に配慮した歩行者傷害軽減ボディを採用, ピラーやルーフサイドレールの内装材に、衝撃を吸収するリブを内蔵することにより、米国の頭部衝撃緩和基準レベルの性能を確保した構造のインテリアを採用, V6・3.4リットル車は「平成12年基準排出ガス25%低減レベル」、2.7リットル車は「平成12年基準排出ガス50%低減レベル」を達成、ディーゼル車についても、「平成17年燃費基準」を達成し、環境に配慮, リサイクル性に優れた熱可塑性樹脂トヨタスーパーオレフィンポリマー(TSOP)を前後バンパーなどの内外装部品に採用. 全長5m超えは街中でどう? トヨタ新型「ハイラックス」は改良で実燃費は良くなった?, 現在JavaScriptが無効になっています。Carview!のすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。, ■マイナーチェンジで変わった? 新型「ハイラックス」の実燃費 2020年8月19日にマイナーチェンジを実施したトヨタ「ハイラックス」。国内市場で唯一のピックアップトラックとして独自のポジションを築いています。, 乗用と商用の中間的な使い方が出来るハイラックスですが、マイナーチェンジ後の実燃費は変わっているのでしょうか。 ハイラックスの歴史は古く、初代モデルは1968年の発売開始。現在では、約180の国および地域で販売され、累計世界販売台数は約1730万台(2017年7月時点)と世界各国で人気なモデルです。 現行ハイラックスは、2017年9月に約13年ぶりに日本市場復活を果たしています。その後、2018年11月にはハイラックスの誕生50周年を記念した特別仕様車「Z“Black Rally Edition”」を発売。この特別仕様車はユーザーから人気を博して中古市場でも高値で取引されています。 また2019年には、プリクラッシュセーフティの検知機能を向上させ、新たに夜間の歩行者と昼間の自転車運転者にも対応する一部改良を実施。 現行ハイラックスのパワートレインは、マイナーチェンジ前と同じ2.4リッターディーゼルエンジンに6速ATを組み合わせています。 今回のマイナーチェンジでは、ディーゼルエンジンの改良と、アイドリングストップ機能の追加により、WLTCモードで11.7km/Lを達成。 なお、JC08モード比では従来型の11.8km/Lから13.6km/Lとなり、約15%以上の燃費向上を実現しました。 実際の燃費は良くなったのでしょうか。信号の多い都内一般道と速度域の高い高速道路で体感してみます。 具体的な体感シーンとしては、住宅街などの一般道、ある程度の速度域となる環状線、都市部のくねくねした首都高速、郊外の高速道路といった各シーンでメーター上の燃費を確認します。 最初の狭い道の多い住宅街ですが、一時停止や信号機といったストップ&ゴーを繰り返します。ハイラックスの車重は約2tのため、その巨体を動かす、止める、動かすという動作を繰り返すとさすがに燃費は悪くなる傾向になり、メーター上の燃費は7.6km/Lです。 次に、ある程度の速度が出せる環状線です。混雑する時間帯を避けたため、比較的にスムーズに走行することができましたが、信号機は一定の間隔で設置されています。 そのため、適度に加速と減速を繰り返す結果となり、メーター上の燃費は9.1km/L。住宅街よりは良い結果となりました。 マイナーチェンジ前の街中燃費について、ユーザーからは街中で7km/Lから9km/Lという声が多かったため、それとほぼ変わらないようです。 前述のとおり、マイナーチェンジによりアイドリングストップ機能が追加されています。アイドリングストップは、車種により停止・始動の癖が異なります。 実際に、もう少しハイラックスのアイドリングストップや加減速の具合に慣れれば、燃費が向上するかもしれません。※ ※ ※ なお、ハイラックスのボディサイズは、全長5340mm×全幅1855mm×全高1800mm、最小回転半径は6.4m、最低地上高が215mmと日本の道路事情から考えると扱いづらいイメージがあります。しかし、実際に乗ってしまうと全幅は最近の新型モデルと余り変わらないため、すれ違いでもそこまで気になりません。 ただし、バック駐車時では、車止めを信用してバックし続けると建物の外壁やフェンスなどに衝突する可能性もあり、バックカメラなどを見つつ慎重に駐車する必要があります。■首都高や東名ではどうなのか 今度は、コーナーの多い首都高速と直線で一定速を保った走りが出来る東名高速でハイラックスを走らせます。マイナーチェンジ前の高速走行時の燃費は、11km/Lから13km/Lという声が多いです。 首都高速では、多少の渋滞はあったものの概ね良好で、各区間の制限速度に合わせながら走行し、メーター上の燃費は11.9km/Lとなりました。 マイナーチェンジでは、サスペンションの改良とパワーステアリングのオイル流量を制御するVFC機能を追加しているため、操縦安定性と乗り心地が向上しています。 その影響もあってか、路面の継ぎ目でも程よく衝撃を吸収しているので、ピックアップトラックに乗っている感覚はあまり感じません。 また、上級グレードとなる「Z」にはオートLSDもマイナーチェンジで追加されています。  オートLSDは、コーナリング時や悪路において真価を発揮するもので、左右駆動輪にトルクを適切に配分させて、車両のコントロールをアシストします。首都高速など速度域の高いコーナーなどでは、オートLSDの効果なのか安定している印象がありました。 最後にもっとも速度域の高い東名高速道路を走行します。ハイラックスのボディサイズや形状だと、高速走行時に不安を感じるイメージがありますが、前述のサスペンション改良やオイル流量のお陰なのか、制限速度の100km/hで走行してもまっすぐ走る安定感を実感出来ました。 そして、メーター上の燃費は13.1km/Lとなり、今回の走行時では強めの向かい風があったので、風が強くなければ14km/L台はいくかもしれません。※ ※ ※ 日本市場で唯一のピックアップトラックとなるハイラックス。大きな販売台数を見込めるモデルでは無いものの、一定数のユーザーから支持されています。 実際にマイナーチェンジ前のハイラックスでは、都内の販売店で月間500台を販売するときもあったといい、トヨタ「ランドクルーザー」よりも売れている月も少なくないようです。, 「あおり運転の疑い」を検知、ドラレコテレマティクスサービスに機能追加へ 三井住友海上, プレミアムコンパクトSUVのランドローバー・ディスカバリー スポーツに特別限定モデルの「Style 7」が登場, TOYOTA GAZOO Racing、 ダカールラリー2021に4台のハイラックスで参戦, ウッド素材にオプション追加で選択肢は5000通り以上! 現代的に多様化されたベントレーのインテリア, 感情がぐちゃぐちゃ! スズキのジョアン・ミル、初MotoGPタイトルに「信じられない」, 「1億円のGT-R」から「軽自動車」まで何でもアリ! 「イタルデザイン」の正体とは?, 難コンディションに弱点が露呈。ホンダ田辺TD「車体/PU問わず、解決策を持ち寄る」|F1トルコGP, 日本カー・オブ・ザ・イヤー“10ベストカー”に入った「アルピナ B3」ってどんなクルマ!?, ETC車載器10年以上使用は要注意! 2022年12月で使用NGになる対象機種の判別方法とは, 「ホンダ車チューンの名門が手がけたBNR34!?」2.8L化+NOSで900馬力を叩き出すモンスター!!, 【20年ぶり王座奪還!】スズキ『ジョアン・ミル』がワールドチャンピオン獲得!チーム・スズキ・エクスターが2020シーズンのモトGPを制す!【100%スズキ贔屓のバイクレース11/MotoGP】, マイナーチェンジしたメルセデスEクラスに試乗。内外装変更やARナビ、1.5Lと2.0Lの走りは?, オデッセイが7年目のビッグMCで顔つき大胆チェンジ。果たしてミニバン市場での戦闘力は?, 新型Sクラスに早くも乗った。先進技術・豪華な内装・快適な走りで最強の座は今回も揺るがず, 初代とぜんぜん違うトヨタ ミライは現時点で最高のFCVに仕上がったが、黒塗り社用車としては後席が微妙, ホンダのコンパクトミニバン「フリード」 ライバルはボディサイズ&ラインアップがほぼ同等のシエンタ, メルセデスがEQCベースで制作したワンオフのオフローダーは電気自動車ならではの走破性が印象的だ, carview!はYahoo!