© 2020 GolfMagic [ゴルフマジック].All Rights Reserved. 初心者ゴルファーの方は、部位の名前が多すぎてなかなか覚えられない方もいらっしゃるかと思います。, どの部位がショットにどのような影響をもたらすのがをしっかり理解する事は、上達する上でもとても重要なことです。, そもそも「バウンス」とは、クラブのシャフトを地面と垂直にした時に、ヘッドのリーディングエッジとソール面とが為す角度の事を指します。, この角度が大きいほどソールの出っ張りは大きくなり、小さいほど出っ張りは小さくなるんです。, 数値で言うと、12度以上のものは「ハイバウンス」、8度以下のものは「ローバウンス」と呼ばれています。, バウンスの役目は、インパクト前後でクラブが必要以上に地面に潜らないようにすること。, バウンス角がないと、ヘッドが地面に着地した際にリーディングエッジのみが地面に当たってしまい、地面に刺さってしまうのです。, 特にクラブが短くヘッドの入射角がきついウェッジは、このざっくりの現象がおこりやすいためにバウンス角が存在して、地面に潜るのを防いでくれているのです。, では"バウンス角が大きければいいのか? ゴルフダイジェスト社

ウェッジにはバウンスが付いていますよね。このバウンスなんですが、状況によっては敵にも味方にもなってくれるんです。 まずバンカーなどで活躍を見せてくれるのが、ハイバウンスと呼ばれるもの。バウンスが多いモデルがこれに当たります。 ウェッジのバウンス角の角度が大きいものをハイバウンスと言います。 具体的には、バウンス角が14°以上は ハイバウンス と言われています。 ハイバウンスであるほどバウンス角が大きいので、リーディングエッジが地面から遠くなります。 56°-14°/58°-12°の、2モデルで展開されるハイバウンスの「v-fg」打点がブレづらく芝の上からはダウンブローで打つフルショットやピッチ&ランのミスを少なくしたい方、バンカーが苦手な方もセッテイングに組んでおきたいモデル。 ここがポイント! "と思うかもしれませんがそういうわけではありません。, たしかにバウンス角が大きければ地面に潜りづらくなります。しかし一方でコントロールしにくかったり、テクニックが使いにくかったりといったデメリットもあります。, ハイバウンスとは一般的に56〜58度のウェッジで、バウンス角が12度以上のものを指します。, バウンス角が大きいと、ヘッドは地面に刺さりにくくなり、地面上を滑りやすくしてくれます。, ハンドファーストととは、クラブを構え上から見た際に、グリップの手首の位置がクラブヘッドよりも左寄り(ターゲット方向)にある状態のこと。, ハンドファーストで構えるとダウンブロースイングになりやすいため、ハイバウンスを選ぶ事でざっくりを防いでくれます。, またハンドファーストではないけれど、ダフリのショットになりがちなゴルファーにもハイバウンスがおすすめです。, 一方、ローバウンスとは一般的に56〜58度のウェッジで、バウンス角が8度以下のものを指します。, バウンス角が小さいと、ハイバウンスよりもソールが地面を滑る度合いが少なくなります。, つまり、地面に接するタイミングがインパクトギリギリまで遅くなるため、ボールを直接打つようなイメージなんです。, バウンス角独自の影響度は減りますが、その分コントロールしやすかったりテクニックが使う事ができます。, 自分の打ち方に対してどちらが適しているかをしっかりと試してみる事をおすすめします。, 今回はゴルフクラブのソール部分の出っ張りである「バウンス角」についてご紹介しました。, バウンス角は小さい部位ではありますが、このおかげでウェッジのショットが地面に刺さりすぎずに上手いこと地面を滑らせてくれています。, ただしハイバウンスであれば言い訳ではなく、自分の打ち方や構え方から自分に合うバウンス角を見つける事が重要です。, ウェッジ購入をお考えの方は、是非ともバウンス角に注目して自分に合ったクラブを見つけましょう!. © 2016- All rights reserved. テーラーメイドから「ビッグフット」というおかしな名前のウェッジが登場した。国内では2019年10月1日受付開始予定のカスタム専用モデルになる。, 見た目は同社の契約プロたちが多く愛用している「ハイトウ」ウェッジのような形状で、スコアラインが全面に入っていて、特徴的なカッパー仕上げも「ハイトウ」のままだ。, ハイトウのカスタム専用モデルという位置づけの「ミルドグラインド ハイトウ ビッグフット」。名前通り、大きな足跡のロゴが入っている, 違いは32ミリという幅広ソールに15度というバウンス角。ワイドソール&ハイバウンスのお助けウェッジなのだ。, バンカーが苦手な人のために、ソールが強烈に幅広になったお助けウェッジは昔から存在してきた。最近では大手メーカーからも、キャロウェイ「シュアアウト」がヒットしたり、クリーブランドから「スマートソール」というチッパーのような形状のお助けウェッジが登場している。, ハイトウのコンセプトを継承しつつ、32ミリのワイドソール、バウンス角15度に変えることでやさしさをプラス, テーラーメイドでは、これらのお助けウェッジをゲームインプルーブメントウェッジと呼んでいるようだ。これらのカテゴリーに満を持して参入するプロダクトが「ビッグフット」というわけだ。, 伝統的なウェッジでは、ソールが幅広になればバウンス角は小さく、ソールが狭いものはバウンス角は大きくというのがセオリーだ。現在もその決まりに沿ったモデルは数多い。しかし、近年はよりソールが機能するようなワイドソール&ハイバウンスのものが増えている。, これはお助けウェッジの領域だけの現象にとどまらない。上級者向けのモデルでも「ボーケイSM7」のKグラインドや、ピン「グライド3.0」のWSのようにソール幅が広く、バウンス角が大きなモデルがバリエーションに追加されるようになった。アダム・スコットが長い間Kグラインドの愛用者であることはよく知られている。, ツアープロにウェッジ使用者が多いフォーティーンでは、以前からソール幅の広いモデルがラインナップされている。お助け感の強いC036もあれば、中上級者がやさしく扱える新製品の「DJ-4」のようなモデルもある。, かつては、上級者はローバウンスのウェッジを使うというのが一般的だったが、現在ではプロや上級者がハイバウンス、あるいはワイドソールの機能を活かす方向にシフトするケースも見られるようになった。新たにお助けウェッジが登場するのも、そんなトレンドの影響があるかもしれない。, さて「ビッグフット」だが、実際に打ってみるとやはりバンカーがかなり楽になる。手前にドンとヘッドを入れるとソールがいい感じに弾いて、高く上がって脱出出来る。これだけのワイドソールなのに、構えると「ハイトウ」と見紛うほどスッキリした顔もいい。, 「跳ねるのが嫌なので、自分はローバウンスしか使えない」という人は一定数存在するが、その中には、インパクト前に右手がフリップする悪癖がある人やインサイドにヘッドを引きすぎる人が少なくない。, そんなゴルファーには、意外とワイドソール&ハイバウンスのウェッジがオススメなのだ。極端な機能を持ったものを使うことで、ソールの使い方を習得しやすくなる。上級者がよく「バウンスを滑らせる」といっている技術だ。これが出来ると打点が下目に揃い、スピンも強くかかる。, ソールの使い方が身につけば、どんなウェッジでも機能を発揮できる。自分の打ち方にあったウェッジを選ぶのはそれからでも遅くはないと思うがいかがだろうか。, まだまだ残暑が続くが、陽が落ちれば格段に過ごしやすくなってきた。この時期にオススメの「ナイターゴルフ」にピッタリな、“光るボール”というアイテムがあるとゴルフトレンドウォッチャー・コヤマカズヒロ。実際に光るボールを使ってラウンドし、使い心地をレポートした。. ハイバウンスとは一般的に56〜58度のウェッジで、バウンス角が12度以上のものを指します。 バウンス角が大きいと、ヘッドは地面に刺さりにくくなり、地面上を滑りやすくしてくれます。

ウェッジにだけあるバウンス表示。バウンス角はやさしさ・難しさを表す数値ではありません。バウンス角が変わるとどんな違いがあるのか、どんな意味があるのか、どんな人に合うのかを解説します。 Copyright © FDR Corporation, All rights reserved.

かつては“お助けウェッジ”というジャンルでくくられていた「ワイドソール&ハイバウンス」なウェッジが、近年流行の兆しを見せている。ゴルフトレンドウォッチャー・コヤマカズヒロが実際に最新モデルを打ち、そのメリットを考えた。 かつては“お助けウェッジ”というジャンルでくくられていた「ワイドソール&ハイバウンス」なウェッジが、近年流行の兆しを見せている。ゴルフトレンドウォッチャー・コヤマカズヒロが実際に最新モデルを打ち、そのメリットを考えた。, ウェッジのバウンスとソール形状ありすぎて迷う! とりあえずミスを減らしたいなら 「ハイバウンス、ワイドソール」がオススメな理由, ルール適合なのにあえて申請していない!? ホーム » ゴルフクラブ » ウェッジのスペックと選び方 » ミスショットが激減!サンドウェッジの正しいバンス角の選び方を徹底解説!, サンドウェッジ(SW)の選び方としてロフト角と同じくらい大事な選び方に、バンス角(バウンス角)の選び方があります。ゴルフ初心者の方はロフト角の選び方はわかるけど、バンス角の選び方までは知らないゴルファーもいらっしゃるのではないでしょうか。, バンス角の選び方をあまり考えずにロフト角だけでサンドウェッジを選んでしまうと、バンカーショットから全然ボールを脱出できない!なんてことになりかねません。, そこでサンドウェッジのバンス角の特徴と、初心者の方も含めたおすすめのバンス角の選び方をご紹介していきたいと思います。初心者ゴルファーの方だけでなく、バンス角の選び方についてあまり考えたことのなかったゴルファーは必見ですよ!, また、ゴルフ初心者の方で「バンスって何?」というゴルファーももしかしたらいらっしゃるかと思います。そんな方は、こちらの「サンドウェッジで大切なバンスとは?その役割と効果的な使い方をご紹介!」で、バンスの役割からバンスが登場した経緯まで含めて詳しくご紹介しておりますので、こちらもぜひ併せてご確認してくださいね。, バンス角(バウンス角)の選び方をご紹介するまえに、まずはサンドウェッジのバンスの種類を確認していきましょう。, バンスにはバンス角の全くないサンドウェッジから、バンスをかなり多めに取っているサンドウェッジまで様々なバリエーションがあります。バンスの大きさはバンス角で記載されており、バンス角が大きくなるほどバンスも大きくなります。, 一般的にバンス角が少ないゴルフクラブを「ローバウンス」、バンス角の大きいゴルフクラブを「ハイバウンス」と表現します。またローバウンスとハイバウンスの中間のゴルフクラブを「ミッドバウンス」と呼ぶこともありますので、こちらも併せて覚えておきましょう。, そこで、次章からはハイバウンスとローバウンスのゴルフクラブの特徴を、メリット・デメリット形式でみていきたいと思います。, その際、バンス角が大きくなればなるほどメリットが大きくなり、デメリットも大きくなってしまうと考えてください。, それぞれのバンス角(バウンス角)の特徴がわかれば自分の必要としているゴルフクラブのバンス角の選び方も自然と分かってきますので、ぜひバンス角の特徴は確認してくださいね。, ハイバウンス(ハイバンス)とは、その名の通りバンス角の大きいサンドウェッジになります。バンス角の目安としてはバンス角が12度以上あるゴルフクラブをハイバウンスと呼ぶことが多いです。, ハイバウンスのサンドウェッジの最大のメリットはバンカーショットが打ちやすい点です。, サンドウェッジのバンスが大きいことで抵抗が大きくなり、バンカーショットの際にゴルフクラブが必要以上に砂に潜ってしまうことを防ぐ役割を果たしてくれます。, その効果で必要以上に砂をえぐってしまうことがなくなり、バンカーから簡単にゴルフボールを脱出することができます。, このメリットはバンカーショットの時だけではなく、ラフからゴルフボールをショットする時でもその性能を発揮してくれます。ラフからゴルフボールをショットした際でもゴルフクラブが必要以上にラフの中へ潜ってしまうことをバンスが防いでくれます。, このおかげで、ダフリショットやゴルフボールの下をクラブヘッドが潜ってしまうミスショットを避ける効果も期待できます。, またバンカーショットの際はサンドウェッジのフェースを開くと覚えているゴルファーも多いかと思いますが、こちらのハイバウンスのサンドウェッジはフェースを開いてスイングする必要はございませんので、その点も簡単に打ちやすい理由のひとつです。, まだバンカーショットに少し苦手意識があり、打ち方にあまり自信がないという方は、ぜひこちらの「誰でも簡単に脱出!サンドウェッジのバンカーショットの打ち方の秘訣をご紹介!」にゴルフクラブのフェースを開く理由などもご紹介しておりますのでぜひ確認してみてくださいね。, ここまで見ていくとハイバウンスのいい点しか目が行かないと思いますが、残念ながらハイバウンスのゴルフクラブにはデメリットも存在します。, ハイバウンスのゴルフクラブはアイアンのフェースのリーディングエッジよりも下に膨らんでいるバンス部分が大きくなっていますよね。このバンスが邪魔となってミスショットしやすいケースというのが存在します。, 例えば、芝がかなり短く刈り込まれているフェーウェイからのショットする際などがこのパターンに該当します。, この場合、スイング時にゴルフクラブのフェースがゴルフボールにインパクトする前に、バンスやソールの部分が先に地面に当たってしまいやすくなります。そうするとゴルフクラブが地面に跳ね返ってしまい、ゴルフボールをトップしたようなミスショットを打ってしまいます。, このようなケースは砂の硬いバンカーでもおきやすいので必ず頭の片隅に覚えておきましょうね。, ローバウンスとはバンス角が10度以下のゴルフクラブをさすことが一般的ですが、バンス角6度〜10度のゴルフクラブをミッドバウンスと呼ぶ場合は、バンス角が6度以下のゴルフクラブをローバウンスと呼んだりします。, プロゴルファーやゴルフ上級者の方はこちらのローバウンスのサンドウェッジを好んで使用する傾向があります。そこでローバウンスのゴルフクラブの特徴をみていきましょう。, ローバウンスのゴルフクラブはバンスが小さいですので、ハイバウンスのデメリットで取り上げたゴルフクラブのバンスが地面に跳ねてしまうケースは起こりづらいです。, またプロゴルファーや上級者の方は、サンドウェッジのフェースを開くことで自由自在にフェースのロフト角とバンス角を創出しています。これはその場のゴルフボールの状況などを分析し、最善のショットを選択するためには必要なポイントになります。, このような芸当はローバウンスのゴルフクラブでしか対応できません。ハイバウンスのゴルフクラブで同じようにアイアンのフェースを開いてしまうとバンスが大きくなりすぎてしまうからです。, 次にローバウンスのゴルフクラブのデメリットをみていきましょう。ローバウンスのサンドウェッジはバンスが少ないですので、バンスに期待されている本来の効果もそれだけ小さくなってしまいます。, そこでローバウンスのサンドウェッジは、バンカーなどのバンス角を必要とするショットをする際は、フェースを開いてロフト角を創り出す必要があります。, しかしこれは当然難しい技術であり、ゴルフボールを上手に打てるようになるまでにはどうしても経験と練習が必要になってしまいます。, そのため、ローバウンスのゴルフクラブの最大のデメリットは、ある程度の技量がないとバンカーショットが難しくなってしまうことだと言えそうですね。, ハイバウンスとローバウンスの特徴は確認できましたでしょうか?そこで、いよいよバウンス角の選び方についてみていきたいと思います。, 選び方のポイントとしては、まずは上でご紹介しましたそれぞれの特徴をもとに、ご自分がどちらのバウンス角がいいのかを考えて購入されることです。, まずはご自分のバンカーショットの打ち方から考えて、最適なサンドウェッジのバンス角を決める方法をご紹介します。, バンカーショットで砂を多く取ってしまうミスショットの多いゴルファーの選び方としては、ハイバウンスのウェッジを選ばれることがおすすめになりますね。, 反対に、フェース面を積極的に開いて使用したいゴルファーでバンカーショットも得意な方は、ローバウンスのウェッジから選ぶことが選び方のポイントになります。, とはいえ、ゴルフ初心者の方はまだラウンド経験も少なく、上でご紹介した選び方をご参考にて判断できないことも多いのではないでしょうか?そこでゴルフ初心者の方にもおすすめのバウンス角の選び方をご紹介していきますね。, ゴルフ初心者の方の選び方のポイントとしては、絶対にハイバウンスのゴルフクラブを1本入れることをおすすめします。バンカーショットや深いラフからのアプローチショットを打つ際はバウンス角の多いハイバウンスの方が絶対に打ちやすいからです。, とはいえ、ハイバウンスではどうしても打ちづらい状況もありましたね。そこでそんなときのためにローバウンス(ミッドバウンス)のゴルフクラブも1本用意しておくことが大事な選び方のコツになります。, ウェッジはサンドウェッジとアプローチウェッジの2本ありますよね。そこで片方のゴルフクラブをハイバウンス、もう1本のゴルフクラブをミッドバウンスかローバウンスで揃えることが初心者でもおすすめのウェッジの選び方になります。, この際は、バンカーショットで使用するサンドウェッジをハイバウンス、もう一方のアプローチウェッジをミッドバウンスで選ぶことも選び方の大事なコツですので併せて覚えておきましょうね。, まだゴルフを始めたばかりでサンドウェッジとアプローチウェッジの違いがよくわからないという初心者の方は「サンドウェッジとアプローチウェッジの違いって?おすすめの使い分け方法を紹介!」にその違いを詳しくご紹介しておりますので、こちらも併せてご確認してくださいね。, いかがでしたでしょうか。サンドウェッジを購入する際のバンス角の選び方の重要性がよくわかっていただけたのではないでしょうか。, これからサンドウェッジの購入を予定されているゴルファーは、ぜひ上でご紹介した選び方をご参考にして、ご自分にぴったりと合ったバンス角のサンドウェッジを探しくださいね。こちらと合わせて、サンドウェッジのロフト角の選び方についても知りたいというゴルファーの方はぜひ「絶対に上達する!サンドウェッジの上手なロフト角の選び方を解説!」も合わせてご覧ください!, またすでにサンドウェッジを持っていらっしゃるゴルファーでも、あまりバンス角を意識したことのなかったゴルファーもいらっしゃるかと思います。そんな方はぜひこの機会に、上でご紹介した選び方をもとに今のサンドウェッジが自分にあっているかを見直してみるのはいかがでしょうか?, もしかしたらサンドウェッジの選び方を変えるだけで、ゴルフスコアも大きく変わるかもしれませんよ!. This article is a sponsored article by ''. バンス角(バウンス角)の選び方をご紹介するまえに、まずはサンドウェッジのバンスの種類を確認していきましょう。 バンスにはバンス角の全くないサンドウェッジから、バンスをかなり多めに取っているサンドウェッジまで様々なバリエーションがあります。バンスの大きさはバンス角で記載されており、バンス角が大きくなるほどバンスも大きくなります。 一般的にバンス角が少ないゴルフクラブを「ローバウンス」、バン …