ネフローゼ症候群は、不安から患者の心身状態を細かく観察し、何か問題があれば迅速に対処しなければいけません。 ここでは、ネフローゼ症候群の看護に関して詳しく説明していますので、適切なケアを実施できるよう、看護師の方は是非参考にしてみて下さい。 私がかよっていた学校では、小児実習は病棟は5日しかありませんでした。目標もその分少ないので、参考になるかわかりませんが、ご紹介したいと思います。 ネフローゼ 症候群の事例です。 1日目<目標>・アセスメントに必要な情報収集を行う。 私がかよっていた学校では、小児実習は病棟は5日しかありませんでした。目標もその分少ないので、参考になるかわかりませんが、ご紹介したいと思います。, 体温計や血圧計を見ると泣いてしまっていた。看護師は、「上手だね。できたね〜。」と褒めながら行なっていた。聴診の時は泣いていたが、「ピッピとシュポシュポは得意だね。」と言われると頷いていた。, 検査中は激しく泣き、暴れる様子が観察された。看護師は、「頑張ってるね。上手にできてるね。」と声をかけていた。人形であやすと少しの間泣き止んだが、すぐに泣いていた。終了後は抱っこと母親に言っていた。, 幼児は褒められると喜ぶというコミュニケーションの特徴があるため、看護師は、発達段階に合わせたコミュニケーションを取りながら、処置を行っていると考えられる。また、「できるね。得意だね。上手だね。」などと声をかけることで、患児に自信を持ってもらい、次に同じことができるようにしていると考えられる。, 患児は、検査やバイタル測定などの医療行為に対して強い不安や嫌悪感を抱いていると考えられる。そのため、怖くないということを感じてもらう必要があると考えられる。また、母親に抱っこをせがむ様子から、母子間で愛着形成がされていることが考えられる。母親に協力してもらうことで、検査の時も安心することにつながると考えられる。, バイタル測定を正確に行うことも大切だが、現在の段階では、信頼関係を築くことが優先されることが分かった。患児は環境の変化や痛いことをされるのではないかという恐怖を抱えているため、安心してもらえる存在であるという認識をしてもらえることも医療者の役割であると感じた。, 患児と一緒に遊びながらコミュニケーションを取ることで、信頼関係を築く。身体状態についての情報収集を行う。, プラレールの絵本の上を車のおもちゃを走らせて一緒に遊んだ。「これは何色かな?」と話しかけ、「青!」と返答があったので、「すごいね!A君おしゃべり上手だね。」と言って褒めた。1時間ぐらい機嫌よく遊んでおり、母親が離れても泣かずに遊ぶことができたが、途中から、機嫌が悪くなり、おもちゃを投げて泣くようになった。その後は眠っていた。, バイタル測定では、寝起きだったが、泣かずに計測されていた。機械で遊びながら行っていた。, 昨日は一緒に遊ぶことはできなかったが、患児の好きなものを用いて遊ぶことで、一緒に遊ぶことができたと考えられる。また、コミュニケーションを取ることも昨日はあまりできなかったが、一緒に話しかけながら遊ぶことで、警戒心を解いて会話をすることができたと考えられる。しかし、機嫌が悪くなることが多く、まだまだ関係性を築くことができていないと考えられる。, バイタル測定では、寝起きでスッキリしているのか、泣くことはなかったが機嫌は悪くなっていたため、まだ医療行為に対して恐怖心があると考えられる。また、機械で遊ぶことも、機械は怖くないという認識につながると考えられる。, 患児の好きなものを用いることは、患児との距離を縮めることにつながると感じたが、機嫌が悪い時は、好きなものにも目を向けずにおもちゃを投げたりしてしまうため、何に対して不満を抱えているのかを考えないと、患児の不快感を軽減することには繋がらないということが分かった。, バイタル測定の際におもちゃを用いて行う。中間カンファレンスを受けて、今後の方向性を確定させる。, 患児と一緒に車で遊びながら、サチュレーション測定器や体温計も用いて遊んだ。呼吸数は遊んでいるときに観察できたが、体温の測定は嫌がって泣きかけておりできなかった。しばらく、おもちゃで遊び、サチュレーションを「パクパクできるかな?」と言うと、指を入れてくれるようになったが、すぐに外してしまい、計測には至らなかった。その後、遊んでいたが途中から泣いてしまい、眠くなったようで寝ていた。, 尿は定期的に出ており、7:00に82mlで、昨日は341mlであった。浮腫は昨日よりは改善されていたが、全身に認められた。悪心、腹痛なく、活気はあるが機嫌不良であった。, 受け持ち初日は、体温計を見せただけで泣いてしまい、計測ができなかったが、今日は、見ても泣かなかったので、遊びながらすることや、毎日会うことで慣れてきたことが考えられる。しかし、体温計を脇に挟もうとすると機嫌が悪くなってしまうため、母親に計測してもらう方がいいのではないかと考えた。, また、尿量は段々と増加してきており、浮腫も改善傾向にあるため、利尿期へ移行してきていると考えられる。, 患児が寝ている時に看護師は血圧を測定し、呼吸音を聞いていたが、親は寝ている時に起こして欲しくないと思っていることが多いため、起こさないように配慮が必要であると言うことが分かった。また、両親の反応を観察し、寝かせていて欲しいと言う時には意見を尊重する必要があると感じた。, 外来実習で検査、処置の必要性を理解し、必要な看護技術を学ぶ。受け持ち患児と家族に感染予防方法についての説明を行う。, 家の事情で学校に中々行けない子に対し、「学校どう?」など採血の前に話しかけていた。また、学校、保健所、児童相談所と関わって話し合いを行っているという話を聞いた。外来に来る子の表情を観察し、何かあったのかを観察していた。また、子どもの意見を尊重し、どうした方がいいと言うのではなく、どうしたい?と一緒に考えていた。採血をする際は、子どもの個別性を考えて、納得してもらってから行ったりしていた。診察の前には、身体計測を行っていた。子どもは、待合室で遊んで待っていた。, 看護師が、患児の家庭環境、学校のことについて把握して、表情や声かけから、現状を把握して、連携をとっていると言うことが分かった。また、看護師は、患児のダメのことは怒るし、自分で決めるように促していたため、何でも決めてあげて許すのではなく、今後生きていく上で、自分の意見を言うことや、ダメなことは正してもらうようにすることも教えていると言うことが分かった。また、採血や点滴は子供にとって苦痛を与えるため、動いたら危険であるので抑えて固定することや、患児がやる気になるのを待ったり、個別性に合わせて処置を行うことが重要であると感じた。, 検診の際には、正常に発達をしているかどうかなどを把握するために計測が重要であると分かった。また、採血、採尿、点滴、計測、保護者への困ったことがないかなどの確認、子どもが悩みを抱えていないかどうかの観察を行う技術が必要であると学んだ。また、1歳児への指導は、タイミングが重要であり、できないこともあると言うことを踏まえてご家族に説明を行うことが重要であると感じた。, 患児にわかりやすい絵本を用いて、患児と家族に手洗いとマスクの着用について説明を行う。, プレイルームでビーズを用いておままごとをした。ビーズをひたすら鍋からお皿に移したり、一人遊びを主にしていたが、時々、「どうぞ。」と渡してくれた。そのあとは、赤ちゃんの人形にミルクをあげたり、他の子と遊んだりしていた。その後、プレイルームの絵本に興味を示し、「読む。」と言ったため、読み聞かせをした。そのタイミングで、手洗いの絵本を読み、「A君、手洗いできるかな?」と聞くと、「うん!」と言い、絵本に書いてある手洗いを真似してくれた。, 現在幼児期前期であるため、1人遊びが多い時期であるが、段々と他児ともコミュニケーションが取れるようになってきている段階であると考えられた。また、先週よりも話す言葉が増えてきているように感じたが、浮腫の軽減によって苦痛が軽減していることと、プレイルームに行けるようになり、遊びの制限が軽減されたことが考えられる。子どもは、苦痛があると話すことが減ったりすることにもつながると分かった。また、1歳児にもわかりやすい絵と文字を使うことで患児が積極的に真似をできることにつながったのではないかと考えられる。, 患児の苦痛の程度を観察するときには、泣く、機嫌の悪さだけでなく、普段より話さないこともあるため、その点も観察することが重要であると学んだ。. #1浮腫、低たんぱく血症であることに関連して、皮膚が損傷する可能性がある 目標:皮膚の清潔保護が保たれている oーp(観察) 1皮膚、粘膜の状態 a発赤、ビラン、腫脹、浸潤の有無、摩擦や圧迫による皮膚損傷の有無 2浮腫の状態:部位、程度 3口腔内の感染の有無 4眼瞼粘膜の発赤や眼脂 … ネフローゼ症候群患者の看護計画 ネフローゼ症候群とは 臨床症状からつけられた病名であり、大量の蛋白尿、低蛋白血症(低アルブミン血症)及び、しばしば浮腫や高コレストロール血症を伴う症候群と定 …

:*♡  @lemonkango, 誤字が多くて勉強するうえで理解できない部分もあるので、できれば修正していただきたいです。, 鳥取で看護師をしています。少しでも看護学生さんのお役に立てるよう分かりやすい記事を投稿していきます!, 看護Ataria では看護実習が辛い ストレス 怖い 嫌すぎる グループが嫌 などそんな看護学生さんのお助け支援学習型・情報サイトになります。, 小児看護学実習で受け持つ事が多いネフローゼ症候群 看護とは看護計画も合わせて考えよう, 「夜勤や残業が多い」「ムダに研修が多くプライベートの時間が少ない」「福利厚生が微妙」「希望休が取りづらい」 「経営方針についていけない」「給料が低い」「引っ越して通勤困難」「看護内容への不満」「契約期間満了」 「自分自身成長できない」「他科への興味」, 1.全国各地に支店がある『全国対応』のサービスなので全国どちらにお住まいの方でもサポート致します!, 5.医療業界を熟知したキャリアコンサルタントの素早く、丁寧な対応!無理に転職を勧めることはありません。, 7.働き方がわかるキャリアセミナーや看護師さんのための美容イベント等の『看護師さんの生活を向上させるイベント』を多数開催!. 今回は小児看護実習で一番、受け持つ可能性が高いのはネフローゼ症候群の看護のポイントや標準看護計画について解説したいと思います! そのため、事前にレポートを作成し、受け持った患児に当てはめて個別性を出した看護を行えるようにしましょう! こんにちわ! 看護研究科の大日方 さくらです!今回は小児看護実習で一番、受け持つ可能性が高いのはネフローゼ症候群の看護のポイントや標準看護計画について解説したいと思います!そのため、事前にレポートを作成し、受け持った患児に当てはめて個別性を出した看護を行えるようにしましょう!今回は「小児看護学実習で受け持つ事が多いネフローゼ症候群 看護とは看護計画も合わせて考えよう」について解説したいと思います!, Author:看護研究科 小日方 さくら某看護大学を卒業して大学病院で8年勤務。 その後フリーのライターとして活動しています! 看護学生さんに役立つ情報をいっぱい記載してます! ぜひ見に来てくださいね♡カテゴリーはサイトの下付近に設置してあります!  スクロールしてください!ツイッターやってます(*˘︶˘*).。. 小児実習では、ネフローゼ 症候群の患児に対してnanda-iの”感染リスク状態”の看護計画を立案しました。2歳児という発達段階も踏まえています。他の疾患でも、使えると思うので、よかったら参考にしてください。<看護計画>p:感染リスク状態e: 小児実習では、ネフローゼ 症候群の患児に対してNANDA-Iの”感染リスク状態”の看護計画を立案しました。, 長期目標:感染リスクを減らすための予防行動を継続できる。(ステロイド治療終了まで), 短期目標:①付き添い者は感染の予防方法について理解できる。②患児と付き添い者はセルフケアレベルに合った感染予防行動ができる。(3日後まで), 患児と付き添い者の感染予防行動(食事前・病室外から帰室後の手洗い・うがい、入浴、食後の歯磨き、病室外へ出る時のマスク着用)の実施状況。, 感染予防行動(食事前・病室外から帰室後の手洗い・うがい、入浴、食後の歯磨き、病室外へ出る時のマスク着用)をできていない場合は、付き添い者へ声掛けを行う。, 感染予防の方法(手洗い、マスク着用)を絵とひらがなの載った資料を用いて患児に説明する。, 付き添い者へ感染予防方法(食事前・病室外から帰室後の手洗い・うがい、入浴、食後の歯磨き、病室外へ出る時のマスク着用)について説明する。, 周囲で感染症(感冒や胃腸炎など)の症状が出現している方には接触しないように努めるように説明。, 病室内(退院後は自宅)の室温、湿度の管理(夏:25〜27度、冬:20〜22度、湿度:50%に保つ)について説明する。. ネフローゼ症候群患者の標準看護計画 ネフローゼ症候群とは 臨床症状からつけられた病名であり、大量の蛋白尿、低蛋白血症(低アルブミン血症)及び、しばしば浮腫や高コレストロール血症を伴う症候群 … 小児で起こるけいれん発作のひとつとして挙げられるのが、「てんかん発作」です。ここでは、小児期に起こるてんかん発作の症状と、その看護計画についてご紹介します。 ネフローゼ症候群は5年間再発がなければ約90%の患者は完治すると言われています。ここでは主に幼児期に発生すると言われている小児ネフローゼ症候群について症状や看護計画などについてご紹介していきます。