2005-06 3部リーグ … 1979-80 89,992人; セリエa ナポリ対インテル.

サッカー日本代表データベース. WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free".

ナポリもアトレティコみたいなチームになるんかな 55:: 2019/12/12(木) 09:57:41.83 ID:pAQQN9T+0 行く先々でクビになってばっかりだけど 24: 37: 2位 : 2回戦敗退 ‐ ‐ ... 歴代監督 氏名 国籍 期間 ... uefaカップ決勝 ナポリ 対シュトゥットガルト. 1989-90 83,162人; ワールドカップ イタリア対アルゼンチン. ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576086112/, AIカメラで撮影された試合でハプニング!カメラはボール追尾するはずが、なぜか副審の“スキンヘッド”を追尾…, 『私なら嫌悪感を覚える』韓国代表キム・ミンジェの移籍に関してモウリーニョは多くを語らず…, ベガルタ仙台・道渕諒平からDV被害を受けていた女性の告白。「LINEの返信が5分遅れただけで数十通もメッセージが届く」, 注目の大阪ダービーはドロー決着! 宮本監督「どちらに転んでもおかしくない内容だった」, 東京23FCが木島徹也の処分を発表!9日付けで契約を解除…故意であったことを認める。, 決定機逃すも…久保建英にスペイン紙が最高評価!マルカはチーム最高タイとなる星2つの評価!. Home; 年度別成績. #WelcomeGattuso #ForzaNapoliSempre pic.twitter.com/3F9RtBZBSI, 転載元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576086112/, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 『マンUは“妥協”してのC・ロナウド獲得だった!? Copyright © 2020 ワールドサッカークラブ ~サッカーのまとめブログ~ All Rights Reserved. 1990 69,670人; セリエc1 ナポリ.

ソチエタ・スポルティーヴァ・カルチョ・ナポリ(Società Sportiva Calcio Napoli)は、イタリア・ナポリを本拠地とするサッカークラブチーム。, 創設は1926年、これまでの歴史のほとんどでセリエAに参加している[1]。これまで、1986-87シーズンと1989-90シーズンの2度セリエAを制覇した。また、コッパ・イタリアを4回、スーペルコッパ・イタリアーナを1回制し、欧州の舞台では1988-89 UEFAカップで優勝した。ナポリは南イタリアで最も成功したクラブであり、イタリアで4番目にサポーターの多いサッカークラブである[2]。2012年の年間収入は148.4百万ユーロで、欧州第15位である。, 1926年に創設されてから数度クラブ名称を変更している。これらのうち最も重要なのは1964年のAssociazione Calcio NapoliからSocietà Sportiva Calcio Napoliへの変更であった。直近の変更は2004年で[3]、クラブが破綻し、映画プロデューサーのアウレリオ・デ・ラウレンティスによってNapoli Soccerとして再設立された(2年後に元のSocietà Sportiva Calcio Napoliへと戻された)。2004年のクラブの破綻によって、イタリア3部ディビジョン(セリエC1)への降格となったが、わずか3年後にはセリエAの舞台に復帰した。, クラブの現在のアンセムは2013年にフランチェスコ・ソンデーリが作曲した曲で、ナポリの民謡「オ・スルダート・ンナモラート」("'O surdato 'nnammurato"、恋する兵士[4])が、主題に用いられている。, ディエゴ・マラドーナが在籍時に着用していた背番号10番は、クラブでの功績を称えるために永久欠番に指定されている。, 1969年に会長に就任したコッラード・フェルライーノ(2002年2月までクラブを所有した不動産開発業者)の下で、積極的なチーム強化が行なわれた。1980年代はディエゴ・マラドーナやカッレカ、ブルーノ・ジョルダーノやチロ・フェラーラを中心として、1986-87シーズンと1989-90シーズンの2度スクデットを獲得した。マラドーナは「ナポリの王様」と呼ばれ、現役引退から年月が経った現在でもナポリでは崇拝の対象となっている。1997-98シーズンからセリエBへの降格とセリエAへの昇格を繰り返し、チーム財政状況の悪化に伴い2004年夏に破産宣告され、セリエCへと降格した。, 2004年から新生チームとして名前を改め再スタートした。オーナーは映画監督で資産家のアウレリオ・デ・ラウレンティスがナポリを3300万ユーロ(約56億1000万円)で買い取り就任する。若手を中心とした長期的目標に基づくチーム作りが掲げられた。2005-06シーズンにセリエBに昇格。この年にスタジアム観客数の合計がギネスブックには記載されなかったが世界記録を樹立した。2006-07シーズンにユヴェントスに次いでセリエBで2位となり、セリエA昇格を果たした。, 2007-08シーズンはMFマレク・ハムシーク、FWエセキエル・ラベッシ、MFワルテル・ガルガノら若い新戦力が攻守に活躍して、昇格初年度ながら8位に躍進し、UEFAインタートトカップ経由でUEFAカップ出場権を獲得した。2007年10月にはエドアルド・レヤ監督が指導者キャリア通算1000試合を飾った。2008年夏には主力が軒並み残留し、アルゼンチン・プリメーラ・ディビシオンで27得点を挙げて得点王に輝いたFWヘルマン・デニスを加え、UEFAカップとリーグ戦での上位進出を目指した。, 2008-09シーズン、7節のユヴェントス戦に勝利して首位に浮上し、2008年12月途中までUEFAチャンピオンズリーグ出場圏内を保ったが、前半戦だけで7点を決めたハムシークなどの攻撃陣が後半戦は調子を落とし、2009年1月から4月末まで約4カ月も未勝利が続いた。3月にセリエC1からチームの指揮を執ってきたレヤ監督を解任し、ロベルト・ドナドーニ監督が就任したが、ドナドーニが指揮を執った11戦で2勝5分4敗と調子を取り戻せず、12位でシーズンを終えた。, 2009-10シーズンはGKモルガン・デ・サンクティス、MFルカ・チガリーニ、FWファビオ・クアリャレッラ、DFウーゴ・カンパニャーロ、DFフアン・スニガなど即戦力を大量に確保した。しかし、開幕から失点の多い不安定な戦いを続け、10月6日にドナドーニ監督が解任された。後任のワルテル・マッツァーリ監督はボローニャFCとのデビュー戦を白星で飾り、フィオレンティーナ、ACミラン、ユヴェントスと7日間のうちに戦った3連戦を2勝1分と結果を残すなど15試合無敗記録と5試合無失点記録などを作り、UEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得し、シーズンを6位で終えた。, 2010-11シーズンは、同じくUEFAヨーロッパリーグ出場を果たしたパレルモからウルグアイ人FWのエディンソン・カバーニを獲得、移籍市場の締切直前にファビオ・クアリャレッラがユヴェントスへ移籍した。セリエAでは前半戦終了の時点で単独2位につけ、UEFAヨーロッパリーグにおいても決勝トーナメント進出を果たした。ディエゴ・マラドーナを擁した時代以来約20年ぶりのスクデット獲得が期待されたが、結果3位に終わった。しかし、4位以内に入り、UEFAチャンピオンズリーグの出場権を獲得した。, 2011-12シーズンは、コッパ・イタリアで25年ぶりの優勝を果たし、UEFAヨーロッパリーグの出場権を獲得した。UEFAチャンピオンズリーグでは、死のグループと言われていたグループAを2位で通過し、グループリーグ突破を果たした。ベスト16ではチェルシーFCと対戦し1stレグは3-1でチェルシーを破ったが、2ndレグで延長戦の末4-1でチェルシーに敗れ、ベスト16敗退に終わった。, 2012-13シーズンは、FWエセキエル・ラベッシがパリ・サンジェルマンに移籍し、MFワルテル・ガルガノがインテルにレンタル移籍した。インテルからレンタルしていたFWゴラン・パンデフを完全移籍で獲得し、フィオレンティーナからMFヴァロン・ベーラミ、DFアレッサンドロ・ガンベリーニ、ブレシア・カルチョからMFオマル・エル・カドゥーリ、サンパウロFCからDFブルーノ・ウビニ、ジェノアCFCからMFジャンドメニコ・メストを獲得した。スーペルコッパ・イタリアーナでは、北京でユヴェントスと対戦した。この試合では、後半40分に副審に暴言を吐いたとしてパンデフが、後半アディショナルタイムに2回目の警告でスニガが退場した。このプレーに抗議したマッツァーリ監督には退席処分が言い渡された。後半が終了して2-2となり、9人で延長戦を戦わなければいけなくなったナポリは、延長前半にクリスティアン・マッジョのオウンゴールとミルコ・ヴチニッチの得点により延長戦の末2-4でユヴェントスに敗れた。このシーズンはリーグ2位に終わったが、ヨーロッパリーグでは決勝トーナメント一回戦で敗れた。シーズン終了後、マッツァーリは退団し翌シーズンからインテルの監督となることが決定。後任としてラファエル・ベニテスが就任した。, 2013-14シーズンは、FWエディンソン・カバーニが移籍金6400万ユーロで昨シーズンのラベッシに続きパリ・サンジェルマンに、GKモルガン・デ・サンクティスが50万ユーロでASローマへ、DFウーゴ・カンパニャーロがフリーでインテルへ移籍するなど近年の主力を放出したが、カバーニの売却益を中心にレアル・マドリードからFWゴンサロ・イグアイン、FWホセ・カジェホン、DFラウール・アルビオルを獲得し、更にベニテス監督のリヴァプールFC時代の教え子であるGKホセ・マヌエル・レイナ、PSVからベルギー代表のFWドリース・メルテンスを獲得するなどの補強を進めている。チャンピオンズリーグではグループ・ステージにてアーセナル、ボルシア・ドルトムント、オリンピック・マルセイユと同組になり、混戦の末に最終戦にて敗退が決定した。勝ち点18点中12点でのグループ・ステージ敗退は史上初であった[5]。2年ぶり5回目のコッパ・イタリア制覇を成し遂げている。, 2014-15シーズンは、スウォンジー・シティからスペイン代表FWミチュ(1年間のレンタル)とMFジョナサン・デ・グズマンを、RCDエスパニョールからMFダビド・ロペスを、KRCヘンクからDFカリドゥ・クリバリを、カルチョ・カターニアからアルゼンチン代表GKマリアーノ・アンドゥハルを獲得し、パルマFCからウルグアイ代表MFワルテル・ガルガノとフィオレンティーナからGKアントニオ・ロザーティを復帰させた。さらに冬の移籍市場では、UCサンプドリアからイタリア代表FWのマノロ・ガッビアディーニを獲得した。18勝9分11敗でリーグ戦を終え、70得点・54失点となり、結果は5位だった。, 2015-16シーズンは、レアル・マドリードに引き抜かれたラファエル・ベニテスの後釜に14-15シーズンにエンポリFCを率いたマウリツィオ・サッリを監督に招聘。そのエンポリで指導を受けたMFミルコ・ヴァルディフィオーリを、ウディネーゼ・カルチョからMFアラン・マルケス・ロウレイロを、バイエルン・ミュンヘンからGKホセ・マヌエル・レイナらを獲得し、GKロベルト・コロンボ、DFジャンドメニコ・メスト、ブルーノ・ウビニ(レンタル)、MFワルテル・ガルガノ、FWドゥバン・サパタ(レンタル)、ミチュらが移籍した。, 2016-17シーズンは、昨シーズンまでのエースであったイグアインがユベントスにセリエA最高額となる9000万ユーロで移籍した。代わりにアヤックス・アムステルダムからポーランド代表FWのアルカディウシュ・ミリクを3200万ユーロで獲得した。開幕してすぐにミリクが大怪我を負う事態に陥ったが、メルテンスを偽9番で使う4-3-3が機能し、攻撃陣が爆発した。チャンピオンズリーグではベスト16でレアル・マドリードに敗れた。, 2017-18シーズンは、MFのアダム・ウナスら最小限の補強に留まったが、サッリ体制も3年目となり戦術の浸透が進み、リーグ戦は開幕から8連勝を含め14戦負けなしとスタートダッシュに成功した。15節で宿敵ユヴェントスに敗れるものの、17節から10連勝し首位を守る。しかし27節からローマ、インテル戦で1分け1敗となってユベントスに逆転され2位に順位を下げた。34節のユベントス戦でクリバリのゴールで勝利し勝ち点差を1に縮めたものの、翌35節フィオレンティーナに敗れ、ユベントスがインテルに勝利したため再び勝ち点差が4に開き、そのまま差を埋められず2位に終わった。しかし、クラブ史上最多となる勝ち点91を獲得した。UEFAチャンピオンズリーグはグループリーグでマンチェスター・シティ、シャフタール・ドネツク、フェイエノールトと同組になるが、最終節で最下位フェイエノールトに敗れグループ3位に転落し敗退した。ヨーロッパリーグに回るが、ラウンド32でRBライプツィヒにアウェーゴールの差で敗れた。シーズン終了後、サッリは契約満了により監督を退任した。, 2018-19シーズンは、新監督にカルロ・アンチェロッティを招聘。MFジョルジーニョがサッリに引き抜かれチェルシーへ、GKレイナはACミラン、エマヌエル・ジャッケリーニがキエーヴォへ移籍したが、その後釜にウディネーゼからGKアレックス・メレト、レアル・ベティスからMFファビアン・ルイスを獲得した。アンチェロッティはサッリのスタイルは崩さず、フォーメーションを4-4-2に変更し攻守のバランスをとった。リーグはユベントスの独走を許すも、3位以下は寄せ付けず終始2位のまま終了した。チャンピオンズリーグはリヴァプール、パリ・サンジェルマン、レッドスター・ベオグラードと同居する「死の組」に入り、大混戦の末最終節でリヴァプールに敗れてグループ3位になり、敗退した。2位リヴァプールとは勝ち点・直接対決の成績・総得失点差まで等しかったが、順位決定基準6番目にあたる総得点数で2点及ばなかった。ヨーロッパリーグでは準々決勝でアーセナルに2戦合計0-3で完敗、ベスト8止まりとなった。シーズン終了後、マレク・ハムシクが退団を発表した。, 2019-20シーズンは積極補強を敢行し、ローマからDFコスタス・マノラス、エンポリからDFジョバンニ・ディ・ロレンツォ、フェネルバフチェからMFエリフ・エルマス、PSVからFWイルビング・ロサノ、トッテナムからFWフェルナンド・ジョレンテを獲得。一方でハムシクの他、ラウール・アルビオル、アマドゥ・ディアワラらが退団した。, http://www.calcionapolinet.com/storia.asp, “Il tifo calcistico in Italia - Settembre 2012”, http://www.mymovies.it/filmclub/2006/12/186/mymovies.pdf, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=SSCナポリ&oldid=80180299, 1961-62, 1975-76, 1986-87, 2011-12, 2013-14, 2019-20, 2010.7.26 レガ・カルチョの統計調査でナポリがイタリアでNo.1の人気クラブと発表, 2013.3.1 セリエAのユヴェントス戦で2.815.220€のチケット収入がクラブレコード.

』元マンチェスター・Uの最高経営責任者が当時を語った。, サッカー指導者「練習は”量よりも質”!量をこなせばうまくなるのであれば、今頃日本は世界一になっています」, 「メディアが久保建英ばかり取り上げすぎでは?」セルジオ越後「他に取り上げたいスターがいないから」, 浦和サポーターがアウェーで大声や指笛…声を出しての応援の禁止を伝えるアナウンスが流れたにもかかわらず. 年度一覧; 2019年; 2018年; 2017年; 2016年; 2015年; 2014年 歴代監督; 2種登録・特別指定 ... 監督名 生年月日 出身地 ... 1944年02月25日: アルゼンチン: 9: 3: 28: 22.5% 0.59: 1998年: モリ タカジ.

1988-89 81,093人; セリエa ナポリ対ペルージャ.