それが筋肉の増加に繋がります。 しかし、人が普段使う口の筋肉は主に上下の力で、左右の力はほとんど使っていません。 自分がどういうアンブシュアで演奏しているかを今一度確かめ、サックス演奏をより楽しめる技術を身に付けましょう。, SaxHackのオンラインレッスンなら、この記事を読むのと同じ時間で、動画で直感的に理解できます。, 記事の拾い読みを続けることはお勧めできません。 悪いアンブシュアで演奏し続けると、良い音が出せないのはもちろんのこと、疲れやすくなったり、顎関節症などの病気の原因にもなります。 低音域はリードの振動が遅くなるので、リードの振動を妨げないようにアンブシュアを緩め、下唇が柔らかい状態を保ちます。 上唇は大丈夫だと思いますが、横から中央に締める筋肉は私生活であまり使わないので、サックスを吹く為にある程度鍛える必要があります。, 下唇を強く噛むと、反応は良くなるように思えますが、リードの振動を妨げることになり、豊かな音色にはなりません。

皆さんは、どんな楽器で練習していますか?まだ自分の楽器を持っていない人は学校の備品やレンタル品で練習している方もいらっしゃると思います。楽器を用意する事は簡単にはではありません。じっくりと選んでいきたいところです。そんな方でもマウスピース・リガチャー・リードの3つは必ず自分専用のものを購入しましょう!MY楽器をお持ちの方も『最近の音程が合わない』『イメージした音色が出ない』『最近いいリードが見つからない』『かすれぎみの音が出る』『強弱の幅がもっと欲しい』など気になる悩みはありませんか?それはマウスピースとリガチャーに原因があるかもしれません。練習した成果がきちんと上達に繋がる為にも自分にあった専用の物をご用意する事をおすすめしています。, 初心者の方がマウスピースを選ぶときはマウスピースとリードの間にできる『オープニング』という空間に注目します。オープニングが広いと抵抗が大きいので息のコントロールや量が難しくなります。逆にオープニングの広い方が息が入り易くて吹き易いという方もいるので、購入する際は一度試奏してみる事が大切です。, エボナイトの原料は天然の生ゴム。それに硫黄を加えて練り上げ、釜で焼き上げるという昔ながらの方法で製造されています。プラスチック製に比べると、減りが少なく音質に柔らかさや艶が出ます。メーカーによって混ぜ合わせる比率が異なります。, 成形や加工に優れた合成樹脂製のマウスピース。軽量で硬度が高いため、サウンドも軽やかで硬めの音になります。吹きやすく初心者向けです。量産に向いた材質なので、低コストで供給され、練習用として良く使用されています。, 真鍮、アルミ合金、ステンレス製などがあります。音色は硬めでパワーが欲しい方にお勧めです。ロックやフージョン系の音楽と相性がよく、アンプを通す演奏や、バンドのホーンセクションを組むような方に好まれています。吹奏感や音色については素材の金属以外にも、表面のメッキの種類によっても変わります。, となりそうですが、実はエボナイト製でもジャズ系のモデルもあります。また、メタル製のマウスピースでも暖かみのある音色を出せるマウスピースもあります。下記解説をご参照頂きますと、マウスピースの音色はチェンバーやバッフル等の効果が一番影響するともいわれますので、まずは試奏するマウスピースがどのような構造なのかをきちんと確認することが重要です。, チェンバーとバッフルはトレードオフ(一方を追求すれば他方を犠牲にせざるを得ないという状態・関係のこと)になっていることが多く、ハイバッフルであればスモールチェンバー、ローバッフルであればラージチェンバーとなります。ロックやフュージョン系などエレクトリックな音楽では音色を目立たせるためにハイバッフル系のマウスピースを使用し、逆にクラシックや吹奏楽などアコースティックな響きを求める場合はローバッフル系のマウスピースを使うのが一般的。チェンバーとバッフルの関係を覚えておくことが、お好みのマウスピース選びへの近道です。, フランスで最初の総合管楽器メーカーとしてセルマー家が脈々と受け継ぐフランスの企業です。ヘンリー(アンリ)・セルマー氏によってパリに最初の工房が開設されて以来130年以上の実績があります。プロフェッショナル用サクソフォンの世界的な先駆として世界が認めるブランドネーム。サクソフォン・クラリネット・マウスピースの3つのカテゴリーを幅広く生産し、その80%は全世界へ輸出されています。, 様々なジャンルの演奏家に愛用されている人気マウスピース。その音は非常にストレートで均質に響き、学生でもプロ奏者でもその要求を満たしてくれます。柔軟性があってコントロールしやすいのも特徴。輪郭のはっきりとした音色で、音に深みもあります。, ティップオープニング(リードの先端からマウスピースの先端までの隙間の幅)がS90/170よりも広い設計。より豊かでパワフルな響きが得られます。, どのサックスにもフィットする万能マウスピース。アルトサックスのマウスピースといえばこれ!というほどの定番&人気モデル。ソプラノからアルトなど、持ち替えがある方はこのマウスピースで統一すると音色が安定します。暖かい音色が特徴です。低音から高音まで豊かに鳴らすことができます。, 1885年から始まった伝説的とも呼ぶべきセルマーの伝統的な技術と最新の製造技術を組み合わせて作られた新しいマウスピース。音量を出しても崩れにくい、というセルマーの特徴に加えて、コントロールしやすいところが特徴です。他の楽器に溶け込むようなクリアな音色です。, 1905年からバンドーレン家はマウスピースとリードを作っています。その長い歴史において、最高品質の製品を作る為の徹底した管理と検査、そして技術開発にむける意欲は、一時たりとも失われたことはありません。木管楽器アクセサリーの最高峰として君臨しています。, ジャズサックス用のマウスピースを代表する大定番で、多くのプレイヤーに愛され続けています。質の高い技術とバランスの良い作りで、全音域に渡ってコントロールしやすい吹奏感が人気です。太く温かみがある音色と表現力豊かに演奏できることが最大の魅力です。ささやくようなサブトーンからパワフルで太いサウンドまで、様々なジャンルやジャズ奏法に幅広く対応でき、思い描くサウンドを奏でることができます。, 半世紀以上の歴史を誇る日本唯一のサックスメーカー、ヤナギサワ。自社工場内でハンドフィニッシュによって仕上げられるマウスピースは精度が高く初心者からプロまで幅広く使われています。メタルモデルはくわえる部分が他メーカーのものと比べて太めに作られていて、極端な内部構造をしていないので初めてメタルを使われる方でもラバーからの移行がスムーズ。, レスポンスが良く、芯があり柔らかく艶のある音色を持ち、ジャンルを問わずに対応可能。プロフェッショナルプレーヤーの高い要求に応えられる高精度なマウスピースであり、初めてメタルマウスピースを演奏する方にもおすすめです。, 最新のテクノロジーを駆使した斬新なデザインで、設立当初から常にクオリティの高いハンドメイド・マウスピースを提供。トム・スコット、アンディ・スニッツァーなど、世界の一流プレイヤーも愛用している。, クラウド・レイキーを代表する一番人気のマウスピース4*3/AS。特徴は明快な音とムラのない響き。ソロで目立つ存在であったり、アンサンブルで調和する能力を持ち、万能性が際立っています。ジャズ向きですが、ロック・ファンク・電子音楽でも十分な力を発揮します。, 使っているうちに徐々に摩耗し、先端や内部のエッジ部分が丸くなっていきます。特に先端部分はリードが常に高速で打ちつけられている状態なので摩耗が進みやすく、細かい傷もできていきます。音の輪郭がぼやけたり、雑音が入るようになったり、音程が不安定になってきたら買い替えのタイミングです。趣味や部活で吹いている方でしたら2〜3年に1回くらいを目安に買い替えをおすすめしています。, マウスピースをくわえるとき、上の歯はマウスピースをかむように直接当てて固定します。上の歯がマウスピース上で滑ってしまったり、上手く固定できなかったりする場合はマウスピースパッチを使いましょう。パッチは厚さによって吹き心地が変化するのでいくつか試してみましょう。あまり先端に近い所に貼るとリードの振動に影響する場合があるので気を付けるポイントになります。, マウスピースにリードをとりつけるための部品です。リードの振動をマウスピースに伝える重要なパーツ。リガチャーはマウスピースに比べると軽視されがちですが、音色やタンギングへの影響がとても大きい部分なのでしっかり選んでいきましょう。, →サックスのリガチャーで初心者向きなのは、金属製のリガチャー。金属製は、リードの振動が伝わりやすいために吹きやすく、立ち上がりの明るい音が出ます。音が出やすい反面、キンキンと耳に響くような音色になりやすいという特徴があります。色々な仕上げのものがあります。, →柔らかな音質が出しやすいのが、革製のリガチャー。金属製の物よりもリードの振動が伝わりにくいので、まとまりのある音色を出すことができます。しかし、初心者や、アンブシュアが安定していないような人が使うと、音の立ち上がりが悪く感じたり、音が広がってコントロールしにくいことがあります。柔らかでまろやかな音が出る革製リガチャーですが、金属性に比べると、音が遠くに飛びにくいので吹奏楽で使用する場合には金属製のものがおすすめです。, 吹奏楽やクラッシックでよく使われるリガチャーは、金メッキ(GP)かピンクゴールドメッキ(PGP)のものが多いですね。以下は参考程度にどうぞ。, YAMAHAのサックスを購入した時に付属品としてついてくるリガチャーです。曲がってしまった時用などに予備として1つ持っておくと便利ですね!, セルマーのサックス本体購入時の標準付属品ですが、全体的にバランスの良く吹きやすいです。, よく響く明るい音色で、コントロール性も抜群、人気の定番リガチャーです。ハリソン社はリードとの接合部がアルファベットのHに見える特徴的な形状をしています。プロ・アマチュア問わず世界中のサックス演奏者が使用していることでも有名。音色の明るさ、サックスらしいブリリアントな響き、かつ芯のある太い音色が出るので人気です。大きなステージで演奏した時、よりよく響き、発音の反応の良さも素晴らしく、特に総銀製のリガチャーは金属製にもかかわらず、柔らかく艷やかな音色が特徴とされています。, ストレートでまっすぐ伸びていく音色。金メッキ仕上げになるとさらに煌びやかな音色に!クラシックサックスの定番モデルです。, 1986年のフランスで設立以来、洗練されたデザインと機能を持つ多くの製品を生み出してきた「ビージー」。少し高価ですが、高い品質リガチャーでプレイヤーの演奏表現を最大限に広げます。スタンダード、レヴェレーションシリーズなど様々なモデルがありますが、特に「トラディション」は非常に優れたリガチャーとして多くのプレーヤーに愛されています。, リードを押さえる部分に金メッキを採用し、華やかな音色。発音がしやすく、ソリスト向け。, ご購入前の各種ご相談を承っております。掲載商品以外にも、お探しのサックス、マウスピース、リガチャー、リードがございましたらお気軽にお問い合わせください。, 【サックス】マウスピースとリガチャーの選び方~『音程が不安定』『イメージした音色が欲しい』『リードとの相性が・・・』・・・そのお悩みマウスピースとリガチャーが原因かも!?.