特選車 > また、バックドアにイージークローザーが採用された他、デュアルパワースライドドア(挟み込み防止機能付き)、スマートエントリー&スタートシステム、ステアリングスイッチ(オーディオ)がオプション設定。より利便性が向上しました。 価格は、中心的グレードとなるCタイプで695万円、最上級のGタイプでは740万円、Gタイプ・Fパッケージが790万円となる。先代マジェスタはCタイプが614万2500円なので、それなりに値段は上がっているが、エンジンの変更やインテリアの上質さなどを考えれば、充分納得の価格である。. 荷室が長く、フロアの高さからルーフまでほぼ垂直に伸びているため、ボディは四角四面となっています 。しかし、ウインドウの面積や形、ピラーの角度や形状などが工夫され、無骨なイメージを見る人に与えません。

タイでハイエースベースと思われる高級ワゴンが発表され販売を開始した。高級ミニバンのアルファード/ヴェルファイアをも凌駕するという豪華仕様のワゴンはどんなクルマなのか?, タイで発表された高級ワゴンのマジェスティをとおして、次期ハイエースのことについても考察していく。, タイ国トヨタ自動車(以下TMT)は2019年8月16日(現地時間)に、四輪車と二輪車の展示販売会である『バンコク・インターナショナル・グランド・モーター・セール2019』において高級ワゴンのマジェスティを世界初公開し発売開始した。, タイではハイエースワゴンをベースとした高級ワゴンのベンチュリーを販売していたが、マジェスティはそのベンチュリーの後継モデルとなる。, タイでは高級ミニバンの需要が高く日本以上にブームになっていて、アルファード/ヴェルファイアが販売されているが、タイは輸入車に対する関税が80%と高い。そのほかの税金などを加えると日本の価格の3倍程度にまで膨れ上がる。, アルファード/ヴェルファイアは日本から輸入するかたちで販売しているため、その価格はオプション込み、1バーツ=3.45円で換算すると、アルファード3.5VIPが542万9000バーツ(1873万50円)、2.5ハイブリッドが393万9000バーツ(1358万9550円)、2.5ヴェルファイアが380万9000バーツ(1314万1050円)と目が飛び出るほど高額だ。, 物価が日本に比べて約3分の1と言われるタイでアルファード/ヴェルファイアを購入するということは、日本人がロールスロイスファントムを買う感覚に近いに違いない。, マジェスティはアルファード/ヴェルファイアに匹敵する高級感を持ちながら価格を抑えているのが特徴だ(それでも高い! 当時の最新技術も導入されていて、上級グレードのスーパーGLには運転席側と助手席側にスライドドアイージークローザーが標準装備、オプションでワイドマルチAVステーションII(GPS・CDボイスナビゲーション付)や音声ガイダンス機能付カラーバックガイドモニターも設定されていました。 ボディカラーにはソリッドなホワイト、シルバー、ブルー、イエロー系がラインナップ。シルバーやブルー系にはメタリック仕様が設定されているモデルもあります。, DX・DX“GLパッケージ” ?【ベストカースクープ戦記】, 置き去り? トヨタ セコイア、最新型2018年モデルをアメ車のプロが徹底解説!注目装備やおすすめグレードから詳細スペックまで、豊富な写真と動画を交えて分かり易くご紹介。また、最新の在庫状況や価格帯もご確認いただけます。 トヨタ ハイエースバン徹底ガイド。5代目(200系)のグレードや内装などまとめ, タグ: 特選車 > スクエアだけど柔らかみのあるボディのおかげで、ワンボックス車として実用的ながら、街にもアウトドアにも馴染むデザインになっています。 2010年7月 マイナーチェンジ 荷室はとても長く、2列目シートを畳むと荷室長が3mまで拡大。これは2列目シートの畳み方が工夫されているおかげ。人も荷物も、たくさん乗せるワンボックス車としての設計がしっかりなされている証拠でしょう。 初代マジェスタのデビューは'91年。当時、先代クラウンにはセルシオと同じV8、4.3Lエンジンを積んだグレードが用意されていたが、これを独立させ、さらに豪華に仕立て上げたのがクラウンマジェスタである。以来、'04年デビューの現行型が4代目、そして今日、3月26日にフルモデルチェンジして生まれ変わった新型が5代目となる。 各グレードの新車価格は、現時点でスーパーGLが約297万~386万円(北海道地区メーカー希望小売価格を除く)。DX“GLパッケージ”は約247万~348万円。ほぼ事業者向けとなるDXでは約229万~332万円となっています。遊びも仕事もこなすトランスポーターとして磨き抜かれている分、プレミアム志向のアルファード/ヴェルファイアなどよりリーズナブルです。 200系4型。フロントバンパーやグリル、ヘッドランプ、リアコンビネーションランプなどが変更され、さらに力強いルックスに。ヘッドランプは全車ともLED仕様(ロービーム)になりました。ボディカラーはスーパーGLにボルドーマイカメタリックが新採用された他、DX(ロングボディ)にブラックマイカが追加設定されています。 荷物を積んでも安定走行を実現させる4WD 見殺し?? デザインは改良やマイナーチェンジごとに手を加えられいますが、基本的にはマイナーチェンジごとに変更されていると覚えれば問題ありません。つまり、1型~4型のデザインをチェックすればOKです。, インテリア

/ ランクルよりも大きく広いトヨタ最高峰のSUVセコイア、今セコイアにお乗りの方でもお乗り換える価値はあります!, ※1 PLATINUM、LIMITED、SR5でプレミアムPKG装着時のみ選択可 ALL RIGHTS RESERVED. 日刊カーセンサー > 一方のディーゼル車は、積載量が多い状態でも頼もしい走りを見せてくれます。キャブオーバーなので前席の下から音や振動が伝わってきてしまいますが、それを補うパワフルな走りがディーゼルの魅力でしょう。また、 排気ガス規制を受けて繰り返し改良され、新しいモデルほど排気ガスはクリーンです。 安全装備も見逃せないポイント。2017年に受けた一部改良によって、衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンスP」が標準装備されました。なお、2018年4月からは「トヨタセーフティセンス」に名称が変更されています。 ヘッドライト周りは大きくイメージが変わり、LEDデイライトを内蔵したニューデザインとなったことにより、これまでの丸みを帯びたエクステリアデザインから、かなり角張ったデザインで一新。かなり引き締まったフェイスは人気が出そうです。, セコイアはセカンドシートが大きくスライドする事もできる利便性がウリのSUVです。数あるフルサイズSUVでスライド機能があるのはトヨタのみで、セコイアは上級グレードになるとサードシートのリクライニング&フルフラットも電動となり、女性やお子さんでもワンタッチで簡単に広いスペースを作ることができる機能はとにかく便利です。 ・リアクオータートリムポケット ヤリス絶好調の裏で苦悩 かつての大ヒット車トヨタアクアの行末, 機能よりモノっぽさで勝負!? ・車速感応パワードアロック(運転席・助手席ドアキー連動、衝撃感知ドアロック解除システム付) 仕様や装備の違いより、とにかく荷室に遊びのギアを積み込んでガンガン使い倒したい人は、年式を問わずDXグレードに注目。中古車の台数が多いハイエースだからこそ、期待に応える1台が見つかるはずです。, SUV全盛期だからこそ、美しい英仏ステーションワゴンで差をつけるのがEDGEな選択!, 西川淳の「SUV嫌いに効くクスリをください」 ランドローバー 新型ディフェンダーの巻, 【2020年10月】カーセンサーnetでよくチェックされた中古車トップ10はコレだ!, 初代だけじゃない! 俊足ワゴンとしてお馴染みの日産 ステージアは2代目も速かった!, ▲ハイエースの中でも一般ユーザーのマイカーとして親しまれてきているのが、ハイエースバンです, ▲2019年7月5日時点でのボディサイズは全長4695~5380mm×全幅1695~1880mm×全高1980~2285mm。サイズは仕様によって大きく異なります, ▲スーパーGL “プライム セレクション”では、ボディカラーに特別色の「ボルドーマイカメタリック」を含む全4色が設定されています, ▲スーパーGL “ダーク プライム”では、シートに合成皮革&ダブルステッチを採用。運転席まわりも、黒木目マホガニー調の加飾やダークシルバー加飾などによって質感が高められています, ▲ディーゼルエンジンがよりクリーンな2.8Lに進化。また、特別仕様車であるスーパーGL “ダーク プライム”の仕様も改められました, 特別仕様車のスーパーGL“50TH アニバーサリーリミテッド”は期間限定生産で発売されました, ▲ハイエースは用途に応じたバリエーションが展開されています。DXは装備や価格から下位グレードといえますが、単純にグレード分けではかれないバリューをもっています, ▲こちらが1型。現行モデルと比べると上下のグリルが狭く、商用車のイメージが強いデザインとなっています, ▲3型は、2型からさらにワイド感がアップ。バンパーまわりのデザイン変更によって、よりスタイリッシュな雰囲気になりました, ▲スーパーGLのインテリアは前席がセパレートの2名分。インパネやステアリングの仕様も上質で、トリム類もDXとは差別化されています, ▲オンロードでも走りを安定させるフルタイム4WD。積載状況によって重量バランスが偏っても、4つの駆動輪でトルクを分け合って姿勢を保ちます, ▲6速ATとの組み合わせが実現し、新しい2.8Lディーゼルエンジンの燃費は従来型より大幅に向上しています, ▲オートレベリング機能付LEDヘッドランプは、積載量による姿勢変化で光軸が上下にずれてしまう問題を克服。光軸は自動的に調整されます, ハイエースバン 2.0 スーパーGL ロング ワンオーナー/衝突軽減/純正メモリナビ, ハイエースバン 2.0 スーパーGL ダークプライムII ロングボディ ブラックカスタムパッケージ, ハイエースバン 2.8 スーパーGL ダークプライムII ロングボディ ディーゼルターボ パーキングサポート PS無, <<新型 トヨタ スープラが欲しいけど予算オーバーなアナタ! 新車時の半額になった「日産 フェアレディZ NISMO」はいかが?, 年式とグレードだけでは判断できない!? sg03j カスタム 内装 メーター。マジェスティ 250c sg03j 5連メーター用 スクーター インナー カウル 塗装済 内装 茶色 15点 majesty250 シートはグレードによって素材や機能(リクライニングの有無など)に違いはありますが、差はあまり感じないでしょう。形状が似ていて、カラーもグレー系でまとめられているからです。 COPYRIGHT©PROTO CORPORATION.

※2 LIMITED、TRD SPORTでTRDプレミアムPKG装着時或いはSR5でプレミアムPKG装着時のみ選択可. ラインナップではスーパーGLにワイドボディ仕様が、DXに“GLパッケージ”が追加設定されました(ちなみにワゴンでは新グレードのGLが追加)。 2017年11月 一部改良。ディーゼル車が2.8Lに進化 装備内容 国内向けの現行型は「200系」と呼ばれる5代目で、2004年のデビューからすでに15年。おかげで、中古車の中心も現行型です。ハイエースはボディタイプが3種類あり、バンとワゴン、そしてコミューター(マイクロバス)です。ワゴンは乗車定員10名と広い室内をシートの設置に割いているのに対し、バンは2~9名まで幅広く基本的には荷物を積むことを重視した貨物車。常日頃、多人数を乗せて運転する人以外は、ハイエースバンの方が使い勝手が良くオススメです。 カローラのハイブリッ... トヨタは「プリウス」の一部改良を行い特別仕様車「S“Safety Plus II”」を追加し2020年7月1日発売した。 ・4スピーカー ・インストルメントパネルアッパー部シルバーメタリック加飾 トリムやコンソール類の装備や素材で差別化され、より乗用車に近い仕様となっています。エクステリアでは、ホイールもDXグレードと共通性のあるスチールホイール+フルホイールキャップ(ハイグレードタイム)が標準装備。現行モデルではフロントグリルやドアミラー、ドアハンドルがメッキ加飾されていて、高級感を演出しています。 なお、ロングセラーだけに200系の中でも1型~4型とマイナーチェンジごとに分類されることも。さらに2017年11月の一部改良以降を5型とするケースもあります。中古車で探すときは、欲しいのは何型かを意識するとより調べやすくなります。, 2004年8月 デビュー

DX

現行型は明らかにクラウンより上、セルシオやレクサスにはない実直な貫禄があり、銀座のホステスさんたちの間で“マジェ”という愛称さえ与えられ、愛されたもんだった。 ホンダ ザッツの叶わなかった挑戦【偉大な生産終了車】, 「アーマーゲー」と呼ばないで!

とはいうものの、マジェスタのエクステリアは、クラウンをベースに風格を与えている。大きなフロントグリル、張りを感じさせるボディの面、キリッとした表情を作り出しているヘッドランプなどなど……。シャープな印象のレクサスLSに対して、量感を感じさせる雰囲気がマジェスタの魅力となる。が、リアスタイルがちょっと地味すぎやしませんか? なんていうか、ちょっとアッサリしすぎなんだよな。 ・ベゼル付4本スポークステアリングホイール どちらが良いとは一概に言えませんが、車両価格を抑えることや走りの静粛性を求めるならガソリンエンジンを、力強さと経済性を考えるならディーゼルエンジンを選ぶのがオススメです。 3種類のボディタイプの中で、主力となるのはバン。車幅が標準とワイド、ルーフが標準/ミドル/ハイルーフの設定で4ナンバー(商用車登録)/1ナンバーの2ラインナップされました。一般ユーザー向けは、基本的には4ナンバーとなります。なお、ワゴンはワイドボディでミドルルーフの3ナンバー仕様で、マイクロバスのコミューターはワイド&ハイルーフの2ナンバーでした。 Copyright © 2013-2020 最新自動車情報2020 All Rights Reserved. また、全グレードに後方の障害物を検知するバックソナーと、フロントとリアのコーナーまわりの障害物を知らせるクリアランスソナーが採用されたのもトピックでした。なお、デビューから2007年8月までのマイナーチェンジまでが、200系1型と呼ばれます。 日本で販売されることが確定的!? 200系3型。高性能触媒DPRの改良などによって、3L直噴ディーゼルターボ搭載車の環境性能が大幅に改善されました。燃費や静粛性も向上し、自動車取得税と自動車重量税がディーゼル車で75%の減税。ガソリン車(2WD)では同50%の減税となりました。 2005年11月 灯火類の改良と助手席の機能向上 フルタイム式の4WDシステムが採用され、ほとんどのグレードで選択できます。ただ、2Lガソリン車には4WDモデルは設定されていません。

ガソリンエンジンでDual VVT-iが採用されるなど、ガソリン車の燃費性能が向上。「平成17年度基準排出ガス50%低減レベル」の認定に加え「エコカー減税」の対象となりました。さらにガソリン車のATは4速から6速(シーケンシャルシフトマチック付)へと多段化。バンにはリアシートベルト(外側2点式・中央席3点式)が標準装備されました。

・カラードバンパー(フロント・リア) 【本記事は2009年4月にベストカーに掲載された記事となります。】 2014年12月 一部改良。ガソリン車ATは6速仕様に ・トヨタセーフティセンス(2018年4月以前はトヨタセーフティセンスP)

特別仕様車として「スーパーGL “ダーク プライム II”」と誕生50周年記念の特別仕様車「スーパーGL“50TH アニバーサリーリミテッド”」が設定されました。, ハイエースバンには、ボディの長さや幅などサイズの違いがあっても、グレードは上級のスーパーGLとベーシックなDXで構成されてきました。この2つのグレードの間には装備の違いによって新車価格でおおむね50万~100万円の価格差があります。スーパーGLはボディサイズや乗車定員のバリエーションを絞った豪華仕様、DXは逆に豊富なバリエーションとシンプルな装備で実用性重視という位置づけです。ほとんどのグレードで2WDと4WDが設定されています。 !)。, 3つ用意されたグレードで最も安いスタンダードが170万9000バーツ(589万6050円)、中間グレードのプレミアムが189万9000バーツ(655万1550円)、最上級グレードのグランデが219万9000バーツ(758万6550円)となっている(1バーツ=3.45円で換算)。, エクステリアデザインは、大きなフロントグリルにシャープなヘッドライトを組み合わせた高級感と威厳を併せ持っている。, そう、これはすでに台湾、オーストラリアでグランビアの車名で発売されている高級ワゴンと基本的に同じクルマなのだ。つまり、高級ワゴンはタイ専用モデルではなく、台湾、オーストラリアに次いで3国目で、後述するが日本での販売の現実味も高まる。, ボディサイズは全長5265×全幅1950×全高1990mm、ホイールベースは3210mmとアルファード/ヴェルファイアよりも大きい。, パワーユニットは、総排気量2755cc、163ps/420Nmをマークする直4DOHCディーゼルターボを搭載(エンジン型式は1GD-FTV)。タイ政府が推奨している20%のバイオディーゼル燃料を混合した燃料のB20に対応している点は台湾、オーストラリア仕様と違う。, このエンジンに組み合わされるトランスミッションはシーケンシャルシフト付き6ATとなる。, シャシーでは前後サスペンションは現行ハイエースのものを使うのではなくフロント/ストラット、リア/4リンクが新開発されている。タイヤサイズは235/60R17だ。, インテリアも本革シートなど豪華仕様で、アルファード/ヴェルファイアもビックリの質感を誇る。シートは、4列3-2-2-4の構成で、乗車定員は11名のみの設定。2列目シートにはマッサージ機能付きキャプテンシートを採用している。, 安全装備の充実が目覚ましく、トップグレードのグランデにはダイナミックレーダークルーズコントロール、車線逸脱警報、ブラインドスポットモニター、ビークルスウェイウォーニング、オートハイビームなどが標準装備されている。, マジェスティの発表の席でTMTのウティコン副社長は、マジェスティは日本から輸入販売するとコメント。つまり、マジェスティは日本で製造しているというのだ。, 高級ワゴンのグランビア、マジェスティが海外専用モデルで、海外で生産しているのであれば日本に輸入してまで販売するのは効率が悪いが、日本で製造しているとなれば販売への最大の障壁が取り払われることになる。, しかもグランビアが左ハンドルだったのに対し、タイは日本と同じ左側通行だからマジェスティは右ハンドルで日本に導入するのに好都合ときている。, 日本ではハイエースが異常なまでに人気が高い。現在販売されているハイエースはH200系はエースとしては5代目となる。その現行ハイエースは2004年デビューだから15年が経過していて次期ハイエースの注目度は激高だ。, ハイエースはバンとワゴンの両方をラインナップしているが、販売のほとんどはバンでワゴンは少数派となっている。, さらにワゴンは2-2-2-4の4列シート10人乗りの見の設定となっていて、人気の高いハイエースバンとはまったく別物だ。ある意味ハイエースであってハイエースではない存在と言ってもいい。, 今回発表されたグランビア、マジェスティがとのまま次期ハイエースになるのではなく、次期ハイエースはバン専用となり、ワゴンはバンとは差別化され独立してグランビア、マジェスティと同じボディとなると考えると違和感はない。もともとハイエースワゴンの販売台数は少ないので、売れなくても大きなダメージはない。, 次期ハイエースバンは現行同様に全幅1695mmの5ナンバーサイズのまま登場する可能性が高い。仮に衝突安全性を考慮して拡幅されたとしても全幅が1750mmを超えることはないだろう。, それに対しワゴンは現行は全幅1880mmだがグランビア、マジェスティと同じ1950mmにすることで快適性が増しそれが魅力アップにもつながる。, アルファードよりも大きなボディながら採用回転半径はアルファードの5.6mに対しマジェスティは5.5mなので日本での取り回し面でも問題ない。, 乗車定員はマジェスティは11人だがこれはタイの法規に合わせたもの。日本では普通免許で運転できる最大乗車定員は10名なので、それに合わせて現行のハイエースワゴンと同様にフロントシートを2名乗車にすれば簡単に対処できる。, トヨタの販社から、高級ワゴンが登場することは間違いないという情報を入手している。確定情報ではなく予想段階だが、この独立した豪華仕様のハイエースワゴンを日本ではグランドハイエースとして販売する、というのはもの凄く自然な流れにある。, グランドハイエースを含め、次期ハイエースについては続報が入り次第レポートしくので乞うご期待!, ベストカースクープはこう生まれる BNR32は最初は「GT-X」だった! 1BOX 内外装では、フロントグリルやシート(トリコット)のデザインが変更。アルミホイールがオプション設定に加えられました。さらにボディカラーにはグレーメタリック(バンのみ)、ブラックマイカ、ノーブルパールトーニングII(ワゴンのみ・オプション)の3色が新設定されています。



メルセデスAMGが日本人のお金持ちに愛される理由とは, ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…. ・オプティトロンメーター(タコメーター・マルチインフォメーションディスプレイ付) ハイエースバン ハイエースは、4代目の100系が車幅で4ナンバー/5ナンバーのサイズに収まる仕様だったのに対し、200系では全長で小型車のサイズを超え、ワイドボディ仕様も追加されました。 トヨタ 全国販売チャンネル統合を2020年5月開始 2007年8月 マイナーチェンジ 室内は外から見る以上に広々としています。特に、垂直に近い角度でルーフまで伸びるボディラインのおかげで、座席上部の空間はゆとりたっぷりです。 ・フロントシートシートバックポケット アクセサリーソケット(DC12V・120W)が全車に標準装備されました。ちなみに、ワゴンとコミューターでは車両の安定性を確保するVSC&TRCや、ヒルスタートアシストコントロールなどが標準化され、安全性能が高められました。 DXをベースに内外装で差別化した中間グレードです。2019年7月5日現在では、DXとの新車価格差は約10万円。違いは外装品にあり、リアコンビネーションランプがクリアレンズ仕様になっていたり、グリルやバックドアの取っ手がメッキになっていたりとします。 5代目ハイエースのエンジンには、発売当初からの2Lと2.7Lのガソリンエンジンと、2.5Lから始まり現在は2.8Lとなったディーゼルエンジンが用意されています。 ・オーディオレス(カバーレス) ・シートスライド(運転席・助手席) トヨタ

また、ディスチャージヘッドランプ(ロービーム・オートレベリング機能付)が装備され、専用のエンブレムとスカッフプレートも採用されました。, 2013年11月 マイナーチェンジ 最上級グレードのスーパーGLをベースとした特別仕様車「スーパーGL “プライム セレクション”」が登場。シートとドアトリムに専用トリコット(エンボス加工付)が採用され、ステアリングホイールとシフトノブには本革巻き&サイバーカーボン調加飾が施されています。 ・バニティミラー付ファブリックサンバイザー(運転席・助手席) 現行モデルでは、ガソリンエンジンは2Lの「1TR-FE」が最大出力100ps/最大トルク182N・m、2.7Lの「2TR-FE」が最大出力160ps/最大トルク243N・m。ディーゼルエンジンは2.7Lの「1GD-FTV」が最大出力151ps/最大トルク300N・mとなっています。 ・センターコンソール(リア席用カップホルダー2個付) ・ウオッシャー連動間欠式フロントワイパー(時間調整式) エンジンはレクサスLSに搭載されるV8、4.6Lだが、スペックはやや抑えられて347ps、46.9kgmとなる, シンプルなデザインだが、面の張りなど、後ろ姿も堂々としたものとなる新型マジェスタ。全長4990mm、全幅1810mmとなる。ただ、ちょっとリアコンビランプがシンプルすぎて、アッサリした印象。, インパネは奇をてらうことなく、オーソドックスにまとめられている。が、ダッシュパネル、センターパネル、ステアリング、シフトノブなどには本杢をふんだんに使用する, トヨタクラウンマジェスタに後付できる純正オプション(タイヤ・ホイール・ナビ等)は何があるか, トヨタ クラウン マジェスタ(2013年9月〜2015年10月)中古車購入チェックポイント. もともと幅広いラインナップのあるグレードなので、DXにはベース車というイメージが希薄です。商用車としては優秀な「ルートバン」が新車の最廉価で200万円前半から購入できるので、企業や個人事業のユーザーには人気があります。最新モデルではシートがジャージ素材で、DX“GLパッケージ”とほぼ同等です。 新型 プリウス 特別仕様車「S“Safety ... トヨタは新型「ハイラックス」のマイナーチェンジを行い2020年8月19日に発売する。 積載性の高い車だから重量バランスの変化によって走りが不安定になることは避けたいもの。VSC&TRC・EBD付ABS+ブレーキアシストは、その心配を大幅に減らしてくれます。電子制動力配分制御とブレーキアシストによって姿勢を乱さずブレーキングでき、坂道でも不安なく発進できます。 2012年11月 特別仕様車を追加

グレードを選ぶ際は第1に、ほぼフル装備のスーパーGLか、実用性重視のDX、もしくはDX“GLパッケージ”という選択をすること。次に、用途や経済性によってエンジンや駆動方式(2WD/4WD)を選ぶ、という流れが良いでしょう。 LEDヘッドランプ また、フェンダーまわりやウエストラインにプレスラインをくっきり刻むことで、ボディをスポーティに見せています。さらに、グリルや各部ハンドルをハイライトにし、ドアウインドウとそれに続くサイドウインドウの上下幅に変化を与えるなど、カジュアルさも演出されています。 また、2017年11月から搭載された2.8Lディーゼルエンジンは6速ATとの組み合わせで従来型より1~1.6km/Lの燃費が向上。これで「平成27年度燃費基準+15%」を達成し、「平成21年基準排出ガス10%低減レベル」の認定も取得。「エコカー減税」の免税措置対象になりました。, VSC&TRC・EBD付ABS+ブレーキアシスト エンジンは当初、2Lと2.7Lのガソリンエンジンに2.5Lのディーゼルエンジンという構成。後にディーゼルエンジンは動力性能アップのため3Lに拡大され、さらに新たな排気ガス規制を受けて最もクリーンかつハイパワーを発揮する2.8L仕様へと進化しました。 そんなハイエースバンの主なグレードは上から「スーパーGL」「DX“GLパッケージ”」「DX」があります(2019年7月5日現在)。スーパーGLは2/5人乗り、DXとDX“GLパッケージ”は2/5人乗り、3/6人乗り、3/6/9人乗りがあります。DXには荷室重視の3人乗りも存在します。 価格にこだわらず装備を重視するのであれば、トヨタセーフティセンスが全車に標準装備された4.5型を選びたいところ。同時期に2.8Lのディーゼルエンジンが搭載されてパワーユニットもリフレッシュされているのもうれしいポイントです。