中古車の場合は、必ず外装や内装など車両の状態を確認しますよね。デリカD5は、バンパーなど特徴のある形となっている為、車幅感覚が慣れていない時期にぶつけやすいと言えます。, ・エンジン mixiユーザー 09月06日 21:50, [656] mixiユーザー

mixiユーザー mixiユーザー ・2008年12月

09月28日 15:39. 10月08日 14:11, [664] mixiユーザー 10月07日 12:31, [660] 12月26日 15:28, [679] 11月06日 20:02, [669] mixiユーザー デリカd:5の不具合や故障ってどんなものがある? デリカd:5は販売開始から2019年4月現在で12年以上経過していますので、どのような不具合・故障が出やすいかが分かってきています。

mixiユーザー

Copyright (C) 1999-2020 mixi, Inc. All rights reserved. mixiユーザー 11月07日 06:08, [672] もらって1ヶ月くらい経ったときに、高速を走行中に車が停止。DPFに煤がたまっていたようでした。これからは、頻繁にメンテナンスしていこうと思います。, ミニバンとしては剛性が高く、悪路にも強い車両と言われていますが、工場製品である以上、故障(不具合)しないとは言い切れません。, 発売から10年以上経過していますが、アウトドア好きには人気の高い車両「三菱 デリカD5」を購入したいと考える人も多いですが、やはり気になるところは故障(不具合)ですよね。, 日々のメンテナンスをしっかり行っていれば防げる故障もあるので、乗る直前の点検や、1ヶ月に1回など定期的に点検を行うことをお勧めします。, ご自身での点検が不安な方は、車に詳しい人や整備士などに点検のポイントを聞いておくと良いかもしれません。, エンジンの補機駆動ベルト用オートテンショナーにおいて、取り付けフランジ部の形状が不適切なため、 オートテンショナーのベアリングが経年変化で摩耗し摺動抵抗が増大した状態で高負荷運転を繰り返した場合にフランジ部に亀裂が発生することがあります。 そのため、そのまま使用を続けるとフランジ部が破損し、最悪の場合、当該ベルトが外れ、警告灯が点灯し、 ステアリング操舵力が増大するとともに、バッテリー上がりやオーバーヒートに至るおそれがあります。, 助手席用エアバッグのインフレーター(膨張装置)において、ガス発生剤の吸湿防止が不適切なため、 温度および湿度変化の繰り返しによりガス発生剤が劣化することがあります。 このため、エアバッグ展開時にインフレーター容器が破損するおそれがあります。, ディーゼルエンジン車の排気ガス再循環(EGR)クーラーバイパスバルブを制御するソレノイドバルブにおいて、 当該バルブの使用環境に対する外装樹脂材の選定が不適切なため、内部のコイル線との熱膨張差が大きく、 コイル線に繰り返し過大な応力がかかることがあります。 そのため、そのまま使用を続けると、コイル線が断線し、エンジン警告灯が点灯するとともに、 フェールセーフによりEGR制御が停止し、最悪の場合、窒素酸化物の排出量が増加するおそれがあります。, エンジンコントロールユニットの電源制御等に使用されるリレーにおいて、 リレー内部の溶接が不適切なため、使用過程で溶接部が異常発熱して溶接が外れ、導通不良となることがあります。 そのため、走行中にエンストして再始動不能となるおそれがあります。 また、アイドリングストップ付車両は、エンジン警告灯が点灯してエンジン出力が制限されるおそれがあります。, 運転者席用エアバッグのインフレーター(膨張装置)において、ガス発生剤の吸湿防止が不適切なため、温度および湿度変化の繰り返しによりガス発生剤が劣化することがあります。 このため、エアバッグ展開時にインフレーター容器が破損するおそれがあります。, 特定の運転者席用エアバッグのインフレーター(膨張装置)において、原因は判明していませんが、エアバッグ展開時にインフレーター容器が破損するおそれがあることから、予防的措置として、当該インフレーターを交換します。, ターン/ライトスイッチにおいて、取付剛性不足のため、スイッチ操作によりコネクターの端子が摩耗し、 その摩耗屑が酸化して絶縁物が生成されるものがあります。 そのため、そのまま使用を続けると、絶縁物が端子の間にかみ込み、導通不良となり、前照灯、車幅灯、前部霧灯、後部霧灯、 尾灯、番号灯および当該スイッチ連動の車室内照明が不灯、あるいは点滅、または、方向指示器が不灯となるおそれがあります。, バキュームポンプにおいて、組み付け作業が不適切なため、 ポンプのオイル給油穴にシール剤が浸入することがあります。 そのため、バキュームポンプ内のオイルが不足し、油膜によるシール性低下から負圧不足となり、 最悪の場合、ブレーキペダルの操作力が増大し、制動距離が長くなるおそれがあります。, リコール対象に含まれる車両を所有している場合は、リコール通知が届いたり、三菱の公式サイトでもアナウンスされたりしているので、基本的にリコールの対応がなされています。, しかしながら、中古車で購入した場合は、リコールの通知が届かないケースも稀にありますので、購入前、購入後もリコールが発表されていないか、リコール対象車ではないか定期的に確認しておくことをお勧めします。, デリカD5の定番の故障と言われるCVTの修理については、新品での交換となるとかなり大きな費用となってしまいます。, その他の故障に関しても、突然の出費は家計を圧迫する可能性もありますので、事前にどの故障に、どれくらいの費用が掛かるのか把握しておくことが大切です。, では、実際に三菱 デリカD5を所有しているオーナーの評判はどうなのでしょうか?まずは、ポジティブな意見をご紹介します。, ネガティブな意見もありますが、気になる人は気になるといった点なので、走行性や居住性などを重視する人はあまり関係ないのかもしれません。, そんなデリカD5は、2005年に東京モーターショーにて初披露され、2007年に販売が開始されました。, オールラウンダーとしてミニバンでもなく、SUVでもない存在の三菱 デリカD5の特徴としては、やはり「居住性」と「走行性能」と言えます。, ・2008年5月 中古車は1台1台状態や装備品が異なります。自分が欲しい装備があるか、グレードなのかを確認する必要があります。インターネットで中古車情報を見た際に、文面には装備していると書かれていても、納車されてみると装備されていなかったという事例も少なくありません。, 他にも、デリカD5はファミリーカーとしても人気の1台ですので、お子さんを乗せることも多く、シートが汚れていたり、ほつれていたりすることも多いです。, 三菱 デリカD5は、数多くあるSUVやミニバンではない、唯一無二の存在であるオールラウンダーです。, 中古車であっても、その存在価値を大きく発揮させるためにも、デリカD5を所有した際には定期的なメンテナンスを心がけるようにしましょう。.

mixiユーザー

・2012年7月 12月04日 21:21, [676]