食事はジェイクにベタ惚れなクリームが用意したもので、逮捕以前からクリームとは親密な関係にあった事が匂わされている。 全身にウロボロスと数字(12)の刺青をしているが、これはウロボロスがトランプをモチーフにした犯罪組織である為だと見られている。 発生地点から射出する事が可能で、発生規模や形も自在に制御可能な為、攻撃方法としても使用できる。その威力は虎徹が「ビーム」と誤解した程に強力。 奇偶で別れているだけで高設定の判別はできないので、あくまでもサブ要素としての確認をオススメ。, 強レア役での当選率も高設定ほど高いので、CZ非経由でのエピソードボーナス当選は要チェックだ。, 設定1と6でみると、ブルーローズライブは2倍以上、エピソードボーナスにいたっては10倍近い差が存在する。, また、CZ終了後は全状態に移行する可能性があり、とくに設定5と6は高確以上をループしやすい。, CZ失敗後、高確以上示唆ステージに移行するといったケースが多ければ高設定の期待度がアップする。, 111Gと333Gが天井になる可能性あり。 『TIGER&BUNNY(タイバニ)』では、「キング・オブ・ヒーロー」といわれる人気ナンバーワンのスカイハイというヒーローが登場します。スカイハイは、とても真面目で天然な性格をしており、少し変わった人物です。この記事では、スカイハイの本名や能力などの基本情報と、『TIGER&BUNNY(タイバニ)』本編での活躍シーンや名言を紹介します。また、アニメの声優などもまとめています。, この記事で紹介する「キング・オブ・ヒーロー」と言われるスカイハイは、『TIGER&BUNNY(タイバニ)』に登場するキャラクターです。スカイハイの主な活躍は『TIGER&BUNNY(タイバニ)』の15話で描かれています。まずは、『TIGER&BUNNY(タイバニ)』の作品情報について紹介します。, 『TIGER&BUNNY(タイバニ)』は、2011年に放送されたヒーローアクションアニメです。サンライズが制作しており、全25話が放送されました。その後映画『The Beginning』と『The Rising』が放映されました。またアニメの脚本を原作に、『TIGER&BUNNY(タイバニ)』のキャラクターデザインを務めた桂正和によってスピンオフも描かれました。, 『TIGER&BUNNY(タイバニ)』の世界観では、NEXTという能力を持つ人間が存在します。主人公の虎徹も、ハンドレッドパワーという能力の持ち主でした。虎徹はこの能力を使ってヒーローという仕事をしてきました。しかし、人々の命を優先することばかり重視してしまい、周りの建物を壊してしまうこともしばしばあります。, そのため、市民からの人気はいまいちでした。そんな時、勤めていた企業がヒーロー業から撤退してしまいます。虎徹はアポロンメディアに転属することになりました。そこで虎徹は全く同じ能力を持つバーナビーとバディを組むように上司に言われます。虎徹とバーナビーは初のバディヒーローとして活動することになります。, スカイハイとは、『TIGER&BUNNY(タイバニ)』に登場するヒーローです。ポセイドンラインという企業に所属しています。ヒーローランキングでは常にトップに立ち続けていることから、「キング・オブ・ヒーロー」と呼ばれています。『TIGER&BUNNY(タイバニ)』ではジェイクとの戦いで人気が落ち、その後はバーナビーに1位の座を奪われてしまいました。, 生真面目な好青年で、市民だけでなくヒーロー達の間でも信頼が厚い人物です。ヒーローとしての努力を常に怠らず、仕事以外でも夜間にパトロールするなど最もヒーローらしいヒーローでもあります。性格は裏表なく実直で、少し天然なところがあります。ジョンというペットを買っており、休日は良く散歩をしています。口癖は「ありがとう!そして、ありがとう!」で、強烈なキャラクター性も持っています。, 出典: http://hibiturezurenari.blog71.fc2.com, スカイハイの本名は、キース・グッドマンです。キース・グッドマンという本名はまさにスカイハイを表す名前だといわれています。そのことから、本名の「グッドマン」を日本語訳にして、ファンからは「良男」と呼ばれることもあります。, その他にも、本名である「キース」とそのまま呼ばれたり、「キング・オブ・ヒーロー」を略して「KOH」と呼ばれることもあります。他のヒーロー達はスカイハイの本名を知っていると思われますが、本名ではなくヒーロー名で呼んでいます。, スカイハイのNEXT能力は風を操る能力です。非常に攻撃力が高い能力で、ヒーローの中でもトップクラスの攻撃力を持っているといわれています。しかし、自分自身を風で飛ばすことは出来ず、ヒーロースーツにジェットパックを使って空中から攻撃を使います。能力の使い方は、風を手のひらの中で圧縮してぶつけたり、竜巻を発生させて相手を貫いたりすることができます。, ハンドレッドパワーの能力を持つバーナビーが苦戦した相手を瞬殺するほどの能力です。このことから、能力の応用力や攻撃力、技の数は他のヒーローよりも圧倒的に高いといわれています。この高い攻撃力と、元から持っているヒーローらしい性格から長年ヒーローランキングのトップに君臨していました。ただ、ジェイクと戦った時は、ジェイクの能力が判明していなかったのもありますが、惨敗してしまいました。, 『TIGER&BUNNY(タイバニ)』のアニメでスカイハイ役を演じているのは、声優の井上剛です。井上剛は、1978年4月19日生まれの男性声優です。シグマ・セブンという声優事務所に所属しています。主にアニメの声優を中心に活動していますが、吹き替え声優やテレビ番組のナレーションなどもしています。, 声優としては、『Axis pwersヘタリア』でスペイン役を演じたことで知られています。演じたスペインでサッカーが盛んなこともあり、2010年にワールドカップで優勝した時はスペイン役の声優の井上剛のTwitterにお祝いのメッセージが寄せられました。, 声優の井上剛の主な出演作品には、『黒子のバスケ』の土田聡史役、『ビーストサーガ』のビッグセロウ役、『Axis pwersヘタリア』のスペイン役、『神撃のバハムート GENESIS』のカイザル・リドファルド役、『D.Gray-man HALLOW』のコムイ・リー役、『黒白〜コクハク〜』の鼠役、『NAtURAL DOCtRINE』のイフ役、『僕のヒーローアカデミア』のステイン役などがあります。, スカイハイの名言には「私だって決めゼリフが言いたかった…ずっと待ってたのに…路地裏で一人たたずむ私…とても寂しかった」という名言があります。これは、『TIGER&BUNNY(タイバニ)』5話終盤の名言です。バーナビーは、虎徹のおせっかいにあきれていました。虎徹はバーナビーがそっけないのは、寂しい誕生日を毎年迎えているからだと思い、ヒーローの皆で誕生日を祝おうと提案します。, そこでヒーロー達は、サプライズの誕生日を企画しました。まず窃盗犯が出たと言ってバーナビーを呼び出し、二人で追いかけます。そこに犯人の仲間が集まって銃を構え、2人は追い詰められてしまいます。犯人が銃を発砲すると、その銃から「Happy Birthday」と書かれた紙が出てくるというサプライズです。リハーサルでは上手くいったものの、本番では本物の窃盗犯の登場でサプライズどころではなくなりました。, スカイハイも犯人役の一人として、出番を待っていました。スカイハイはとても真面目な性格をしているので、このような誕生日のサプライズでも一生懸命でした。しかし、スカイハイの登場は本物の窃盗犯の登場で出る幕が無くなってしまいます。スカイハイは落ち込む時も全力で、窃盗犯相手にこの名言を言い、窃盗犯を捕獲しました。, スカイハイの名言には「私に、気づかせてくれようとしてるんだね。たしかに私は自分に言い訳してばかりだった。ありがとう!」という名言があります。これは、『TIGER&BUNNY(タイバニ)』15話の名言です。スカイハイは、ジェイクとの戦いで負けてしまい、その後ヒーローランキングも落ちてしまいました。そのため、とても落ち込んでいました。, スカイハイは公園で出会ったシスという女性に、人々の期待に応えられない自分の不甲斐なさについて悩みを相談します。しかし、シスは「なぜ」と質問するばかりです。それに戸惑いながら答えつつ、スカイハイはポジティブに解釈して、この名言を言いました。スカイハイは不調だったものの、このことがきっかけでいつもどおりの調子を取り戻していきます。, スカイハイの名言には「たかーいたかーいスカイハーイ」という名言があります。これは、『TIGER&BUNNY(タイバニ)』第9話の名言です。アニエスは市長から子供の面倒を見るように言われてました。アニエスは、虎徹を指名して子供の面倒を見るようにいました。子供はまだ赤ん坊で、ヒーローの中で子育ての経験があるのは虎徹だけでした。しかし、子供は虎徹に抱かれると泣き叫んでしまいます。, その子供は既にサイコキネシスのNEXT能力に目覚めており、泣いてしまうと勝手に能力が発動して周囲の物を破壊してしまいます。ヒーロー達は焦って順番に赤ん坊をあやしていきます。スカイハイもまたその子供をあやそうと、高い高いをします。この名言はその時のセリフです。しかし、スカイハイの能力を使った高い高いは赤ん坊には恐ろしく、再び泣き叫んでしまいました。, 『TIGER&BUNNY(タイバニ)』のスカイハイの魅力は、何事にも一生懸命なところです。バーナビーの誕生日を祝う時には、リハーサルでアドリブを考えて実践していました。しかし、そのアドリブは虎徹にやらない方が良いと言われて却下されてしまいます。そこで、スカイハイは決めゼリフを考えました。アドリブや決めゼリフまでこだわるほどの一生懸命さが魅力的だといわれています。, スカイハイは、ヒーローの中でも真面目で努力家です。元々とても強いNEXT能力を持っていますが、それだけで「キング・オブ・ヒーロー」の座につくことができたわけではありません。他のアニメなどでは、強いキャラクターはそれだけの傲慢さを持っていることが多いのですが、スカイハイは自分の能力に自惚れることはありません。, 実際に、ヒーロー達が共有して使っているトレーニングルームでも頻繁にトレーニングをしています。このような努力家だからこそ、皆から好かれているのです。, スカイハイはずっとヒーローランキングトップの座についていました。そのため、「キング・オブ・ヒーロー」とも呼ばれています。ヒーロー達の中でもトップの能力の高さを持っているスカイハイですが、挫折を味わったこともありました。それが描かれているのは、『TIGER&BUNNY(タイバニ)』の13話です。ウロボロスはシュテルンビルトの人々を人質に取り、ジェイクの釈放を求めました。, ジェイクの釈放で人々は助かるのかと思いきや、ジェイクはヒーローとのセブンマッチの開催を宣言しました。つまり、ヒーローが一人ずつジェイクと戦わなければならないということです。その戦いに最初に選ばれたのがスカイハイでした。しかし、ジェイクの能力は心を読むことができるNEXT能力を持っています。スカイハイや他のヒーロー達はまだそのことを知りませんでした。, そのためスカイハイがどんなに強い攻撃をしても当たらず、ジェイクにあっけなく倒されてしまいました。「キング・オブ・ヒーロー」がすぐに倒されてしまったため、市民は絶望的な状況になってしまいました。スカイハイはジェイクに勝つ事ができず、市民を助ける事ができなかったことで挫折を経験しました。, 一方でジェイクを倒したバーナビーの人気は急上昇していました。この影響で上司からも叱られてしまい、さらにヒーローとしての活動も不調になっていました。しかし、『TIGER&BUNNY(タイバニ)』の15話でシスに出会ったことでことで完全復活しました。, スカイハイは真面目な性格ですが、恋をすることもありました。スカイハイの恋愛は『TIGER&BUNNY(タイバニ)』15話で描かれました。スカイハイはこの時期、人気の低迷に悩んでいました。上司に呼び出されて文句を言われたり、街での評判も良くないものばかりでした。スカイハイが落ち込んでいると、散歩をしていた愛犬のジョンが突然走り出してしまいます。, ジョンを追いかけると、ベンチに座っていた女性に吠えていました。スカイハイはジョンをなだめ、女性に謝りました。女性はシルバーブロンドの髪の美女で、スカイハイは一目惚れします。女性の名前はシスと言います。スカイハイはシスに一生懸命話しかけますが、シスの対応はそっけないものでした。スカイハイは恋に悩むようになりました。, 恋に悩むスカイハイは、ここ最近よりずっと不調になりました。他のヒーローからも心配されるほどです。スカイハイは、ブルーローズとファイアーエンブレムとドラゴンキッドに好きな人がいることを告白しました。3人はスカイハイにアドバイスをします。早速スカイハイはそのアドバイスどおりにシスへと近づこうとしますが、やはりシスの対応は辛辣でした。, スカイハイとシスの関係は進展しないまま、スカイハイはいつも以上に不調となっていました。ある夜、再びスカイハイはシスと出会います。スカイハイはこのところの不調や悩みをシスに相談しました。しかしシスは励ましてくれず、「なぜ」としか聞いてきません。スカイハイは戸惑いながらも、シスは自分で考えるようにとあえて辛辣な態度を取っているのだとポジティブに考えます。, スカイハイがシスと別れた後、とある男がシスを迎えに来ました。シスは男に連れられて車に乗ります。すると突然シスは暴走し始めました。シスは実は人間ではなくロボットでした。シスは虎徹やバーナビーをヒーローと認識して戦闘モードに入り、攻撃します。シスはハンドレッドパワーを持つ虎徹達でも歯が立たないほどの力を持つロボットでした。, そこにスカイハイが現れ、一撃でシスを破壊します。シスは顔部分が剥がれ落ちており、もう外見ではシスだと判断出来ませんでした。そのため、スカイハイはシスだと分からないまま破壊してしまったのです。スカイハイはその翌日、完全復活したことを報告しにシスに会いに行きますが、そこにシスは現れませんでした。, スカイハイにはキャラソンがあります。キャラソンは、スカイハイの声優をしている井上剛が歌っています。スカイハイのキャラソン「Thanks, and thanks again!」という曲は、「スカイハイ」というコールから始まります。歌詞はスカイハイの性格が表れており、『TIGER&BUNNY(タイバニ)』のファンはこのキャラソンを聴いてスカイハイが好きになったという方もいました。, また、「I'm “KING OF HERO”」という曲もあります。「I'm “KING OF HERO”」はさわやかな曲調で、スカイハイらしい曲となっています。スカイハイのヒーローらしさが表現されており、「キング・オブ・ヒーロー」の名前にピッタリの曲だといわれています。, 『TIGER&BUNNY(タイバニ)』では、ヒーロー達のスーツに実在のスポンサーの名前が書かれています。スカイハイのスポンサーはUSTREAMと魂ウェブです。劇場版では、MOVIXとT-JOYがスポンサーに加わりました。ちなみにスカイハイは、「ありがとう!そして、ありがとう!」などの天然で強烈な印象を残すセリフを言います。さらにナンバーワンというだけあって活躍する場面もたくさんあります。, 活躍する場面がたくさんあるということはそれだけ目立ち、ヒーローTVにも映る回数が多くなります。そのため、スカイハイはスポンサー企業的にもありがたいヒーローといわれています。, キースさんの声優さんって良きファンだよなあ。キースさんもシュテルンビルトでこうやってスカイハイグッズ買ってると思うと、もう。, スカイハイの声優の井上剛は、積極的に自分の演じたキャラクターのグッズを購入しています。なかなか声優で演じたキャラクターのグッズを買う人はいません。そのため、ファンからも印象が良い声優です。声優の井上剛がスカイハイのグッズを買っているのを見ると、まるでスカイハイが自分のグッズを買っているようだと感じた方もいるようです。, タイバニ見始めたばっかりの頃、スカイハイさんのことをみんなが「良男」って呼んでる理由が分からなくてなんで?って聞いたら本名が「キース・グッドマンだから」って言われてキングオブなるほどなって思ったそんな思い出, 『TIGER&BUNNY(タイバニ)』を知って間もない頃は、スカイハイが「良男」と呼ばれていることに戸惑ったという方も多いようです。本名のキース・グッドマンから由来していると知ると、スカイハイ自身の性格もありなるほどと思う方もいました。また、「本名がスカイハイそのものを表している」「スカイハイのためにある本名」ともいわれていました。, 以外って言われるけど、僕バットエンド嫌いだし、寧ろヒーロー(アメコミ)系大好きだから!!僕、スカイハイさんや、キャプテンアメリカみたいな優しくてカッコイイヒーローに憧れてるから!!