もう少し、深く掘り下げてみます。 ■細胞分裂の回数は大核DNAが規定している 以上、やっさんがお送りしました, このエントリーのトラックバックURL: 大核を消滅させ、新しくできた小核により新しい大核を作ります。 分裂回数の少ない若い個体の大核を、分裂回数の多い(老化した)個体に移植すると、老化個体の分裂回数は若い個体の残存分裂回数分だけ回復する。逆に、老化個体の大核を若い個体に移植すると、その個体は老化個体の残存分裂回数分だけしか分裂ができなくなる。同じように老若個体の小核を交換移植しても、このような現象は起こらない。, こうしてみると、ゾウリムシの小核は明らかに『生殖細胞の起源』であり、大核は『体細胞の起源』であることが分かります。 http://tdb.knaes.affrc.go.jp/tdb/outline.jsp

今、人類は大きな時代のうねりの中にいます。 こんな時代こそ「自然の摂理」に導かれた羅針盤が必要です。素人の持つ自在性を存分に活かして、みんなで「生物史」を紐解いていきませんか。, 以前、ゾウリムシについての記事がありましたが、今回は、ゾウリムシの大核、小核に焦点を当てて書いてみたいと想います 単細胞生物で「有性生殖」というのは、奇妙 な気がしますが、ゾウリムシの場合、ひとつの細胞の中に大きさと機能が異なる二つの細胞核が備わっていて、小さい方の小核は、有性生殖を行う時のみ働く細胞核なので、生殖核ともいわれています 動物細胞において見られる細胞小器官のうち代表的なものとしては、ミトコンドリア、小胞体、ゴルジ体、リソソーム、中心体という全部で五種類の細胞小器官の名前が挙げられる。こうした五つの細胞小器官の具体的な機能と構造のあり方についてまとめると、それは以下のようになる。 ゾウリムシが接合し、小核は減数分裂によりお互いの遺伝子群を組み合わせて、変異を取り除くことが可能です。しかし、もともとの大核が存在していれば、その核が持つ変異した情報により、外圧に適応できないタンパク質の合成を繰り返します。そこでゾウリムシは、接合と同時に、もとの大核を消滅させる仕組みを獲得したのです ■小核と大核 ゾウリムシは、有性生殖と多細胞化の起源をなすモデル生物として、以前から研究所の間では頻繁に追求されてきました。最近の知見をまとめてみましたが、その前に、いつものやつをお願いします, ■分裂の限界と接合による再生

B, ˆá‚Á‚½F‚̃|ƒXƒ^[ƒJƒ‰[‚Ì’†‚ɏ‡‚É“ü‚ê‚Ä‚â‚é‚ƁAƒJƒ‰ƒtƒ‹‚ȃ]ƒEƒŠƒ€ƒV‚Ì‚Å‚«‚ ‚ª‚èB. ゾウリムシの細胞の中には、多細胞動物の器官と同じはたらきをするしくみがあるのです。 そのため、このような構造は、細胞器官と呼ばれています。 ゾウリムシの細胞の中にはこのほかに、大核と小核という2つの核が見られます。 しかし、この過程はもともとのゾウリムシの細胞内で行われるため、新しい小核と大核の周りは、古いタンパク質で作られた細胞質で覆われています 通常分裂時(栄養期)には、細胞は2分裂によって増殖する。 また、ゾウリムシの生殖方法も特徴的で、未熟な段階での細胞分裂による増殖以外に、成熟すると他のゾウリムシと接合することによって、有性生殖をするようになります ゾウリムシ(200 μm)が肉眼で見えるギリギリの大きさ。 4.植物細胞と動物細胞 *2 ・動物細胞 … 中心体をもつ。 ・植物細胞 … 葉緑体・(発達した)液胞・細胞壁をもつ。 細胞小器官の構造とはたらき 5.原核細胞と真核細胞 原核生物 先に述べたように、ゾウリムシは、小核と大核の二つの細胞核を持っている。小核が二倍体なのに対し、大核は数百倍体のゲノムを持ち、通常の細胞分裂に関わるタンパク質合成を行っている。小核は細胞分裂時にはほとんど働いていない。 このとき、大核も小核もともに分裂する。

田植えがすんだばかりの田んぼ。水の入った田んぼには、さまざまな生きものたちが集まってきます。水の中はどうでしょう。のぞいてみると、わらくずが沈んでいます。さらに拡大して見ると、白っぽい小さなものがたくさん動いていました。ゾウリムシです。体の長さは、およそ0.2mm。たった1つの細胞でできています。, ゾウリムシが回転しながら動く様子を見ると、体の形が少しねじれていることがわかります。体のまわりには細かい毛がたくさん生えています。「繊毛(せんもう)」です。その数およそ1万本。それをなびかせるように動かして泳いでいます。麻酔をかけて動きを止めてみると、丸く見えるものが2つあります。観察していると、縮んだり膨らんだりを繰り返しています。余分な水分や老廃物を体の外に出しているのです。体のくぼんだ部分の奥が、口に当たるところです。繊毛の動きで、食べ物を口の中に運びます。, ゾウリムシの食事の様子を見てみましょう。ゾウリムシが、わらくずについたものにさかんに体をこすりつけています。ゾウリムシの主な食べ物は細菌です。ここに、細菌がたくさんいるようです。あるゾウリムシに注目して見ると、口から取り込まれたものが次々と膜に包まれ、「食胞(しょくほう)」と呼ばれる袋に納められています。この食胞が体の中を流れながら、食べ物を消化していくのです。, 真ん中で体がくびれたゾウリムシがいました。2つに分裂しようとしているところです。温度や食べ物の条件がよければ、一日に3回ほど分裂します。ゾウリムシは分裂によって数をどんどん増やしていきます。しかし、やがて細胞は老化し、分裂できなくなってしまいます。, そんなときでも、ゾウリムシは命をつなぐ術をちゃんと身につけています。「接合」です。動物でいえばオスとメスにあたる2つのゾウリムシがくっつきあっています。このとき、お互いの遺伝子の交換が行われます。その結果、老化したゾウリムシは新しく生まれ変わり、子孫の多様性も保たれるのです。ゾウリムシ。たった1つの細胞でありながら、生命の神秘とたくましさを感じさせてくれる生きものです。. 無性生殖では、環境外圧により一度DNAに傷がつき突然変異がおこると、それがそのまま分裂します。その変異が環境に適応していれば問題ありませんが、適応していない場合、種全体が死滅する可能性が高くなります ■未熟期と老衰期 その環境の中で、新しい大核は、古いタンパク質とは多少違う新しいタンパク質を合成し細胞内を塗り替えていきます。新しいタンパク質を合成し一定の大きさになると分裂します。そして次の接合が可能となるまで約60回の分裂を繰り返します。これを性成熟するまでの分裂と呼んでいます。この性成熟するまでの分裂とは、細胞内を全て全く新しいタンパク質に塗り替える過程ではないかと考えられそうです