⇒おすすめのハイブリッド軽自動車を比較!価格と燃費は? スペーシアギアのグレードは、 hybrid xz と hybrid xzターボ の2種類です。 それぞれ 2wd と 4wd の駆動方式が用意されているので、合計で 4タイプ になります。. 12/20に発売されたばかりのスペーシアギア。 スペーシアをベースに、「鳥山明」を彷彿とさせるスタイリングをまとったSUV風軽ハイトワゴンです。 スペーシアギアの鳥山明感 pic.twitter.co ... あくまでもSUVライクという位置付けなので、ガンメタリック塗装の部分も通常の塗装と変わりありません。, インテリア:従来のベージュから、ブラックの撥水加工ファブリックのシートへと素材変更。, そんな気軽なアウトドアや荷物の多い人には、断然XZターボの4WDをおすすめします。, しかし、スーパーハイトワゴンの派生モデルゆえに、はっきり言って悪路走破性は悪いです。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); スペーシアギアとハスラーのエンジンは同じスズキですが、モデルの新しいスペーシアギアの方が、最新のマイルドハイブリッドエンジンになっています。, エンジンスペックを比較すると、最大トルクでハスラーの方が上回っています。が、モーターの出力ではスペーシアギアが最高出力、最大トルクともに上回っています。, 両車ともにマイルドハイブリッドのため、モーター出力がそれほど大きいわけではありませんが、エンジンの補助としてはスペーシアギアの方が上回ります。, ただ、車重はスペーシアギアの方が約100kg重くなっているので、加速性能ではハスラーが大きく上回ることになります。, 口コミ評価でも、バスラーは自然吸気(NA)エンジンで必要十分な加速があるようです。, 一方、スペーシアの自然吸気(NA)エンジンは、街乗り中心なら問題はないようですが、高速道路での合流や追い越し、坂道での加速などパワー不足を感じるシーンが多いとの口コミが見られます。, 通常の加速性能につながる最大トルクではスペーシアギアの方が大きくなっています。ただ、自然吸気(NA)エンジンと同じく車重の重いスペーシアギアの方が加速性能ではハスラーが上回ります。, ⇒軽自動車エンジン性能 試乗・クチコミ評価ランキング スズキのスペーシアは2017年12月に新型となりってから、スーパーハイトワゴンとして人気とはなっていますが、王者N-BOXがいまだに超えられない大きな壁となっています。, そこでスズキはスペーシアからSUVルックの「ギア」を2018年12月に発売しました。, 実にスズキらしいアイディアとセンスを感じる仕上がりです。遊び心満載のデザインで人気モデルになりそうな予感がします。, 遊び心満載と言えば、2014年に発売された同じスズキのハスラーもいまだに人気モデルになっています。. ⇒ハスラーとクロスビー比較!おすすめでお買い得はどちらか? (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); スペーシアギアとハスラーの乗り心地を試乗口コミをベースに比較します。スペーシアギアはスペーシアの口コミを紹介します。, 軽自動車の乗り心地評価が高いのはN-BOXです。そのN-BOXほど高い評価ではありませんが、スペーシアもの乗り心地も高い評価です。, N-BOXよりも引き締まっていて「スポーティ」「酔いにくい」などN-BOXよりも良いとの口コミも多く見られます。, ベースになっているのが、先代のワゴンRと、スペーシアよりも古い設計が影響しているかもしれません。2017年もモデルチェンジされた新型ワゴンRの乗り心地評価は高くなっているので、早く新型への切り替えを期待したいですね。, 軽SUVとしてアウトドアやレジャーなどで使うにはやはり「ハスラー」がおすすめになります。最低地上高が高いので、少々の悪路でも走れる安心感がハスラーの大きなメリットになります。, その点スペーシアギアは、スーパーハイトワゴンSUVという全くの新しいコンセプトで、新鮮味があります。, スペーシアはノーマルボディにはターボエンジンの設定が無いので、ターボエンジンが欲しい場合は「スペーシアカスタム」を選ぶしかありませんでした。, ただ、このスペーシアカスタムは少々イカツ過ぎてちょっとという声もあるので、スペーシアギアのターボという選択肢が増えたのはいいですね。, スペーシアギアは、軽SUVとして選ぶのも良いですが、スペーシア選びの選択肢が広がったと考えた方が良いモデルだと思います。, 軽自動車への乗り換えを考えている方へ!1円でも高く今のクルマを売る方法

先に登場したスズキのスペーシアギアと今回は比較してみたが‘スーパーハイト軽SUV’という路線は同じながら、クルマとして目指している方向は全く異なるものになっている . スペーシアギアのグレード. 「遊びゴコロにギアを入れろ」でおなじみのスズキ新型スペーシアギア。 丸型ヘッドランプや前後の大きなバンパーなど、SUVテイストあふれるポップなデザインが特徴的。 そんな大人気の新型スペーシアギアを少し ... 営業マンは、本来の下取り額よりも安く見積もって、値引きが大きくなったように見せかけるなどというテクニックも使ってきます。, 愛車を高く売って、グレードアップしてもいいし、好きなオプションをつけるのもよし。家族旅行の貯金に回してもいいですね!. ほほ2020年3月19日に三菱自動車から新型軽自動車「ekスペース」「ekクロススペース」が発売される, 特に今回注目なのは昨今、人気の高いSUV風なルックスを感じさせる「ekクロススペース」である, 「ダイナミックシールド」と呼ばれる「デリカD:5」などにも採用されている外観デザインは軽自動車を感じさせない堂々とした顔つきで各社軽スーパーハイトワゴンの中でもひときわ目立つルックスになっている, そんなSUVテイスト溢れる軽スーパーハイトワゴンといえば、スズキから販売されている「スペーシアギア」もある, この2車種、コンセプトは似ている所があるものの見た目からして大きく異なるものに仕上がっている, ekクロススペースは冒頭でも少し触れた通りダイナミックシールドを採用して力強さを感じさせるモデルになっている, 切れ長のヘッドライトや特徴的なグリルにより軽ハイトワゴンの中でも個性の際立つクルマになっている, リア周りも先代モデルのekスペースカスタムに比べスクエア感が増し、より大きな車に見える, ekクロススペースとは対照的に丸目のヘッドライトや随所に見られるガンメタ塗装などekクロススペースとは同じ軽スーパーハイトワゴンながらキャラクターが大きく異なる, ノーマルスペーシアがスーツケースをモチーフとしたコンセプトで開発されたクルマということだが、こちらのスペーシアギアは色々な道具をしまうツールボックスの様なイメージになっている, 軽自動車も昨今のものは質感も高く乗り込んでみると軽自動車ということを忘れてしまいそうになるくらい目を見張る進化が感じられる, 新型ekクロススペースのインテリアに関してもグレード別の設定にはなるが、上の画像の様なブラウンのシートが選べるのでよりラグジュアリーな空間で寛ぐことご出来る, そこで他社も打倒NBOXではないが内装の質感や使い勝手がここ最近において更に向上したように感じる, ツールボックスをイメージしたインパネアッパーボックスや随所に見られるオレンジ色のアクセントなどエクステリア同様にユニークなインテリアに仕立てられている, オレンジステッチが施されたシートは全席撥水加工仕様になっており、山や海へとアクティブに遊ぶユーザーにとってはベストなクルマになるだろう, もちろんスーパーハイト軽自動車の特徴として挙げられるスライドドアに広い室内空間はキャンプなどのレジャーシーンだけでなく、買い物や子供の自転車を積載したりなどという普段使いのシーンでも大活躍することは言うまでもない, ▲【マイパイロット】はekクロスにも採用されている運転支援システムで、フロントカメラとレーダーを用いて先行しているクルマを検知してアクセスペダルやステアリングの操作をサポートしてくれる, またekクロススペースには7つのエアバッグが標準装備されておりボディサイズの小さな軽自動車の中でも安全性能に妥協のないクルマになっている, 『スズキ セーフティ サポート』と呼ばれる予防安全技術がスペーシアギアに採用されている, 単眼カメラとレーザーレーダーにより前方のクルマや歩行者を検知して万一の危険を察知すると自動ブレーキなどをかけて衝突回避をサポートしてくれる, リアバンパーに4つの超音波センサーを内蔵し後方の障害物を検知し、センサーが障害物との接近距離が縮まると4段階のブザー音で知らせてくれる, 駐車場などでの踏み間違いにより店舗に突っ込んでしまうようなニュースをたまに聞くがこのスペーシアギアならその様なヒューマンエラーを未然に防いでくれる, 信号待ちからの発進や高速道路への合流など、常に余裕をもって加速する走りを実現したい。そのためトルクフルなエンジン、軽快な加速性能のCVT、加速時にモーターでエンジンをアシストするHYBRIDシステムから成る高性能なパワートレインを搭載しました。アイドリングストップ機能であるオートストップ&ゴー[AS&G]も備えています, 出典:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_x_space/, ekクロススペースには加速時にモーターでエンジンをアシストするハイブリッドシステムが搭載されている, WLTCモードにおける燃料消費率は20.8km/Lと、背の高いとスーパーハイト軽としてはとても優れた燃費性能を実現している, スペーシアギアにはスズキの次世代プラットフォーム『HEARTECT(ハーテクト)』が採用されている, またマイルドハイブリッドと呼ばれる スペーシアから追加されたスペーシアギアとハスラーを比較。人気の軽suvハスラーとスペーシアギアはどちらがおすすめか?価格や燃費、乗り心地などを比較します。 ⇒男性におすすめの軽自動車!人気なのはカスタムモデル、SUV、スポーツモデル, スーパーハイトワゴンのスペーシアギアとハイトワゴンのハスラーでは価格帯は違いますが、どのくらいの価格差があるのでしょうか。, 一方、ハスラーは110万円からのスタートとなりますがスペーシアギアと同じマイルドハイブリッド搭載モデルでは132万円からのスタートとなっていて、スペーシアギアとの価格差は29万円になります。, ただし、スペーシアギアと同じような装備内容だとハスラー「J」グレードとの比較が必要となり、価格差は13万円にまで縮まります。ターボの4WDなら価格差は11万円になります。, 10数万円程度の価格差で、スペーシアギアの広い室内空間や使い勝手の良い両側スライドドアが手に入るのなら、スペーシアギアはお買い得かもしれません。, ただし、140万円程度の装備が簡素な安いグレードが選べるハスラーの方が、選択肢の幅は大きくなっています。, 安くで軽SUVをガンガン使い倒したい人にはハスラーで、充実した装備の軽SUVを満喫したい人はスペーシアギアがおすすめになります。, ボディサイズも室内スペースも、スーパーハイトワゴンであるスペーシアギアが当然大きくなっています。, 全長と全幅は同じですが、違いは全高です。スペーシアギアの方が135mmも背が高くなっています。が、最低地上高はハスラーが30mmも高くなっています。, 最低地上高が高い分、ハスラーの方がちょっとしたオフロードや、轍の大きい雪道などでの走行は得意です。, 反対に、スペーシアギアは1800mmという背の高さを活かした室内空間が大きな魅力になっています。, スペーシアギアの室内スペースのすごさは1410mmもの室内高にあります。この室内の高さはN-BOXの1400mmを上回っています。.