「冬の旅」作品89(d911)は、シューベルトが亡くなる一年前の1827年に作曲した連作歌曲集。 『菩提樹(ぼだいじゅ)』が特に有名。 歌詞はドイツの詩人ヴィルヘルム・ミュラーの詩集に基づく。2部に分かれた24の歌曲からなる。 歌曲集「冬の旅」の第5曲。1823年に作曲された『美しき水車小屋の娘』と同じく、ドイツの詩人ヴィルヘルム・ミュラーの詩集によるもの。 歌曲集「冬の旅」 シューベルト晩年に完成された絶望と悲しみの歌曲集 糸を紡ぐグレートヒェン 目次フランツ・ペーター・シューベルト(Franz Peter Schubert/1797年~1828年)の「冬の旅(Winterreise)」は1827年に作曲されました。恋に破れた主人公の孤独な冬の一人旅が描かれており、数多く残したシューベルトの歌曲の中でも特に人気が高く、コンサートで取り上げられる機会も多くあります。ここでは、シューベルトの「冬の旅(Winterreise)」の解説と名盤を紹介したいと思います。ドイツ語の歌曲、いわゆるドイツリートはシューベルト以前から存在しましたが、シューベルトはその価値を高めプロの演奏家によって演奏される音楽へと発展させました。シューベルトは、そのドイツ歌曲における功績の大きさから「歌曲の王」とも呼ばれています。※この「冬の旅」はテノールのために書かれた作品です。シューベルトはゲーテやシラーと言った大詩人以外からも積極的に歌詞を取り入れました。そのため「シューベルトは歌詞には無頓着だった」とも言われています。そんな中、シューベルトがこの作品集の歌詞として選んだのがドイツの詩人ヴィルヘルム・ミューラーの詩でした。ミューラーはゲーテやシラーほど堅苦しくなく、親しみの持てる詩が特徴的です。「冬の旅」を作曲した年と同年の1827年3月26日に、シューベルトが尊敬したやまなかったベートーヴェンがこの世を去りました。ちょうどこの頃に「冬の旅」の前半の12曲を作曲していたと言われています。ちなみに詩人のミューラーもベートーヴェンと同年の1827年10月1日に亡くなっています。オペラ歌手としての印象が強いかもしれませんが、ドイツ人らしく美しいドイツリートを聴かせてくれます。1. シューベルト:ピアノ五重奏曲(ます) 89 冬の旅 作品89 Text von Wilhelm Müller Musik von Franz Schubert 曲 詞ㄷヴィルヘルムヷミュラヸ ㄷフランツヷシュヸベルト 註: 解説中で曲の調性について触れる場合、原調で表記している。 上沼恵美子 時のしおり 売上枚数,

東京都心 真夏日 最早, 89/Winterreise D 911 - シューベルト - 1822から1823年にかけての冬に成立したヴィルヘルム・ミュラー(1794~1827)の詩に基づく、24の … 「冬の旅」は24曲中16曲が短調で作曲されている。このことだけでも、音楽全体が暗く悲しい雰囲気を漂わせていることが想像できる。しかし、シューベルトはもっと細かく、旅人の心の変化を音楽で表現している。そのことの例のひとつを第5曲「ぼだい樹」の楽譜から読み解いてみた。注目したのは、ピアノの前奏に最初に登場するド#とシの二音。冒頭では長調の響きで登場するが、やがてドとシの半音の響きにかわり短調となる。絶望へと突き進むことを予感させる音になるのだ。この半音のドとシという“二つの音"は、やがて歌の旋律にも登場し、さらに印象深い音になっていく。 %�쏢 ドイツ語の歌曲、いわゆるドイツリートはシューベルト以前から存在しましたが、シューベルトはその価値を高めプロの演奏家によって演奏される音楽へと発展させました。それまでのドイツリートは音楽愛好家や一般の人たちによって歌われる歌謡曲のようなものでした。シューベルトは、そのドイツ歌曲における功績の大きさから「歌曲の王」とも呼ばれています。多くの歌曲を当時のバリトン歌手フォーグルのために書いたため、バリトンにピッタリの歌曲が多く残されています。※この「冬の旅 … 89 冬の旅 作品89 Text von Wilhelm Müller Musik von Franz Schubert 曲 詞ㄷヴィルヘルムヷミュラヸ ㄷフランツヷシュヸベルト 註: 解説中で曲の調性について触れる場合、原調で表記している。 Die Post(郵便馬車)クラシック音楽「名曲」の解説と名盤(Musica Classica) All Rights Reserved. 天使 の戦士 最終回,

ピアノ:エミール・ギレリス フランツ・ペーター・シューベルト(Franz Peter Schubert/1797年~1828年)の『ピアノ五重奏曲』は、1819年に作曲されました。(1823,1825の説もアリ), 第4楽章にシューベルトの傑作リート(ドイツ歌曲)『鱒(ます)』のメロディーが使われていることから、『鱒(ます)』の愛称でも親しまれています。, ここではシューベルト『ピアノ五重奏曲(ます)』の解説と名盤を紹介したいと思います。, 『ピアノ五重奏曲(ます)』を作曲したのは、シューベルトが22歳の頃(1819年)だと考えられています。, シューベルトは、2年間働いた1816年に教師の職を辞めます。

相棒 4 悪魔の囁き,

シュヸベルト作曲 ㄹ冬の旅ㄻ 歌詞対訳ㄤ楽曲解説 Winterreise Op. 桑田佳祐 SMILE 歌詞, 結婚祝い 手紙 先生, シューベルト「冬の旅」をどう解釈するか,自分から世界に発信できるものは何でも載せます日本を代表するオピニオンの発信は www.glocom.org 「冬の旅」作品89(D911)は、歌詞はドイツの詩人ヴィルヘルム・ミュラーの詩集に基づく。2部に分かれた24の歌曲からなる。失恋した若者が、絶望と悲しみの中で、街を捨ててさすらいの旅を続けていく様子が描写されている。シューベルトの健康は、1823年に体調を崩し入院して以来、下降に向かっていた。経済的にも困窮し、性格も暗くなり、次第に死について考えるようになっていった。とりわけ、1828年、シューベルトは突然腸チフスに冒され、2週間の闘病の後、11月19日に兄フェルディナントの家で死去した。まだ31歳9ヶ月の若さであった。おやすみ Gute Nacht郵便馬車 Die Post ~シューベルトの歌曲集「冬の旅」~  「冬の旅」が完成したのは、1827年。シューベルトが亡くなる前の年である。 5 0 obj   自伝中でも詳細に解説するほどこの作品に打込んだプライによる、この3度目にして最後の《冬の旅》はまさに入神の録音で、若者の魂の深奥、心の襞の隅々まで手に取るように聞こえてくるようです。ドイツ批評家賞を受賞した、プライ芸術の集大成です。 シュヸベルト作曲 ㄹ冬の旅ㄻ 歌詞対訳ㄤ楽曲解説 Winterreise Op. 24曲を通して、恋に破れ冬の荒野をさまよう若者の x��UK��@U�ğ��fE{ᢻ���{����wV1R�fXs�9Kn ������N��L'�U�z~��^�9Q�S&�W�|Q�����¨7�9.N��_M���U-���Sa �D蛤U.`�HzQ�IY.\>���o/�/� �eU����P�(-��I���[V\t��ޓP� ���0%��� �)�[r1 stream シューベルトは梅毒という当時は不治の病にかかっていた。晩年は病気の悪化によって、シューベルト自身も絶望にかられていたようだ。そんな状況の彼の心に、ミュラーの詩「冬の旅」は響いたようだ。精力的に作曲し、仕上がると友人たちを呼んで早速聴かせている。しかし、あまりの暗さに友人たちの反応は今ひとつだった。それでもシューベルトは「いつか君たちにもこの曲のすばらしさがわかってもらえるよ。」と語ったと言われている。死後200年以上たった現在でも、ドイツ歌曲の最高峰の一つとして世界中で歌い継がれていることを鑑みれば、シューベルトの言葉は真実だったといえるのではないだろうか。 作詞はドイツの詩人ミュラーで、全部で24曲からなる。第1曲は「おやすみ」。この曲は、恋人に別れも告げず、街を出ていく決意を歌っている。第5曲「ぼだい樹」は日本でもよく知られた名曲だ。牧歌的で美しいメロディ-のため、学校の唱歌としても長く愛されてきた。この曲も、途中から風に飛ばされそうになりながらも旅を続けるしかない自分のことを歌うなど、旅人の絶望感を表現している。その後も厳しい旅を続ける若者の姿を表現して最後24曲目の「辻(つじ)音楽師」へとたどりつく。貧しい放浪の音楽師に自らを重ね合わせて心を寄せる若者。絶望の旅の果てに、人間は何を思うのか?シューベルトの音楽はそんなことを問いかけているのかもしれない。 心の風景を描きます。 XϾ��eBҷ�Ė���Dc엞������T� "'�wKD`iZ���{��H6���6��!yZ���LeEd-��ւ���'Y�%����GQ����ã�K�F��w���1a���[�ӊw����U��6��r$�M�3�"ʙ @�� 5&��YYy���OC��q0�T.�[���B�rC�*�h���Z����8�fdϛ�U3A����E���{Y=��$�"˨%\*3�qT���3�#��{�UR�^$��t �iQ7ή${Dkv�N�����z�����7�W9���c%l4��3c�����C����dW3��Ix�������^7��I.Ox���o�1 冬の旅 ヴィルヘルム・ミュラー 訳詩:神崎昭伍 木川田誠の名演のパンフレットより ※テキストデータのためウムラウトなどは省略しています。 描こうとした世界とは何だったのかにせまります。 【歌曲「冬の旅」解説】シューベルト:「菩提樹」「春の夢」「郵便馬車」 シューベルト:菩提樹は、歌曲《冬の旅》という歌曲集の第5曲目にあたるわけなのですが、歌曲《冬の旅》そのものは、全24曲で成りたっています。 以下に、題名を記しておきます。 シューベルト晩年の傑作。 シューベルト歌曲集「冬の旅」作品89 D.911(全曲)歌詞の訳詞 Die Winterreise / Franz Schubert.

ちなみに「ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス」という通常と異なるピアノ五重奏の編成もパウムガルトナーの希望によるものです。, チェリストだったパウムガルトナーが活躍できるように、チェロにもしっかりと見せ場がやってくる作品となっています。, 晩年のギレリスと1950年~1970年代を代表する弦楽四重奏団、アマデウス四重奏団の共演です。 マイクアンプ 自作 ダイナミックマイク, ピアノの華やかさと弦の軽やかさが調和した『ピアノ五重奏曲(ます)』の代表的録音として広く知られています。, 【収録曲】