2016年にアメリカリウマチ学会・ヨーロッパリウマチ学会(ACR-EULAR)が発表した基準です。この基準はこれまでの基準と異なり、診断項目がスコア化されていて合計点が4点以上の時に分類するとされています。, シェーグレン症候群の診断のため、複数の基準が発表されてきましたが、どの基準を用いるのが有用なのでしょうか。日本のシェーグレン症候群と診断または疑われた人を対象に上記の4つの基準の感度・特異度(※)を調べた調査が2017年3月に発表されました。この研究によると4つの研究の感度・特異度は以下の通りでした。, 新しく発表されたACR-EULAR分類基準は4つの中で一番高い感度を示したものの、特異度は一番低い結果でした。一方、厚労省改訂診断基準は4つの中で一番高い特異度を示しました。どの基準も100%の診断精度ではないため、これらの基準を参考にシェーグレン症候群と診断するにふさわしいか検討していきます。, ※ある基準が診断にどれだけ有用であるかを検証するために感度と特異度という指標があります。感度・特異度いずれも高い方が有用性が高いことを示しています。感度は病気の人の何%が基準を満たすかを示しています。今回の場合はシェーグレン症候群の人の82.1%が厚労省改訂診断基準を満たすということになります。, 一方、特異度は病気でない人の何%が基準を満たさないかを示しています。言い換えると、特異度が高いということは他の病気では基準を満たしにくく、誤診が少ないということになります。今回の場合はシェーグレン症候群でない人は90.9%が厚労省改訂診断基準を満たさないということになります。, 涙や唾液の分泌量が減って、ドライアイやドライマウスの症状が出る病気。自己免疫性疾患の一種, ドライマウスは虫歯多発の原因に!女性に多いシェーグレン症候群による虫歯を防ぐには?, 同じ "バファリン"でも主成分が違う?「大人用」と「子供用」の違いに要注意〔アスピリンシリーズ①〕, 子どもの「風邪症状」にどう対応する?インフルエンザや新型コロナ感染症との違い&適切な予防法とは, 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の最新情報まとめ:患者数(感染者数)、死亡者数、気をつけるべき点など(2020年11月14日更新), 胃粘膜に傷が。「ストレスで胃が痛い」と感じたら知っておきたい病気、AGMLと胃潰瘍とは?, 本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。.

Arthritis Care Res (Hoboken).

当サイトは、漢方に関わる医療従事者の手により執筆・監修させていただいております。そして内科医師である管理人が監修しています。ただしあくまで内容は総論的なことであり、個々の患者さんに対しては、実際の医療行為にあたる医療従事者との対話が重要であり、その点では当サイトはその役割を担えません。あくまで参考にしていただくサイトであることをご承知下さい。理想とするところは、このような漢方薬があるのだということを知っていただき、治療の選択肢を知っていただき、処方してもらう場で対話していただくことです。よって、利用者が当サイトに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当サイトの管理者は一切の責任を負いません。 また、当サイトの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。. ACR2012年シェーグレン症候群分類基準にもあるように、診断に有用な検査です。抗SSA/Ro抗体 and/or 抗SSB/La抗体陽性は診断にとても有用です。 抗SS-A抗体は感度は70-80%前後で、全例で陽性なわけではありませんがシェーグレン症候群ではかなりの確率で出てくる抗体です。抗SS-B抗体は20-30%ほどで出てきますが、こちらの抗体はシェーグレン症候群以外で出てくる確率がとても低く、この抗体が出てきたら高確率でシェーグレン症候群と考えられます。 抗SS-A抗体は、診断に有用な抗体であるだけ … 2012 Apr;64(4):475-87. 口唇腺組織で4mm2あたり1focus(導管周囲に50個以上のリンパ球浸潤)以上. 2012 Apr;64(4):475-87. シェーグレン症候群は免疫の異常により涙や唾液を出す場所(涙腺・唾液腺)が攻撃される病気です。シェーグレン症候群の診断では血液検査、涙や唾液が出るかを確認する検査を行います。ここではシェーグレン症候群で行われる検査を説明していきます。, シェーグレン症候群は免疫の異常により自分の身体を攻撃してしまう病気です。そのため、全身に症状が出る可能性があり、全身の状態を把握するために血液検査を行います。中でもシェーグレン症候群の診断に有用な血液検査として抗体検査があります。抗体は本来、外敵を攻撃するための物質のですが、シェーグレン症候群では自分を攻撃する中で異常な抗体が産生されていきます。この異常な抗体は血液検査でも検出することができ、シェーグレン症候群の診断において重要です。, シェーグレン症候群の診断に有用な抗体検査としては抗SS-A抗体と抗SS-B抗体があります。シェーグレン症候群の人のうち抗SS-A抗体が陽性になるのは70%程度です。抗SS-B抗体が陽性になるのは30%程度です。なお抗SS-A抗体と抗SS-B抗体は両方陽性になることもあります。これらの検査はほとんどの病院で測定することができます。, シェーグレン症候群は涙や唾液が分泌される場所(涙腺や唾液腺)が攻撃・破壊され、ドライアイ・ドライマウスが現れます。そのため、ドライアイ・ドライマウスの有無や涙腺・唾液腺が攻撃されている程度を検査で確認します。, 涙の分泌を調べる検査です。検査用のろ紙(シルマー試験紙)を挟んだ状態で目を閉じます。シルマー試験紙には目盛りがふってあり、5分間で何mmの目盛りまで涙が浸み出るかを確認します。5分間で5mm以下であれば、シルマー試験陽性となり、涙の量が少ないと判断されます。, ドライアイになると角膜が乾燥して傷つきやすくなります。角膜の状態は検査用の点眼液を用いることで観察しやすくなります。用いられる検査液としては、ローズベンガル色素や蛍光色素があり、これらを用いて角膜の状態を調べる検査をローズベンガル試験、蛍光色素試験と呼ばれます。, 味がないガムを10分間噛み、分泌される唾液の量を測定します。10分間で唾液の量が10ml以下の場合にガムテストが陽性となり、唾液の量が少ないと判断されます。, 乾燥したガーゼを2分間噛み、分泌される唾液の量を測定します。2分間で2g以下の場合にサクソンテストが陽性になり、唾液の量が少ないと判断されます。, 唾液腺に取り込まれる放射性物質を注射をして、唾液腺の機能を見る検査です。放射性物質というと怖い響きがあるかもしれませんが、人体への影響が少ない量で検査を行います。検査後の生活の制限もありません。唾液腺の機能が落ちると、唾液腺への放射性物質の取り込みが遅れたり、取り込まれなくなります。, 身体の組織の一部を採取して、顕微鏡で確認する検査です。シェーグレン症候群では唇(くちびる)や涙腺を対象に行います。それぞれ口唇生検、涙腺生検と呼ばれます。シェーグレン症候群の方は取ってきた組織を顕微鏡で観察するとリンパ球と呼ばれる細胞が攻撃しているのが確認出来ます。生検は診断する力が高い検査です。口唇生検の具体的な流れを説明します。, 生検で採取した組織を専門の医師が顕微鏡で確認するので、検査結果が分かるまで7-14日程度かかることが多いです。生検は、外来で出来る検査なので入院は必要ありません。, 生検が原因で望ましくない事態が引き起こされる場合があります。引き起こされる問題を合併症(がっぺいしょう)と言います。合併症はどんなに生検が上手な人でもゼロにはできません。生検の流れに問題がなかったとしても合併症が現れることはあります。, 生検ではメスや針を用いて身体に切開を加えるため、出血のリスクを伴います。また、生検を終えるときには止血が十分に行われていることを確認しますが、少し時間が経ってから出血する(再出血)ことがあります。お医者さんが生検後に、数回傷口の様子を見に来るのは、再出血が起きていないかを調べるためです。, 生検ではメスや針を用いて身体に切開を加えるため、細菌が傷に入り込む身体の中に入るリスクを伴います。そういったリスクを減らすため、生検処置の前後では抗生物質の内服を行います。, 生検の前後ではいくつかの薬を使います。具体的には、痛みを和らげるために麻酔薬や感染予防の抗生物質などが挙げられます。そのため、薬に対するアレルギーは、生検処置に起こりうる合併症として挙げられます。薬に対するアレルギーというのは人により様々です。蕁麻疹(じんましん)が出るだけの軽度なものから、重症な場合にはアナフィラキシーショックといって、血圧が下がったり、呼吸ができなくなるといったものまで含まれます。使用したことがない薬剤に対するアレルギーの予測は困難ですが、これまで歯科の麻酔などでアレルギーが起こったことがある場合には、事前にアレルギーを経験したことがあることを伝えるようにして下さい。, 生検には合併症のリスクもあるため、検査を受けるにあたってはいくつかの注意点があります。ここでは注意点を述べていきます。, 生検は外来でできる程、簡単な処置ではあるのですが、いくつかの注意点があります。生検を受ける前にこのページに目を通して、注意事項の確認に役立てて下さい。, 唾液は唾液腺で生成された後、導管と呼ばれる管を通って口の中に分泌されます。シェーグレン症候群では唾液腺の破壊の結果、導管の変形が起こります。唾液腺造影検査は導管に造影剤を注射して、唾液腺の形を確認する検査になります。造影剤とはX線で確認できる液体のことをいいます。検査の流れは以下の通りになります。, この検査では造影剤を注射した後、レントゲン検査を用います。レントゲン検査というと放射線の被曝が心配になるかもしれませんが、人体に安全な放射線量で行います。また、造影剤は身体の中に入れる薬剤なので、まれにアレルギー反応を起こすことがあります。造影剤で過去にアレルギーの経験がある方は検査前に医師に申告するようにしてください。, 近年、診断を正確に行うためにさまざまな病気に対して診断基準が設けられるようになっています。シェーグレン症候群に関しても同様で、日本や海外から診断するための基準が作成されました。具体的には以下の4つがあります。, ここであまり馴染みのない診断基準と分類基準という言葉が出てくるのでもう少し詳しく説明します。2つの基準は役割が異なります。, 診断基準は病気の診断を正確に行うことを目的にしたもので、分類基準は臨床研究でシェーグレン症候群の診断を一貫させるために作成されたものになります。, 以下のいずれかを満たし、除外診断ができた場合に原発性シェーグレン症候群に分類する。, 過去の頭頸部放射線治療を受けている、C型肝炎ウイルス感染、後天性免疫不全症候群、先行するリンパ腫、サルコイドーシス、移植片対宿主病、抗コリン剤の使用, 過去の頭頸部放射線治療を受けている、C型肝炎ウイルス感染、後天性免疫不全症候群、サルコイドーシス、アミロイドーシス、移植片対宿主病、IgG4関連疾患. シェーグレン症候群とは、ドライアイ(目の乾燥)やドライマウス(口の乾燥)を主な症状とする指定難病のひとつです。シェーグレン症候群の根底には本来自分を守るために働く免疫の異常があり、ときには臓器や血液に症状が生じることもあります。 シェーグレン症候群は 免疫 の異常により涙や唾液を出す場所(涙腺・唾液腺)が攻撃される病気です。シェーグレン症候群の診断では血液検査、涙や唾液が出るかを確認する検査を行います。ここではシェーグレン症候群で行われる検査を説明していきます。

安心で美味しい豊かな食生活をお届けします。今までの食事が摂れなくなった方が安心して、美味しく召し上がれるように考慮しています。, シェーグレン症候群が疑われた場合、必要な検査を行い診断されます。受診から診断までの流れや症状をやわらげる治療、そして日常生活での心がけなど、患者さんにとって必要な情報を提供します。, まずは、自覚症状にあわせて医療機関(内科、眼科、歯科、耳鼻咽喉科など)を受診し、医師の問診によって症状を確認します。シェーグレン症候群の症状は非常にさまざまで、個人差があります。自覚症状を医師に伝えることはとても重要ですので、どのような症状で困っているのかを正確に伝えましょう。, 唾液や涙が出にくくなると、乾燥するだけではありません。日常生活にもさまざま障害が生じ、不快な毎日を送ることになる場合もあります。ご自分で口や目のかわき具合をチェックし、当てはまる症状を確認しましょう。(ドライマウス チェック・ドライアイ チェック), さまざまな症状があらわれるシェーグレン症候群には、医師による正しい診断が必要です。シェーグレン症候群が疑われた場合は、数種類の検査を組み合わせて診断されます。, 1999年に発表された厚生省改訂診断基準によると、次の4項目のうち、2項目以上を満たせばシェーグレン症候群と診断されます。, 唾液分泌量低下(ガム試験にて10分間に10mL 以下またはサクソンテストにて 2分間に 2g以下)があり、かつ唾液腺シンチグラフィーにて機能低下の所見, シルマーテストで 5分間に5mm以下で、かつローズベンガル試験(van Bijsterveld スコア)で3以上, 上の4項目のうち、いずれかの2項目以上に該当すればシェーグレン症候群と確定診断する。, ただし、この診断基準が全ての患者さんに当てはまるとは限らず、なかにはこの基準を満たさない患者さんもいます。その場合、主治医がよく検討した後に、シェーグレン症候群と診断されることもあります。, ・ガムテスト、サクソンテストガム(ガムテストの場合)やガーゼ(サクソンテストの場合)を噛んで、一定の時間に分泌される唾液の量を測ります。, ・唾液腺造影頬の内側の粘膜にある唾液の出口から造影剤を注入してX線撮影を行い、唾液腺の状態を調べます。, ・唾液腺シンチグラフィー放射性同位元素を注射した後、画像診断によって唾液腺の機能を調べます。, ・涙と眼表面の染色検査検査用の染色液を用いて、顕微鏡で目の表面の涙の状態を観察します。涙にドライスポットという乾いた部分が現れるまでの時間や、角膜や結膜の傷の有無を調べます。, ・涙の分泌量を測る検査シルマー試験紙やストリップメニスコメトリーなどを用いて、涙の量を計測します。, 血液を採取して、血液中にシェーグレン症候群に特有な抗体(抗Ro/SS-A抗体または抗La/SS-B抗体)が含まれているかを確認します。, シェーグレン症候群の原因はまだわかっておらず、根本的な治療法は今のところありませんが、日々進歩しています。また、症状をやわらげる方法はいくつもあり、お薬などを使うことで、より快適な生活を送ることができます。困っている症状は積極的に改善することが大切です。, お薬を飲むことで、唾液の分泌を促します。現在は、唾液腺を直接刺激することで唾液そのものを出しやすくするムスカリン受容体作動薬がおもに使われています。, 水分補給や、人工唾液スプレー、保湿成分が入った口腔ケアスプレー、ジェル、軟膏などで口の粘膜を乾燥から守ります。, 目の状態に合わせて、保湿のためのヒアルロン酸点眼薬や、ムチンを増やす点眼薬、傷を修復するための点眼薬などの治療を行います。涙の分泌が著しく低下している場合は、 ご自身の血液を採取して作成する血清による点眼治療を行う場合があります。, ふだんの何気ない行動を意識的に変えることで、不快な日常生活を改善することができます。毎日できる簡単なことからはじめてみましょう。, ・ゼリー、プリン、豆腐、茶碗蒸し、とろろ、あんかけなど、飲み込みやすい食品を取り入れる。, シェーグレン症候群は、全身の臓器病変の頻度は少ないですが、長期にわたり慢性的に経過する病気です。周囲になかなか理解してもらえず、不安や悩みを抱えてしまうこともあるかもしれませんが、一人で悩まないようにしましょう。シェーグレン症候群の患者会「シェーグレンの会」では、患者さんと医師が集い、さまざまな活動がされています。あまり知られていない病気ですが、詳しい病態および原因は専門家により日々研究され、治療法は確実に進歩しています。“シェーグレン症候群”という病気を正しく理解し、上手に付き合うことが大切です。生活を積極的に楽しむ工夫を考え、うるおいのある毎日を送りましょう。, 自覚症状にあわせて、かかりつけの内科、眼科、歯科、耳鼻咽喉科などを受診するか、病院検索サイトなどで、シェーグレン症候群(口・目のかわき)を診療している医療機関を探してみましょう。, シェーグレン症候群は、国が指定している難病(特定疾患)のひとつです。医療費の公費助成については難病の申請窓口である最寄りの保健所にご相談ください。, キッセイ薬品のウェブサイトをご覧いただきありがとうございます。これより先は外部サイトになります。(別ウィンドウが開きます), 2.口の検査(ガムテスト、サクソンテスト、唾液腺造影、唾液腺シンチグラフィー)で、唾液の分泌量低下が認められる。, 3.目の検査(シルマーテスト、ローズベンガル試験、蛍光色素試験)で、涙の分泌量低下が認められる。. 血を固まりにくくする薬を飲んでいる人は、出血のリスクが上がってしまうため、検査前に中止する必要があります。中止する期間は薬剤により異なり、5日から14日前程度になります。, 生検では麻酔や感染症予防のため、薬剤の内服が必要になります。過去に薬剤内服に伴い、アレルギーの経験がある方は医師に申告するようにしてください。, 口の中にある導管の出口があります。この出口に造影剤の注射を簡単にするため、チューブを挿入します。, 唾液分泌量低下(ガムテストにて10ml/10分以下、またはサクソンテストにて2g/2分以下)があり、かつ唾液腺, シルマー試験で5mm/5分以下で、かつローズベンガル試験でvan Bijsterveldスコア3以上, ローズベンガル試験または他の眼乾燥試験でvan Bijsterveldスコア4以上, 眼球染色スコア5以上またはvan Bijsterveldスコア4以上(少なくとも片方の眼)1点. 出典:Arthritis Care Res (Hoboken). 4.血液検査で、シェーグレン症候群に特有な抗体が認められる。 シェーグレン症候群の診断基準 (1999年・厚生省改訂診断基準) 生検病理組織検査で次のいずれかの陽性所見を認めること. Copyright (C) 2020 漢方薬ナビゲーション All Rights Reserved. ・シェーグレン症候群を疑う時にする血液検査 ・シェーグレン症候群の方の外来でフォローする血液検査, シェーグレン症候群には、分類基準が複数あります。分類基準とは診断基準とは少し異なり、診断を確定させるために必須なものではありませんが、シェーグレン症候群で出てきやすく診断に有用な検査が多いため、それらの分類基準に該当する項目を調べます。, ACR2012年シェーグレン症候群分類基準にもあるように、診断に有用な検査です。抗SSA/Ro抗体 and/or 抗SSB/La抗体陽性は診断にとても有用です。, 抗SS-A抗体は感度は70-80%前後で、全例で陽性なわけではありませんがシェーグレン症候群ではかなりの確率で出てくる抗体です。抗SS-B抗体は20-30%ほどで出てきますが、こちらの抗体はシェーグレン症候群以外で出てくる確率がとても低く、この抗体が出てきたら高確率でシェーグレン症候群と考えられます。, 抗SS-A抗体は、診断に有用な抗体であるだけではなく、これから妊娠を迎える方にとっては大事な抗体です。具体的には新生児ループスと呼ばれる皮膚の病気や、胎児の不整脈に関わってくるため、16週~18週の前後で産婦人科への受診が推奨されています。, 抗核抗体は、診断にとても有用なわけではありません。しかし、2012年のシェーグレン症候群分類基準には、抗SSA/Ro抗体 and/or 抗SSB/La抗体 or (リウマチ因子陽性兼抗核抗体320倍以上)とあるように、抗SS-A抗体陰性、抗SS-B抗体陰性のシェーグレン症候群の診断に使用されることがある大事な検査です。85%は抗核抗体陽性と言われています。, 正常な方でも、抗核抗体80倍くらいまでなら20%で出てしまう、という報告もあるため、陽性であたいがそれほど高くない場合、主治医の先生が問題ないと言う場合には、気にしすぎる必要はないと思います。, リウマチ因子も、同様に2012年のシェーグレン症候群分類基準には、抗SSA/Ro抗体 and/or 抗SSB/La抗体 or (リウマチ因子陽性兼抗核抗体320倍以上)とあるように、診断に有用な場合があります。, また、RFの表にあるように、シェーグレン症候群でリウマチ因子陽性という場合には悪性リンパ腫というシェーグレン症候群でも最も注意する合併症の率が少し上がるとされるため、測定します。, シェーグレン症候群で抗SS-A抗体陰性の場合、抗セントロメア抗体が陽性の場合があります。一般的には、抗セントロメア抗体は強皮症の時に出てくる抗体として有名なのですが、実はシェーグレン症候群の一部でも陽性になります。, http://ard.bmj.com/content/65/8/1028.full, IgG高値、C3(補体)低値、白血球減少などが症状のないシェーグレン症候群でも認められることが多いため、参考として測定します。IgG高値とC3(補体)低値は後述するフォローアップの検査でも使用することがあります。, (※これらは一般的に検査されているかは別です。保険収載でないものも含まれています。), シェーグレン症候群では、間質性腎炎といわれる腎障害がでることがありますが、一般的な検尿検査では認められにくいためクレアチニン値を時々フォローし、悪化していないかを確認します。まれに糸球体腎炎を合併するケースもあるため、尿定性も行います。, 低カリウム血症となる尿細管障害とよばれる病態となることもあるため、カリウム値を診ます。カリウムが低い場合は、血液ガス検査や尿検査を行います。, 5~10%の患者でC3/C4の低下があるとされ、C3とC4が低いことは低補体血症と呼ばれる状態で、リンパ腫発症のリスクや腺外病変が出やすくなるとされています。, 血液中のIgGを測定し、一度は電気泳動検査を行うことがあります。IgG高値もリンパ腫発症のリスクが高いとされ、注意しながら診ていく対象となります。, 必ずしも測定しないかもしれませんが、論文などではこちらも病勢と関わり、悪性リンパ腫の発症リスクともなるため測定する場合もあります。, 下記メニューよりご希望の項目をお選びください。項目別で漢方の詳しい情報をご覧いただけます。, この記事を友人・知人にお知らせできるようソーシャルボタンをご用意しています。お気軽にご利用ください。, 似たような症状や助けられた漢方薬の体験談があれば、是非体験をシェアしてあげていただければ幸いです。.