第4位は「クニエ」。 nttグループのコンサルティング会社。日本の基盤を支えるnttグループの持つ「国に貢献する」という気概を受け継ぎ、専門性の高い業務コンサルティングで、日本や日本企業の発展を … (運営:コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社), ■本件に関するお問い合わせ 有価証券報告書やディスクロージャー等で決算データを公開している企業がランキングの対象です。非上場で決算データが非公開の企業などはランキングに含まれません。. データ掲載には細心の注意を払って掲載しておりますが、誤りや認識違いがございましたら、ご指摘いただけますと幸いでございます。, 会計期間:2017/04~2018/05 https://www.accenture.com/_acnmedia/PDF-89/Accenture-Fiscal-2018-Annual-Report.pdf, 会計期間:2018/04~2019/03 世界4大監査法人グループとしての「big4」 「なぜ会計事務所グループのファームがコンサル業界でbig4と呼ばれるのか?」 そう不思議に思う方も多いでしょうし、コンサル就活を進めている人も実はよく分かっていなかったりします。 順不同 ※2事業セグメント別データ無しのためブランク

Big4+α コンサルティングファームの社員数を纏めてみた(ジャパン)[2018... 「コンサルのあんなこと、こんなこと」は、コンサル業界の活性化を目指したwebメディアです。ITコンサル、業務コンサル、戦略コンサル、経営コンサル、人事コンサル といったジャンルをスコープとし、コンサル業界のこと、コンサルファームのこと、現役コンサルタントだからこそ言えることなどの情報発信を行っていきます。, 大手企業を主とし、ITコンサルティングや業務改善を通じ、お客様(得意先、社員、協業会社、業界人など)の幸せにこだわるコンサルティングファームが運営しています。, 〒104-0061東京都中央区銀座7-16-15 清月堂本店ビルTel:03-5843-9070 Fax:03-6779-5382, ©Codawari Business Consulting Inc. - All Rights Reserved, https://www2.deloitte.com/content/dam/Deloitte/dk/Documents/about-deloitte/Downloads/impact-report-deloitte-dk-17-18.pdf, https://assets.ey.com/content/dam/ey-sites/ey-com/en_gl/topics/global-review/2018/ey_global_review_2018_v11_hr.pdf, https://www.pwc.com/gx/en/about/global-annual-review-2018/revenues.html, https://home.kpmg/sg/en/home/media/press-releases/2018/12/kpmg-global-revenues-grow-to-record.html, https://www.accenture.com/_acnmedia/PDF-89/Accenture-Fiscal-2018-Annual-Report.pdf, https://www.tcs.com/content/dam/tcs/investor-relations/financial-statements/2017-18/ar/annual-report-2017-2018.pdf, https://www.ibm.com/investor/att/pdf/IBM-4Q18-Earnings-Press-Release.pdf, https://investors.capgemini.com/en/file/11498, https://assets1.dxc.technology/investor_relations/downloads/MD_7743a-19_Annual_Report_2018_10-K_v34.pdf, Big4+α コンサルティングファームの売上高を纏めてみた(グローバル)[2018年度] |プロジェクト(案件)増・転職増を背景に. 典拠:Financial results-FY 2018 results 典拠:IBM REPORTS 2018 IBM REPORTS 2018FOURTH-QUARTER QUARTER QUARTERAND FULL AND FULL AND FULL-YEARRESULTS RESULTS RESULTS ・Big4(Deloitte、KPMG、PwC、EY) → 監査、法務、税務、FAS(Financial Advisory Service) 等 今回は big4+アクセンチュアの特徴や違い について紹介したいと思います。. https://www.tcs.com/content/dam/tcs/investor-relations/financial-statements/2017-18/ar/annual-report-2017-2018.pdf, 会計期間:2018/01~2018/12 ・Accenture → システム開発(売上の5割以上がコンサル事業)

EYはPwCと同様にメンバーファーム制を採用しており、世界中にあるEYのメンバーファームの中でも日本におけるメンバーファームのことを、EY Japanと呼んでいます。, 2017年には大きな組織再編が行われ、日本におけるEYメンバーファーム間の調整機能を担う「EYジャパン合同会社」が設立されました。さらには、「新日本有限責任監査法人」のアドバイザリー事業と「EYアドバイザリー株式会社」、そして「EYフィナンシャル・サービス・アドバイザリー株式会社」が、それぞれ提供してきたサービスを集約して、「EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社」が立ち上がりました。コンサルタントを目指す皆さんであれば、「EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社」の選考を受け、入社後は、これまで「EYアドバイザリー株式会社」が担当していた分野でコンサルタントになると考えられます。, このように、EYは主に4つのラインで構成されており、監査、税務、トランザクション、そしてアドバイザリーのサービスをそれぞれのファーム毎に提供していました。, つまり、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングは日本におけるEYのメンバーファームであり、提供するサービスは統合されたアドバイザリー業務となっています。 デロイトトーマツコンサルティングの選考対策情報はこちら, PwCコンサルティング合同会社(PwC)は、会計事務所系のコンサルティング会社が統合してできたコンサルティング会社です。PwCは大きく分けると2つの部門から成り立っており、1つがM&Aや事業再生・再編の専門家であるディールズ部門であり、もう1つは経営戦略の策定から実行まで総合的に取り組むコンサルティング部門です。PwCはメンバーファーム制を採用しており、世界各国にPwCのメンバーである会計事務所などが多く存在しているため、財務会計領域では国内でもトップクラスの会社だといえます。 USドル換算すると、14.5(10億USドル) 業界全体として市場規模は右肩上がりとなっております。同時に労働者不足も顕著であり、2,000年代初頭までのようなコンサルの高いブランドイメージ及びまず入社出来ない業界といった状況は戦略ファームを除き、薄れつつあります。就職活動においても以前は難関校の学生のみがそもそもコンサルファームというのを知っていて、応募するという状況でしたが、一般への周知が広まったことから、コンサルファームに行きたい学生も増加し、行きたい企業のトップ10にコンサルファームがランクインするようになってきました。, 一般事業会社においてよりITは切り離せないものになっていると同時に、SIerがクラウド化やパッケージシステムへの開発に注力している状況から、より経営と業務とシステムの橋渡し的な存在が必要になってきており、ITコンサルの需要は高まる一方です。総合コンサルは特に、ITコンサル領域から参画し、システムの導入まで手掛けるようになってきており、金額的にも工数的にも大きな受注案件が増えております。 コンサル内定者によるコンサル徹底解説(仕事内容・種類・年収etc) BIG4各社の選考フローはこれだ! 各社の選考フローを紹介するよ。 ただあくまで過去のものなので多少の違いはあるかもしれない。 1.デロイト. https://home.kpmg/sg/en/home/media/press-releases/2018/12/kpmg-global-revenues-grow-to-record.html, 会計期間:2017/07~2018/08 典拠:Annual Report 17/18 これが基本です。, フランスは世界第一位の観光立国であるため、フランス国外から来てくれる観光客からどうにか税金が取れないのかと思いついたのが消費税なのです(^ ^), しかし日本の今は、街中に「Duty Free」、「Tax Free」の看板が溢れかえっています・・・。, 輸出免税とは感覚的には分かりにくいですが、消費税法ではこうなると割り切りましょう(笑), 例えば、海外のお客さん(外国法人や非居住者)が日本へ来て、日本の事務所でコンサルした場合はどうなるのでしょうか?, この場合は、日本で消費(サービス)していますので、日本の消費税を請求することになります。, 最初の契約で、skypeコンサル(オンラインで)と記載していれば、全ての取引が輸出免税でも良さそうですが・・・。, 次に、日本の会社(人)が海外へ行き、海外のお客さんの事務所でコンサルをした場合はどうなるでしょうか?, この場合は、海外でサービスを提供していますので、日本の消費税は全く関係せず「国外取引」となります。 今日は、2020年におけるコンサルファームの分類とそれぞれの特徴を比較します。 これから就職する新卒の人、転職を考えている中途の人に、自分の志向性がどの種類のコンサルティングファームに合っているかを知ってもらえたらと思います。 戦略系コンサル まず、戦略コンサルからです。 詳細はこちらより問合せ下さい。 デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)は、デロイトの一員として日本のコンサルティングサービスを担い、提言と戦略立案から実行まで一貫して支援するファームです。 サービス.

1.事例で確認する 分かりやすいように事例で確認してみましょう。 <事例> ・日本にある会社(住んでいる個人)が、 ・海外に住んでいる個人(日本人でなくてもok)や会社に、 ・現地に行かず、オンラインでコンサルする場合 ・この売上は、日本の消費税を請求するのか?

大谷内 個人情報保護方針 戦略系、シンクタンク系、組織系、ブランド系、it系などが主な日系コンサルです。それぞれの分野の主要なファームを紹介します日系コンサルは、いわゆる戦略系と呼ばれるファームは少なく、それ以外に分類されるファームが多いです。以下、主な日系コンサル 厚生労働省が「ブラック企業リ... コンサルティングファームとは|コンサルティングファームリスト(大手・外資・戦略・総合・ITなど) ... 2017年にスタートしました「コンサルのあんなこと、こんなこと」にとって、2018年は初のフルイヤー... 案件紹介から参画まではもちろん、参画後のサポートもしっかり! 30代を中心にフリーコンサル活躍中, 三菱総合研究所【東証1部3636】増収増益・最高益となる2020年9月期決算を発表.   https://assets.ey.com/content/dam/ey-sites/ey-com/en_gl/topics/global-review/2018/ey_global_review_2018_v11_hr.pdf, 会計期間:2017/05~2018/06 [注] 典拠:KPMG global revenues grow to record 【主要総合系コンサルファーム売上高(コンサル事業)】 順不同 ※2事業セグメント別データ無しのためブランク ※3 Consulting Services とOther Managed Services(Business Services)の合計値 ※4 元データがユーロ表記のためユーロで記載 USドル換算すると、3.0(10億USドル) https://www2.deloitte.com/content/dam/Deloitte/dk/Documents/about-deloitte/Downloads/impact-report-deloitte-dk-17-18.pdf, 会計期間:2017/05~2018/06 https://www.codawari.co.jp/. 今後もIT技術の活用は避けては通れない経営課題の一つであり続けると予測されるため、コンサルティングファームの増収は引き続き見込まれるのではないでしょうか。   コーポレートディレクション(CDI)、ドリームインキュベータ(DI)、船井総合研究所、経営共創基盤(IGPI)、山田ビジネスコンサルティング株式会社 ハッキリ言ってしまうと、大企業をクライアントとする戦略系コンサルティングファームはCDIとDIの2つのみです。なぜその他に存在しないのかというと、外資系コンサルティングファームが既に日本に十分進出しているからです。企業側としてはわざわざ日系ファームを使わずとも、よりグローバルな視点や実績を持つ外資系ファームに依頼をした方がク … 当マップ記載のロゴにつきましては、事前に各社様に事前許諾を得ていないものがございます。もし当マップへの掲載に問題がある場合は、大変お手数ですが(https://www.codawari.co.jp/contact/)よりご連絡ください。速やかに修正させていただきます。, ■カオスマップ詳細 EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングの選考対策情報はこちら, ここまで説明してきたBIG4ですが、今後も成長していくことが予想される魅力的なファームです。採用人数が多いため、意外と内定をもらえるチャンスが大きいのも特徴です。詳しくは『Q. 新着情報. なお、総合系ファームの事業領域はコンサル事業以外にも拡がっており、その事業内容は主として以下の通りです。 専門的には「0%課税」なんても言いますよね。, 日本で消費するものに税金をかける税金が消費税です。 典拠:Annual Report 2018

コンサルティング業界の売上高ランキング一覧を掲載。売上高の高い企業をランキング形式でまとめました。売上高はじめ、ランキングにおけるシェアもグラフで表示してあります。2018年-2019年の最新版をご覧ください。 国内・グローバルにおける主要総合計コンサルファームの社員数をご紹介してきました(最新版はこちらから(https://www.consul.global/post1893/))。社員数ではいずれも拡大傾向にあったコンサル業界ですが、売上の推移はどうでしょうか。今回は、世界の主要な総合系ファームの売上高をグローバルで取り纏めてみました。, 今回は、各ファームのコーポレートサイトでの公開情報を基に、1年分のデータがある最新の会計年度で売上高データを纏めています。 清水 典拠:2018 Annual Report ※3 Consulting Services とOther Managed Services(Business Services)の合計値 コンサルティングファームとは|コンサルティングファームリスト(大手・外資・戦略・総合・ITなど) 現在、多くのコンサルティングファームがありますが、それぞれ得意とする領域(戦略、ITなど)があり、それによって戦略系コンサルティングファーム、IT系コンサルティ... ©Codawari Business Consulting Inc. - All Rights Reserved, 考察2:IT化におけるITコンサル領域の拡大や、事業承継問題を主とした中小M&A/FAS領域の拡大. コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社までご連絡下さい。 ※4 元データがユーロ表記のためユーロで記載 「ユーザサイド、... 最近、コンサルティング会社で、株式会社ではない法人格を聞く機会があると思います。 の5社を有価証券報告書に記載されている事柄から比較することで、漠然としたイメージではなく、その企業ひいてはその業界の「事実」の確認が出来ればと思っています。, 事業規模ではいずれの項目も野村総研が飛びぬけて大きいことがわかります。その差は2位の三菱総研と比較すると一目瞭然です。, 売上ではドリームインキュベータ・船井総研・シグマクシスが競っている感じですが、純利益となると船井総研は2位の三菱総研に肉薄しています。, どの会社も財務はものすごく健全なようですが、中でも船井総研は特にお金を持っており、財務の健全性において他社に一歩リードしているようです。, ここは事業規模のランキングとほとんど変わりありませんが、ドリームインキュベータが少し盛り返しており、割と自由に使えるお金を有しているようです。, 事業維持のための設備投資にほとんどお金をかけずに済んでいる船井総研の異常とも言える低コスト性が際立っています。, 在庫回転率とは「商品の仕入れから販売に至るまでの速さを示す指標」で、1年間に商品が何回転したかを表しています。, ドリームインキュベータの在庫の回転率が群を抜いて高く、野村総研がそれに続き他はなんとも言えない感じです。, 販管費とは正式には「販売費及び一般管理費」と言い、ざっくり言うと人件費・広告宣伝費・運送費などの商品を販売するのにかかった費用のことです。, ただこの企業で働く立場の方は人件費に割く金額の割合が低いという観点でもしかしたら給料という面で大変かもしれません。, それに比べるとドリームインキュベータは販管費にかなりお金をかけていることがわかります。, この企業に投資する立場ならばコストは削れるだけ削ってほしいので有難くない状態ですが、働く立場の方はもしかしたらかなりイイお給料をもらっている可能性があります。, そして三菱総研と野村総研も研究開発費にお金を使ってはいるもののその金額はとても少なく済んでいるようです。, 事業規模では比べるべくもなかった野村総研とドリームインキュベータですが、従業員1人あたりになるとかなり競っています。, つまり野村総研はチーム力・個人技ともに高水準にあり、対するドリームインキュベータはチーム力こそあまりないけれども個人技はかなり強いようです。, 純利益は投資先の会社からの配当の受け取り、こちらからの配当支払い、実際にはキャッシュインやキャッシュアウトをしていないが帳簿上は計上しなければならない特別利益や特別損失など「本業以外での利益や損失」を合算したものになります。, 要は純利益がマイナスでも営業利益がプラスなのであれば「本業では利益を出せている」ということです。, ここでドリームインキュベータがついにトップに立ちます。やはり個人技は5社の中で特に強いようです。, 逆にペット保険は近年ではうまく行っているようですが、平均で見ると全体の足を引っ張っています。, この会社は経営コンサルとシステムコンサルをバランス良く組み合わせて事業を行っているようです。, ロジスティクスは利益を出していますが、あってもなくても全体としてはほとんど関係がなさそうです。, これまで見てきた 社の順位を「利益性」「コスト」「安全性」「チーム力」「個人技」の括りで下記します。, (総合点と平均が低ければ低いほど各項目について「優れている」ということになります。), そして事業規模だけ見ると2位だった三菱総研はここでは順位を大きく落としており、逆に船井総研とドリームインキュベータが上位につけています。, 事業規模こそ野村総研が圧倒的でしたが、コスト面や利益効率の面で少しずつ順位を下げていったように思います。, 少数精鋭で個々人のレベルが高い環境で揉まれたいという人には向いているかもしれません。, 経営コンサルの延長線上で、ベンチャー企業投資にも関わってみたい人には向いているかもしれません。, 経営コンサルではなく、システムコンサルの仕事に携わりたいと考えている人には向いているかもしれません。, 「個人技で勝負して勝つ」よりも「チームとして勝負して勝ちたい」と考えの人には向いているかもしれません。, 財務的に安定した会社であると同時にチーム力、個人技もそれなりにあるのでそういった環境で働きたいと考えている人には向いているかもしれません。, システムコンサルなどの仕事ではなく、純粋に経営コンサルの仕事に携わりたいと考えている人には向いているかもしれません。, これまでまとめてきた事項は数字を元にした会社の実態ではありますが、より正確に実態を掴むためにも説明会で質問してみたり実際に社員の人にあったりして、調べた情報とズレていないかどうかを確認してみた上で、ESや面接で使用することをおすすめします。, 「男性の就活の証明写真の撮影時に着るべきスーツはどれ?OK・NGスーツをそれぞれ紹介します!」を新規公開しました, 男性の就活の証明写真の撮影時に着るべきスーツはどれ?OK・NGスーツをそれぞれ紹介します!, ・事業規模はズバ抜けて大きく、チーム力と個人技も高水準でこれらの項目では優等生だが、かなりの高コスト体質, ・事業規模は国内2位でチーム力も高いが、それ以外の利益効率や個人技で他社に劣後する, ・コストの少なさや財務の健全性は5社の中でもかなり良く、そういう意味で安定した会社とは言えるが、利益面においては他社にほぼ全く太刀打ち出来ていない. コンサルティングカンパニー そうなると消費税が深く関わってきますので、注意しておきましょう! なぜこのテーマで書くかと言えば、私が転職活動をしていた際に「big4の違いって何なの?

問い合わせ先:03-5843-9070 / https://www.codawari.co.jp/contact/, 執筆:コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社

USドル換算すると、3.0(10億USドル) 4 位. Big4+α コンサルティングファームの社員数を纏めてみた(ジャパン)[2018... 「コンサルのあんなこと、こんなこと」は、コンサル業界の活性化を目指したwebメディアです。ITコンサル、業務コンサル、戦略コンサル、経営コンサル、人事コンサル といったジャンルをスコープとし、コンサル業界のこと、コンサルファームのこと、現役コンサルタントだからこそ言えることなどの情報発信を行っていきます。, 大手企業を主とし、ITコンサルティングや業務改善を通じ、お客様(得意先、社員、協業会社、業界人など)の幸せにこだわるコンサルティングファームが運営しています。, 〒104-0061東京都中央区銀座7-16-15 清月堂本店ビルTel:03-5843-9070 Fax:03-6779-5382.

株式会社日本M&Aセンター 売上高 190億6983万7000円 当期純利益 61億7407万5000円 平均年収 1418万8000円(※2017年3月決算) 社員数 283人 平均勤続年数 3.9年. 昨今、ブラック企業という言葉が一般的に使われるようになってきました。 https://www.codawari.co.jp/, コンサル業界 業界動向 総合(=その他) 組織人事 IT 業務 戦略 Big4 コンサルティングファーム. そのため海外に住んでいる外国人や外国の会社、日本人でも非居住者であれば、日本の消費税を負担する必要はありません。

代表取締役社長 最近は、たくさんの日本人が海外に住んでいて、その方々のコンサルをする機会も増えてきました。そこで、海外の方へコンサルした場合の消費税の課税関係(売上)をまとめておきたいと思います(^ ^), まあそれと一緒と考えて、「日本から海外へサービスを送る」と考えたら分かりやすいのではないでしょうか。, よって、輸出免税ということは、「消費税はかからない」ということになります。 また、中小企業におけるM&Aも活発化してきております。これは、後継者がいないことによる第三者への企業譲渡を考える企業が増えているのが背景です。また、後継者候補はいるもののその後継者育成といった観点での相談も増えているようです。, 2,000年代初頭に(中小向けコンサルを除き)外資しかなかったコンサルファームですが、現在では東証一部上場企業である株式会社シグマクシスや株式会社ベイカレント・コンサルティング等があります。未上場企業でも、総合コンサル領域としてアビームコンサルティング株式会社や株式会社日立コンサルティング、戦略コンサル領域としては株式会社ドリームインキュベータ、ビジネス領域では独立系のコンサルファームを主体とし中堅コンサルファームが群雄割拠している状況です。, ※掲載したロゴ・サービス名称について https://www.ibm.com/investor/att/pdf/IBM-4Q18-Earnings-Press-Release.pdf, 会計期間:2018/01~2018/12

https://www.pwc.com/gx/en/about/global-annual-review-2018/revenues.html, 会計期間:2017/08~2018/09

そう不思議に思う方も多いでしょうし、コンサル就活を進めている人も実はよく分かっていなかったりします。, そもそもコンサルティングファームとしてのPwC・EY・KPMG・デロイトは各監査法人のグループファームとして存在します。その大元である監査法人が世界4大監査法人であり、そのグループ会社も含めてBIG4と呼ばれています。そのため、コンサル業界においても4つのファームを総称してBIG4と呼びます。, そもそも会計事務所はクライアントである企業の財務状況を調査し、その会社の経営が健全であることの証拠文書を作成するのが主な業務です。これがいわゆる「監査」という業務であり、企業の経営状態が良いか悪いかを判断しているのです。, 他にも「税務」の仕事をしたり、「法務」の仕事まで手がけたりするファームもありましたが、基本的には企業の経営状態をチェックする監査業務を中心に行っていました。, つまり、会計事務所は企業の経営状態を見極めるプロであり、その仕事を通じて財務や金融に関する知見を集めていきました。その知見を基にして、企業の経営「方針」にまでアドバイスを行うコンサルティング業務を行うようになっていったのです。, PwCもEYも、複数の会計事務所が合併してできた巨大な会計事務所であり、事務所として有していたデータは膨大な量にのぼります。全世界に会計事務所を置いているため、世界中にネットワークを有しているというのが1つの強みになっています。, その理由としては、「企業の経営状態を厳しくチェックして不正を摘発することを仕事とする会計事務所が、企業の経営コンサルティングを行うというのは癒着を生むのでは?ちゃんと公正な監査ができるのか?」といった批判があったことが挙げられます。そういった批判に加えて、2002年には「SOX法」という法律がアメリカで成立。このSOX法により、会計事務所が監査先の会社にコンサルティングサービスを提供することは禁止されてしまいました。, もはやコンサルティングサービスを行うことが難しくなったBIG4たちは、社内のコンサルティング部門を他の会社に売却したり、廃止したりしました。, 現在、彼らが採っている戦略は「中小の戦略コンサルティングファームの買収」です。これにより、自社の傘下にコンサルティングファームを設けることを実現し、BIG4はコンサルティング業界で勢力を拡大しつつあるのです。もちろん、依然として法規制による制約はありますが、BIG4は世界中に存在するグローバルネットワークや大量の社員数(マンパワー)を武器にして今後もその存在感を増していくでしょう。, デロイトトーマツコンサルティングは、会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツのメンバー企業であり、戦略から実行までを幅広く扱う日本のコンサルティング会社です。1993年頃からサービスを開始しており、世界的に大きな会計事務所であるデロイトの傘下にあります。少数精鋭であることが多い他のコンサルティングとは異なり、2000人近い従業員を有しており、マンパワーの大きな会社だといえます。 ・IBM、Capgemini → ITサービス、システム開発等 https://assets1.dxc.technology/investor_relations/downloads/MD_7743a-19_Annual_Report_2018_10-K_v34.pdf, 執筆:コダワリ・ビジネス・コンサルティング株式会社 (2019年5月23日時点の為替レート(1ユーロ=1.11USドル)で算出), Big4+アクセンチュアの全社売上高で見ると、デロイト、PwC、アクセンチュアがトップ争いをしているのに対して、コンサル事業単体の売上高で見ると、アクセンチュアが頭一つ抜き出ていることが分かります。全売上高に占めるコンサル事業売上高の割合も約53%と高いものとなっております。, 今回取り纏めた企業は軒並み、全社売上高で前年からプラス成長を達成しており、好調具合が見て取れます。また、Tata Consultancy Services 、DXCを除く全ての企業において、コンサル事業の売上高成長率が全社売上高成長率を上回る結果となっています。コンサル事業の成長をけん引している大きな要因の一つとして、急速な技術革新や人手不足を背景としたデジタル領域のコンサル需要の増加が挙げられるのではないでしょうか。