... コッペリア / COPPELIA. バレエ『コッペリア』公演背景 全3幕。1870年のパリ・オペラ座バレエ団で初めて舞台に登場したバレエ作品です。 ヒロインであるスワニルダの明るく可憐なヴァリエーションはローザンヌ国際バレエコンクールをはじめとした 『コッペリア』は、『くるみ割り人形』の原作者としても有名なe.t.a.ホフマンの小説『砂男』を原作としていますが、原作では主人公が自殺して終わる暗い内容ですが、バレエ『コッペリア』はポーランドが舞台のロマンティック・コメディになっています。 この番組は、ドリーブの音楽でも有名な古典バレエ『コッペリア』を、同団芸術監督でアンダルシアの奇才エドゥアルド・ラオが振り付けた『コッペリア』。2013年ヴェルサイユ宮殿内のオペラロワイヤル … ェル・デジレ(Jean-Michel DÉSIRÉ), 人気者の衛兵たちと街の女の子で賑わうマルセイユの広場。スワニルダはフランツに夢中だが、フランツの方は気もそぞろ。彼は、コッペリウスの家のバルコニーに座っているクールな美少女コッペリアに心惹かれているのだ。, ボックスオフィス(窓口・電話)、チケットぴあ一部店舗のみ取扱。要年齢証明書または学生証。, ボックスオフィス(窓口・電話)、Webボックスオフィス、各プレイガイドで取扱。入場時年齢確認あり。, 公演当日10:00より残席がある場合のみボックスオフィス窓口、チケットぴあ一部店舗で取扱。要学生証。, ボックスオフィス(窓口・電話)のみ取扱。要障害者手帳等。, サイト内共通メニューに移動します, オペラ劇場の内部を見る(Googleストリートビューが開きます), チケット購入・割引等の詳しいご案å†, U15ファミリー優待メンバーズ、U25優待メンバーズ等についてはこちら, 新国立劇場Webボックスオフィス, Z席は舞台のほとんどが見えないお席です。予めご了承ください。, Z席(各日42席)は、公演当日朝10:00から、, 4歳未満のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。お子様も1人1枚チケットをお求めください。, 壁際、手摺の近く、バルコニー、上層階の一部のお座席で、舞台が見えにくい場合がございます。ご了承ください。, 公演日、席種によっては、お求めになれないことがあります。, 公演中止の場合を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。, やむをえない事情により出演者が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。. 『コッペリア(Coppélia)』は、フランス・ロマン派の作曲家レオ・ドリーブによるバレエ音楽・バレエ作品。パリのオペラ座で1870年に初演された。, バレエの振り付けはアルトゥール・サン=レオン。台本のストーリは、ドイツの小説家E.T.A.ホフマンの物語『砂男』に基づく。, ホフマンの『砂男』は、人形に恋した男の狂気性を前面に押し出した物語だが、『コッペリア』はその狂気性を抑え、陽気で明るい喜劇として再構成されている。, ストーリーの舞台は、ポーランドのガリツィア地方(当時オーストリア領、現ウクライナ領)。, 天才的な人形作り職人のコッペリウス博士は、本物の人間そっくりな機械人形の少女コッペリアを作り上げた。, あまりにも人間そっくりなため、村の青年フランツは、人形コッペリアに恋をしてしまう。, 不安になる婚約者スワニルダ。彼女はコッペリアを一目見ようと、友人達と博士の家に忍び込んだのだが・・・, 彼の家の2階では、コッペリウスが作ったからくり人形の可愛い少女コッペリアが座って本を読んでいる。, 向いに住むスワニルダは、明るく無邪気な人気者の少女。村の青年フランツとは恋仲だが、近頃フランツはコッペリアが気になる様子。不安になるスワニルダ。, フランツとスワニルダは恋占いをしてみたが、愛の証は見つからなかった。二人はとうとう喧嘩して婚約を解消してしまう。, 夕方になり、街へ出かけようとしたコッペリウス博士は、村の若者達にいたずらされる。博士が落とした家の鍵を拾った少女スワニルダと友人たちは、好奇心からコッペリアに会いに行くことを思いつく。, 家に忍び込んだスワニルダと友人たちは、人形たちをもの珍しそうに眺め回す。コッペリアが実は人形であることを知るスワニルダ。, 帰ってきたコッペリウス博士が若者達を追い払うが、逃げ遅れたスワニルダはカーテンの奥に身を隠す。そこへフランツも、コッペリアにひと目会おうと梯子を使って窓から忍び込んでくる。, コッペリウス博士は、カンカンに怒るが、ふとあることを思いつく。彼はかねてから愛しい人形コッペリアに命を吹き込んで、生きた少女にしたいと思っていた。そこでフランツを酒で酔わせ、命を抜くことを計画する。, 計画通りフランツを眠らせたコッペリウス博士。コッペリアを取り出そうとするが、実はこの人形は変装したスワニルダだった。彼女はコッペリウス博士をからかって、命を吹き込まれた人形を演じた。, やがて目が覚めたフランツは、自分が好きだったコッペリアがからくり人形であったことに気が付いて、スワニルダと仲直り。コッペリウス博士は、大切に作った人形をスワニルダに壊され悲嘆にくれる。, 村では祝いの余興が始まり、時の踊りや結婚の踊りなどが繰り広げられ、賑やかな全員のギャロップで幕となる。.

『コッペリア』( Coppélia )は、動く人形を題材としたバレエ作品、およびその人形の名前。音楽はレオ・ドリーブ、振り付けは アルテュール・サン・レオン (英語版) 。 原題は『コッペリア、あるいは 琺瑯質 ( エナメル ) の目をもつ乙女』( Coppélia, ou la Fille aux yeux d'émail )である。 東京労音1958・4・5・6月例会 コッペリア、貝谷八百子バレエ団 眠れる森の美女、小牧バレエ団 日時 1958-04-02(水) 不詳 〜 1958-04-27(日) 夜公演

『コッペリア』(Coppélia)は、動く人形を題材としたバレエ作品、およびその人形の名前。音楽はレオ・ドリーブ、振り付けはアルテュール・サン・レオン(英語版)。原題は『コッペリア、あるいは琺瑯質(エナメル)の目をもつ乙女』(Coppélia, ou la Fille aux yeux d'émail)である。, 初演での主役スワニルダは当時16歳のジュゼッピーナ・ボツァッキ、フランツは美人バレリーナとして有名だったウジェニー・フィオクルが男装して演じた[1]。, パリ・オペラ座で1870年5月25日に初演された。E.T.A.ホフマンの物語『砂男』にヒントを得たもので、台本はサン・レオン自身とシャルル・ニュイッテルによる。『砂男』は人形に恋した男の狂気性を前面に押し出した物語であるが、『コッペリア』はその狂気性を抑え、陽気で明るい喜劇として再構成されている。, タイトルはコッペリアであり、バレエ作品では人形のコッペリアやコッペリウス博士は重要な役ではあるが、あくまで主役はスワニルダとフランツである。, 人形作り職人のコッペリウスは陰気で気難しく、村人から変人扱いされていた。彼の家の二階のベランダでは、コッペリウスが作ったからくり人形の少女、コッペリアが座って本を読んでいる。しかし、村人はコッペリアが人形であることを知らない。, コッペリウスの向かいに住むスワニルダは明るく無邪気な人気者の少女。村の青年フランツとは恋人同士である。しかし最近フランツは、かわいらしいコッペリアが気になる様子。それに気づいたスワニルダはやきもちを焼いてしまう。これがきっかけで二人は喧嘩してしまう。ある時コッペリウスは町に出かけようとするが、家の前に鍵を落としていく。それに気づいたスワニルダと友人たちは、好奇心からコッペリウスの家に侵入する。, 薄暗い室内にはさまざまな人形たちが所狭しと並べられている。スワニルダと友人たちは室内を探索し、コッペリアもまた人形だったと気づく。折悪しく戻ってきたコッペリウスに怒鳴られて友人たちは逃げ去ってゆくが、スワニルダのみコッペリウスに気がつかれることなく室内に身を隠す。そこへ知らずにフランツも、コッペリア会いたさのために梯子伝いに窓から忍び込んできて、フランツもコッペリウスに見つかる。, コッペリウスは当然怒るが、一計を案じてフランツに眠り薬を混ぜたワインを飲ませ、酔っ払った彼から命を抜いて自信作の人形、コッペリアに吹き込もうとする。その一部始終を見ていたスワニルダは、コッペリアになりすまして、コッペリウスを散々からかい悪戯の限りをつくす。この大騒ぎにフランツも目を覚まし、コッペリアの正体を悟ってスワニルダと仲直りする。, 仲直りしたフランツとスワニルダは、めでたく結婚の日を迎え、賑やかな祝宴が始まる。そこへ人形を壊されてカンカンに怒ったコッペリウスが怒鳴り込んでくるが、二人の謝罪と村長のとりなしによって彼も機嫌を直して、二人を祝福する。, 祝宴も本番となり「時」「曙」「祈り」「仕事」「結婚」「戦い」「平和」と踊りが続き、最後は登場人物全員によるギャロップによるフィナーレを迎える。, (演出によっては、バーミンガム・ロイヤル・バレエ団が上演しているピーター・ライト版のように最後にコッペリアが本当に人間になるものや、ローラン・プティ演出版のように、祝宴の賑わいをよそに一人呆然と立ちつくすコッペリウスの足許には、ばらばらに壊れたコッペリアだけが残されて、そのまま幕が下りる版などもある), 友人たち:スワニルダの友人たち、スワニルダとともにコッペリウス邸に忍び込んだり、さまざまなシーンでスワニルダと行動を共にする. ... のロマンティックで映像的な音楽に対峙しながら素晴らしく綿密な翻案で文学史上最も有名な不運な恋人たちのストーリーに再 … ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2017–2018. たくさんあるパキータのバリエーションの中でも比較的初心者向きと言われるのが第4バリエーションです。途中ピルエットは入りますが基本的なパが多いので、初心者の方でも表現力にもフォーカスしながら練習できるはず。 バレエ『コッペリア』 Roland Petit's Coppélia オペラパレス フランスのエスプリ薫る、洒脱で心に残る名作バレエ ローラン・プティが画期的な演出と振付で創作した『コッペリア』は、1975年にマルセイユ・バレエで誕生しました。 パキータ第4バリエーション. 『コッペリア(Coppélia)』は、フランス・ロマン派の作曲家レオ・ドリーブによるバレエ音楽・バレエ作品。パリのオペラ座で1870年に初演された。 バレエの振り付けはアルトゥール・サン=レオン。