無実の罪を着せられて牢に入れられ、三日後に処刑が迫ったクロノは、ルッカの力を借りて

 すると国王のガルディア王が現れ、中世の頃の活動写真が倉庫から見つかったと言いクロノたちを連れて行く。  「こんなのイヤーーー!!」と叫び暗転。499 クロノ・T マルチED sage 04/03/12 00:06 ID:X6UOLnaq  ラヴォスを倒したクロノたちは光に包まれ、気が付くと時の最果てに似た別の空間(?)に迷い込む  場面はかわり古代時代、海底神殿へと向かう予言者(魔王)の姿が  再び古代に戻るため「時を超える翼」を求めて未来世界へ向かう。かつて時空の渦に飲まれて未来に飛ばされた古代の三賢者の一人・ Part4-448・450~452・482・454・497~499・501~503, 448 クロノトリガーup sage 04/03/10 22:03 ID:scsnDpfB 「クロノ・トリガー」は、1995年に発売されたスーパーファミコン用ロールプレイングゲーム。ファイナルファンタジーの坂口博信、ドラクエの堀井雄二、ドラゴンボール等の漫画家鳥山明の3名によるドリームプロジェクトとして企画され、話題になった。主人公クロノは、未来の世界を滅ぼす元凶ラヴォスを倒すため、過去、現代、未来を行き来しながら冒険する。, 『クロノ・トリガー』は、1995年に、スクウェア(現スクウェア・エニックス)から発売されたスーパーファミコン(SFC)用ロールプレイングゲーム(RPG)ソフト。後にPlayStation(PS)版、ニンテンドーDS版、携帯アプリなどへの移植版が発売された。ファイナルファンタジー(FF)シリーズの生みの親である坂口博信、ドラゴンクエスト(DQ)シリーズの堀井雄二、DQシリーズのイラストを担当し、ドラゴンボール等の漫画家でもある鳥山明の3名によるドリームプロジェクトとして企画され、話題になった。坂口博信が、スーパーバイザー、エグゼクティブプロデューサーを務め、堀井雄二は同じくスーパーバイザー、ストーリー原案、初期プロット、シナリオ監修などを担当。鳥山明は、キャラクターデザイン、ゲームイラストを担当した。制作は当時のスクウェア開発スタッフが担当した。今作は時空を行き来することで生じるタイムパラドックスにより、マルチイベントが発生する。また、どのタイミングでラスボスを倒すかでエンディングが分岐するマルチエンディングが存在する。SFC版、PS版、Wiiバーチャルコンソールでは12個、追加シナリオ搭載のNDS版、携帯アプリ版では13個のエンディングが存在する。そのため何度もストーリーをクリアする必要があり、手軽にプレイヤーがすべてのエンディングが見られるようにするため、一度クリアしたゲームの内容(所持金やアイテム、レベルなど)をそのまま引き継いで最初からゲームを開始できる「強くてニューゲーム」というシステムを搭載している。これまでもクリアデータを引き継いで遊べるゲームは存在したが、わかりやすい「強くてニューゲーム」という名称をプレイヤーに浸透させ、新たな概念をゲーム業界にもたらした。主人公クロノは、千年祭を楽しんでいる最中に、王女マールと出会う。その千年祭の出し物として、幼馴染のルッカとその父親タバンが開発した転送装置で転送を行っていた。マールが転送装置に入ると、彼女が身に着けていたペンダントが光だし、装置内から消えてしまう。クロノは彼女のペンダントを手に、後を追いかけて転送装置へ入ると、時空を超えてしまう。それをきっかけとして時間を移動する手段を発見し、過去や未来へ行けるようになったクロノは、自分たちの未来の世界がラヴォスという生命体により崩壊してしまうことを知る。クロノは、異なる時空の世界での冒険を通して出会った仲間たちと共に、様々な事件を解決しながら、ラヴォス討伐に挑む。, B.C.とはガルディア王国暦前のことで、ガルディア王国が成立した時からA.D.になる。B.C.65000000は原始の世界。この時代の世界では、猿から進化した人間と、恐竜から進化した恐竜人が互いに「大地のおきて」に従って生存競争を繰り広げている。「大地のおきて」とはいわゆる弱肉強食のこと。人間は、恐竜人と戦う「イオカ族」と、恐竜人を恐れて森に隠れ住む「ラルバ族」と分かれている。ラスボスであるラヴォスはこの時代に宇宙からやってきて、地上に衝突して恐竜人の城を破壊し、地中深く潜ってしまう。, 古代の世界は氷河期にあり、雪と氷に覆われた極寒の世界となっている。この気候は、原始にラヴォスが地上にぶつかった影響が長引いたためと思われる。この時代では、「魔法」が使われており、人間は魔法の能力を持つか持たないかで2つの階層に分別されていた。魔法を使うことができる人間は、浮遊大陸に魔法王国ジールを築き、裕福に暮らしていた。一方、魔法を使うことができない人間は、厳しい環境の中での生活を強いられていた。ジール王国の人々は、魔法の力を持つ者たちであったが、女王ジールは太古より地中深くに存在するラヴォスのエネルギーに目を付け、王国の3賢者に命じて「魔神器」という装置を開発させ、ラヴォスエネルギーを吸い上げ、さらなる魔法の力に変えていた。ラヴォスエネルギーにより王国は裕福な生活を送れるようになった。だが、ラヴォスエネルギーの影響を受けすぎた女王は徐々に人格が変貌していった。力におぼれたジール王国の女王は更なる力と永遠の命を求めてラヴォスの力を引き出そうとし、ラヴォスを目覚めさせてしまう。目覚めたラヴォスの力は暴走し、世界中に光の雨を降らせ、凄まじい天変地異を引き起こした。ジール王国も大打撃を受けて浮遊大陸ごと崩壊してしまう。この天変地異は天候や地形の変化をもたらし、結果的に氷河期を終わらせることになった。, 中世では、魔王により人間たちは平和を脅かされていた。魔王はモンスターの軍を率いて、世界征服に乗り出し、この時代のガルディア王国の騎士である勇者サイラスは剣士グレンと共に魔王討伐に向かうが敗れ、人々は絶望の淵に立たされていた。だがその後、魔王は姿を消し、魔族は人間に敗れたことになっている。, 主人公クロノが住む時代。平和そのもので、ガルディア王国の千年祭のお祝いで町は浮かれていた。この時代にも魔族がおり、魔族の村メディーナにはラヴォスの存在が伝わっている。, A.D.1999年、ラヴォスの日と呼ばれる日の1時24分、地中深くに潜んでいたラヴォスが地上に姿を現し、世界中に光の雨を降らせた。それにより人類の文明は崩壊し、地上の生態系は完全に破壊されてしまった。, 世界が崩壊した時代、人間は地上に残るシェルターで細々と暮らしていた。廃墟の街には暴走した機械やミュータントがあふれていた。この時代ではラヴォスが子供を産み出していた。, 本作のラストダンジョン。古代の魔法王国ジールの海底神殿がラヴォスの力と女王ジールの怨念により変貌し要塞となった。女王ジールの永遠の命を得るという夢が形となって現れたもので、古代以降すべての時代に存在することとなった。ラヴォスの力に溺れ人間でなくなってしまった女王ジールが潜んでいる。, 全ての時代に通じており、どの時代にも属していない時空を越えた場所。時空を超えて冒険するクロノたちの拠点となる場所で、ここでパーティメンバーの入れ替えも行える。どこかの時代から迷い込んだという1人の老人と、スペッキオという謎の生き物がいる。, ガルディア王国では建国千年を祝う祭りが開催されていた。主人公クロノも千年祭会場のリーネ広場を訪れていた。クロノはリーネの鐘の前でマールという名の少女に出会う。広場ではクロノの幼なじみのルッカが新発明した転送装置(テレポッド)が展示されていて、転送実験に挑戦する者を募っていた。マールが転送装置に乗ったところ、彼女の身に着けていたペンダントがテレポッドと共鳴を起こし、その弾みでテレポッドに時空の穴が開いてしまう。マールはその穴に飲み込まれて消えてしまった。クロノはその場に落ちていたマールのペンダントを拾い、彼女の後を追うべくテレポッドの時空の穴に入る。, クロノが時空の穴(ゲート)を通って行きついた先はA.D.600年のガルディア王国だった。つまり、そこはクロノたちの世界より400年前の中世の世界で、クロノはタイムスリップしたのだ。この世界のガルディア王国は魔王軍と戦っていた。クロノはガルディア城でマールと再会するが、マールはこの時代の王妃リーネそっくりだということでリーネ王妃と間違われて城にいた。しかし、再会したのも束の間、クロノの目の前でマールの姿は忽然と消えてしまう。クロノの後を追ってきたルッカによれば、マールはこの時代の王妃リーネの子孫に当たり、リーネが存在しなくなればその子孫であるマールも存在しなくなってしまう。つまり、マールが消えたということは、リーネの身に危険が迫っていたのであった。リーネ姫を探すクロノ達が村はずれの修道院に乗り込むとリーネ王妃を攫った魔王軍の魔物たちが現れる。リーネ王妃を攫ったのは大臣に化けた魔物だった。魔物はリーネ王妃を殺そうとしていた。クロノ達は途中で知り合ったカエルの剣士と共に魔物を倒し、リーネ王妃を救出する。リーネを連れて城へ戻ると、マールが現れる。リーネをすんでのところで救出したことで、歴史がつながり、マールの存在が確かなものになったからであった。カエルやリーネと別れ、マールを連れて、来た時に通ったゲートに飛び込んで現代に戻る。これ以降、ルッカの発明品である、ゲートを安定させて自由に時代を行き来できる「ゲートホルダー」を使用できるようになる。, 発売して20年以上経つ今でも根強いファンを持つ「クロノ・トリガー」。原始の時代から未来までつなぐ壮大な世界観で多くのゲームファンを魅了してきた。世界の破滅を防ぐ旅の中で、異なる時代を生きる個性的なキャラクターが多くの名言を残している。, 『クロノ・クロス』は『クロノ・トリガー』の続編として1999年に発売された。  魔王はサラを捜す旅を続け、カエルは中世ガルディア城に凱旋(魔王を倒していた場合、人間のグレンの姿に戻っている)。 ロボ(?歳多分♂):未来世界のロボット。礼儀正しくまじめ。内蔵武器で戦う。450 クロノトリガーup sage 04/03/10 22:11 ID:scsnDpfB  ラヴォスを倒したクロノたちは光に包まれる。 しかし魔王はラヴォスに圧倒され、クロノは仲間を庇ってラヴォスに立ち向かい、消滅してしまう。ジールはラヴォスの力を得て海底神殿を浮上させ、サラは発生した時空の渦に飲まれてどこかへ消えてしまう。 未知の生命体によって世界が破壊され、人類はほとんど滅亡してしまったのだった。  暗転したままスタッフロールへ、そのの中を全時代の脇役たちが現れる→Fin503 クロノ・T マルチED sage 04/03/12 00:28 ID:X6UOLnaq  クロノたちは再び原始時代に飛ばされる。エイラ率いる人類と、アザーラ率いる恐竜人たちとの 対象機器:PS クロノ・トリガーのストーリーとは、プレイ動画などで先の展開を予習・復習したいときに使うページである。 浮上した海底神殿の最深部でラヴォスの力を得て変貌した女王ジールを倒す。 それでは書かせてもらいます。

謎の予言者が一枚咬んでいるらしい。女王の野望を止めるために王宮に潜入すると、 安堵していた。しかし彼女はリーネに間違われたマール。リーネにそっくりなマールは、 クロノ・トリガーのストーリーとは、プレイ動画などで先の展開を予習・復習したいときに使うページである。 ネタバレしたくない人はすぐに立ち去ってください。 ゲームとしての説明は→クロノ・トリガーを参照してください。. 当サイトについて: 大まかなものはこれで終了です、読みにくかったらすいません。 ルッカ(同上♀):クロノの幼なじみ。世話焼き。機械に詳しい。カエルが苦手。銃を使用。 クロノ・トリガー 完全攻略 ds版対応. 原始:BC7500万年。高度な知能を持つ恐竜人と、進化の過程にある人類との戦い。 しかしラヴォスは召喚され、そこへ謎の予言者=中世のクロノたちとの決戦の後時空の渦に飲み込まれた魔王が挑む。魔王は古代に飛ばされていたのだ。  ラヴォスを倒したクロノたちは光に包まれ現代へ 受け取った車のキーでジョニー兄貴とバイクレースを行うことに見事勝利し廃墟を越える。プロメテドームには壊れた機械があった、修理しロボと名付けてこの時代の現状を聞くことに。奥へと続く唯一の扉は電源不足で開かない。電源を確保するため工場跡へ行く。そこにはかつてのロボの仲間がいたが裏切り者として制裁を与えられる。開いた奥の部屋にはゲートがあった。, 4人以上でゲートをくぐると宇宙の法則が乱れるらしく、一人はここに残ることに。スペッキオのおかげで魔法が使えるようになったクロノたちは一旦現代に戻ることに、ヘケランから未来を滅ぼしたラヴォスを生み出したのは魔王だと聞き中世に行くことに。, ガルディア城は魔王軍と交戦中であった。そんな中勇者の証のバッチを持つ少年が現れたと人々は口にする。勇者バッチを持つものは聖剣グランドリオンを手にし魔王を倒すのだという。クロノたちはその少年に会いに行くが見失ってしまう。山の頂上で折れたグランドリオンを入手する。一方で化け物蛙が住むと噂されていた森の中には以前知り合ったカエルがいた。彼は折れたグランドリオンのもう半分を持っていた。銘を確認すると現代にいるボッシュの名前が刻まれている。偶然と思えないクロノたちは彼に会いに行くことに。ボッシュは折れたグランドリオンを直す方法を知っていた。だが、原材料であるドリスストーンはもうこの世には存在しないらしい。, ドリスストーンを求めて原始時代へやってきたクロノは恐竜族に襲われてしまう。そこに助けに入ったエイラに気に入られ宴が開かれる。宴のあとでふと気が付くとゲートを越えるために必要なゲートホルダーが盗まれてることに気が付く、エイラと恐竜族をとっちめに行く。案の定盗んだのは恐竜族の長、アザーラだった。無事取り戻しボッシュの元へ、グランドリオンを修復する。, カエルにグランドリオンを渡すと共に戦うことを決意してくれる。魔王の根城に到着し、部下のマヨネー、ソイソー、ビネガーを倒しついに魔王を追い詰める。しかし、魔王はラヴォスを呼び出そうとしていただけではじめからこの星にいたらしい、ラヴォスの影響で時空の歪みが発生し原始へと飛ばされる。原始ではエイラたちの村の北の村が焼き討ちされる、アザーラの城に乗り込み恐竜族と決着がついたとき空から流れ星のようにラヴォスが降ってきた。ラヴォスが落下した場所には新しいゲートが出来上がっている。, そこには氷河期に突入した世界が広がっていた。地上にある祠から天空に浮かぶ町へと移動すると、ジャキという子供にクロノたちのうち誰かが死ぬと予言される。もっとも高い位置にあるジール宮殿で女王のジールがラヴォスの力で世界を手中に収めようとしていることを知る。それをジール、ダルトン、謎の預言者たちに気付かれゲートから追い出されてしまう。未来へいき時空を駆けるシルバードを入手、ゲートを使わずに古代へと戻ってくる。ジールの娘サラの頼み、賢者様を助けてという言葉通りなげきの山へ向かう。しかし封印されていたのはボッシュだった。地の民の洞窟にやってきていたサラはダルトンに連れ去られてしまう。命の賢者だったボッシュに赤きナイフを受け取り、ジール宮殿から海底神殿へと追う。海底神殿最深部ではジールたちがラヴォスを目覚めさせる儀式を行っていた。阻止しようと刺したナイフがグランドリオンとなる。クロノは立ち向かうが復活したラヴォスに敗北してしまった。ラヴォスの攻撃の衝撃で浮遊大陸を含むジール王国は崩壊してしまう。地上に唯一残された村でマールたちは目を覚ます。しかしそこにクロノの姿はない。村の広場へ現状を確認しに行くとダルトンが登場、不意を付かれて捕まってしまう。気が付くと黒鳥号に軟禁されてしまった。なんとか脱出すると、ダルトンがマールたちから奪ったシルバードに翼を取り付け飛行可能にしてくれてた。, 古代の北の岬にいくと魔王が登場する。戦わないを選ぶと魔王が仲間になる。時の最果てで時の卵を受け取り、クロノの姿をしたドッペルくん人形を入手して未来の死の山へと向かう。山頂にたどり着き、過去に戻ってクロノを復活させる。時期を見て1999年か黒の夢からラヴォスを退治にいく。, 2013/01/06(日) 10:33:08  スタッフロールが終わりFinの文字が出ると3匹一緒に眠って暗転。 クロノトリガー、ラジカルドリーマーズ、クロノクロスの3つの「クロノ」からストーリーを考察していこうとするものです。 以下、このHPが取り上げているものを羅列していきます。 ただ中盤以降は戦術的になり序盤が嘘の様に楽しくなります。下手に戦うと中ボス程度で詰む事もあり、やり込み派の方でも納得できる仕上がりかと。 人々の住む王国・ジールが浮かんでいた。女王ジールはラヴォスの力に魅了され、海底に神殿を築いて 本作は1995年に発売された『クロノ・トリガー』の続編として発売された。 『クロノ・クロス』は、スクウェア・エニックス(当時はスクウェア)によって1999年11月18日に発売されたPlayStation(PS)用ロールプレイングゲーム(RPG)。 前作『クロノ・トリガー』は坂口博信、堀井雄二、鳥山明と、3人の巨匠が名を連ねたドリームプロジェクトだったが、今作は『クロノ・トリガー』の企画のメンバーだった加藤正人が中心と …  リーネ広場で祝祭が開かれる。広場のゲートから仲間がそれぞれの時代へ帰っていく。 □関連記事  場面は中世に移り、一人の少年が勇者として魔王を倒しに行く場面  そこには鳥山氏、堀井氏、坂口氏の3名がいる、3人に話し掛けると強制的にスタッフロール→Fin 存在が消えてしまうのではと思われていたロボも恋人のアトロポスと平和に生活していた。  叱られた2人は反省。 という意味。ラヴォスは原始時代に宇宙から星にやってきた地球外生命体だったのだ。452 クロノトリガーupその3 sage 04/03/10 22:22 ID:scsnDpfB カエル(?歳♂):中世出身の騎士。本名グレン。カエルの姿をしているが、中世ガルディア王夫妻の信頼を得ている。剣の達人。  ラヴォスを倒したクロノたちは光に包まれ現代へと帰還する。  音楽が止むと、魔王城の屋根に一人の佇む影が、それは勝者のどちらなのかは影になって見えない。 三人は世界を救うために「ラヴォス」を倒す手段を探すことになる。451 クロノトリガーupその2 sage 04/03/10 22:16 ID:scsnDpfB

あらすじに関係のない部分はかなり省いています。  ラヴォスを倒したクロノたちは光に包まれ現代へ帰還。  原始の時代では恐竜人と人間との決着がついておらずエイラと恐竜人が争っている。

ID: fC5AwMKp8i, https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC, 推奨環境:Edge, Safari, Chrome, Firefox, Opera いずれかの最新版, 「ガチャ爆死した気分になれるカードゲーム」が地獄の光景 使用済みプリペイドカードが手札に溢れてうわあああ, 世界初「タガメを使用したクラフトジン」登場 フルーティーな“タガメのフェロモンの香り”が楽しめるお酒, 進化した「半グレ」その犯罪の残忍な手口とは?〈暗号化アプリを活用、高齢者からセクシー女優まで標的〉, 「1億円のGT-R」から「軽自動車」まで何でもアリ! 「イタルデザイン」の正体とは?.  その言葉を残し魔人器の部屋へと向かい→Fin  「このまま終わるのは早すぎる」と反省会と賞して今までに出会った男性たちを評価し始める。(内容は割愛します)